FC2ブログ

まだ空きあります!参加される方も、いずれはと思っている方もOMMに興味がある方はぜひ! OMM NIGHT

Okumikawa.jpg
4DLcGowY.jpg 
IMG_4758.jpg IMG_4810_20170410194625330.jpg IMG_4776.jpg IMG_4801_20170410194623866.jpg

OMM NIGHT - OMMレースをどう自分の山行に活かすか -


いよいよ二ヶ月前位に迫って来た年に一回の山合宿OMM本戦レース。今年は愛知県奥三河が開催地となり、すでに1,200名以上のエントリーとなっているようで今年も大いに盛り上がりそうな予感。このOMMレース一ヶ月前ということで、SHMW北野が初年度よりずっと連続で参戦しているOMMレースについてのレポート、MountainCultureClub NOBUのOMM参戦レポート、OMM JAPANディレクター小峯氏からのアドバイス、これから奥三河OMMレースに参加する前に知っておいてタメになるような話しや今後のOMMの方向性を含めた情報をOMM JAPANさんと共にお話しします。

当日はOMMレースでも一番重要なアイテムであるバックパックについて、CLASSIC25&32とファントムシリーズの背負い比べも参加者みんなにしていただきたいと思っています。OMMパックはもちろん、ウェアの良さや使い方を含め、どんなシチュエーションにおいてOMMが武器となるのかなど、自身のOMMレースやファストパッキングの話しを元にスライドと共にお伝えします。

また、OMMレースを通して、SHMWとOMM JAPANの考えるファストパッキングの本質とは?自分自身の山行目標や目的を決めるからこその軽量化で、追い込んで得られる達成感や充実感、それがリアルなファストパッキングであって、その良き相棒がOMMのパックやギアとしてのウェアあるということ。どんな山行であっても、自分自身が山で表現したいスタイル、それぞれが目標や目的を持ってはじめてファストなパッキングスタイルが成立するはず。ファストパッキングはアクティビティではなく、各自の一山行スタイルである。OMMレースが最終目標ではない。レースは一通過点であって、OMMレースは山でのレベルアップを図る最高の強化合宿であるということ。OMMという最高の武器と共に、OMMレースの面白さ、ファストパッキングというスタイルの今と将来について、皆さんでアツく語りたいと思っています。

会場のスペース上、事前予約者を優先させていただきますので、お決まりの方は電話かメールフォームにてメールで参加申込お願いします!

10月13日(土)16:00-START

予約の方から順次入場となりますが、予約なしでも空きがあれば当日途中参加もOKです。ぜひ仕事帰りでも、山帰りでもこの機会にお立ち寄りください!


開催場所:Sky High Mountain Works 2F Show Room

スピーカー:SHMW / 北野 拓也、Mountain Culture Club / NOBU、OMM JAPAN / 小峯 秀行

参加費:500 yen当日支払いでお願いします)

定員:約15名くらい(それ以上は立ち見になります)

参加予約:
Sky High Mountain Works  TEL 0797-34-3299
このブログをPC表示にて見ていただき、右側にあるメールフォームか電話により申込ください

当日は他にも下記のような ↓




【“まだ空きあります!参加される方も、いずれはと思っている方もOMMに興味がある方はぜひ! OMM NIGHT”の続きを読む】

9/30詳細アップデート!登山者、クライマー、マウンテンランナーが混じり合うアツい夜 DAWN WALL上映会+スライド&トークショー

AP-1WV7K965N2111_hires_jpeg_24bit_rgb.jpg AP-1TYJWXFJ52111_hires_jpeg_24bit_rgb.jpg AP-1WVX22ZWW1W11_hires_jpeg_24bit_rgb.jpgTheDawnWall_Titel_English_Layered_Rasterized_colourVersion.jpg


9/30付、イベント詳細アップデート!

THE DAWN WALL上映会&マウンテンミーティング、スライド&トークイベント

イベントエントリーはBASE(コチラをクリック→)10/1(月)0:00-開始!

*BASEエントリー時に、備考欄にやられているアクティビティなどを明記しておいて頂けると助かります!
*この記事の後半に記してある、11/3(祝)AM9:00からの外岩ボルダーセッションに参加希望の方は、BASEでのエントリー時に、備考欄に「外岩ボルダーセッション参加希望」と必ず明記してください。なお、人数多数の場合はエントリー先着順とさせていただきますのでよろしくお願いします。

そもそも、このイベントをやりたかった経緯としては、自分自身が長年様々なアウトドアアクティビティをやってきて、山はもちろん海での遊びも、時代と共にそれぞれの遊びの細分化がされて、遊び方のスタイルが沢山確立していってオモロくなっていると思いきや、人々の意識が知らず知らずに各遊びに特化し過ぎて、視野や意識、遊ぶ活動範囲が非常に狭くなってきているように感じる。自分の世代も含め、さらに昔の先人たちの活動や遊び方は自身を狭め、山・川・海関係なく自然全体を楽しんでいた。もちろん、その中で一番ハマるものにフォーカスして、クライミングやサーフィンやれカヤックだとフォーカスしてやり込んでいた。さらにコンペティションをはじめショーアップ的要素がより濃くなることにより、アウトドアでのアクティビティがより急速にスポーツ化され一般化して、簡単に誰でも自身でインターネットやイベントにより体験から遊ぶことが可能になった。もちろん、マイナーな遊びがメジャー化することは良い部分が大いにあるが、その反面、各地で本当の遊びのやり方やカルチャーを伝えていた専門店や山岳会や山岳部を通して、後世に人から人へと伝えられてきた各土地でのアツい歴史やルール含めたカルチャーなどが完全に「会話」を通して伝えられてない部分がかなりヤバイ時代になっていると考える。良いギアが手に入ろうが、結局のところ、アウトドアでの現場での遊び場であるフィールドがきちんと後世に伝えられなければ全く成立しない。

前置きが長くなって堅苦しく感じたかもしれないが、要はこんな時代だからこそ、山=(イコール)登山ではなく、山頂登頂やスピードのタイム、難易度の追求という結果を目指す時も良いが、それだけではなく、その結果をどういう「スタイル」で、どういう「プロセス」で辿り着いたのかをそれぞれアウトドアを目指す人はもっと重要視して、そういう部分で個性や競い合いをした方がもっとオモロイことになると自分は信じている。そんな遊びをジャンル毎に分け隔てなくナチュラルに大自然をサラッと時にはハードにアツく楽しめる人たちを増やしたい。ただ、シンプルにそんな感じです。

今回のイベントはその各アウトドアアクティビティの混ざり合いを目指して、一番好きな遊をさらにアップデートしてレベルも上げ、どう視野や意識を広げるかがテーマ。日本各地に散らばるオモロいローカル達にどういう風に自身が進化していったか、どういう活動をしたりして、今後各地でどうしていきたいかなどをスピーチしてもらいます。

トレイルランナーであれば新たなトレイル開拓、クライマーやボルダラーであれば新たに見つけた極上な岩場など、すでに各地で冒険と開拓を行っている方にはぜひその辺の横の繋がりを作って欲しいし、今後どういうコンセプトをもって、世の中にどういう形で発表していくべきかなどをミーティングできればと。もちろん、今後これからこんな風にやりたいと思っている初中級者の方は、先輩方の有難い考え方を聞き、自分自身でどうしていくべきかと考える時間にしていただければと。

*メインは泊りがけでのイベントとなってはいますが、どうしても仕事やご家族の都合で泊まりは厳しいという方は、もちろんDAWN WALL映画上映会だけの参加も大歓迎です!上映会前後の短時間でも同じ意識をもった仲間との会話もお楽しみください!

11/3(祝)当日イベントの進行スケジュール

・16時より会場への入場開始
各メーカーブースでレコメンドアイテムの商品説明やレアなこの日だけのサンプルやスペシャル特価商品販売もあり!

・17時より、DAWN  WALL映画上映
・映画終了後に、参加者全員でスキヤキ夕食会

・21時目処に、マウンテンミーティング開始!

イントロダクションとして、SHMW北野より挨拶。
自分の山との関わり方と遊びの広がり方、アウトドアの遊びの原点となるナチュラルランニングとの出会いなど

ゲストスピーカーらのアウトドアの遊びについて、様々なアクティビティをすることによって、山との関わりがどう広がっていったか、フォーカスしている遊びがどう楽しく進化していったか、ローカルでの活動や山行報告、今後の活動などを話してもらいます。

・トークショーの合間に、登山者、クライマー、マウンテンランナーに観ていただきたいフィルム二本
STATICBLOOMさん協賛で日本語字幕スーパー付きで特別上映
IN CONSTANT MOTION』featuring Adam Campbell
IN THE HIGH COYNTRY』featuring Anton Krupicka

・マウンテンミーティングの時間は特に締めの時間はありませんが、目安夜のミッドナイト1時目処に一旦締めて、あとは盛り上がり次第で、仲間となった方々と呑みながらでも語り合いましょう!もちろん、旅館ですので就寝部屋はありますので、眠くなった方などはいつでも就寝可能ですのでご心配なく!

*各アウトドアアクティビティのレベルは一切関係ありません。アツいヤル気があれば大丈夫!誰でも参加できます。イベント進行も時にはアツく体育会で話すときもあるかとは思いますが、全体的にはMELLOWにやりますので恐がらずにご参加くださいね(笑)ハイキング、トレイルランニング、ボルダリング、アルパインクライミング、カヤック、バックカントリー、サーフィン、ボディサーフィンと山・川や海で遊んでいる方はぜひ自然での視野や意識を広げるために、この機会にご参加ください!

*3/23-24に予定しているオリエンテーリング+ボルダリングのAshiya Rock Garden NEW ERAイベントは主にこのイベントで仲良くなった仲間との招待制イベントとして考えています。今回は芦屋ロックガーデンでの開催地でボルダリング色が濃い内容ですが、実は他のエリアでの同じような方式でのお披露目も考えており、他にもマウンテンランニング色が濃いイベントもやろうと思っています。イベントに参加してイベントを楽しむというのはもちろん良いですが、常に受け身で楽しむということだけでなく、裏方を企画したりして、仕掛ける側になると、見えてなかったところが分かってきて非常に勉強になるはず。自立したマウンテンマンを増やすためにも、今回のイベントも受け身ではなく、自分自身で考えて自然の中で遊ぶ大切さを見直す良い機会になってもらえればと。今後は他のエリアでも部活や部会のミーティングのような、オモロイ山行発表会のような雰囲気でやりたいと思っているので、ぜひ参加者皆さんと作りあげていきたいのでよろしくお願いします!



【“9/30詳細アップデート!登山者、クライマー、マウンテンランナーが混じり合うアツい夜 DAWN WALL上映会+スライド&トークショー”の続きを読む】

Camelカラーのみ少量在庫あり! WORKCAP HALF MESH "CORDURA" SHMW 10th ANNIVERSARY LIMITED EDITION

21886672_1495393620537405_1308674463_o.jpg

21868404_1495393430537424_62765255_o.jpg 21868051_1495393693870731_1526921106_o.jpg 21886823_1445806648868356_1583636605_o.jpg 21845795_1445806685535019_375190400_o.jpg 21844380_1495394227204011_2126727400_o.jpg

IMG_9864.jpg

 IMG_9856.jpg IMG_9863_2017091818412238b.jpg IMG_9865.jpg IMG_9866.jpg
IMG_1152_20180330162901c72.jpg IMG_1097_201803301629008e1.jpg IMG_1086_20180330162856c87.jpg IMG_1095.jpg IMG_1088.jpg
IMG_0491.jpg IMG_0486.jpg IMG_0492.jpg

WORKROWN×SHMW / WORKCAP HALF MESH "CORDURA" / SHMW 10th ANNIVERSARY LIMITED EDITION / olive,camel / free size(57-61cm) / 4,500 yen+tax

通販BASEカートはコチラ→
9/5現在、oliveは完売。camelのみ少量在庫あり!

SHMW10周年記念としてのWORKROWNとの限定生産アイテムとなるので、再生産はもちろん行いません。テクニカル路線ではなく、誰でも普段にも被りやすいようにナチュラルな風合いのあるキャップを作ってもらいました。見た目のカジュアルさとは裏腹に、機能はマウンテンランニングに積極的に使える仕様となっているので、ガンガン被ってガシガシ洗いまくって今後貴重となるかもしれないTonyデザインのワッペンを味出しまくって10年後までもぜひ被ってください!


10周年を記念して、SHMWキャップ定番ともなっている福井県敦賀のWORKROWNワークラウンのヤマケン氏にお願いして、スペシャルなモデルを作っていただいた!10周年ということで、次の20周年にも耐えれるようにヤマケンが、耐久性抜群なCORDURAボディ生地に、さらに細部に渡り耐久性アップのためツバとスナップバックの根元に一枚一枚手作業で補強ステッチを入れてくれた!そして、一番のスペシャルはTeton Bros.ファンにはお馴染みのTシャツデザインをしているコロラド州ボウルダー在住アーティストTony氏に、SHMWの自分のスタイルの起源でもあるボウルダーのFLATIRON(フラットアイアン)を入れて、マウンテンランニングをデザインしてもらいワッペンを作製。学生時代から訪れている自分のスタイルのアウトドアの起源と言えるBOULDER(ボウルダー)、数年前にはこのフラットアイアンをスクランブリングでトニーやジョー、UDのバズに案内して登りに行ったが、本当に世界でもこの地はアウトドア、特に岩が好きなヤツラにとって特別な地。

今まで同様テクニカルなマウンテンランニングからハイキング、クライミングと様々なアクティビティで使用できるが、今回はハーフメッシュでフロントパネル仕様、おまけにカラーもナチュラルな色合いと生地感や風合いも味出し系でアースカラー。そして、エエ色合いのトニーデザインワッペン。今までテクニカルで似合わないと言っていた方も納得の普段に絶対被りたくなる出来栄え!マウンテンランナーはもちろんクライマーにサーファーに普段のオフ時にぜひ!

IMG_9852.jpg

ナイロンメッシュのトップパネルは、今回より日本製のラッセルメッシュに変更し、より柔らかくなっているにも関わらず、耐久性もアップデートしている。


【“Camelカラーのみ少量在庫あり! WORKCAP HALF MESH "CORDURA" SHMW 10th ANNIVERSARY LIMITED EDITION ”の続きを読む】

まだ空きあります!この夏こそは軽量化をして山で泊まりながらオモロい山行をしたいという方はぜひ! Sky High Meeting - SHMWテキな軽量化のススメ-

IMG_8955.jpg IMG_8891.jpg IMG_8791.jpg IMG_7818_201607261932100c1.jpg  


Sky High Meeting  - SHMWテキな軽量化のススメ-

いよいよ梅雨も明けて夏休みやお盆休み、秋の連休、そしてOMMレースとこれからオーバーナイトの山行がしたくなる季節到来!今年こそは「軽量化」を取り入れて、今まで以上の楽しい泊まり山行をしてみたい方はぜひ!雑誌やSNSなどでも特集記事となってここ数年一気に注目されているファストパッキングとは何なのか?簡単に言ってしまえば、縦走登山にトレイルランニングをミックスしたスタイルで、日本の山屋さんでも間違いなく過去にこう言うスタイルで山を駆け巡っていた方々はいたはず。自分も含め縦走登山をやっていた人が山での経験の蓄積による道具の軽量化、ギア自体の進化の恩恵を受け荷物の軽量化が可能となり、目的地までのトレイルを走るまでにもなり、さらにトレイルランニングという新しいアクティビティのランニング能力を取り入れることによって、少しずつスタイル自体が成熟していったものがファストパッキングと言える。

IMG_6133_201607261934202dd.jpg IMG_6120.jpg IMG_6031_20160726193417c31.jpg IMG_2503_201607261934166b9.jpg

ウルトラライトハイキング、スピードハイキング、ファストパッキングなど様々なワードがあるが、実際のところいったいどういうものなのか?全てに共通して言えるのは「Light & Fast」というキーワードとなる単語。「Light & Fast」をテーマに荷物の軽量化によってどんな恩恵が得られ、山の楽しさがどう広がっていくのか!?ノーマルルートとバリエーションルートの話しから、山行の組み立て方、道具のセレクト、OMMレースの事まで話します!後半は質疑応答コーナーもありますので、素朴な疑問も何でもどうぞ!

これから、シーズンとなる夏の日本アルプスでの縦走登山やオーバーナイトでのファストパッキングやスピードハイキング、そして、OMMレースにエントリーしたけど、どんな感じでビバーク練習をしていったらいいのか分からないという方、難しく考えずにまずは出来ることから始めよう!ファストパッキングと言っても、ストイックなファストパッキングスタイルや、少しラグジュアリーなキャンピング自体を楽しむファストパッキングのスタイルなど、山の中で宿泊するだけでも様々なスタイルがある。ファストパッキングとはこうである!とと一つの狭いキーワードに当てはめるのではなく、自由な個人それぞれのスタイルがあれば良いしあって当然である。山は本来、日々の非日常的な「自由」を感じるために行くものである。

IMG_9032.jpg IMG_7684_201607261935599f9.jpg IMG_2398.jpg IMG_3731_20160726193557d51.jpg

日帰りのハイキングをやっていたり、トレイルランニングで山を走っている人などはいずれは山で泊まってみたいと思っている方も多いはず。山で泊まるスタイルは、訪れる季節、同行するパーティなどで様々ではあると思う。彼氏彼女や夫婦で行くゆっくりペースの山行、友達同士の大勢の鍋を持ってのご飯やお酒メインの山行、途中で岩登りや沢登りを含めた道具が多くなるハードな山行、トレイルランニングを交えたファストパッキングなど、山で泊まると言っても実に多種多様なスタイルがある。



【“まだ空きあります!この夏こそは軽量化をして山で泊まりながらオモロい山行をしたいという方はぜひ! Sky High Meeting - SHMWテキな軽量化のススメ-”の続きを読む】

いよいいよ明日4/22開催! Mt.Rokko Outdoor Session 2018

mros2018表  MROS裏面

Mt.Rokko Outdoor Session 2018 
 
4/21(土)付け詳細アップデート!

*フリマ出店者の方は、このブログの後半にてフリマブース出店の方への注意事項を書いていますので必ずチェックしてください!

Sky High Mountain Works
・Teton Bros.×SHMW別注 新作Light&fastコレクション展示&即売
Wind River Hoody,Wind River Tapered Pant,ELV 1000 Short,Alpine Scrambling Pant,Scrambling Short,Alpine Scrambling Alpa Jacket
WORKROWN×Teton Bros×SHMW 10th Anniversary Capなど販売

・FLOAT×SHMW URBAN GALAXY / SHWM ASTRA,SHARON展示&即売

・NANGA×SHMW Sky HIgh Bag 300,180,Down Quilt 150&120展示&即売

・HERITAGE×SHMW 5/中旬リリース予定の別注アップデートクロスオーバードーム&f展示&予約会

*個人使用分、サンプル品など男女ともにかなりお買い得アイテム放出します!
春夏ウェア、トレイルランニング用ベストパック、シューズ、ボルダリングマットなどのスタッフフリマアイテム多数出品!




【“いよいいよ明日4/22開催! Mt.Rokko Outdoor Session 2018”の続きを読む】

緊急開催決定! OMM LITE~OMM、そしてOMMのその先にあるものとは... Sky High Meeting 2018

 IMG_4291.jpg IMG_4462_201802121256199f3.jpg IMG_4231.jpg IMG_4476.jpg
 
- OMM LITE~OMM~そして、OMMの先にあるものとは... -


緊急開催決定!3/17-18と開催が近づいてきた徳島県海陽町で開催されるOMM LITE。その準備で西にやって来るOMM JAPANディレクター小峯氏を迎えて緊急OMMイベントをやります!今春からリリースされるOMM初のベストパックやNEWウェアなどの新作プロダクツのお披露目、CLASSIC25&32,50周年アニバーサリー,ファントムシリーズなどのOMMパックの背負い比べと共にトークイベントを開催!まずは、一月後の開催となるOMM LITEについてのイベントの楽しみ方、11月開催のOMM本レースについてを小峯氏にアツく語っていただき、次にSHMW北野が昨年参加したOMMレースについてのレポート、そしてOMMレースに出て何を得て、これからどういう風に自分の山行に生かしていくかと、SHMWテキなOMMレースの活かし方やファストパッキングスタイルをスライドを混じえてお話します。OMM LITE,OMMの今後の方向性を含めたリアルな情報をOMM JAPANさんと共にお伝えしますので、OMM LITEすでにエントリー済みの方はもちろん、参加迷っている方、OMMビギナーの方から経験者まで、時間が合う方はぜひ山帰りにでもご参加ください!

OMMレースが最終目標ではない、レースは一通過点であって、OMMレースは山でのレベルアップを図る最高の強化合宿であるということ。OMMという最高の武器と共にファストパッキングというスタイルの今と将来についてアツく語りたいと思っています。

IMG_2527_20170410194721ae3.jpg IMG_2102.jpg IMG_3638_20180212173915c88.jpg IMG_1426_20180212173913010.jpg

会場のスペース上、事前予約者を優先させていただきますので、お決まりの方は電話かメールフォームにてメールで参加申込お願いします!

2月17日(土)19:30-トークショーSTART

パック背負い会やNEWプロダクツお披露目は15:00-19:00位の間でSHMW店内にて随時やっていますので遊びに来てください!

トークショーは予約の方から順次入場となりますが、予約なしでも空きがあれば当日途中参加もOKです。


開催場所:Sky High Mountain Works 2F Show Room

参加費:500 yen(当日支払いでお願いします)

定員:約15名くらい(それ以上は立ち見になります)

参加予約:
Sky High Mountain Works  TEL 0797-34-3299
このブログをPC表示にて見ていただき、右側にあるメールフォームか電話により申込ください

神戸市消防局航空機動隊の方からの六甲山の出動事例や救助についての貴重なお話が聞ける機会! 六甲山シンポジウム 2017 vol.3

22538820_1658413610869735_1567956805765751743_o.jpg

SYMPOSIUM ON MT.ROKKO
六甲山シンポジウム2017 vol.3

まだ空きありますので、六甲山で日頃遊んでいる方は仕事帰りに寄れる時間なので、是非ご参加ください!すでに第三回となりますが、正直、SHMWのお客さんがまだまだ非常に少ないです(泣)ただ、山で遊ぶだけでなく、こういうことをみんなで考えて自分たちの遊ぶ場所をより良い環境に変えていきましょう!ぜひ皆さんの参加をお待ちしています!

コチラ→AnyPayにて申し込みよろしくお願いします!このサイトの決済にて、予約申し込み完了とさせていただきますのでお早目にお願いします!

今回は神戸市消防局航空機動隊の方をお迎えして、六甲山の出動事例や救助についてお話をしていただきます。SHMWのホームである芦屋ロックガーデンも実は関西でも有数の遭難件数が多いことを知っていますか!?どんな事例でヘリが出動するのか?自分たちも人ごとではなく、事例を学び、できるだけ件数が減るにはどういうことをしていけば良いのか?どういう意識をもってこれから山で遊ぶ人達に伝えていけば良いのかを一緒に考えていきましょう!

第三回 六甲山シンポジウム 内容
1,神戸市消防局航空機動隊による 30〜40分
2,参加者とのディスカッション 30分

日時:2017年11月29日 19:30- START
受付時間:19:00-
開催場所:神戸学生青年センター 最寄駅 阪急六甲駅歩いて5分位 

参加料:施設使用料一人500円
コチラ→よりクレジットカード決済でお申し込みください

皆様の参加お待ちしております!というか、SHMWのお客様、六甲山で遊ばせてもらっている方はマストです!


【“神戸市消防局航空機動隊の方からの六甲山の出動事例や救助についての貴重なお話が聞ける機会! 六甲山シンポジウム 2017 vol.3”の続きを読む】

春夏物SALE、OMM / CLASSIC40先行予約、OMMパック試し背負い会

IMG_8097.jpg IMG_8096.jpg

IMG_8110.jpgIMG_8109_2017080712324489a.jpg


OMM / Classic 40 / black-orange / 18,000 yen+tax

8/18(金)発売予定!(海外からの便のため、2-3日前後する可能性もあり)

8/9(水)15:00-21:00 営業時間を変更して、春夏物ウェア&シューズSALEとOMMパック背負い会を開催させていただきます!もちろん、定番のCLASSIC25&32の他に、新作CLASSIC40、そして皆さんが気になっている革新的な背負い心地が体験できる前回のOMMレースでも背負っていた人の評価がダントツ高かったPhantom25CLなどを実際のファストパッキング重量で思う存分背負うことが可能!時間帯によっては、OMM代理店NOMADICSのスタッフもバッチリ説明してくれます!もちろん、パック以外にもOMMのテクニカルウェアについても何でもお聞きください。Sky High Meetingは今回は延期とさせていただき、この日は21:00までお店をオープンしますので、SALEをお楽しみいただき、また気兼ねなく、軽量化についてやファストパッキングについても色々と質問受付けますので、夏休みの山行をより楽しくするためにぜひSHMWへご来店ください!

ちょうど良いこの夏休みタイミングでGOOD NEWS!昨年からSHMWがリクエストをかけて、OMMの代理店であるNOMADICSさんと共に、OMM本国UKとやりとりして完成したClassic40㍑がついに登場!Classic32をベースに、背面長や内部のDUOマットは同じで、ダルマ状に容量アップをしても、きちんと上半身にパックが乗っかり走れる!サイドのメッシュポケットもクライミングギアやロープ、その他のハードなエキップメントを入れても、破けないようにメッシュではなく耐久性のある生地を採用。25,32の仲間として、以前はVillainという大きめな容量のパックが存在したが、すでに廃番モデルとなってしまっており、自分でもファストパッキング+αの山行で、ご飯やお酒を入れたゆったりした縦走ハイク、クライミングの登攀用具を入れた走れる快適なパックが無くなってしまって困っていたので、まさかこんなに早くUK本国が本腰を入れて作ってくれるとは思いもせず(笑)SHMW店頭にてサンプル展示をして、先行予約を受け付けています!

P8190275.jpg IMG_9561_20170807095858cd7.jpg IMG_5832_2017080709585319a.jpg DSC04056.jpg 

 
Sky High Meeting  - Talkin' bout Light & Fast -

先日の緊急告知につき、人が集まらなかったので、今回は中止とさせていただき、また次回開催とさせていただきます!日程決まれば、こちらのブログにて告知させていただきます。

SHMWでもずっとお店のテーマとしている「軽量化」について話します!ここ数年で一気に注目されているファストパッキングとは何なのか?簡単に言ってしまえば、縦走登山にトレイルランニングをミックスしたスタイルで、ただ言い方が横文字となりカッコよく言っているだけであって、日本人の山屋さんでも間違いなく過去にこう言うスタイルで山を駆け巡っていた方々はいたはず。自分も含め縦走登山をやっていた人が山での経験の蓄積による道具の軽量化、ギア自体の進化の恩恵を受け荷物の軽量化が可能となり、目的地までのトレイルを走るまでにもなり、さらにトレイルランニングという新しいアクティビティのランニング能力を取り入れることによって、少しずつスタイル自体が成熟していったものをファストパッキングと考える。

ウルトラライトハイキング、スピードハイキング、ファストパッキングなど様々なワードがあるが、実際のところいったいどういうものなのか?全てに共通して言えるのは「Light & Fast」という世界中でキーワードとなる言葉。今回はこの大きいテーマで荷物の軽量化をすることによってどんな恩恵が得られ、山の楽しさがどう広がっていくのかを話します。これから、シーズンとなる夏の日本アルプスでの縦走登山やオーバーナイトでのファストパッキングやスピードハイキング、そして、OMMレースにエントリーはしたけど、どんな感じでビバーク練習をしていったらいいのか分からないという方、難しく考えずにまずは出来ることから始めよう!ファストパッキングと言っても、ストイックなファストパッキングスタイルや、少しラグジュアリーなキャンピング自体を楽しむファストパッキングのスタイルなど、山の中で宿泊するだけでも様々なスタイルがある。ファストパッキングとはこうである!と一つの狭いキーワードに当てはめるのではなく、自由な個人それぞれのスタイルがあれば良いし、あって当然である。山は本来、日々の非日常的な「自由」を感じるために行くものである。

IMG_7968.jpg

日帰りのハイキングをやっていたり、トレイルランニングで山を走っている人などはいずれは山で泊まってみたいと思っている方も多いはず。山で泊まるスタイルは、訪れる季節、同行するパーティなどで様々ではあると思う。彼氏彼女や夫婦で行くゆっくりペースの山行、友達同士の大勢の鍋を持ってのご飯やお酒メインの山行、途中で岩登りや沢登りを含めた道具が多くなるハードな山行、トレイルランニングを交えたファストパッキングなど、山で泊まると言っても実に多種多様なスタイルがある。


【“春夏物SALE、OMM / CLASSIC40先行予約、OMMパック試し背負い会”の続きを読む】

若干名空きあり!初心者向けのお散歩ハイキングツアーに美味しいワインと食事をロックガーデン入り口で楽しみましょう!山飲〜やまいん〜VOL.2

IMG_1080.jpg

高座谷

IMG_5361.jpg IMG_5355.jpg IMG_5358.jpg

山飲〜やまいん〜VOL.2

普段の日常とは少し離れた自然な空間でナチュラルなワインと美味しい料理が楽しめたら。。。そんなシンプルな発想から生まれた山で飲む!山飲。この度は、ご好評にお応えして、その山飲VOL.2が開催決定!山を通してワインに、ワインを通して山に興味を持ってもらえれば。自由な感覚でそれぞれの時間をお過ごしください。

SHMWにも六甲山ハイクの帰りがけによく寄っていただく、大阪北浜のフレンチLaTortuga(ラ・トルトゥーガ)萬谷氏、ワインインポーターClubPassionduVin 石川氏、六甲山カフェ古家慶子氏との話で生まれた芦屋ロックガーデン入り口の登山口にての楽しくも美味しい新しいイベントです。通常の一般のお客様は昼12:00からのスタートですが、SHMWの元気の良いお客様向けに昼前の午前中に限定人数にて開催します。朝一から芦屋ロックガーデン界隈でハイキングしたり、トレイルを走りまくった後に是非お立ち寄りいただき、こだわりのワインと萬谷氏の美味しいフレンチを食べてください!

日時:2017年4月30日(日)
時間:10:00~12:00
(必ずご予約後に時間内のご都合のいい時間にお越し下さい)

定員になり次第締め切りますのでお早目に!


場所:六甲山登山口ロックガーデン入口
高座の滝、六甲山カフェ
→阪急神戸線芦屋川駅より徒歩30分
芦屋川駅北口を出て、川沿いを上がっていただきますと案内板がございますので、案内板を頼りにお越し下さい。
もしくはグーグルマップにて「六甲山カフェ」もしくは「大谷茶屋」で検索して下さい。

参加費:1,000円




【“若干名空きあり!初心者向けのお散歩ハイキングツアーに美味しいワインと食事をロックガーデン入り口で楽しみましょう!山飲〜やまいん〜VOL.2”の続きを読む】

4/19メーカーブース情報アップデート! Mt.Rokko Outdoor Session 2017 ~ One Sky~

17435905_1277393392346051_22588423642082064_o_20170331145937a9f.jpg

IMG_0450_201703032152422a9.jpg

今年も開催決定!今から日程を空けておいてください!絶対に来る価値大の毎年恒例イベントにぜひ!

当日出展予定のアウトドアメーカーさんもほぼ決定しました!チラシを確認して楽しみに待っておいてください。また、SHMWにてMROSチラシも沢山ありますので、宣伝していただけるお店さんや同業者さん、個人でも持って行っていただきぜひ宣伝をお願いします!フリマブースも埋まってきましたので、今年は出店で出ようか迷っていた方はお早めにどうぞ!

日 時:2017年4月23日 日曜日 10:00~16:00頃

会 場:六甲山カンツリーハウス

Sky High Mountain Works
白馬堂
SPARK Scone & Bicycle
Mountain Culture Club Rokko


こちらが中心となり今年もMROSを開催!



今年は前泊プログラムとして、マウンテンランナーのライフスタイルを美しいアーティスティックな映像で製作した「In The High Country」をStaticbloomさん協賛で特別日本語訳字幕付きで上映します!すでに観ているマウンテンランナーは是非ともこの字幕入りで深い「山」の話をもう一度聞いて欲しい。また、ローカリズムの話や山と共に暮らすライフスタイルなどハイカーやクライマーが絶対に共感できる内容なので、何だトレランの話しかと言わずにぜひとも観ていただきたい!

映画鑑賞の他には、MROSの定番エルドミンゴさんの美味しいメキシカンフーズを食べながら酒も飲んで、そのまま関東から来ていただくアウトドアメーカーさんと共に、今の日本のアウトドアーシーン、そしてこれからの六甲山と共に自分たちの向かうべき方向性を皆さんと一緒にクロストークをする予定です。スタッフはじめ、フリマの出店者さんももちろん、いつもSHMWに来ていただいていたり、遠く離れていても通販などでいつもご購入して頂き、応援してもらっている皆様、ぜひこの機会に参加お申し込みお待ちしています!

前夜祭 内容

ご参加の方へのご案内

場所:カンツリーハウス内
参加費:2,500 yen(テント持参で場所代の宿泊費、映画鑑賞代、食事代含む)

決済方法はWEB決済、難しい方は事前に
Sky high mountain works 白馬堂の店頭にて受付ください

18:00〜19:00 入場
前夜祭参加者来場 六甲山カンツリーハウス西口ゲート
指定された駐車場に止めて下さい。
テントの設営

19:30〜 夕食 エルドミンゴさんの美味しいメキシカンフーズを食べながら酒も飲んで楽しみましょう!
20:00〜 映画 
「In The High Country」Staticbloomさん協賛で
 特別日本語訳字幕付きで上映
21:00〜 トークショー 「これからのアウトドアシーンについて語ろう」
22:00〜 フリータイム

夜のエルドミンゴさんによるディナーのメニューの紹介です。
1 Plate dinner
野菜5種(コールスロー・人参オレンジサラダ・青菜ガーリック・アンチョビポテト・豆の煮込みなどなど…)
メキシカンチキンガーリックライス
※このメニューは前夜祭の費用に含まれています!

あと夕食の後はエルドミンゴバーもオープンして

ホットテキーラサンライズ
ホットコーヒーテキーラミルク
ホットワインクーラー
シナモンハニー
コーヒー
ハーブティーなどなど夜の部を盛り上げてくれるようです!

さらに、、、イベント当日の朝は宿泊者向けに有料にはなりますがモーニングブリトー&ハーブティ、タコライス も準備していますのでこれはもう前夜祭に参加しないともったいないですよ!

22日宿泊についてのお願い
会場 芝生広場でテント設営可能です。
※直火は禁止です!
 会場は水道、トイレが利用可能です。
※電源はありません
※シャワー、お風呂はありません。
 (有馬温泉は車で40分程離れておりますの)
※テント シュラフは各自ご用意下さい。
 (お持ちでない方はスカイまたは白馬堂にてお買い求め下さい)

翌朝は 当日出展者が7:30〜9:00に搬入です

 前泊者でフリマ出店の方はセッティングまた全体運営のご協力をお願いいたします。

定員:3店舗のお客様全部で約50名ほど(先着順になりますのでビビッと来たらお早めに!)

前泊イベントについては完全先着順の予約制になります。
予約申し込み:Sky High Mountain Works
                         TEL 0797-34-3299

イベント詳細やフリマの内容は下記をご覧ください↓


【“4/19メーカーブース情報アップデート! Mt.Rokko Outdoor Session 2017 ~ One Sky~”の続きを読む】

FC2Ad