女の子などに人気の激軽カーボンポール100㎝再入荷!Revolutionary! Faster,Lighter,Durability improvement Black Diamond / Z-Pole ブラックダイヤモンド ズィーポール



Revolutionary! Faster,Lighter,Durability improvement

Black Diamond / Z Pole

Ultral Distance / 100㎝(260g),110㎝(265g),120㎝(270g) / 13,650 yen
Distance / 100㎝(330g),110㎝(340g),120㎝(350g) / 9,450 yen

ダントツ人気のカーボン仕様のウルトラディスタンスがこの3月より価格が下がって再入荷しました!女の子や身長が低めな方にベストな100㎝が再入荷!登り中心にしか使わないトレイルランナーには身長が高い男性にも110㎝もオススメ!

2011年アウトドア業界でおそらく最大級のトピックとも言える革新的なポールがブラックダイヤモンドからリリース!ULハイカーやトレイルランナーに超オススメがなのが軽量なカーボンシャフトを使用したウルトラディスタンス!そして、同じスペックで素材はアルミシャフトを使用し、コストパフォーマンスが非常に素晴らしいオールラウンダーなディスタンス。BDお得意の長さ調整が素早くできるフリックロック方式を融合した15-20㎝の長さ調整が可能なディスタンスFLの計3モデル展開。標準男性が主に使用する120㎝のポールで収納時はわずか39.5㎝という驚愕のサイズになってしまうが、これで、アルミシャフトモデルに関しては今までのBDトレッキングポールと同等の強度を誇る。

このような超軽量コンパクトポールはSINANO、CAMPなどのトレイルランポールが今までは市場を賑わしていた。だが、これら従来の折り畳ポールではいくらコンパクトな収納ができても、強度面や長さ調節ができないということで諦めていたハイカーが実に多かったが、このアルミシャフト仕様やフリックロック採用モデルですべて解消となる。そして、ファストパッキング的な荷物重量が軽いハイカー、この5月に開催される国内最大規模の100マイル(160㎞)レースUTMFなどの長距離レース、1gでも軽さにコダワリたい方には、カーボンシャフト仕様のウルトラディスタンスをセレクトしていただきたい。金額的な面やそこまで軽さにはコダワってはいないという方、奥様や彼女へのプレゼントなどには1万円でお釣りがくるディスタンスを!バックパッカー、ヘビーデューティ指向、縦走好きな方は耐久性抜群で長さ調節が可能なディスタンスFLで決まり。

すべてのモデル共、今までのガレージメーカーなどではとても真似できない細かい作り込みの良さがウリで、走っていても、今までのトレランポールで気になっていた各ジョイント部分のガタツキが全くない。また、一番のウリは、動画の通りではあるが、どうやったの?と思う位に組み立て方が恐ろしく簡単に速くできるポイント。こちらは是非実際に店頭で手にとって自分でその革新性を確かめて欲しい。


Zポールサイズ表(使用方法で変わりますので、あくまでも目安です)

100㎝→身長152㎝未満
110㎝→身長152-166㎝
120㎝→身長167-181㎝


【“女の子などに人気の激軽カーボンポール100㎝再入荷!Revolutionary! Faster,Lighter,Durability improvement Black Diamond / Z-Pole ブラックダイヤモンド ズィーポール”の続きを読む】

オールラウンダー・カーボンポールを手に入れる最後のチャンス! Petzl / Compact Composit 125 コンパクト コンポジット 125

  Produit_Image_654.jpg U74_1.jpg IMG_2482.jpg

Petzl / Compact Composit 125 / 18,375 yen 

すべて完売となりました。次回入荷はありません。

プロダクツの良さで惜しまれながらも生産コストの問題から、廃番となってしまったオールカーボン製のPETZL コンパクトコンポジット。すでにド定番となったフリックロック・システムのBlack Diamond社のポール同様、厳冬期でも非常に故障が少ないパワーロックシステムを採用している。しかも、このシステムがバツグンの出来で他社と比べると非常にスムースに調節やロックができる。また、絶妙な径の太さを使用したカーボン素材なので片方で206gという異次元の軽さが体験できる。この軽さで、厳冬期のバックカントリーにも使用できる4シーズン用ポールというのであるから恐れ入る。某BD社のカーボン・ポールでは260gほどなので、ペアでかなり軽量化ができるという訳。

しかし、ポールはただ軽いだけでもダメで、振り易いように全体の重量バランスも重要。カーボンだけあって、一手一手の振りに力が要らず、地面にとても突き易くできている。トレイルラン用のポールの方が純粋に軽さや携帯さではバツグンではあるが、荷物が多いバックパッキング、冬季のスノーシューイングやバックカントリーでも使用するとなると、コチラの絶妙な軽さと剛性に勝ち目はない。正に、オールラウンダー・ポールで、軽さと剛性、耐久性すべてが良いバランスで成り立っているポールなのである。 しかし、何よりこのカーボンの色といい、フォルムといいカッコ良さが断トツですな。


IMG_2484.jpg IMG_2485.jpg

シンプル・イズ・ベストということで、グリップ部分はペツルらしくシンプルにアルパイングリップという滑り止めのみを付けている。ストラップも冬季ではグローブの厚みにより長さを瞬時に調節したいものだが、コレもただ引っ張るとすぐにロックできるシンプルな機構で非常に便利。


【“オールラウンダー・カーボンポールを手に入れる最後のチャンス! Petzl / Compact Composit 125 コンパクト コンポジット 125”の続きを読む】

長距離ハイキングやトレイルランニング時の疲労軽減に絶大な威力を発揮してくれる超軽量コンパクトなポール Sinano / Trail Pole 110 & 120 シナノ トレイルポール 110 & 120

c_logo.gif 
P8210649.jpg P8210644.jpg P8180149.jpg P8210638.jpg

 

Sinano / Trail Pole 110 /  single : 9,450 yen / double : 18,900yen
Sinano / Trail Pole 120 /  single : 9,450 yen / double : 18,900yen


お待たせしました!110センチ&120センチの両サイズ共5セットずつのみ再入荷しました!なお、メーカー在庫はもうソールドアウトになっており、次回入荷は10月上旬ということなので、ハセツネなどに使用を考えている方はお早目に!通販ご注文の際は、シングルかダブルか必要本数をお選びください。

 

長野県佐久市に居を構える老舗の国産スキーポール・メーカーSINANOが画期的なアイテムを製造してくれた。これまでのスキー・ポール、トレッキング・ポールの製造で培った技術とノウハウを生かし、海外のトレイルランニング・レースなどで使用されるポールを基にMade in JAPANな頑強で軽量・コンパクトなトレイル・ポールをリリース。以前に、関東のアートスポーツさんが別注をかけてリリースしていたアイテムをさらに強度などのヴァージョンアップを施したものだが、これがまた実によくできている。 

 

シャフト本体の材質はアルミ合金なので、軽量さには負けるがカーボンとは異なり粘りがあるので急にパキっと折れたりの心配は少ない。もちろん、カーボンがすぐに折れたりという事はないのではあるが、厚みにより破損の可能性はでてくる。メーカーの方では、「SGマーク認定の登山ハイキング用ステッキ(トレッキングポール)ではありません。トレッキングポールとしての強度は備えておりませんのでご注意下さい。」との注意書きが添えてあるが、つい最近の全行程108kmのアルプス・ファーストパッキングでも難しい岩場の通過を抜かし、ほぼ全行程にバッチリ耐え抜いてくれたほどの頑強さ。最終日の台風並みの暴風でもツェルトのポールとして使用していたが、かなり曲った状態でもビクともしなかった。Sky Highではハイキング&トレイルランニング用のオススメな携帯用ポールとしてPush!

 


【“長距離ハイキングやトレイルランニング時の疲労軽減に絶大な威力を発揮してくれる超軽量コンパクトなポール Sinano / Trail Pole 110 & 120 シナノ トレイルポール 110 & 120”の続きを読む】

ツェルト、ワンポール・テント使用に最適な収納時業界最小を誇るエクスペッド・ポールが廃番となります Exped / 4 Section Backcountry Pole エクスペッド 4セクション・バックカントリー・ポール

ex_26_v_h_3z_web_weiss_02.jpg PC030165.jpg PC030170.jpg PC030169.jpg


Exped / 4 Section Backcountry Pole 
10,290 yen → 8,400 yen 値下げとなります

Sky High Mountain Worksでも人気の抜群の軽量性を誇る4セクションポールが今回ロット分で廃番となり、日本国内でも手に入れられなくなります。残り在庫分のみで最後となりますのでお早めに! 


日本ではまだまだ馴染みが薄いが、スリーピングバッグやテント・ツェルトで有名なスイスのギアメーカーExped(エクスペッド)社が、こんな使い勝手の良いポールも作っている。収納時の方法がブラックダイヤモンドなどのフリックロック方式と比べると少し細かい作業になるので、冬のバックカントリーにはあまりオススメできない。どちらかというと、春夏秋の3シーズンに的したモデルではあるが、超軽量で、おそらく業界では最も小さくコンパクトに畳めるポールである。30-40ℓ以上であればほとんどのパックの中に収納出来てしまうという、驚くべき小ささを誇る4セクションの伸縮ポールなので、山行中の不安なポイントで使用したり、ツェルトやテントのポールとして使用すると考えると、この携帯性はかなりのメリットになるはず。本体素材には航空機や、テントのペグ、スノーシューなどにも使用されている超タフネスぶりで有名な7076-T6アルミ合金仕様。ハンドル部分や、傾斜が目まぐるしく変化するような斜面・トラバース時に便利なミッドセクショングリップにはEVAフォームを採用。ハンドルループにはトラブルの少ないようバックルを使わないシステムが採用されている。


サイズ : 52(収納時)~120cm(最大長) 
重量 : 490g(ペア)

【“ツェルト、ワンポール・テント使用に最適な収納時業界最小を誇るエクスペッド・ポールが廃番となります Exped / 4 Section Backcountry Pole エクスペッド 4セクション・バックカントリー・ポール”の続きを読む】

FC2Ad