9月のお休み

IMG_6514_20160730152529b69.jpg

9月のお休み、1(木)-2(金)、8(木)、13(火)-14(水)、20(火)、27(火)-28(水)-29(木)です。

お休みの期間中はBASE通販カート、メール返信などできませんので後日お休み明けの対応となります。

定員につき締め切りました!汗をかいた後に美味しいワインと食事を! 山飲〜やまいん〜VOL.1

高座谷

IMG_5361.jpg IMG_5355.jpg IMG_5358.jpg

山飲〜やまいん〜VOL.1

普段の日常とは少し離れた自然な空間でナチュラルなワインと美味しい料理が楽しめたら。。。そんな素敵なスペースが一日だけ誕生します。山で飲む!山飲。ワインを通して山に興味を持ってもらえれば、山を通してワインに興味を持ってもらえれば。そんなシンプルな発想からこのイベントは始まります。

SHMWにも六甲山ハイクの帰りがけによく寄っていただく、大阪北浜のフレンチLaTortuga(ラ・トルトゥーガ)萬谷氏、ワインインポーターClubPassionduVin 石川氏、六甲山カフェ古家慶子氏との話で生まれた芦屋ロックガーデン入り口の登山口にて新しいイベントを始めます!通常の一般のお客様は昼12:00からのスタートですが、SHMWの元気の良いお客様向けに昼前の午前中に限定数にて開催します。朝一から芦屋ロックガーデン界隈でハイキングしたり、トレイルを走りまくった後に、地獄谷やお気に入りの川でスッキリしてから、是非お立ち寄りいただき、こだわりのワインと萬谷氏の美味しいフレンチを食べてください!

日時:2016年9月4日(日)
時間:10:00~12:00
(必ずご予約後に時間内のご都合のいい時間にお越し下さい)

8/31現在、定員につき締め切りました!


場所:六甲山登山口ロックガーデン入口
高座の滝、六甲山カフェ
→阪急神戸線芦屋川駅より徒歩30分
芦屋川駅北口を出て、川沿いを上がっていただきますと案内板がございますので、案内板を頼りにお越し下さい。
もしくはグーグルマップにて「六甲山カフェ」もしくは「大谷茶屋」で検索して下さい。

参加費:1,000円

govino.jpg

冷えた泡1杯、そして山でも使える割れないグラス、ゴヴィノをプレゼント!

お料理、その他ワインはキャッシュオンになります。

IMG_8464.jpg

予定料理((内容変更可能性あり)
・前菜盛り合わせ 1,000 yen
・信州豚バラ肉のビール煮込み(ビオブロートのパン付き) 1,000 yen

他の飲み物は、ワンコイン500円くらいで、ロゼの泡、レアな他では飲めないワインも多数あり
ソフトドリンクのジュースもあり

**ゴミ削減の為、フォーク、スプーン、御箸などは可能な限りご持参くださいませ**

Food:LaTortuga(ラ・トルトゥーガ)萬谷
Wine:ClubPassionduVin 石川
協力:六甲山カフェ 古家慶子
Sky High Mountain Works 北野拓也
BÄCKEREI BIOBROT 松崎太(当日の販売はございません)

イベント参加ご希望の方は、下記の連絡先にて必ず予約をお願いします!先着20名で締め切ります。
8/28(日)までSHMWのお店が夏休みになりますので、返信は29(月)以降になります。


下記メールにてコピペして先着順にてお申し込み可能です!
skyhighmw@gaia.eonet.ne.jp

9/4(日)山飲
参加者名:
連絡先携帯電話番号:


スペースの都合上、定員に達しましたら受付を締め切らせていただきます。

涼しい山の入口で、美味しいワインとお料理を楽しみにいらして下さい!


少量在庫あり!ハイキングやファストパッキングにオススメな通気性ダントツの完全防水レインパンツ Teton Bros. / Breath Pant

tetonbroslogo_20141121153047111.jpg
IMG_9457.jpg
IMG_9251_20150914172404330.jpg IMG_9256_2015091417240886e.jpg IMG_9253_20150914172406493.jpg IMG_9255_20150914172407117.jpg
IMG_9246.jpg IMG_9240.jpg IMG_9244_201509141723231db.jpg IMG_9243.jpg

身長177cm、体重70kg、ウエスト30inchの男性がMサイズを穿いています。

Teton Bros. / Breath Pant / S,M,L / 22,000 yen+Tax

通販BASEカートはコチラ→

8/29現在、日本人女子向けサイズのXSサイズ、Mサイズと少量在庫あり。Sサイズは完売。探していた方はお早めにどうぞ!標高が高いエリアにてはランパンの上からのオーバーパンツとして、パンツ自体のフォルムが非常に美しいので、これからの雨の時期のハイキングやファストパッキングにそのまま穿いて、街に下りてきても全く違和感なし。レインパンツとは思えないスタイリッシュなフォルムで、同社のTsurugi Jacket同素材のNeo-Shell完全防水で通気性が高いので、Tsurugiを気に入ってる方はマストです!

非常に軽量でシンプルな完全防水透湿パンツを探していたがなかな見つからなかったため、Teton Bros.さんにお願いし、Lotusさんと共に意見を出し合い完成したマウンテンランニングカテゴリーのレインパンツがこのブレスパンツ!軽量且つ、透湿性の良いNeoShellを採用。軽さ、通気性の良さ、ランニング時にも対応する膝周りの動き易さ、完全防水レインパンツとは思えない程の動きやすさで、通常のクライミングやトレッキングパンツの感覚でずっと穿ける。



一番の特徴はやはりNeoShellというPOLARTEC社の作り出すメンブレンを使用し、完全防水透湿レインパンツとしては、業界最軽量で作られているポイント。耐水圧10,000mmはGORE-TEXと比較すると数値データ的には落ちるが、完全防水という数値で考えでも十分過ぎる値で、特筆すべきは、透湿性20,000mmという通気性であろう。ポリウレタンメンブレンを使っていて内側にトリコットメッシュを使用している3レイヤーとなっており、GORE-TEXやeVentを遥かに超える透湿性能を誇る。GORE-TEXの場合は全く風を通さないという点がメリットにもなっているが、運動量の高いアクティビティにおいては、逆にその風を通さないというポイントがジャケット内で結露をおこすというデメリットにもなる。その点、このNeoShellは僅かではあるが風を通すというメンブレンなので、その点が動きの激しいマウンテンランニングなどの心臓を使うアクティビティ時にはメリットとなっている。

IMG_4062.jpg IMG_4073.jpg

普段の街使いやモーターバイク通勤などであると、どうしても耐水圧や防水性というポイントに重点をおくことになるが、登山や心臓を使った有酸素運動、雪山登山のラッセルなどは防水性は10,000mmもあれば十分、むしろ、ある程度、風が通ってくれて通気してくれジャケット内で蒸れずにベースレイヤーが汗で濡れないという事を重要視する方が多い。また、シェルジャケットを何回も着脱するのが面倒、着っぱなしでパックを背負って動き続けても汗をかきにくい方がベターだと考えるコアユーザーは多い。こんな熱量の高いマウンテンランニング、スノーシューイング、ハイクアップの多いバックカントリースキー&スノーボードをアツく楽しんでいられる方には、実に頼もしいメンブレンである。裏返しにしたら分かるが、きれいに全ての縫い目がシームされており、完璧な完全防水となっている。


【“少量在庫あり!ハイキングやファストパッキングにオススメな通気性ダントツの完全防水レインパンツ Teton Bros. / Breath Pant ”の続きを読む】

残り在庫僅か!効率の良いフォームを身につける歩いて走れるルナサンダルVenado! Luna Sandals / Venado MGT


ccum2012.jpg

pht_luna.jpg

8/21(日)現在、女子の小さいサイズUS4.0(実寸23.16cm)×1のみ在庫あり!数あるLuna Sandalsのモデルの中でも最も軽量コンパクトで効率の良いフォームを身につけるためには一番オススメなVenado MGTが入荷!気になっていた方はお早めにどうぞ!

数十分の普段履きでも十分歩き方や走り方の勉強になるため、これからの気持ち良い秋の季節、ナチュラルランニングの最適なフォーム身につけるために活躍してくれること間違い無し!また、超軽量で嵩張らないので、登山縦走時のキャンプサイト用に、トレイルツーリング時や海などのサーフトリップに着替えと一緒に持ち歩くことも容易で、旅先にも非常に重宝する。五本指や足袋ソックスと併用しても良く、このルナでぜひ効率の良いランニングフォームを身につけましょう!毎回大人気のため速攻で売り切れる事が予想されるのでお早めに!!



mk_01.gif 
ph_05.jpg  

Luna Sandals / Venado MGT / US4.0-10.0 / 9,500 yen+tax
SHMWでは一番軽量で持ち運びも容易、フォームを身に付けるのに最適なVenado MGTのみの取り扱いとなります。

これぞ「オリジナル・ルナサンダル」!シアトルにてハンドメイドで生産されている100gを切るミニマルサンダル。最もフォームを意識し易く、しなければ足底や身体が痛くなる(笑)どのブランドと比べてもベアフットシューズの中で最も裸足に近い激薄!激軽!モデル。非常に汎用性の高いモデルで、ロードからトレイルでのランニング、ウォーキング、街履き、とてつもない軽さとコンパクトさなので海外・国内の旅行時のサンダルにと様々なシーンに活躍してくれる。薄いからといって上級者だけが履くモデルではない。スピードや距離を求めなければ、身体の勉強をしたければむしろ初めての方にこそ履いていただきたいモデル。ソールには6mmのビブラム・ネオプレン・ゴムを採用しており、ロードの路面や公園やトレイルでの情報を身体にダイレクトで感じる事ができ、ベアフットの感覚を一番感じる事のできるモデル。また、このMGTグリップはビショ濡れの舗装路でも滑りにくい超グリップ素材。効率の良いフォームを身につけたい方、膝や足裏に痛みや故障を持っている方こそ、このモデルでタイムや距離にとらわれず、自分と向き合い身体に衝撃の少ない歩き方や走り方とはどういうことなのかを自分自身で研究してみて!SHMWイチオシのモデル!

仕様 :<表面>1mm MGTノンスリップ・フットベッド<紐>ATS laces
ソール : 6mm ビブラムソール
重量 : 超軽量 96グラム
特徴 : ゼロドロップ

以前、SHMWにも遊びに来てくれた「Born To Run」で有名なBarefoot Ted(ベアフットテッド)氏の作り出すシンプルかつ機能的、一度履くと病みつきになるLuna Sandals(ルナサンダル)。これ以上削り落とす箇所がない、これぞミニマリストと言える究極の走るサンダル!

こんな薄いサンダルでホンマに走れるの?と思うのではなく、これだけ薄いからこそ、短時間で各部位の筋肉痛や膝・腰の痛みなどを感じ、自分の弱い筋肉や良くないフォームを知る事ができる。究極のミニマルなモノだからこそ自分自身と向き合える。最近はこのベアフット系シューズをよく流行っているとかで雑誌やTVで紹介しているが、これをただのトレーニングの道具として鍛えるとか筋トレとして履くのでは全くもってもったいない。流行では決して終わらせることができない実に深い内容である。ルナサンダルでもNBミニマス、アルトラ、メレルでも何でも同じことが言えるが、これらミニマル系シュースで自分自身をさらけ出し、弱い部分を一つずつ修正し、筋肉に頼ったランニングではなく、どうやったら人間らしい効率の良い、車でいうエコドライブのような究極のランニングフォームが身につけられるかが重要。ただ、履いたら走るための足裏の筋肉がついてきて速くなるという訳では決してない。自分もそうであったが、今までのただ漠然と走るのではなく、どう良いフォームを意識しながら街やロードを走るか?その意識革命をもたらせてくれるものが、これらミニマルシューズではないだろうか。


【“残り在庫僅か!効率の良いフォームを身につける歩いて走れるルナサンダルVenado! Luna Sandals / Venado MGT”の続きを読む】

この夏は海のミニマルな波乗りボディサーフィンを是非! California Surfcraft / Bodysurfin Handplane


handplane-snubnose-bodysurfing-handplane-2_1024x1024.jpg

logo_201608081448165dc.jpg 

夏の海へフィンとこのハンドプレーンというほんの少しのアイテムを加えるだけで、こんなにも海が楽しくなるとはきっとまだボディサーフィンというシンプルで奥深い遊びを体験していなかったら思いもしないだろう。サーフボードのように嵩張らず楽に持ち運びが可能、波に揉まれても自分の痛そうなボードが上から下から突っ込んでくる心配もしなくて良い。小波の海水浴場で岸でも楽しめ、シュノーケリングや素潜りの海で泳いで遊ぶという延長上でも始められる。いつでもどこでも波があるものでもないが、うまくなっていったら、自分で波の割れるメカニズムやサーファー文化を学んでいくと、より面白く楽しい波乗りライフスタイルが広がっていく。サーフィンをやっていないと始められない訳では全くなく、むしろ、水泳が得意であったり、海でシュノーケリングで潜ったりと水を怖がらない方であればまずは誰でも楽しめる。波に乗るタイミングは一緒なので、いずれサーフィンをしてみたいと思っている方はこのボディサーフィンから始めるのも手っ取り早い。山と同じくサーフカルチャーやサーフローカルルールを勉強して、海の経験値を上げて、技術も向上していけば通常のサーファーのような同じ大きいサイズのビッグウェーブも乗りこなす事ができる実にシンプルで奥が深い海のアクティビティである。個人的には山のトレイルランニングの海versionがこの遊びかと」(笑)効率の良いフィンワークができないとすぐに疲労してしまい、多くの良い波は乗りこなせない。オープンウォータースイムは泳ぐスイムだけであるが、これは泳ぎまくって、その中で好きなだけ波に乗りまくるという、まるで海versionのマウンテンランニングであり、ナチュラルランニングかと!

Felipe-right_large_2016080814422454c.jpg felipe-left_large.jpg

カリフォルニア州サンフランシスコにて全てハンドメイドで作られているマニアックなローカルサーフカンパニーCalifornia Surfcraftのハンドプレーンはpatagonia同様に環境に負荷を与えないように、パテントも取っているコルクとバンブーシート(竹)などの持続可能な素材をもとに革新的な技術で製作している。オーガニックな雰囲気と共に非常に美しいフォルムをしており、正に次世代のNext Generationのサーフギアと言える。

IMG_7019_1024x1024_20160808160541e51.jpg f0159943_1483794_2016080816053952b.jpg
 
IMG_4953_201608081651294dd.jpg IMG_4955_20160808165131acc.jpg IMG_8102.jpg IMG_8105_2016080816513508b.jpg IMG_8066.jpg


ボディサーファー応援キャンペーン
Califorinia Surfcraftハンドプレーンお買い上げの方に通常単体で販売しているPCスリーブケースにもなる持ち運び時に大事なハンドプレーンが傷つかないための便利なSHMWオリジナルハンドプレーンケース、ハードな波やビギナーボディサーファーには波でハンドプレーンを流さないための必需品であるGarage Handplane社製リーシュコード天然高級ナチュラルゴム交換ラバーをスペアとして、ボディサーファーにとっての嬉しい3アイテムをプレゼントします!気になる方は夏が終わる前に是非お早めにご来店ください(笑)通販BASEカートご希望の方はコチラ→SHMW:0797-34-3299



【“この夏は海のミニマルな波乗りボディサーフィンを是非! California Surfcraft / Bodysurfin Handplane”の続きを読む】

SUMMER SALE今月いっぱいまで開催中!  2016 Summer Sky High SALE!

IMG_8048.jpg IMG_8050.jpg IMG_8052.jpg IMG_8056.jpg IMG_8057.jpg IMG_8060.jpg IMG_8062.jpg
 

Sky High Sale !!

SHMWオススメのこれからの暑い夏を乗り切る&秋冬に使えるアイテムのセールを開催します!お馴染みアークテリクス、パタゴニア、フーディニ、マウンテンハードウェア、サロモン、OMM、Teton Brosのウェアなどから、アルトラ、イノベイトなどのトレイルランニング、ハイキングに履けるシューズからトレイルランニング向けの最新ベストパックなどのお買い得アイテム盛り沢山。普段の日帰りマウンテンランニングやハイキング時はもちろん、夏&秋山アルプス登山からファストパッキングに使えるシブい機能性抜群なアイテムが盛り沢山!20から最大40%OFFの通常じゃありえないアッと驚くプライス!これからトレイルランニング、ハイキング、テント泊縦走からファストを始めようと思っている方もぜひご来店ください。お買い得アイテムにて色々説明させていただきます!
       

 対象ブランド・商品 : 20%ー40%OFF

割引率&価格は来てからのお楽しみです。お盆休みの帰省の際にぜひこの機会に六甲山遊びがてらご来店ください!

お盆休み期間中の営業はコチラ→

ファストパッキングや宿泊を伴う山行の必需品SHMW別注ジッポゲージ SUN / Mt.Rokko Hard Core Zip-o-gage

IMG_3405.jpg
f0159943_1483794.gif IMG_3389_2015030700342848b.jpg IMG_3410.jpg IMG_3408.jpg

SUN / Mt.Rokko Hard Core Zip-o-gage+SAKO Dog tag / 1,500 yen+tax

何個持っていても使えるキーホルダー型携帯ジッポゲージのSHMW別注versionがコチラ!しかも、もしものときの身元証明となる極薄ステンレスで作ったSuper COOLなドッグタグが付き!自分でもう一つ買ったり、プレゼントや六甲山お土産にもBEST!ジッポゲージ裏側のストッパーのミリ単位の超微妙な個体差によりドッグタグがスポットハマる場合とそうでないモノがあるため、その場合は両面テープかアロンアルファ系接着剤数滴で装着してください。

通信販売ご希望の方はコチラ→


SHMW定番アイテムの自分の身体は自分で知る人体実験用の大事なアイテムがこのキーホルダー携帯温度計!大定番のアメリカSUN社SHMW別注ロゴのMt.Rokko Hard Core(SHMWのリスペクトする六甲山をハードコアに遊び尽くせ)がついに完成!しかも、今回は友人でもある職人SAKO氏とのコラボレーションで、携帯温度計の裏側にスライドして取り付け可能な極薄ステンレスを使用したもしもの時の身元証明に役立つドッグタグをセットで作製!ジッポゲージ本体裏側のスライド部分に個体差があるため、店頭にてパッケージを開けていただき、こちらでセット可能の確認をしてから販売するため、店頭販売のみとさせていただきます!六甲山好きにぜひ日頃から使っていただきたい!

IMG_3393.jpg IMG_3395.jpg IMG_3400.jpg IMG_3398.jpg

今回のSky High Mountain Worksのロゴは知る人ぞ知る、patagoniaの創設者Ivon Chouinardのchouidard eqipmentの初版カタログをリスペクトして作った通称SHMWピトンロゴ!コレは長年想ってたフォントをSAKO氏が手がけてくれたものでかなりCOOLな出来映え!!!ステッカーもこれから作製予定なのでお楽しみに!!


【“ファストパッキングや宿泊を伴う山行の必需品SHMW別注ジッポゲージ SUN / Mt.Rokko Hard Core Zip-o-gage”の続きを読む】

夏でも快適に着れるメリノウール+シルク混紡の極上ベースレイヤー残り僅か! Houdini / Velo Tee


IMG_1180.jpg IMG_1165.jpg
velo tee

IMG_7771.jpg IMG_7765.jpg IMG_7769.jpg IMG_7767.jpg

身長177cm、体重71kg、胸囲93cmの男性がLサイズを着用。上半身がバルクアップしてしまいMからLサイズになりました(笑)この商品自体が今まで定番だったAirborn Base Teeと比較すると日本人体型に合う少し絞ったフォルムです。通常平均男性で細身のランナー体型の方はSサイズ、それ以上はMサイズ、ガタイ良い系(笑)の方はLサイズです。

Houdini / Velo Tee / canyon blue / S,M,L / 15,000 yen+tax

8/6現在、M、Lサイズは完売、Sサイズが残り僅かのみ在庫あり。今年は次回入荷はないので、この夏から秋にかけて1,000m以上の高所でのマウンテンランニング、日本アルプスでのファストパッキングやLWハイキング縦走を予定している方は是非!こんな薄くて丈夫で早く乾き臭くならない素材は他ブランドもなし!あまりの心地良さで暑い夏でも着てしまうベースレイヤーはどこを探してもない。最初は高価だとは思うかもしれないですが、連日の山での使用で十分その良さで納得できると思います!

通販BASEカートはコチラ➡︎
こちらのアイテムは送料無料です。

おそらく、アウトドア業界一高価で業界一着心地の良いTシャツがこのHOUDINIのエアボーンベースTee。あまりの高級生地で生産や供給も少なく、惜しくもAirborn BaseTee&Tankは2015シーズンをもって廃番になってしまった。だが、実は本国ではこのAiborn生地を採用したバイク向けのテクニカルカテゴリーにおいて、このVelo Teeが2016はリリース!マニアなアイテムだけに日本国内の代理店では取り扱い無しのモデルだが、今回は個人的にあまりにこのAibronという生地が好き過ぎてどうしてもSHMWのカスタマーにはオススメしたくSHMW限定販売ということで完全限定数量ですが入荷しました!普段のランニングから通勤などのバイクライドはもちろん、個人的にはメリノウールという素材だけにオーバーナイトのファストパッキングやハイキング、スクランブリング、クライミングなどの山や海のトリップに是非とも使っていただきたい!間違いなく、替えのTシャツが不要になり荷物の軽量化が図れる筈(笑)

IMG_7774.jpg

チクチク感一切皆無の最高級メリノウール75%にシルク25%と天然の最上級素材のみを使用した高性能混紡素材Airborn SilkMerino™を使用したシンプルなジップTシャツ。着丈は少し後ろが長めで、袖は温度調整できるように少し長めで身体にフィットするタイトなデザイン。メリノウールだとイメージがどうしても暑い夏は想像できないかもしれないが、汗をだらだらかくような追い込みランニングやバイクトレーニングなどは100%化繊Tシャツに負けるが、このエアボーン生地のシリーズは完全にオールシーズン使用可能!あまりの着心地の良さと極上のフィット感は病み付きになってしまい確実に毎日の使用に着てしまうはず!春夏のトレイルランニングやハイキングのアクティビティにオススメで、普段着として、また、湿度の高い暑い地域への旅にバッチリ!昨年の6月に訪れた湿度のある屋久島ファストパッキングでも大いに活躍してくれ、数日間の使用でも気になるニオイも発せず、しかも気にしていたピリングの毛玉は100%メリノウールより明らかに少なかった。何より、その薄くて軽く透けるような極上の生地がたまらない着心地となり、メリノウールは湿度が高く暑い夏には着れないというイメージを完全に覆してしまう。まずは、騙されたと思って店頭で実際にご試着を!



【“夏でも快適に着れるメリノウール+シルク混紡の極上ベースレイヤー残り僅か! Houdini / Velo Tee”の続きを読む】

全サイズ再入荷!ファストパッキングからLWハイキング、キャンプから車中泊まで使える変幻自在なマミー型寝袋登場! SHMW / Sky High Bag 180

IMG_4897.jpg IMG_4893.jpg

Sky High Mountain Works / Sky High Bag 180 / forest green / UDD770FP
short,regular / 32,000 yen+tax
long / 33,500 yen+tax

通販ご希望はBASEカートに購入可能 コチラ→
こちらのアイテムは送料無料です。

8/4現在、売り切れていたregular含め再入荷しました!short,regular,largeとそれぞれ数本ずつ在庫あり

SHMWの定番スリーピングバッグSky High Bag 300を持っている方でも必ずや欲しくなってしまう自信をもってオススメする名品が登場!ここ数年気に入って使用していたSEA TO SUMMIT / SPARKIが羽毛量と軽さや使い勝手の良さで完成度が高かったが、ジッパーの短さや肩周りや上半身の幅の狭さなどが気になっていた。SHMWでも以前180の寝袋は作っていたので、この際リ・デザイン仕直もっと使い勝手の良い同じ温度域のモデルを作ろうと目論みかなり良いモノが出来上がった。ナンガさんいつもありがとうございます!ファストパッキングやLWハイキング用に今までの寝袋よりさらに軽いモノが欲しい、かといってSky High Down Quilt 120まで突っ込んで攻めたモデルだと少しビビり感あり(笑)、標高が低めの近場の暖かいエリアでの宿泊練習をまずはしたいと思っている方、ファストパッキングもしたいし、前夜発で登山口で車中泊からや小屋泊からはまずはしたい方、登山にも使いたいけど波乗りトリップの標高の低いビーチ沿いのキャンプでも使用したい方など全ての欲張りオールラウンダーに捧げる寝袋がこのSky HIgh Bag 180!晩秋のマイナスの気温下まで使える寝袋で実測値僅か386gという400g切る寝袋はなかなか無いはず!SEA TO SUMMIT / SPARKIが348gに対してこちらは386g38gの違いがあるが、その38gのプラスをどう捉えるか?よりハードな山行でも少しでも快適に使い勝手が良くなり、様々な使用時に適応するために必要な機能が満載されているからこそのプラス重量。何故オールラウンダーかというギミックが知りたい方は下記の続きをどうぞ↓

女子快適使用温度 / 男子快適使用温度 / 使用可能限界温度:11℃ / 7 / -6℃(個人差があるのであくまで参考になります)
収納時サイズ:直径9×縦20㎝、スタッフサック重量:13g

重量:short 376gregular 386glong 439g (計測時の湿度などにより多少前後します)
ショートサイズ(最大長203×最大肩幅80cm:身長165cm前後位まで)
レギュラーサイズ(最大長210×最大肩幅80cm:身長175cm前後位まで)
ロングサイズ(最大長228×最大肩幅85cm:身長185cm前後位まで)


【“全サイズ再入荷!ファストパッキングからLWハイキング、キャンプから車中泊まで使える変幻自在なマミー型寝袋登場! SHMW / Sky High Bag 180”の続きを読む】

まだ空きあります!シェルターやスリーピングシステムの軽量化について 2016 Sky High Meeting - Shelter & Sleeping System -

IMG_8955.jpg IMG_8891.jpg IMG_8791.jpg IMG_7818_201607261932100c1.jpg  

 
Sky High Meeting  - Talkin' about Shelter & Sleeping System -

いよいよ梅雨も明けて夏休みやお盆休み、秋の連休、そしてOMMレースとこれからオーバーナイトの山行がしたくなる季節到来!幾つかの雑誌などでも特集記事となってここ数年一気に注目されているファストパッキングとは何なのか?簡単に言ってしまえば、縦走登山にトレイルランニングをミックスしたスタイルで、日本の山屋さんでも間違いなく過去にこう言うスタイルで山を駆け巡っていた方々はいたはず。自分も含め縦走登山をやっていた人が山での経験の蓄積による道具の軽量化、ギア自体の進化の恩恵を受け荷物の軽量化が可能となり、目的地までのトレイルを走るまでにもなり、さらにトレイルランニングという新しいアクティビティのランニング能力を取り入れることによって、少しずつスタイル自体が成熟していったものがファストパッキングと言える。

IMG_6133_201607261934202dd.jpg IMG_6120.jpg IMG_6031_20160726193417c31.jpg IMG_2503_201607261934166b9.jpg

ウルトラライトハイキング、スピードハイキング、ファストパッキングなど様々なワードがあるが、実際のところいったいどういうものなのか?全てに共通して言えるのは「Light & Fast」という世界中でキーワードとなる言葉。前回のミーティングでは、大きいテーマ「Light & Fast」と荷物の軽量化によってどんな恩恵が得られ、山の楽しさがどう広がっていくのかを話したが、今回はテントなどのシェルターと寝袋やマット、ウェアの重ね着などのスリーピングシステムにフォーカスして何故軽量化するのか?そして、その方法などを実際の最新オススメギアを元にシェルターなどはこんなに簡単に張ることができますテキな感じで分かり易く実演したいと思っています!シェルターは話題のBig Sky International / WISP1、Six Moon Design / Deshuttes Plus Tarpなど、寝袋はSky High Bag 300 &180、 Down Quilt 120などを実際に張ったり寝てみたりします。軽量フロアー無しシェルターやキルトの寝袋に興味はあったけど、まだ怖くてなかなか手が出せなかったという方などは是非ともお越しください!実際にみんなでシェルターを張ったり、寝袋に入ったりして話したいと思います。

これから、シーズンとなる夏の日本アルプスでの縦走登山やオーバーナイトでのファストパッキングやスピードハイキング、そして、OMMレースにエントリーしたけど、どんな感じでビバーク練習をしていったらいいのか分からないという方、難しく考えずにまずは出来ることから始めよう!ファストパッキングと言っても、ストイックなファストパッキングスタイルや、少しラグジュアリーなキャンピング自体を楽しむファストパッキングのスタイルなど、山の中で宿泊するだけでも様々なスタイルがあります。ファストパッキングとはこうである!とと一つの狭いキーワードに当てはめるのではなく、自由な個人それぞれのスタイルがあれば良いしあって当然である。山は本来、日々の非日常的な「自由」を感じるために行くものである。

IMG_9032.jpg IMG_7684_201607261935599f9.jpg IMG_2398.jpg IMG_3731_20160726193557d51.jpg

日帰りのハイキングをやっていたり、トレイルランニングで山を走っている人などはいずれは山で泊まってみたいと思っている方も多いはず。山で泊まるスタイルは、訪れる季節、同行するパーティなどで様々ではあると思う。彼氏彼女や夫婦で行くゆっくりペースの山行、友達同士の大勢の鍋を持ってのご飯やお酒メインの山行、途中で岩登りや沢登りを含めた道具が多くなるハードな山行、トレイルランニングを交えたファストパッキングなど、山で泊まると言っても実に多種多様なスタイルがある。


【“まだ空きあります!シェルターやスリーピングシステムの軽量化について 2016 Sky High Meeting - Shelter & Sleeping System -”の続きを読む】

FC2Ad