若干名空きあり!春の芦屋ロックガーデンを楽しむビギナー向けハイク&ランセッション! Hike & Run Session

IMG_7221.jpg IMG_2492.jpg IMG_2494.jpg IMG_5920_20170407184344557.jpg  

Sky High Mounatin Works presents
Spring Hike & Run Session


日頃、近くの低山里山ハイキングやトレッキングなどの山歩き、縦走、街のマラソンやジョギングをしている方、何か面白くて新しいスポーツを探している方など、ハイキングの延長として気軽に始められるトレイルランニングを始めませんか?都市部から近い六甲山で、あまりメジャーではない他ハイカーが少ないSHMWオリジナル・コースで楽しくハイキングしながら、気持ち良さそうなポイントを走ったりして、痩せるために走らなければならない、走らせる罰ゲーム的な嫌なマラソンではない、心から子供の頃に戻ったような童心で走りたくなるから山を走りたいという気持ちで山を遊びましょう!

このハイク&ランのセッションはSky High Mountain Worksのトレイルランイベントの中では最もゆったりしたペースで進むセッションイベントで、歩きのハイキングや街でのマラソンやジョギングをされている方を対象としています。トレイルランニングには興味があったけど、体力の問題やランニングという言葉がどうも気にかかり、なかなか入り込めなかった人にぜひオススメしたい内容です。今後、トレイルランニングにハマらなくても、ウルトラライトハイキング、スピードハイキング、ライトウェイトハイキングというキーワードに興味がある方には、ぜひ身体で体験していただきたい。もちろん、男性だけでなくても女性でも全く問題なしで、今はむしろ女性の方が多くなってきている位です。トレイルランニング、スピードハイキングの遊び方やコツ、ロードランニングとは違った山での走り方のコツ、効率の良い疲れない登り方、楽しい下り方の技術、ウェアリング・道具の使い方、ルールやマナーなどお伝えすることが盛り沢山!山の秋を感じながら、これから山遊びのスタイルとしてトレイルランニングを日々の日常に取り入れられるようにゆっくりしたペースで山を楽しみましょう!

IMG_5902_201704071845594b6.jpg IMG_8939_20170407184600d20.jpg  

トレイルランニングというと、登りも下りもすべて山道をノンストップで走り抜けるハードなイメージがありますが、実際はレースや自分を追い込むハードな練習は別として、登りはほとんど歩いたりして、長距離を走りきるため、楽しい平地や下りの走りのために体力などを温存しておきます。まず最初は、ハイキングをやっていただき、自分で走りたいと感じた平地や下りを走るだけで十分楽しめます。シンドイと感じれば歩けばいいですし、面白そうな箇所は楽しく走り抜ける。自分の感性や本能で山を感じるだけ。Sky High Mountain Worksでは、ハイキングにトレイルランニング、岩登り、沢登りをプラスし、山登り+アルファーの「山遊び」という今の視点からみたミックス・スタイルのハイキングを提案します。ファッションだけのアウトドアから一歩先へ、山の自然の楽しさ・厳しさを肌で感じましょう!

ライトウェイト、ULハイカーの方々、低山ハイカー、日頃、街や公園でのマラソンやジョギング、ウォーキングをしている方など、このハイキングにジョギングやダウンヒルランニングをミックスさせたハイク&ランは最高に面白いスタイルの山の遊びスタイルです。ハイキングとの道具の違い、効率の良い歩き方から走り方の話しなど織り交ぜて、今回は途中で六甲の美味しい湧き水を飲んだりしながらコバノミツバツツジや山桜が見頃な芦屋ロックガーデンの面白いトレイルを進みます。ぜひこの機会にご参加を!

*軽快に移動できるトレイルランニングシューズ、ベストパックなどはSHMWで多くのモデルを販売していますので、お時間ある方は色々説明させていただきますので、イベント前にぜひ一度お越しください!


日時:5月6日(土)

 8:00 2F Sky High Mountain Works店横ショールームにて集合
                             12:30 前後頃 Sky High Mountain Works 解散

 参加費:2,000円(税金、日帰り障害保険込)
イベント当日にお支払いください

 


【“若干名空きあり!春の芦屋ロックガーデンを楽しむビギナー向けハイク&ランセッション! Hike & Run Session ”の続きを読む】

若干名空きあり!初心者向けのお散歩ハイキングツアーに美味しいワインと食事をロックガーデン入り口で楽しみましょう!山飲〜やまいん〜VOL.2

IMG_1080.jpg

高座谷

IMG_5361.jpg IMG_5355.jpg IMG_5358.jpg

山飲〜やまいん〜VOL.2

普段の日常とは少し離れた自然な空間でナチュラルなワインと美味しい料理が楽しめたら。。。そんなシンプルな発想から生まれた山で飲む!山飲。この度は、ご好評にお応えして、その山飲VOL.2が開催決定!山を通してワインに、ワインを通して山に興味を持ってもらえれば。自由な感覚でそれぞれの時間をお過ごしください。

SHMWにも六甲山ハイクの帰りがけによく寄っていただく、大阪北浜のフレンチLaTortuga(ラ・トルトゥーガ)萬谷氏、ワインインポーターClubPassionduVin 石川氏、六甲山カフェ古家慶子氏との話で生まれた芦屋ロックガーデン入り口の登山口にての楽しくも美味しい新しいイベントです。通常の一般のお客様は昼12:00からのスタートですが、SHMWの元気の良いお客様向けに昼前の午前中に限定人数にて開催します。朝一から芦屋ロックガーデン界隈でハイキングしたり、トレイルを走りまくった後に是非お立ち寄りいただき、こだわりのワインと萬谷氏の美味しいフレンチを食べてください!

日時:2017年4月30日(日)
時間:10:00~12:00
(必ずご予約後に時間内のご都合のいい時間にお越し下さい)

定員になり次第締め切りますのでお早目に!


場所:六甲山登山口ロックガーデン入口
高座の滝、六甲山カフェ
→阪急神戸線芦屋川駅より徒歩30分
芦屋川駅北口を出て、川沿いを上がっていただきますと案内板がございますので、案内板を頼りにお越し下さい。
もしくはグーグルマップにて「六甲山カフェ」もしくは「大谷茶屋」で検索して下さい。

参加費:1,000円




【“若干名空きあり!初心者向けのお散歩ハイキングツアーに美味しいワインと食事をロックガーデン入り口で楽しみましょう!山飲〜やまいん〜VOL.2”の続きを読む】

4月のお休み

IMG_4550_2_20170402200204b02.jpg

4月のお休みは、3(月)-4(火)-5(水)-6(木)、11(火)、18(火)、22(土)-23(日)、25(火)-26(水)です。

今月もイベントが多いため、不定休となってしまいます。よろしくお願いします!

お休みの期間中は、メールや通販、BASEシステムの対応はできません。


4/19メーカーブース情報アップデート! Mt.Rokko Outdoor Session 2017 ~ One Sky~

17435905_1277393392346051_22588423642082064_o_20170331145937a9f.jpg

IMG_0450_201703032152422a9.jpg

今年も開催決定!今から日程を空けておいてください!絶対に来る価値大の毎年恒例イベントにぜひ!

当日出展予定のアウトドアメーカーさんもほぼ決定しました!チラシを確認して楽しみに待っておいてください。また、SHMWにてMROSチラシも沢山ありますので、宣伝していただけるお店さんや同業者さん、個人でも持って行っていただきぜひ宣伝をお願いします!フリマブースも埋まってきましたので、今年は出店で出ようか迷っていた方はお早めにどうぞ!

日 時:2017年4月23日 日曜日 10:00~16:00頃

会 場:六甲山カンツリーハウス

Sky High Mountain Works
白馬堂
SPARK Scone & Bicycle
Mountain Culture Club Rokko


こちらが中心となり今年もMROSを開催!



今年は前泊プログラムとして、マウンテンランナーのライフスタイルを美しいアーティスティックな映像で製作した「In The High Country」をStaticbloomさん協賛で特別日本語訳字幕付きで上映します!すでに観ているマウンテンランナーは是非ともこの字幕入りで深い「山」の話をもう一度聞いて欲しい。また、ローカリズムの話や山と共に暮らすライフスタイルなどハイカーやクライマーが絶対に共感できる内容なので、何だトレランの話しかと言わずにぜひとも観ていただきたい!

映画鑑賞の他には、MROSの定番エルドミンゴさんの美味しいメキシカンフーズを食べながら酒も飲んで、そのまま関東から来ていただくアウトドアメーカーさんと共に、今の日本のアウトドアーシーン、そしてこれからの六甲山と共に自分たちの向かうべき方向性を皆さんと一緒にクロストークをする予定です。スタッフはじめ、フリマの出店者さんももちろん、いつもSHMWに来ていただいていたり、遠く離れていても通販などでいつもご購入して頂き、応援してもらっている皆様、ぜひこの機会に参加お申し込みお待ちしています!

前夜祭 内容

ご参加の方へのご案内

場所:カンツリーハウス内
参加費:2,500 yen(テント持参で場所代の宿泊費、映画鑑賞代、食事代含む)

決済方法はWEB決済、難しい方は事前に
Sky high mountain works 白馬堂の店頭にて受付ください

18:00〜19:00 入場
前夜祭参加者来場 六甲山カンツリーハウス西口ゲート
指定された駐車場に止めて下さい。
テントの設営

19:30〜 夕食 エルドミンゴさんの美味しいメキシカンフーズを食べながら酒も飲んで楽しみましょう!
20:00〜 映画 
「In The High Country」Staticbloomさん協賛で
 特別日本語訳字幕付きで上映
21:00〜 トークショー 「これからのアウトドアシーンについて語ろう」
22:00〜 フリータイム

夜のエルドミンゴさんによるディナーのメニューの紹介です。
1 Plate dinner
野菜5種(コールスロー・人参オレンジサラダ・青菜ガーリック・アンチョビポテト・豆の煮込みなどなど…)
メキシカンチキンガーリックライス
※このメニューは前夜祭の費用に含まれています!

あと夕食の後はエルドミンゴバーもオープンして

ホットテキーラサンライズ
ホットコーヒーテキーラミルク
ホットワインクーラー
シナモンハニー
コーヒー
ハーブティーなどなど夜の部を盛り上げてくれるようです!

さらに、、、イベント当日の朝は宿泊者向けに有料にはなりますがモーニングブリトー&ハーブティ、タコライス も準備していますのでこれはもう前夜祭に参加しないともったいないですよ!

22日宿泊についてのお願い
会場 芝生広場でテント設営可能です。
※直火は禁止です!
 会場は水道、トイレが利用可能です。
※電源はありません
※シャワー、お風呂はありません。
 (有馬温泉は車で40分程離れておりますの)
※テント シュラフは各自ご用意下さい。
 (お持ちでない方はスカイまたは白馬堂にてお買い求め下さい)

翌朝は 当日出展者が7:30〜9:00に搬入です

 前泊者でフリマ出店の方はセッティングまた全体運営のご協力をお願いいたします。

定員:3店舗のお客様全部で約50名ほど(先着順になりますのでビビッと来たらお早めに!)

前泊イベントについては完全先着順の予約制になります。
予約申し込み:Sky High Mountain Works
                         TEL 0797-34-3299

イベント詳細やフリマの内容は下記をご覧ください↓


【“4/19メーカーブース情報アップデート! Mt.Rokko Outdoor Session 2017 ~ One Sky~”の続きを読む】

若干名空きあり!OMMレース、リアルなファストパッキングについて語ります!4/21(金)19:30よりOMM NIGHT開催!

4DLcGowY.jpg 
IMG_4758.jpg IMG_4810_20170410194625330.jpg IMG_4776.jpg IMG_4801_20170410194623866.jpg

IMG_5832_20170410172217767.jpg IMG_5828_20170410172216408.jpg IMG_5735_20170410172215675.jpg IMG_5870.jpg
IMG_2527_20170410194721ae3.jpg IMG_2133.jpg IMG_2102.jpg IMG_2813_20170410194722839.jpg

OMM NIGHT - Real Fastpacking -


緊急開催決定!昨年同様MROSにてOMM輸入代理店NOMADICSさんがブースを出すので、その前夜にCLASSIC25 32(Limited ブラックカラー)とファントムシリーズの背負い比べとトークショーイベントを開催します!SHMW北野が昨年参加したOMMレースについてのレポート、そしてOMMレースにおいてタメになるようなOMMレースとOMM Lite&OMM Bikeの話しや今後の方向性を含めた情報をOMM JAPANさんと共にお話しします。

メインはOMMパックやウェアの良さや使い方を含め、どんなシチュエーションにおいてOMMが武器となるのかを昨年行った大峰奥駆道ファストパッキング、北アルプスバリエーションファストパッキングの話しを元にスライドと共にお伝えします。SHMW、OMM JAPANの考えるファストパッキングの本質とは?自分自身の山行目標や目的を決めるからこその軽量化で、追い込んで得られる達成感や充実感、それがリアルなファストパッキングであって、その良き相棒がOMMのパックやギアとしてのウェアあるということ。どんな山行であっても、自分自身が山で表現したいスタイル、それぞれが目標や目的を持ってはじめてファストなパッキングスタイルが成立するはず。ファストパッキングはアクティビティではなく、各自の一山行スタイルである。OMMレースが最終目標ではない、レースは一通過点であって、OMMレースは山でのレベルアップを図る最高の強化合宿であるということ。OMMという最高の武器と共にファストパッキングというスタイルの今と将来についてアツく語りたいと思っています。

会場のスペース上、事前予約者を優先させていただきますので、お決まりの方は電話かメールフォームにてメールで参加申込お願いします!

4月21日(金)19:30-START

予約の方から順次入場となりますが、予約なしでも空きがあれば当日途中参加もOKです。ぜひ会社帰りでもこの機会にお立ち寄りください!


開催場所:Sky High Mountain Works 2F Show Room

参加費:500 yen(当日支払いでお願いします)

定員:約20名くらい(それ以上は立ち見になります)

参加予約:
Sky High Mountain Works  TEL 0797-34-3299
このブログをPC表示にて見ていただき、右側にあるメールフォームか電話により申込ください

4/21のタイムスケジュール、内容詳細は下記参照↓


【“若干名空きあり!OMMレース、リアルなファストパッキングについて語ります!4/21(金)19:30よりOMM NIGHT開催!”の続きを読む】

クライミング、ハイク&ラン、アタックザックと使用できるダイニーマ生地採用の超軽量ミニマルパック Black Diamond / BLITZ 20 & 28

IMG_2297_201704171441310b8.jpg

681194_Blitz20_WHIT_front_web.jpg  681194_Blitz20_WHIT_back_web.jpg

IMG_0036_201704171429319fd.jpg IMG_0034_201704171429293ad.jpg IMG_0030.jpg IMG_0032.jpg

Black Diamond / BLITZ 20 / 398g→364g(背面パッド取り外し時) / 9,000 yen+tax

681195_Blitz28_WHIT_front_web.jpg  681195_Blitz28_WHIT_rear_web.jpg

IMG_0048.jpg IMG_0046.jpg IMG_0052.jpg IMG_0054_20170417143830997.jpg

Black Diamond / BLITZ 28 / 444g→410g(背面パッド取り外し時) / 11,000 yen+tax

通販BASEカートはコチラ→

4/17現在、20、28㍑共に在庫あり

グレーがかかったホワイトのようなカラーが新鮮な超軽量かつ耐久性抜群なダイニーマ素材のダイネックス生地を採用したシンプルかつミニマルな何にでも使えるパック。何より耐久性と軽量化を両立させたダイニーマ生地を惜しみなく使用して作られたパックにも関わらず買い易い価格設定が非常に嬉しい。一気室のシンプルな構造ながら、ワンアクションでパックの開閉が可能なのが見事であり、さらに小物類を入れられる止水ジッパーポケット搭載のトップポケットもあるのが、山での実際の使用も含め、普段の街でも使い易い。


【“クライミング、ハイク&ラン、アタックザックと使用できるダイニーマ生地採用の超軽量ミニマルパック Black Diamond / BLITZ 20 & 28”の続きを読む】

春夏ロット分入荷!ファストパッキングや軽量縦走登山、山小屋泊、旅にベストな僅か249gの世界最軽量撥水ダウンキルト SHMW / Sky High Down Quilt 120

IMG_2512.jpg logo_20160630162825d94.jpg

Sky High Mountain Works / Sky HighDown Quilt 120 / Lino / UDD770FP
short,regular / 28,000 yen+tax
long / 29,500 yen+tax

通販ご希望はBASEカートに購入可能 コチラ→
こちらのアイテムは送料無料です。

IMG_2378_20170415151456372.jpg IMG_2376_20170415151454533.jpg

2017春夏ロット分より、各ループに結んで固定する1mのバンジーコードが付属します

4/15現在、short,regular,longと全てのサイズ二本ずつ在庫あり。就寝時マイナス4℃まで下がった先日のOMMでも、レギュレーションとなっているSOL / Escape Bivvyやダウンジャケット&パンツと共に併用して寝ていた方が多くいたが、これからOMMストレートロングやコアなファストパッキングを目指す方は軽量化優先となるので、この軽さやコンパクトさはかなりオススメ!来年を目指す方も、ここ関西ではこの寒くなる冬に就寝の人体実験をしないと間に合わないですよ!暖かくなってからなんて言ったって、実際の本番練習はアルプスなどの高所に行かなくては実験できませんからね。


前モデルよりさらに切り込んだ軽量化と撥水性能をアップデート!ファストパッキング&ULハイキングにフォーカスした機能性を求めて、保温性を極端に損なわない程度に羽毛量を150gから120gに減らし、シェル素材もSHMW / Sky High Down Bag 300と同様の10×10デニールナイロンNANO撥水加工素材を使用した結果、レギュラーサイズで実測値249gという正にブッとんだ世界最軽量の軽量化となった(笑)また、今回より封入されている羽毛も撥水ダウンを使用しているので、シェルターやツェルト内の結露やタープ下での雨の降り込みやテント内浸水でもかなり安心して使用できる。1gでも重量を削りたいが水対策でいつもゴアテックスシュラフカバーを持ち運んでいて、なかなか軽量化が図れなかったというコアな方には正にピッタリなモデル!もちろん、羽毛量が少ないといっても、クオリティの高いナンガのダウンなので、収納時と袋から出した時のバフバフ感が物凄く、すぐに空気を含み膨らんでくれるので、この薄さでかなりの保温力を持つ。

IMG_2512_20160630165607542.jpg IMG_2510_20160630165606ffb.jpg IMG_2515.jpg IMG_2518.jpg

山行途中を重要視して、如何に快適に速く遠くと行くかというファストパッキングやタイムを少しでも狙うOMMストレート時には、キャンプの快適性は削ってでも、過程を楽しく進みたいから、荷物を軽く極限まで重量を減らしたいという気持ちがあるはず。寒そうではなく、過程を自分で楽しんでるからこそ、全く寝れないのでは厳しいが、そこそこ寒くてもそのビバーク自体を楽しんでしまおうという気持ちが強い。そんなコアな方向けに幾度となくテストして辿り着いたコアファストパッキング&ULハイク、ガチOMMレースにフォーカスした超ウルトラライト仕様キルト・バッグが今回のダウンキルト120!

IMG_2503_20160630170722033.jpg

シェルターやツェルト内の結露などものともしない表地の超撥水生地にナンガの誇る撥水ダウン量120g採用シングルキルト構造のミニマリスト向け3シーズン用ウルトライト・バッグ。軽さと携帯性を重視したモデルで、背中部分は身体に巻きつけて寝てしまえば羽毛のロフトがつぶれてしまうので、軽量化のために表側に比べると羽毛を少なめに入れてある。ただ、羽毛掛け蒲団のように使用した場合は完全に内部の羽毛を無くしてしまうと、極端に寒くなってしまうのできちんと封入している。寒い場合はバラクラーバ(目だし帽)やフード付きフリースやダウンジャケットを併用すれば良いので、軽量化のためにマミー型寝袋とは異なりフード部分も取り除いている。後ろ首元部分にはスナップボタンが付いているので、そこを留めていただければシュラフ内の暖気は逃げないようになっており、地面からの冷え対策は、通常の寝袋と同じでマットを併用すれば暖かさも全然問題なし

ジッパーも全く使用していないので、本当に必要最低限の部分のみ残したミニマリストのためのスリーピング・バッグ。今回のアップデートで、幾つかの機能プラスや更なる軽量化を考えたりもしていたが、結局はテストすればするほど、これ以上いじれる部分がない位に個人的には完成度が高く、シンプルなものほど変えようがないのも分かった(笑)もちろん、表生地はモデルと同一で表裏共NANO素材を使用しているので、とんでもない超撥水性能を持つ。軽くコンパクトなので軽量化が重要なスピーディなファスト・パッキング、沢登り、ハードコアな源流釣り、山小屋泊まり、旅行、夏フェス、車中泊まで様々なシーンで使用できる。

女子快適使用温度 / 男子快適使用温度 / 使用可能限界温度:17℃ / 13℃ / 0℃(個人差があるのであくまで参考になります)
収納時サイズ:直径9×縦20㎝、スタッフサック重量:13g

重量:short 244gregular 249glong 277g (計測時の湿度などにより多少前後します)
ショートサイズ(最大長203×最大肩幅80cm:身長165cm前後位まで)
レギュラーサイズ(最大長210×最大肩幅80cm:身長175cm前後位まで)
ロングサイズ(最大長228×最大肩幅85cm:身長185cm前後位まで)


【“春夏ロット分入荷!ファストパッキングや軽量縦走登山、山小屋泊、旅にベストな僅か249gの世界最軽量撥水ダウンキルト SHMW / Sky High Down Quilt 120 ”の続きを読む】

2017新色入荷!ハイクからトレイルラン、ボルダリングといつでも何処でも穿ける軽量快適ショーツ HOUDINI / Crux Shorts


2463_88d8a3ae9e-mscruxshorts_tideblue_f-big.jpg 2463_7dca1657ca-mscruxshorts_tideblue_b-big.jpg
2463_088061340a-mscruxshorts_backbeatbrown_f-big.jpg 2463_6c5a25a8ac-mscruxshorts_backbeatbrown_b-big.jpg
 IMG_5250_2_20150401180354757.jpg IMG_5281_201504011803562e7.jpg
 
身長177cm、体重68kg、ウエスト30inchの男性がSサイズを着用しています。

HOUDINI / Crux Shorts / tide blue,backbeat brown / XS,S,M / 13,000 yen+tax

毎年暖かくなってくると穿きたくなる定番ショーツに2017年新色登場!SHMWでは合わせやすいカラーをセレクト。涼しげなコーディネートしやすいタイドブルーに、渋いバックビートブラウンと二色欲しくなってしまう。

ここまで軽くて穿き心地の良いショーツが今までにあっただろうか?このブログで記事を読むより、店頭で実際に穿いてその心地良さを実感していただくのが一番なのだが、あまりの気持ち良さにアクティビティ時はもちろん、普段着のデイリーユースから寝間着にも穿いてしまうほどのヤバい心地良さをもったショーツ。CruxとはどこかのCOREクライミングジムの名前にもなっているが(笑)クライマー間では、ボルダリングでもロープクライミングでも、課題やルート上においての一番難しいセクションのことをクラックスと言っており、そんなハードなムーブを要求されるセクションにおいてもストレスなく足を上げたりと快適に身体を動かすことができるようにネーミングされたショーツ。短過ぎず長過ぎずの絶妙な丈の長さなので、ボルダリング、スクランブリングはもちろん、ハイク&ラン、トレイルランニング、スピードハイキングと様々なアクティビティに対応できるマルチショーツ。

同素材Liquid Rock生地を採用したLiquid Rock Pants & Shortsもオススメ!詳細記事はコチラ→

IMG_5159_2.jpg IMG_5157.jpg IMG_5154.jpg IMG_5232_2.jpg

まず、何が良いって、他アイテムでも使用されているLiquid Rock生地というHOUDINI独自のナイロン93%&ポリウレタン7%の丈夫な高密度織り生地を採用している点でホンマに最高な生地。動きに全くストレスがかからない2wayストレッチで薄くて非常に軽量生地なのに驚くべき耐久性と速乾性に優れている。触ればすぐに分かるはずだが、これが価格も超高級生地のようです(笑)ハンドポケットに手を突っ込んでいても写真のようにビーンと伸びても、もちろん生地が伸び切ったもんまにはならない。また、これだけ軽量生地なので、濡れても旅先で洗ってもビックリする程速攻で乾いてしまいます!


【“2017新色入荷!ハイクからトレイルラン、ボルダリングといつでも何処でも穿ける軽量快適ショーツ HOUDINI / Crux Shorts ”の続きを読む】

春夏ロット分再入荷!ファストパッキングからLWハイキング、ビーチキャンプから車中泊まで使える変幻自在なマミー型寝袋! SHMW / Sky High Bag 180

IMG_4897.jpg IMG_4893.jpg

Sky High Mountain Works / Sky High Bag 180 / forest green / UDD770FP
short,regular / 32,000 yen+tax
long / 33,500 yen+tax

通販ご希望はBASEカートに購入可能 コチラ→
こちらのアイテムは送料無料です。

4/12現在、short×3,regular×5,long×2のみ在庫あり。Down Quilt 120と共に、就寝時マイナス4℃まで下がった前回のOMMでも、レギュレーションとなっているSOL / Escape Bivvyやダウンジャケット&パンツと併用して寝ていた方がさらに多くいたが、Down Quilt 120より少しでも暖かいモデルが欲しい方、春夏秋の3シーズンでの縦走やファストパッキング、Mellowなキャンプなどでもガンガン使用したい方はこちらのモデルがオススメ!ここ関西ではこの寒くなる冬に就寝の人体実験をしないと間に合わないですよ!暖かくなってからなんて言ったって、実際の本番練習はアルプスなどの高所に行かなくては実験できませんからね。

SHMWの定番スリーピングバッグSky High Bag 300を持っている方でも必ずや欲しくなってしまう自信をもってオススメする名品が登場!ここ数年気に入って使用していたSEA TO SUMMIT / SPARKIが羽毛量と軽さや使い勝手の良さで完成度が高かったが、ジッパーの短さや肩周りや上半身の幅の狭さなどが気になっていた。SHMWでも以前180の寝袋は作っていたので、この際リ・デザイン仕直もっと使い勝手の良い同じ温度域のモデルを作ろうと目論みかなり良いモノが出来上がった。ナンガさんいつもありがとうございます!ファストパッキングやLWハイキング用に今までの寝袋よりさらに軽いモノが欲しい、かといってSky High Down Quilt 120まで突っ込んで攻めたモデルだと少しビビり感あり(笑)、標高が低めの近場の暖かいエリアでの宿泊練習をまずはしたいと思っている方、ファストパッキングもしたいし、前夜発で登山口で車中泊からや小屋泊からはまずはしたい方、登山にも使いたいけど波乗りトリップの標高の低いビーチ沿いのキャンプでも使用したい方など全ての欲張りオールラウンダーに捧げる寝袋がこのSky HIgh Bag 180!晩秋のマイナスの気温下まで使える寝袋で実測値僅か386gという400g切る寝袋はなかなか無いはず!SEA TO SUMMIT / SPARKIが348gに対してこちらは386g38gの違いがあるが、その38gのプラスをどう捉えるか?よりハードな山行でも少しでも快適に使い勝手が良くなり、様々な使用時に適応するために必要な機能が満載されているからこそのプラス重量。何故オールラウンダーかというギミックが知りたい方は下記の続きをどうぞ↓

女子快適使用温度 / 男子快適使用温度 / 使用可能限界温度:11℃ / 7 / -6℃(個人差があるのであくまで参考になります)
収納時サイズ:直径9×縦20㎝、スタッフサック重量:13g

重量:short 376gregular 386glong 439g (計測時の湿度などにより多少前後します)
ショートサイズ(最大長203×最大肩幅80cm:身長165cm前後位まで)
レギュラーサイズ(最大長210×最大肩幅80cm:身長175cm前後位まで)
ロングサイズ(最大長228×最大肩幅85cm:身長185cm前後位まで)


【“春夏ロット分再入荷!ファストパッキングからLWハイキング、ビーチキャンプから車中泊まで使える変幻自在なマミー型寝袋! SHMW / Sky High Bag 180”の続きを読む】

今夜開催!あと若干名空きあります!Vespa斎藤氏によるマウンテンランナーとハイカーのための栄養学講座 

IMG_5832_201703231657040ed.jpg 2017プロフィール

  vespa-wasp.jpg

マウンテンランナー&ハイカーのための栄養学補給講座

今夜開催!あと数名分空きありますのでこの機会にぜひどうぞ!久々にあのVespa斎藤氏がSHMWにやって来ていただけることになりました!

今回のテーマは「長時間・長距離の移動」。これからロングレースはもちろんファストパッキングや縦走に挑戦しようと思っている方に向けてのありがたいトークイベント。Q&Aを含めSHMWテキなマウンテンランナーとハイカーのための山での宿泊時の食事などの栄養学、移動中のサプリメントなどの補給、パフォーマンスアップの食事、水分補給など身体についての話しをしていただきます! これから春夏に向けての山行や長距離マウンテンランニングレースに備えておきましょう。普段の山行において、エナジーフーズなどの食べ物の摂取や水分補給について、山行前後のリカバリー方法、気になるサプリメントの本当の話し。多くのトップランナー達を影で支え、パフォーマンスアップに貢献している斎藤氏だからこそ聞けるタメになる話しがいっぱい。この機会をお見逃しなく!

・長い距離を移動するための補給
・補給をスムーズに行うことのメリット
・エネルギーロスとは?身体を動かすエネルギーが枯渇することによる自身の身体へインパクトを考える
・糖質、脂質、たんぱく質の摂取方法
・水分摂取の量、脱水または過剰摂取への対処
・フィールドへ行く晴れの日だけではない日常の対処
・山遊びを愛する人のための食べ物の選び方や食べ方

日時 : 4月12日(水)19:30-

イベント15分位前から会場を開け、受付開始します!

講習場所 : Sky High Mountain Works Show Room 2F

参加費 : 1,000円 

持ち物 : メモできる筆記用具など       

定員:15名前後(先着順にて締め切りますのでお早目に!)

その他、詳細など、質問は下記へどうぞ!

【予約受付先】   Sky High Mountain Works 0797-34-3299



【“今夜開催!あと若干名空きあります!Vespa斎藤氏によるマウンテンランナーとハイカーのための栄養学講座 ”の続きを読む】

FC2Ad