ボルダリングからスクランブリング、軽量化したいマルチピッチクライミングにオススメのコンパクトさに耐久性が素晴らしいチョークバッグ Metolius / Ultralight Chalk Bag メトリウス

IMG_1148.jpg IMG_9774.jpg UL-CB-CY-ALL.jpg
metolius_logo.jpg

Metolius / Ultralight Chalk Bag / green,black,black-green-gray,black-gray-orange / 3,200 yen+tax

10/3現在、カラーによってはメーカー、店頭在庫も完売につき在庫なし、カラー気になる方はSHMWに確認ください

数あるチョークバッグの中から、ここ最近でここまで軽量化に特化して、さらに耐久性もあり様々なクライミングスタイルに使えるチョークバッグは無い!インドアクライミングジムはもちろん、外岩、ランニング含めたスクランブリング、マルチピッチクライミング、日本アルプスでの高所スクランブリングと、もう、かれこれどんだけ使用しているか分からないが、正直、これだけ耐久性があるとは思っていなかった(笑)ここまで使って全く穴や破れがない!流石、USAオレゴン州ポートランド近くの岩場Smith Rockに拠を構える老舗クライミングブランドMetoliusのチョークバッグだけある。かれこれ、自分も20年位前に買ったロープバッグがこのメトリウスのモノで未だに現役(笑)昔からこのメトリウスというメーカーはUSAテキ気質でシンプルで扱い易くタフさをウリにしていたが、時代の流れにも敏感に実はこんなウルトラライト系アイテムも作り出している。

IMG_0860.jpg IMG_0861.jpg IMG_0864.jpg

重量僅か54g!チョークバッグではありえない軽さ(笑)アウトドア業界では今や定番となっているシリコン系薄型素材のリップストップシルナイロン地の使用により、カラビナ1枚程度の軽さしかないチョークバッグ。昔はこのチョークバッグはクライマーのための必需品で代名詞的なアイテムだったが、今や小物入れ的なファッションアイテムとして、アパレルブランドさえも作り出しているが、使用してみるとクライマーなら分かるはずだが、コードロック開閉のスムーズさやチョークアップのし易さと、やはり硬派なクライミングメーカーが作り出すモノは違う!また、メトリウスの考えるウルトラライトというコンセプトもよく商品に現れていて、ファッションアイテムのチョークバッグとは異なり、内側の重量が嵩んでしまうチョークパウダーを保持するボア的素材使いもバルクを抑え軽量化を図っている。そして、コードロック&コード、ウエストのバックルベルト、ブラシホルダーなど全てのパーツにおいて軽量パーツで完璧に構成されている。これにより、軽量化重視のスクランブリングやトリップ時には写真で分かるようにつまむように小さくコンパクトに収納可能でなんとクライミングシューズの片足内部に入ってしまうほどになる。

装着時は完全に付けていることを忘れてしまうくらいである。実際、自分たちもスクランブリングにランニングを組み合わせたマウンテンランニングにおいて、このチョークバッグをブラ下げたまんま走り、下山して「お前まだついているよ!」と声をかけられ始めて気づくというほど(笑)


【“ボルダリングからスクランブリング、軽量化したいマルチピッチクライミングにオススメのコンパクトさに耐久性が素晴らしいチョークバッグ Metolius / Ultralight Chalk Bag メトリウス”の続きを読む】

クライミングはもちろん岩稜歩きやマウンテンランニングの必需品超軽量ヘルメット PETZL / SIROCCO


IMG_1499_201610031559392c1.jpg

A73-1.jpg A73-2.jpg

PETZL / SIROCCO / size1or 2 / 15,300 yen+tax

ヘッドバンドサイズ
48 - 56 cm(サイズ1)、150g(サイズ1)
53 - 61 cm(サイズ2) 、165g(サイズ2)

発売からすでに時間が経っているので、今この時点で紹介するまでもないかもしれないが、自分自身昨年あたりからクライミングはもちろん、マウンテンランニング時にもよく使う山行が多く、以前から被っていたヘルメットとは全く比較にならない軽さと装着感の良さを感じているので、あらためてこのシロッコの素晴らしさを皆さんに伝えたいなと。

主な山行ブログはコチラ→

クライマーにとってはもはや完全に定番となりつつあるが、トレイルランナーの間でも、日本海から太平洋へ人力移動するTJARというとてつもない山岳レースで、参加者ほぼ全員といっていい程に目立つオレンジのコレを被っていることから(笑)山ギア好きの方々には広く知られるようになった。ヘルメットといえば、クライマーのためのギアと思われているかもしれないが、2,000m以上の日本アルプスの岩稜をハイクしたり走ったりとする方はもはや被るのは常識となってきている。特に人の流れが多い土日の週末山行に行かれる方は自分は大丈夫と思っていても、確実に先行パーティなどが落石を起こすと思っていないと痛い目に遭う。特に硬い石に頭が当たったら一発サヨナラ(泣)自分も山で何が恐いって、一番は人為的落石なのです。岩が脆いセクションに遊びに行く時は最大限の注意と上に先行パーティが居るかどうかの確認、下に人が居る時は登る時に自分で落石をしないように気を遣い、脆いラインに行かない。それでも落としてしまったら、大声で「落(ラクっ)」と叫ぶ事。


【“クライミングはもちろん岩稜歩きやマウンテンランニングの必需品超軽量ヘルメット PETZL / SIROCCO”の続きを読む】

年内再入荷しました!ケルアックやビートカルチャー好きもマスト! VALLEY UPRISING


valleyuprising3.jpg valleyuprising2.jpg valley-uprising.jpg

A Sender films Prodution / VALLEY UPRISING / DVD / 4,200 yen+tax

瞬く間に売り切れてしまったが、何とか本日再入荷!クライマーはもちろん全てのアウトドア好きにぜひ観ていただきたい!クライミング用語はもちろんだが、ケルアック、ダルマバムズ、ビート、ヒップ、ヒッピーなどのワードにピンと来た方もマスト!ビートカルチャーと深く関わっていたのが自然回帰であり、このクライミングでもあった。今ではフリークライミングとして、フィジカルな部分がクローズアップされるクライミングだが、元々はスピリチュアルな要素が一番濃いアウトドアアクティビティがクライミングである。岩壁を登るのにロープを使用するしないでは精神的に全く異なるのだが、自分自身のクライミング能力と岩を見る目、そして、恐さに打ち勝つ精神力を上げて登るという行為がクライミング。決して、無謀なことをやっている訳ではなく、自然界の中で自分自身をコントロールし壁を自然にスムースに登る。そんなシンプルかつ奥深いマインドコントロール。それがクライミングの本質であることが、このフィルムを観ることで分かるはず。

毎回リリース毎にヤバい映像満載のReel Rockシリーズの最新作がついに入荷!前作No.8において「The Stonemasters」というストーリーが当初収められる予定になっていたが、1970年代USAクライミングカルチャーのドラッグやヒッピーカルチャーについての映像があまりにハードだったために収録されなかったという噂。今回はアメリカのクライミングの聖地と言われているYosemite(ヨセミテ)でのクラミングの歴史と進化のみにフォーカス!素晴らしい映像と写真を用いて最新の編集とヤバいセンスで作られたとんでもなくカッコええ作品に仕上がっている。大きく分けた3つの時代毎に、自分もその生き方に大いに影響されたヤバいクライマー達が次から次へと登場し、昔の貴重映像の数々が素晴らしい映像センスによって現代クライマーはもちろん、クライミングをしていない他のアウトドアラバーズにもバッチリ楽しめる内容。ロイヤル・ロビンスやPatagoniaのイヴォン・シュイナードはヨセミテでクライミングの歴史を作っていったが、その後に続くオールドクライマー達のヒーローとも言うべきジョン・バーカー、ロン・カウク、リン・ヒルらが精神と肉体のレベルを押し上げるべくフリークライミングという歴史を作り、現代においては昔のクライマーらをリスペクトしつつディーン・ポッター、アレックス・オノルドらが新しい視点でフリーソロイングをし、卓越したクライミング能力にアメリカ人ならではのブッ飛んだスピリッツをミックスして、落ちたらベースジャンプをしたりとクライミングは新しい次元へと向かっている。クライマー必見は言うまでもないが、オウンリスクの精神においてバックカントリーを遊ぶ人間は絶対に観ては損はさせないフィルム。今の時代、インドアクライミングジムでボルダリングすることがクライミングとも言われ、もちろん間違いではないが、「クライミング」とは何なのか?と今一度考えさせてくれるはず。これからクライミングを初めたい方々にもぜひ観ていただきたいのクライミングのスピリッツ。全てのアウトドアラバーズ完全永久保存版DVDなり!!


【“年内再入荷しました!ケルアックやビートカルチャー好きもマスト! VALLEY UPRISING”の続きを読む】

スクランブリングに最適なアクセサリーサイズの本チャンに使える超小型軽量カラビナ登場! METOLIUS / FS Mini メトリウス

metoliuslogo.jpg 
fs-mini-all.jpg ME10060_BK-thumb-564x843-83653.jpg

アメリカ・オレゴン州ポートランドから南東に位置するBendという街(patagonia trailrunning ambassador Jeff Browningも住むトレイルランニングにおいても素晴らしい自然豊富なところ)から近いSmith Rockという世界的に有名なクライミングエリアにヘッドクオーターを構えるクライミングギアに特化したコアブランドがこのMetolius(メトリウス)。近くに流れるMetolius Riverから社名も決めたようだが、カラビナ、ナチュラルプロテクションギア、ビッグウォールギアはもちろんボルダリングマットから今では全てのクライミング登攀用具をリリースしているが、クライマークの使い勝手を考えたクオリティにコダワったアイテムで多くのコアなクライマーから愛されている。昔から自分もよくカラビナ、ハーネスなどを長い間使用している愛用者の一人である。

IMG_6745.jpg IMG_6744.jpg IMG_6741.jpg IMG_6747.jpg

METOLIUS / FS Mini
silver,purple,brown,blue,yellow,orange,red,black,green / 1,000 yen+tax

商品名のFSとは「フルストレングス」の略から来ているが、このアクセサリーカラビナサイズの小ささで、22knの強度を誇る僅か25gの超軽量カラビナの登場。左側から三番目の写真では、通常のクライミングカラビナ、FS Mini、アクセサリーカラビナと並べているが、どれだけコンパクトなのかが分かるはず。シビアなスポーツクライミングであるとあまりの小型サイズなので操作性はビミョウなところだが、UIAAという世界基準のクライミング安全基準にはパスしているので人間のフォールにバッチリ耐えうる強度と耐久性をもっている。カラビナ自体にもアクセサリー専用カラビナと間違えないように小さく「for rock climbing and mountaineering use only」とプリントされている。軽量化を最優先したスクランブリング、マルチピッチやアルパインクライミング、ビッグウォールクライミングに非常にオススメの必殺カラビナ!


【“スクランブリングに最適なアクセサリーサイズの本チャンに使える超小型軽量カラビナ登場! METOLIUS / FS Mini メトリウス”の続きを読む】

待望の再入荷!100%オーガニック原料使用のハンドメイド万能クリーム Joshua tree Climer's salve ジョーシュア・ツリー・クライミング・サルベ

jc.jpg IMG_1895.jpg IMG_1899.jpg    

 

Joshua tree Climber's salve / mini size / 798 yen
Joshua tree Mountain Mint SPF 18+ / 840 yen
Joshua tree Healing Mint w/ Tea Tree Oil / 840 yen  

超待望の再入荷!クライマーには絶大な人気がある指皮再生クリーム。トレイルランナー、バイカー、サーファーなどアウトドアで切り傷を作った時、肌荒れ、肌の再生にはオーガニック100%のコレが一番!女の子に大人気の日焼け止めSPF18+のリップも同時入荷!

夏など暑い時期はビーズワックスが溶け出さないように、高温になるような場所には置かないでください。真夏は冷蔵庫なんかに保管しておくのがベターです。

U2のアルバム・タイトルにもなったジョーシュアの木で有名なカリフォルニアのクライミング・エリア。粒子の粗い花崗岩で有名な岩場だけに、ここでのクライミングは指皮が非常に酷使される。そこで、指皮の早期回復・復活に役立つようにこの地で生まれたのが、このローカル・ブランドJoshua Tree Climber's salve。オーガニックとハンドメイドにとことんコダワリ、ローカル・クライマーなどに使用してもらい、テストを重ね商品化した自信作のクリーム。もちろん指皮だけでなく、手全体・肘・膝などの切り傷・擦り傷などにも効果的。もちろん、クライマーのみならず、ハイカー、トレイルランナー、マウンテンバイカー、サーファー、また、ナチュラル・オーガニック指向の方、ワーカー、メカニックス、ファーマー、ガーデナーなどアウトドアでの仕事をしている方にもオススメ!以前からクライマー間では有名なClimb On (クライム・オン)よりも、エッセンシャル・オイルの含有量が多いので、より指皮再生や乾燥肌に効くよ!!

 

P1220455_サイズ変更 P1220456_サイズ変更

 

100%オーガニック原料で、ビーズワックス、オーガニック・カレンデュラ、オーガニック・コンフリー、オーガニック・エキナセア、 ミルラ、ワイルドクラフテッド・チャパラル、ベンゾイン、エッセンシャル・オイルを使用。


【“待望の再入荷!100%オーガニック原料使用のハンドメイド万能クリーム Joshua tree Climer's salve ジョーシュア・ツリー・クライミング・サルベ”の続きを読む】

新年早々お正月はこれで盛り上がろう! Masters Of Stone 6 : Breakthrough マスターオブザストーン6 ブレイクスルー


Masters Of Stone 6 : Breakthrough / 3,675 yen

やはり何度観ても面白い。これぞアメリカンおバカクライミングスタイル!新年早々お正月はこれで盛り上がろう!

10-20年前からのオールドクライマーにとってはバイブル的なシリーズものフィルムで、ここから多くのロック・スターが生まれていった。元祖フリーソロ・クライマー故Dan Osmanもこのマスターズ・オブ・ストーンの超常連クライマー。というか、彼がいなかったら、このシリーズも無かったであろう。そんな伝説的なシリーズの最新作&最終作?さすがにDan Osmanは出てこないが、彼のスタイルを受け継いだ、それ以上にイカれているDean PotterやAlex Honnoldのボールドなクライミングをフィーチュア。そして、我が日本が誇る平山ユージとHans Florine のヨセミテ・エル・キャピタンのノーズでの驚異的なスピード新記録樹立シーン。岩を登るというか、駆け抜けるようなシーンは同じ日本人として必見!超イカレぽんちのスピード・フリーソロでタイムの競い合い、世界で最も高い場所でのスラックライン、スピード感抜群のまるで人間ムササビのようなノルウェーでのウィングスーツなど見所満載。世界まる見え系映像が好きな人は間違いなく買いでしょ!音楽もロック、ハードコア、アコースティック、打ち込み系とアメリカンフィルムらしい安心して聞ける選曲。

ボーナスとして、「20 Years of Stone」と題して、マスターズ・オブ・ストーン・シリーズのヒストリーをフィルマーEric Perlmanが語り、オールドクライマーには懐かしい往年のRock WarriarsやDan Osmanが再び観れる。今見ても現代のクライミング・スタイルに引けを取らない各シリーズの懐かしいシーンやモチ上がりまくりのハードコアな音楽が甦る。オールド・クライマーら、マスターズ・オブ・ストーン・ファンはもちろん必見だが、今の世代にぜひ観てもらいたい傑作。最近は映像技術の進化により、スタイリッシュな映像のフィルムが多くリリースされているが、やはり、これぞアメリカ!オバカ度満点のハードコアなこのシリーズは何度観ても面白い。前作を凌ぐ、よりハードに、速く、大胆に、新しい、これぞアウトドア・スポーツのカッティング・エッジ。正に、Breakthrough(躍進、画期的成功)のシーンを収めたフィルム。

今年最後の話題作が登場! Reel Rock Film Tour 2010 リールロックツアー2010



IMG_2933.jpg IMG_2934.jpg IMG_2938.jpg

Reel Rock Film Tour 2010 / 3,675 yen

2010年最後の12月に超大作がリリース!もはやクライミングDVDでは、彼らのクオリティーを上回るのは難しいだろうと言われているが、そのBig Up ProductionsとSENDER FILMSの両プロダクションからの、超ハイクオリティな最新映像の数々を集めた一本。全米各地で上映されるツアーフィルムだけに、すべてのエピソードがハンパないクオリティをもっている。Chris Sharmaのスペインでのプロジェクトトライはハンパなくモチベーションが上がるし、オールドクライマーには憧れのソロイストPeter Croftと共にLisa Randsが登るさまは非常に美しい!超ビューティフルなオーストラリアの岩場や、一般人から見たら死を急いでいるのかと思われるに違いないクレージーなDean Potter様まで。ボルダラーには、もちろん今をときめくUSAスーパーボルダラーの二人Daniel Woods & Paul RobinsonらのそれぞれのV16打ち込み完登シーンもバッチリ収録!

個人的には、トレーラーにもバーンって感じで出てくるアイガー北壁をハンパないスピードで駆け上がるエピソードが最高!「The Swiss Machine」というネーミング通りで、トレーニングのランニング・シーンなど、壁を登るまでの過程がストイック&ハードでカッコええ。コイツは山好きは必見です。おまけに、エクストラトラックもこれまた素晴らしいし、かなり嬉しいことに、Petzl,stering rope,The North Face,Gore Tex windstopperのステッカーまで付録で入ってます!「First Ascent Box Set」と共に、これまたクライマー、いや、クライマー以外の山好きにぜひ観ていただきたい。またまた、マストDVDが増えてまいましたね(笑)
 

クライマーでも、そうでなくとも存分に楽しめるアドレナリン全開の完全保存盤フィルム First Ascent the complete series ファーストアッセント コンプリート・シリーズ



Sender Films / First Ascent: The Complete Series - The Six Episode Box Set / 5,250 yen 

待望の再入荷!まだ、観ていない人はぜひ、この歴史的フィルム(ムービー?)をGETせよ!

あの名作King Lines,Sharp End,First AscentなどをリリースしてきたSender Fimsから驚きのハンパないボリュームのボックスセットがNewリリース!クライミングの歴史的瞬間を常に撮り続けているアメリカのPeter Mortimer率いるSender Filmsだけに中身はハンパない!日本人ではあり得ない精神世界の境地に達しているとしか思えない地上600mヨセミテハーフドームのフリーソロ(2010日本バンフ・フィルム・フェスティバル上映作品)から、美しい映像美を堪能できるアルパインクライミングまで、クライマー以外でも、山での自分自身のリミットを越えようと常にハードな山行を企てている方はモチベーション・アップ間違いなしの映像ばかり。すでに世界各国で多くのベスト・フィルムを受賞したハイ・クオリティー映像と、どうやって撮ってるのかという高度なカメラワークで作られた6エピソードを編集したボックスセットとなっている。しかも、オレンジの砂岩が美しいユタでのこれまたハードなエピソードが入った1時間を超えるボーナスディスクも付いた3枚組。正に、完全保存版クライミング・フィルムの決定版とも断言できる作品。このハンパないボリュームで5,250円ってコストパフォーマンスもハンパない。Don't COPY!ぜひ、あなたのライブラリーに加えてください!

Alex Honnoldのヨセミテ・ハーフドームのフリーソロで手汗かきまくりの緊張感を味わったら、お次は、パタゴニアの壁にフィァーストアッセントを開くエビソードで、高度感抜群のハイスラックラインの美しい映像を堪能できる。いまやクライミング神とも呼ばれるChris Sharma。King Lines&Progressionでフューチュアされた第二登はあり得なそうなJumbo Loveのトライからコンプリートさせるまでを最高の映像と編集センスでまとめている。Chris神をあがめている方は必見!他には、アメリカの若手アルパインクライマーのデインジャーなNewルート開拓、アメリカではMCで有名?なギャグセンス抜群のTimmy O’Neillブラザーズの限界Pushしまくりのハードな山行から、チーム5.10の最強ボールドクライマーDean Potteのシンプルでこれぞ究極のクライミング・スタイルとも言えるフリーソロ&ベースジャンプ。あのアイガー北壁のハードフリー・ルートをこのスタイルでフリーソロで登りきる姿は感動というより、もはや人間ではあり得ない・・・こんなハンパないイカれた映像満載のフィルムは今後リリースされるものか(笑)ちなみに国内版は発売されていませんので、日本語字幕はありません。英語ダメな方でも映像美観るだけでも買う価値十分ですけどね。

手汗かきまくり!ボルダリングとは何たるか?という事を考えさせてくれる硬派な激シブフィルムがついにリリース! Rocky Mountain High Ball ロッキーマウンテンハイボール 



Rocky Mountain High Ball / A Yama Studio prodution / 3,675 yen

再入荷しました!外岩ボルダラー必見ですぞ。 

コロラド州ロッキーマウンテンでのハイボール(落ちるのには覚悟がいる高いボルダーのこと)でのヤバイ映像ばかりをフィーチャーした最新ハードボルダリング・フィルムがついにリリース!様々なフィルムでひっぱりだこの元祖ハイボーラーJason KehlやKevin Jorgesonはもちろん相変わらず暴れまくっておりますが、アメリカが誇る若手最強ボルダラー・コンビのPaul Robinson&Daniel Woodsもモリモリと高いボルを登ってます。パタゴニア女性アンバサダーの全く歳を感じさせないLynn Hillの登りも必見!ボルダリングはパワーやフィジカルだけがクローズアップされやすいが、外岩でのボルダリングは自分のメンタル部分のリミットを超えるというシンプルである意味とてもデンジャラスなクライミング・スタイル。純粋にそのきれいでカッコええ岩を登りたいというボルダー欲に取りつかれたハイボーラーが登る姿はとてもカッコいい。自分をプッシュしながら、徐々に高度を上げて攻撃的に過激なラインに挑む!これこそが、ボルダリングとも呼べる。今の世代は知る人も少ないとは思うが、ボルダリングというスタイルを、クライミング界に築き上げたJohn Gill先生やPat Ament、John Sharmanらも登場しており、まさに新旧USA最強ボルダラー対決!ボルダラーなら観るべし!!!

長らくお待たせしました再入荷!3種類の強度からセレクトできるクライミングの故障予防,痛めているクライマーに超オススメの秘密兵器! Metolius メトリウス / グリップセイバープラス



 

 

P4100001.jpg P4100016.jpg P2220048.jpg P4100006.jpg  

 

Metolius / Grip Saver Plus / soft(blue),regular(red),hard(orange) 
2,100 yen


長らくお待たせしましたが、ついに再入荷しました!インドアクライマー急増加のため、売り切れ注意!

 

人気の定番グッズが3種類の強度から選択できるようになり、材質やゴムの強度もめっぽう強くなり新登場!クライマー向けリハビリグッズで、元々は、指・手首・前腕の筋力をバランス良く強化するために医師が開発したトレーニング器具。クライマー特有の手根管症候群(指・手が痛む症状)のリハビリには最高。また、クライマーは指を曲げる力はめっぽう強いが、指を伸ばす拮抗筋の力が弱く、バランスが崩れて痛みが発生するので、掴んだり、引っ掛けたりする力以外に、逆方向の伸ばす力もつけ、バランスのいい強化をする必要がある。登る前のウォーミング・アップ、故障の予防、故障していて登れないけど、なんかトレーニングをしたいという人には最適なリハビリ・アイテム。毎日やっても良い位に必要なマスト・アイテムでしょ!散歩や通勤・通学途中に怪しまれないように歩きながらニギニギしときましょ。

 


【“長らくお待たせしました再入荷!3種類の強度からセレクトできるクライミングの故障予防,痛めているクライマーに超オススメの秘密兵器! Metolius メトリウス / グリップセイバープラス”の続きを読む】