FC2ブログ

5/15(土)は延期になりました Rock it ! Climbing by SHMW & Arc'teryx

Rock it climbing school

IMG_5509.jpg IMG_6474_2020111616492140b.jpg IMG_6250_202011161649185ac.jpg IMG_9584.jpg IMG_9602_20201116164927cd5.jpg

2021 ROCK IT! Schedule

日時:
5月以降のスケジュール

5/15(土)のロープクライミング講習ですが、政府の緊急事態宣言発表のため、残念ながら中止というか延期となりましした!6/6(日)に宣言が解除されていれば、次回開催とさせていただきますので、お手数ですが二期生の皆さんはこの日で参加できる方はあらためてメールか電話にて参加表面を連絡いただければ。よろしくお願いします!
予約メールアドレス:skyhighmountainworks@gmail.com


6/6(日) 六甲山某岩場にてロープクライミング

*また、直前で岩場決定次第、このブログにて発表させて頂きます

持ち物はクライミング個人分道具一式(ヘルメット、ハーネス、安全環付カラビナ&ビレーデバイス、クライミングシューズ&チョークバッグ必携)、その他防寒着、飲み物、昼食や行動食など

ヘルメット、ハーネス、安全環付カラビナ&ビレーデバイスらが無い方は、講習前に購入しておくか、SHMWへご連絡ください。アークテリクスのハーネスも当日お貸し出しできるので、ご希望の方は講習前に必ずSHMWへご連絡ください。

当日講師連絡先電話番号:090-8381-7706

個人各々の進行具合で進みますので、様々な技術を早く覚えたい方は連日の参加や、ご都合の良い日程をお選びください。クライミングのテクニック、ルール&マナー、ギアの使い方、ロープワーク、ビレー方法、マルチピッチ技術などを各自に説明をしながら岩場にて講習を行います。
 
参加費:朝から夕方の丸一日の講習:8、000円(税込)
*保険については各自ご加入お願いします。詳細はお聞きください。
*参加費は講習当日にお支払いください。


各回、定員7名で講習します。定員埋まり次第、締め切りますのでビビッときた方はお早めのお申し込みをどうぞ!


【“5/15(土)は延期になりました Rock it ! Climbing by SHMW & Arc'teryx”の続きを読む】

これさえあれば大事なクライミングシューズも落とさない! Metolius / Hang Dogs Shoe Keepers

IMG_7500.jpg IMG_7503.jpg
shoe-keeper-colors.jpg

Metolius / Hang Dogs Shoe Keepers / assorted colors / 2,200 yen +tax

*カラーはアソートカラーなんでSHMW店頭で自由にお選びください

クライミングシューズの踵のプルタブに取り付けておけば、マルチピッチやアルパインクライミングのビレー時にシューズを脱いでも大事なクライミングシューズが壁から落ちないようにするリーシュコード。クライミングを楽しみに壁に来ているのに、クライミングシューズを落としてしまったら、全く楽しめなくなるので、コレは以外にかなり重要かつ有難いギア!

IMG_7851_20200827165923f73.jpg IMG_7848.jpg

非常にシンプルで軽量化されたパーツらで構成されているので、自分で作れない事ないかもですが、この出来の良さで、何気にこれだけのパーツを集めて一個作るだけで時間と手間ひまかかるので、メトリウスのこのコストパフォーマンスは相変わらず素晴らしい!



【“これさえあれば大事なクライミングシューズも落とさない! Metolius / Hang Dogs Shoe Keepers”の続きを読む】

11/16(土)予定通り開催します! Bouldering Session in 芦屋ロックガーデン

Rock it!フライヤー

IMG_4574.jpg IMG_4572_20191113181106e6f.jpg IMG_4570.jpg IMG_4564.jpg IMG_4560.jpg 

11/16(土)予定通り開催しますので、集合時間にお集まりください!

Hiking + Bouldering Session in Ashiya Rock Garden 芦屋ロックガーデン

遂にこの11月よりRock it Climbing 始動!先ずはクライミングの基本中の基本であるクライミング動作(ムーブ)を学ぶ一人でも可能なBESTなスタイルがこのボルダリング!このスタイルからスタートです。先日、発表したSHMWの提案するGranite Mountaineering Clubは、これから様々なスキルを身につけた自立したクライマー同士のモチベーションアップのための大人の部というか会というかクラブを目指しているので、ちゃんとした始動はまだまだこれからです。こんなクラブをみんなで楽しくハードに運営出来るように、皆さんのクライミングスキルアップをお手伝いするために、今回のRock it Climbingを始めます!毎回、テーマを決めてスポット的に講習会をしますので、ご自分の足りない、興味のあるパートを参加してください。もちろん、自分で知ってても、ロープワーク、ビレー、レスキューなどのクライミング技術は日々進化していきますので、新名ガイドの最新の技術を身に付けたい方も復習がてらにどうぞ!先ずは、山が好きな方、山を好きになりたい方で、外のボルダリングに興味のある方はぜひご参加ください!

*今回のセッションエリアは、以前の講習でも訪れている場所なので、前回に参加されている方は参加費をお安くします。ビギナー向け説明は省き、オモロい最新課題をお教えしますので一緒に登りましょう!

*これから、このSHMWお店ブログの告知の他にも、別で
Rock it Climbing SchoolブログをArc'teryx JAPANのマナブが立ち上げました!こちらもこれからスクールの内容アップデートやクライミングについての記事を彼の個性で書いていく予定です(笑)ぜひチェックしてください!

SHMWがベースとしている芦屋ロックガーデンは正にネーミング通り「岩」の宝庫。昔から先人たちはロープクライミングやボルダリングの良いトレーニングの場として利用していた聖地のようなエリア。この古くて新しい芦屋ロックガーデンをただの流行りで訳も分かっていない人たちで一杯になって欲しくない。ロックガーデンと共に自身の山での経験値を上げながら、永続的な良いカルチャーを時間をかけてゆっくり定着させたいと思っています。これまではLight&Fastの視点から新しい遊び上手なハイカーやトレイルランナーを増やしたいと思い、お店での接客やイベントなどをしてきましたが、ここ芦屋ロックガーデンにベースを置くSHMWだからこそ、先人たちの岩との良いマウンテンスタイルを継承してリスペクトしながらも、新しく現代らしい「岩」と遊ぶ良いカルチャーを広げるべく、これからハイキングやマウンテンランニングにプラスして、「クライミング」をよりフォーカスして定着させたいと思います。より皆さんに自己責任の意識を持っていただき、人任せではなく自分自身の登山スタイルを持ってもらうための啓蒙活動を行います。

今回は最初ということで、みんなに目標とヤル気を出してもらうために、岩登りの原点でもあるボルダリング完全ビギナー向けイベントです。ハイキングまたはスクランブリングを混ぜながら移動して、芦屋ロックガーデンに点在するClassicボルダーや開拓している新しいボルダーを実際にクライミングシューズを履いて外岩ボルダーを登ります。芦屋ロックガーデンにはクライミング専用のシューズを履かなくても登れるような難易度の低いボルダーや岩壁も多々ありますが、今後、各自でスクランブリングをやったり登山に生かすクライミングを覚えるためには絶対にクライミングシューズを履かなければ、山レベルの向上はありません。自分自身でどの位の難易度の壁からはクライミングシューズを履かなければならないという感覚を養わなければ全然ダメ。むしろ、その感覚や技術が中途半端過ぎては危険過ぎて簡単にスクランブリングはして欲しくない。まずは、今回はマットが薄くても無くても落ちても比較的大丈夫な低いボルダーにて遊びながら、クライミング技術、登山やハイキング、マウンテンランニングに有効なテクニック、ルールやマナー、これからのクライミングとの関わり方やトレーニングなども話せればと思っています。

IMG_2949_20191113181118d9f.jpg IMG_2951_201911131811156d3.jpg  

岩登りの楽しさを知ってもらうのと、ハイカーさんには同時にマウンテンランニングの機動力の高さや軽快さも知っていただきたいので、少しばかり楽しく走ったりしてボルダー間を移動します。さまざまなセクションの移動方法や危険性、基本的なボルダリングやクライミングギアのシステムも説明できればと。ハイカーやマウンテンランナーにとって、クライミングの技術やテクニック、道具をプラスすることによって、山の遊び方がどう広がっていくのか?それに伴う危険性などをお伝えします。

11/30(土)ー12/1(日)の二日間と、次回はロープやカラビナなどのクライミングギアを自分で使いこなし、より安全に高い岩壁をロープで楽しむためのロープクライミングコースも開催します!ステップアップしながらDEEPな岩との世界にどっぷり浸かっていきましょう!

ハイキング、トレイルランニング、登山、インドアボルダリングジムなどの力量というよりも、これから「外岩をやりたい」という気持ち、覚えたいというモチベーションが重要です。

特に、今後ロープワークやギアも使用もするとなると、事故がないようにきちんとこちらも伝えたいので、外岩のクライミングのヤル気がある方の参加者を募集します!

参加資格は各ボルダーまでの長いアプローチでもハイク&ランで楽しく移動できる方。ゆっくりボチボチのスピードで移動します。高いトコでの恐怖心が無く、自分自身でルートを考えてハイキングやマウンテンランニングの遊びを行っている方、たまにインドアクライミングジムでも登っている方、外岩ボルダリングしてみたいなとモチベーションが高い方に限らせていただきます。以前にクライミング系講習会に参加した方でも、月日が経過して忘れてしまっている方も復習がてらの参加も全然OKデス!

日時:
11月13日(水)8:00ー13:00頃まで
11月16日(土)8:00ー13:00頃まで

定員 : 先着順10名前後(最小催行人数4名)
*平日は人数に達しなかった場合は次回開催になります

平日と週末の日程で設定しますので、ご都合の良い日程をお選びいただき、ぜひこの機会にご参加ください!ハイカーやマウンテンランナーに知っていただきたいボルダリング、スクランブリング、クライミングのテクニック、ルール&マナー、ギアの使い方、遊び方などを説明をしながら芦屋ロックガーデン+荒地山周辺のSHMWオリジナルコースにてボルダリングセッションを行います。

集合:8:00 Sky High Mountain Works 店前集合
                             13:00 頃 Sky High Mountain Works 解散

 
参加費:3,000円(税込)、前回参加者は1,000円(税込)
*このセッションはイベント中の傷害保険は含みません。必要な方はご自分でご加入を!
*参加費は講習当日にお支払いください。



【“11/16(土)予定通り開催します! Bouldering Session in 芦屋ロックガーデン”の続きを読む】

これを使用したら他のテーピングは使えなくなるかも!岩に擦れても汗でも外れない魔法のクライマー向けテーピング Evolv / Magic Hand Tape

 4_20181117173242608.jpg 3_201811171732409c9.jpg

2_2018111717323917a.jpg 1_20181117173237b8b.jpg
IMG_1190_201804251503331a4.jpg IMG_1195.jpg

Evolv / Magic Hand Tape / for hand(blue),for finger(blue +green) / 1,200 yen+tax

11/9現在、ハンド用、フィンガー用と両方在庫あり。長い間メーカーも在庫切れをしていた魔法のテープが遂に再入荷!これからの岩が乾く外岩シーズンにはマストアイテム!これを使い出したら、他のテーピングは使えなくなら程の名品。使用回数もとんでもなく使えるので、コストパフォーマンスが非常に高い!

商品名のネーミング通り、正に今までのテーピングの常識を覆す「マジックテープ」!すでにご存知の方も多いとは思うが、元々は医療用に使われていた自結包帯そのものだが、このイボルブ社のマジックテープは写真でも分かるようにテープ自体が後ろが見える程に透けて大きなメッシュ状になっており、通気性が非常に高く蒸れにくい。自結包帯ではここまで薄いものはないはず。仕組みとしては、接着剤のような糊のようなもので皮膚にくっつけるのではなく、テープ自体は皮膚には付かず、テープ同士がくっ付き合う事によって、強力な粘着性をもつ不思議で非常に便利なテーピングテープ。

IMG_1192.jpg IMG_1306.jpg IMG_0418.jpg IMG_1197.jpg

ブルーのハンド用は約4cm幅で27.4mもあるので、1,200円(税抜)で余裕で元が取れるはず(笑)幅も4cmあるので、手首に巻いたり、トラッドのジャミング用にも最適なサイズ。また、フィンガー用であれば幅が狭いのでそのまま使用可能だが、写真のように半分にカットしても指にもバッチリフィットする!また、粘着性のあるテーピングと異なり、カッティングもハサミ要らずで楽に手でカットできるのでご安心を!



【“これを使用したら他のテーピングは使えなくなるかも!岩に擦れても汗でも外れない魔法のクライマー向けテーピング Evolv / Magic Hand Tape”の続きを読む】

様々なスタイルを身につけるためのクライミング講習会 Rock it ! Climbing School by SHMW & Arc'teryx

Rock it!フライヤー

Rock it ! Climbing School by SHMW & Arc'teryx

Granite Mountaineering Clubは、様々なクライミングスタイルをすでにやられている方々対象の日頃のクライミングモチベーションを上げるための現代のイケてる大人の山岳部というか山岳会を目指していますが、こちらのロックイットクライミングスクールは各カテゴリーにおいてビギナー向けの講習を各回毎に開催するスポット的な講習会になります。

①ボルダリング
②フリークライミング
③マルチピッチクライミング(アルパインクライミング)
④レスキュー

大きく分けて4種類のカテゴリーになりますが、特に②フリークライミングに関しては、トップロープクライミング、リードクライミング、トラッドクライミング(ナチュラルプロテクション使用)と多岐に渡るので、連日開催や回数が多くなります。とりあえずは毎月一回の週末の土日のどちらかや両方、四人以上の希望あれば平日開催も可能(お気軽に相談ください)。また、気軽に参加し易いように朝からお昼過ぎまでの半日チョイの価格設定でお安めの講習料にします!本チャンの岩登りは命がかかっている遊びだけに、集中力もかなり要するので、丸一日よりも半日チョイくらいの方が覚え易いかと!

スケジュールは今週の10/30(水)Granite Mountaineering Club発足会にて決定して、また、このブログにて後日発表しますのでもう暫くお待ちください。先ずは、こういうクライミングスクールをArc'teryx専属の新名ガイドと共に企んでいますので、クライミングをこれから本気できちんとやりたいと思っている方はもちろん、やっている人はこれから新たにクライミングスタイルを広げたいと思っている方はぜひ検討してみてください!

このロックイットクライミングスクールにて、ロープワーク含めた基本的な絶対に覚えてマスターしなくてはいけない登る以前の安全技術を先ずは段階的に覚えていただき、やっとクライミングのスタート段階となり、後は自身のヤル気次第ですが、それから「登る」ということに集中できます。Granite Mountaineering Clubはその段階からのクライミング部となります。



明日は予定通り開催します!外岩ボルダリングセッション Bouldering Session in 芦屋ロックガーデン vol.3

IMG_9585_201803111426557d5.jpg IMG_9582_201803111426548f4.jpg IMG_9595_20180311142657b2c.jpg IMG_9626_20180311142658c4b.jpg

Bouldering Session for Hiker & Mountain Runner in Ashiya Rock Garden 芦屋ロックガーデン

満員御礼!モチベーション高そうな山好きな方々が集まってくれました!明日の天気予報では、ここ最近ではなかなか気温が低く、天気も良さげなので絶好の外岩ボルダリング日和だと思いますので皆んなで指皮イってしまうまで楽しみましょう(笑)各ボルダーやエリアへの移動はほぼハイキングや帰りをジョグで下る位なのと、気温も低そうなので、クライミングパンツなどの動き易いロングパンツがベターかと。日陰に入ると寒いと思うので、レスト時用のジャケットや防寒着も必ず持ってきてください。朝から15時位を目処に芦屋川に戻ってくる予定ですので、各自、好きなお昼ご飯も持参ください。途中、ボルダーエリアにて交替で登りながらランチタイムの時間も取ります。重くなり過ぎない装備でお湯を沸かす燃焼器具などを持ってきてラーメン、スープ、コーヒーブレイクもOK!必携装備などについては下記を必ずチェックしておいてください!

AM8:00過ぎには出発できるように、7:45くらいには集合して受付や準備よろしくお願いします!楽しみましょう!

今回第三回目となりますNEWエリア含めた公開ボルダリングセッションNo.3!ここ芦屋ロックガーデンから荒地山でのボルダリングも標高が500m位あるのと、森の日影の中なので、5月GW空け位までがボルダーシーズン。ただ、冬からこの四月くらいが心地良く登れてベストシーズンなので3-4月に遊びまくるのがグッド!

IMG_6523_20170301174002227.jpg

SHMWがベースとしている芦屋ロックガーデンは正にネーミング通り「岩」の宝庫。昔から先人たちはロープクライミングやボルダリングの良いトレーニングの場として利用していた「山」を目指す人にとっては聖地のようなエリア。この古くて新しい芦屋ロックガーデンの岩場を訳も分かっていない人たちで一杯になって欲しくない。ロックガーデンと共に自身の山での経験値を上げながら、永続的な良いカルチャーを時間をかけてゆっくり定着させたいと思っています。これまではLight&Fastの視点から新しい遊び上手なハイカーやトレイルランナーを増やしたいと思い、お店での接客やイベントなどをしてきましたが、ここ芦屋ロックガーデンにベースを置くSHMWだからこそ、先人たちの岩との良いスタイルを継承してリスペクトしながらも、新しく現代らしい「岩」と遊ぶ良いカルチャーを広げるべく、これからハイキングやマウンテンランニングにプラスして、「クライミング」によりフォーカスして、山を好きな方々に定着させたいと思っています。より皆さんに自己責任の意識を持っていただき、人任せではなく自分自身の登山スタイルを持ってもらうための啓蒙活動です。


【“明日は予定通り開催します!外岩ボルダリングセッション Bouldering Session in 芦屋ロックガーデン vol.3”の続きを読む】

明日予定通り開催します!マウンテンランナーのための外岩ボルダリングセッションvol.2 Mountain Running+Bouldering Session

IMG_2731.jpg IMG_9452.jpg IMG_2782_20171130195259430.jpg IMG_2749.jpg IMG_6724_20170301174005a99.jpg

Mountain Running + Bouldering Session in Ashiya Rock Garden 芦屋ロックガーデン

明日予定通り開催します!予報では朝から良い天気で晴れて湿度も低くパーフェクトな岩日和となりそうですので、みんなで楽しみましょう!ただ、移動中や岩登り中は快適でも、最高気温が芦屋でも8℃までしか上がらないようなので、レスト中やお昼ご飯時に寒くないように、ダウンジャケットなどしっかり防寒対策もしておいてください。夕方までを目処に芦屋川に戻ってくる予定ですので、各自、好きなお昼ご飯も持参ください。途中、エリアにて交替で登りながらランチタイムの時間も取ります。重くなり過ぎない装備で、持って行きたい方は各自でお湯を沸かす燃焼器具などでラーメン、スープ、コーヒーブレイクもOK!移動間はハイクやゆっくりジョグで進みますので、動きやすい服装にトレイルシューズご持参ください。また、すでに動きやすい小さいボルダーマットなど持ってればぜひ背負ってきてください。肝心のクライミングシューズ&チョークバッグをお忘れなく!

当日の緊急連絡先は下記になりますので、何かあればご連絡ください。
SHMW北野:090-8381-7706


SHMWがベースとしている芦屋ロックガーデンは正にネーミング通り「岩」の宝庫。昔から先人たちはロープクライミングやボルダリングの良いトレーニングの場として利用していた聖地のようなエリア。この古くて新しい芦屋ロックガーデンをただの流行りで訳も分かっていない人たちで一杯になって欲しくない。ロックガーデンと共に自身の山での経験値を上げながら、永続的な良いカルチャーを時間をかけてゆっくり定着させたいと思っています。これまではLight&Fastの視点から新しい遊び上手なハイカーやトレイルランナーを増やしたいと思い、お店での接客やイベントなどをしてきましたが、ここ芦屋ロックガーデンにベースを置くSHMWだからこそ、先人たちの岩との良いマウンテンスタイルを継承してリスペクトしながらも、新しく現代らしい「岩」と遊ぶ良いカルチャーを広げるべく、ハイキングやマウンテンランニングにプラスして、「クライミング」をよりフォーカスして定着させたいと思います。より皆さんに自己責任の意識を持っていただき、人任せではなく自分自身の登山スタイルを持ってもらうための啓蒙活動を行います。

今回は最初ということで、みんなに目標とヤル気を出してもらうために、岩登りの原点でもあるボルダリング完全ビギナー向けイベントです!ハイク&ランまたはスクランブリングを混ぜながら移動して、芦屋ロックガーデンに点在するClassicボルダーや昨年から開拓している新しいボルダーを実際にクライミングシューズを履いて外岩ボルダーを登ります。芦屋ロックガーデンにはクライミング専用のシューズを履かなくても登れるような難易度の低いボルダーや岩壁も多々ありますが、今後、各自でスクランブリングをやったり登山に生かすクライミングを覚えるためには絶対にクライミングシューズを履かなければ山レベルの向上はありません。自分自身でどの位の難易度の壁からはクライミングシューズを履きたい、履かなければならないと感覚を養わなければ全然ダメ。むしろ、その感覚や技術が中途半端過ぎては危険過ぎてスクランブリングはして欲しくない。まずは、今回はマットが薄くても無くても落ちても比較的大丈夫な低いボルダーにて遊びながら、クライミング技術、登山やハイキング、マウンテンランニングに有効なテクニック、ルールやマナー、これからのクライミングとの関わり方やトレーニングなども話せればと思っています。

IMG_4949_20170302112200a76.jpg  

岩登りの楽しさを知ってもらうのと、ハイキングがメインの方には同時にマウンテンランニングの機動力の高さや軽快さも知っていただきたいので、時には楽しく走ったりしてボルダー間を移動します。さまざまなセクションの移動や危険性、基本的なボルダリングやクライミングギアのシステムも説明できればと。ハイカーやマウンテンランナーにとって、クライミングの技術やテクニック、道具をプラスすることによって、山の遊び方がどう広がっていくのか?それに伴う危険性などをお伝えします。このセッション以降はヤル気のある方向けに、少人数のプライベートスクールもやる予定です。ロープやカラビナなどのクライミングギアを自分で使いこなし、より安全に高い岩壁をロープで楽しむ。ステップアップしながらDEEPな岩との世界にどっぷり浸かっていきましょう!

マウンテンランニングやボルダリングの力量というよりも、これからやりたいという気持ちや覚えたいというモチベーションが重要です。特に、今後ロープクライミングやバリエーション登山に興味がある、ギアも使用もするとなると、事故がないようにきちんとこちらも伝えたいので、ヤル気がある方の参加者のみでお願いします!

参加資格は各ボルダーまでの最大1時間位のアプローチでもハイク&ランで楽しく移動できる方。ゆっくりボチボチのスピードで移動します。高いトコでの恐怖心が無く、トレイルレースの参加だけでなく自分自身でルートを考えて、マウンテンランニングの遊びを行っている方、たまにインドアクライミングジムでちょこちょこ登っている方など、外岩ボルダリングしてみたいなとモチベーションが高い方に限らせていただきます。ボルダリングをどうやって、普段の山行に生かすのかイマイチ分からない方など、以前にクライミング系講習会に参加した方でも、月日が経過して忘れてしまっている方も復習がてらの参加もOKデス!

日時:
2017年12月17日(日)8:00-15:00頃まで

定員 : 先着順8名前後(最小催行人数4名)
*人数に達しなかった場合は次回開催になります

ハイカーやマウンテンランナーに知っていただきたいボルダリング、スクランブリング、クライミングのテクニック、ルール&マナー、ギアの使い方、遊び方などを説明をしながら芦屋ロックガーデン+荒地山周辺のSHMWオリジナルコースにてSHMW流のマウンテンランニング+ボルダリングセッションを行います。

集合:7:50 Sky High Mountain Works 店前集合
                             15:00 頃 Sky High Mountain Works 解散

 
参加費:3,000円(税込)
*このセッションはイベント中の傷害保険は含みません。必要な方はご自分でご加入を!
*参加費は講習当日にお支払いください。




【“明日予定通り開催します!マウンテンランナーのための外岩ボルダリングセッションvol.2 Mountain Running+Bouldering Session”の続きを読む】

Mountain Running & Scrambling Session in Wake Alps 和気アルプス

IMG_3973.jpg IMG_3988.jpg IMG_3990.jpg IMG_4020.jpg 

Mountain Running Session in Wake Alps 和気アルプス

昨年の芦屋ロックガーデンでのスクランブリング講習会参加者や、普段、芦屋ロックガーデンや荒地山周辺の岩場など、岩場セクションで登って走り回っていたりとマウンテンランニング好きな中級者以上の方にぜひ参加していただきたい岡山県和気アルプスのマウンテンランニングセッション。岩尾根が豊富でとても低山とは思えない圧倒的スケールで間違いなくスクランブリングの虜になるはず(笑)当日は岡山県のマウンテンランナー平垣氏をナビゲーターにヤバいルートでセッションしますのでお楽しみに!陽当たり良好なエリアのためにどんどん暑くなりますので絶好のシーズンのはず!天気が良く晴れればあったかく楽しく登って走り回れるエリアです。場所も岡山と言っても、ほぼ兵庫県との県境位なので高速を使って芦屋より2時間弱で到着します。和気アルプスについての詳細は過去のブログをどうぞ→

人数が多いとスクランブリングは危険ですので、今回のセッションは限定数になりますのでその気がある方はお早めにどうぞ!なお、高所恐怖症、岩場が苦手な方はご遠慮ください。

2015年3月15日(日)8:00-16:00頃

img-map01.png

集合 8:00 岡山県和気鵜飼谷温泉駐車場 場所などはHP→でご確認ください
解散 15:00-16:00頃

電車で来る方は近くの駅まで迎えに行く事も可能ですので、その際は時間などをお知らせください。

セッション終了後は、そのまま温泉に入れますので入浴されたい方はお風呂セットをぜひお持ちください!

参加費:3,000円(税金、日帰り傷害保険込)
*参加費は講習当日にお支払いください。

持ち物:ポリエステルやメリノウールなどの吸湿速乾性素材などのベースレイヤー、動き易いショーツやタイツ、ビーニーやキャップ、ウィンドシェルジャケット、当日気温が低いのが予想される場合は小さく携帯できるような温かいダウンや化繊インサレーション、トレイルランニング向けシューズ(ソールのグリップ力が良いInov8などのメーカーがベター)、トレイルランニングパック(3-5㍑の小さいベストパック不可)、ウォーター・ボトル(最低でも500ml位)、ランチや携帯食、その他の個人装備、岩も登りますが、そこそこ走りセクションもありますので、岩の移動間は楽しく走れるように重過ぎないようなパッキングを心がけてください。装備について不安な方はお店でお聞きください。



【“Mountain Running & Scrambling Session in Wake Alps 和気アルプス”の続きを読む】

キャンセル待ちです! Mountain Running Session in 芦屋ロックガーデン

1.jpg 2.jpg 5.jpg 6.jpg 7.jpg 

Mountain Running Session in Ashiya Rock Garden 芦屋ロックガーデン

トレイルランニングにプラスした一歩先を行くマウンテンランニングやスクランブリングを始めましょう!フリークライミングのように専用のシューズを履かなくても登れるような難易度の低い岩壁を登ったり、マウンテンランニングをしながら自由な感覚で山を駆け巡ります。今回はスクランブリングの楽しさを知っていただくために、危険度の高いセクションはスタッフがロープで確保したりしながら進みます。さまざまなセクションの走り方や危険性、基本的なクライミングギアの説明やシステム、今回は懸垂下降も経験していただきます!トレイルランナーにとって、クライミングの技術やテクニック、道具をプラスすることによって、山の遊び方がどう広がっていくのか?それに伴う危険性などをお伝えします。このコース以降はやる気のある方向けに、ロープやカラビナなどのクライミングギアを自分で使いこなし、よりハードに安全に山を楽しむためのアドバンスドコースも予定していますので、ステップアップしながらDEEPなマウンテンランニングの世界にどっぷり浸かっていきましょう!

このスクランブリングは危険が伴うスタイルの遊びなので、トレイルランニングの力量というよりも、これからやりたいという気持ちや覚えたいというモチベーションが重要です。特に、今後ロープワークやギアも使用もするとなると、事故がないようにきちんとこちらも伝えたいので、ヤル気がある方の参加者のみでお願いします!

ただいまキャンセル待ちになります

参加資格はトレイルランニングのスピードは求めませんが、高いトコでの恐怖心が無く、レースの参加だけでなく自分自身でルートを考えていつもトレイルランニングの遊びを行っている中級者以上の方、マウンテンランニングへのモチベーションが高い方に限らせていただきます。前回、春のスクランブリング講習会に参加した方で、月日が経過して忘れてしまっている方も復習がてらの参加もOKデス!

2014年12月7日(日)8:00-15:00頃 

トレイルランナーに知っていただきたいスクランブリング、クライミングのテクニック、ギア、ロープなどの説明をしながら芦屋ロックガーデン+荒地山周辺のSHMWオリジナルコースにてスクランブリング含めマウンテンランニング講習会+セッションを行います。

集合 8:00 Sky High Mountain Works 店前集合
                             15:00 頃 Sky High Mountain Works 解散

 
参加費:5,000円(税金、日帰り障害保険込)
*参加費は講習当日にお支払いください。

【“キャンセル待ちです! Mountain Running Session in 芦屋ロックガーデン”の続きを読む】