3/25(土)開催!ハイカー&マウンテンランナーのための外岩ボルダリングセッション Mountain Running + Bouldering Session in 芦屋ロックガーデン

IMG_6523_20170301174002227.jpg IMG_6586_20170301174004f1f.jpg IMG_6724_20170301174005a99.jpg IMG_9776.jpg

Mountain Running + Bouldering Session in Ashiya Rock Garden 芦屋ロックガーデン

天気も良さげですね!明日予定通り開催します!AM8:00前ににSHMWにお越しください。夕方を目処に芦屋川に戻ってくる予定ですので、各自、好きなお昼ご飯も持参ください。途中、ボルダーエリアにて交替で登りながらランチタイムの時間も取ります。重くなり過ぎない装備でお湯を沸かす燃焼器具などを持ってきてラーメン、スープ、コーヒーブレイクもOK!楽しみましょう!

緊急連絡先
北野携帯番号 : 090-8381-7706


SHMWがベースとしている芦屋ロックガーデンは正にネーミング通り「岩」の宝庫。昔から先人たちはロープクライミングやボルダリングの良いトレーニングの場として利用していた聖地のようなエリア。この古くて新しい芦屋ロックガーデンをただの流行りで訳も分かっていない人たちで一杯になって欲しくない。ロックガーデンと共に自身の山での経験値を上げながら、永続的な良いカルチャーを時間をかけてゆっくり定着させたいと思っています。これまではLight&Fastの視点から新しい遊び上手なハイカーやトレイルランナーを増やしたいと思い、お店での接客やイベントなどをしてきましたが、ここ芦屋ロックガーデンにベースを置くSHMWだからこそ、先人たちの岩との良いマウンテンスタイルを継承してリスペクトしながらも、新しく現代らしい「岩」と遊ぶ良いカルチャーを広げるべく、これからハイキングやマウンテンランニングにプラスして、「クライミング」をよりフォーカスして定着させたいと思います。より皆さんに自己責任の意識を持っていただき、人任せではなく自分自身の登山スタイルを持ってもらうための啓蒙活動を行います。

今回は最初ということで、みんなに目標とヤル気を出してもらうために、岩登りの原点でもあるボルダリング完全ビギナー向けイベントです!ハイク&ランまたはスクランブリングを混ぜながら移動して、芦屋ロックガーデンに点在するClassicボルダーや昨年から開拓している新しいボルダーを実際にクライミングシューズを履いて外岩ボルダーを登ります。芦屋ロックガーデンにはクライミング専用のシューズを履かなくても登れるような難易度の低いボルダーや岩壁も多々ありますが、今後、各自でスクランブリングをやったり登山に生かすクライミングを覚えるためには絶対にクライミングシューズを履かなければ山レベルの向上はありません。自分自身でどの位の難易度の壁からはクライミングシューズを履きたい、履かなければならないと感覚を養わなければ全然ダメ。むしろ、その感覚や技術が中途半端過ぎては危険過ぎてスクランブリングはして欲しくない。まずは、今回はマットが薄くても無くても落ちても比較的大丈夫な低いボルダーにて遊びながら、クライミング技術、登山やハイキング、マウンテンランニングに有効なテクニック、ルールやマナー、これからのクライミングとの関わり方やトレーニングなども話せればと思っています。

IMG_4949_20170302112200a76.jpg  

岩登りの楽しさを知ってもらうのと、ハイカーさんには同時にマウンテンランニングの機動力の高さや軽快さも知っていただきたいので、時には楽しく走ったりしてボルダー間を移動します。さまざまなセクションの走り方や危険性、基本的なボルダリングやクライミングギアのシステムも説明できればと。ハイカーやマウンテンランナーにとって、クライミングの技術やテクニック、道具をプラスすることによって、山の遊び方がどう広がっていくのか?それに伴う危険性などをお伝えします。このセッション以降はヤル気のある方向けに、要望が多くなればロープやカラビナなどのクライミングギアを自分で使いこなし、より安全に高い岩壁をロープで楽しむためのアドバンスドコースも開催かも。ステップアップしながらDEEPな岩との世界にどっぷり浸かっていきましょう!

トレイルランニングの力量というよりも、これからやりたいという気持ちや覚えたいというモチベーションが重要です。特に、今後ロープワークやギアも使用もするとなると、事故がないようにきちんとこちらも伝えたいので、ヤル気がある方の参加者のみでお願いします!

参加資格は各ボルダーまでの長いアプローチでもハイク&ランで楽しく移動できる方。ゆっくりボチボチのスピードで移動します。高いトコでの恐怖心が無く、トレイルレースの参加だけでなく自分自身でルートを考えていつもマウンテンランニングの遊びを行っている方、たまにインドアクライミングジムでちょこちょこ登っている方など、外岩ボルダリングしてみたいなとモチベーションが高い方に限らせていただきます。以前にクライミング系講習会に参加した方でも、月日が経過して忘れてしまっている方も復習がてらの参加もOKデス!

日時:
2017年3月22日(水)8:00-15:00頃まで
2017年3月25日(土)8:00-15:00頃まで

定員 : 先着順8名前後(最小催行人数4名)
*人数に達しなかった場合は次回開催になります

平日と週末の日程で設定しますので、ご都合の良い日程をお選びいただき、ぜひこの機会にご参加ください!ハイカーやマウンテンランナーに知っていただきたいボルダリング、スクランブリング、クライミングのテクニック、ルール&マナー、ギアの使い方、遊び方などを説明をしながら芦屋ロックガーデン+荒地山周辺のSHMWオリジナルコースにてセッションを行います。

集合:8:00 Sky High Mountain Works 店前集合
                             15:00 頃 Sky High Mountain Works 解散

 
参加費:3,000円(税込)
*このセッションはイベント中の傷害保険は含みません。必要な方はご自分でご加入を!
*参加費は講習当日にお支払いください。



【“3/25(土)開催!ハイカー&マウンテンランナーのための外岩ボルダリングセッション Mountain Running + Bouldering Session in 芦屋ロックガーデン”の続きを読む】

マウンテンランナーやハイカーさんに是非とも聞いていただきたい岩登りのススメ 2017 Sky High Meeting - Talkin' Climbing -

IMG_9582.jpg IMG_9117_2017030116573400f.jpg IMG_2761_20170301165732b73.jpg IMG_1266.jpg IMG_6724.jpg

Sky High Meeting  - Talkin' Climbing -

今夜開催です!おかげさまで満員御礼となりまして、キャンセル待ちとなります。参加者の方はこの際お気軽にクライミングについての素朴な疑問でも何でもぶつけてください。皆んなでクライミングいついて考えるミーティングにしていきたいと思います。よろしくお願いします!

いよいよ三月です!まだまだ寒い日も多いですが、太陽が顔を出すとランニングやクライミングではすでに暑過ぎるほどに暖かくなる日も場所によってはあります。これから暑い夏までが絶好のアウトドアシーズン!みなさん「山」にむかいましょう!現在、SHMWのお客さま、このブログを見ていただいている方々は様々なアクティビティをやっているかと思います。その中でも特に「山」にフォーカスして遊んでいる方にぜひあらためて自身に取り入れて欲しいのが「クライミング」いわゆる「岩登り」!低山・里山から歩いたり、走ったりと初めたハイカー、トレイルランナーさんは、山へ通うほど感じると思いますが、山を楽しもうと思ったら「岩」は避けては通れません。岩セクションが出てくるだけで、避けていたり、自信が無かったら、山全体を楽しむことができないし、安全面でもかなり不安感でいっぱい。何より、目指す山頂に到達しても、様々な登山道や尾根、沢と幾通りも山頂へ到達できる経路は沢山存在し計画ができるはずが、知っている登山道でしかたどり着けないとすると、山全体を遊んでいるクライマーや沢登りの山屋さん、オリエンテーリング、MTBバイカー、バックカントリースキーヤーやスノーボーダーに比べるとかなり山全体を遊ぶという点において損している気分にはならないですか?!少なくとも、自分はそう感じて普通の登山から始めて、早い時期からクライミングを試行錯誤してやり始めて今のスタイルに至ります。

IMG_4949.jpg

昨今はスポーツジムのようにボルダリングジムが多くここ日本でも次々オープンしていますが、そもそもクライミングとはどういうことなのか!?どんなことをやっているの?落ちたら死ぬの?素朴な質問に答えます(笑)トレイルランニングの延長上で、クライミングシューズを履かずに簡単な岩セクションをスピーディに駆け巡るスクランブリングから、山の中に転がっている石ころを登るクライミングの最もPUREなスタイルと呼べるボルダリング、ロープを使用して高い岩場を登るロープクライミングとクライミング(岩登り)といっても実に様々なスタイルがあります。まずはクライミングの歴史やスタイル、楽しみ方や安全性などを今回の机上講習にて理解していただき、これから自分自身はどういうスタイルのクライミングをやっていけば、自身の現在ハマっている登山やハイキング、トレイルランニングをより楽しく有意義なものに変えていけるかが分かるはず。いや、きっと今回のMee「岩登り」をあなたの楽しいスタイルに変えてみせます(笑)


【“マウンテンランナーやハイカーさんに是非とも聞いていただきたい岩登りのススメ 2017 Sky High Meeting - Talkin' Climbing -”の続きを読む】

Mountain Running & Scrambling Session in Wake Alps 和気アルプス

IMG_3973.jpg IMG_3988.jpg IMG_3990.jpg IMG_4020.jpg 

Mountain Running Session in Wake Alps 和気アルプス

昨年の芦屋ロックガーデンでのスクランブリング講習会参加者や、普段、芦屋ロックガーデンや荒地山周辺の岩場など、岩場セクションで登って走り回っていたりとマウンテンランニング好きな中級者以上の方にぜひ参加していただきたい岡山県和気アルプスのマウンテンランニングセッション。岩尾根が豊富でとても低山とは思えない圧倒的スケールで間違いなくスクランブリングの虜になるはず(笑)当日は岡山県のマウンテンランナー平垣氏をナビゲーターにヤバいルートでセッションしますのでお楽しみに!陽当たり良好なエリアのためにどんどん暑くなりますので絶好のシーズンのはず!天気が良く晴れればあったかく楽しく登って走り回れるエリアです。場所も岡山と言っても、ほぼ兵庫県との県境位なので高速を使って芦屋より2時間弱で到着します。和気アルプスについての詳細は過去のブログをどうぞ→

人数が多いとスクランブリングは危険ですので、今回のセッションは限定数になりますのでその気がある方はお早めにどうぞ!なお、高所恐怖症、岩場が苦手な方はご遠慮ください。

2015年3月15日(日)8:00-16:00頃

img-map01.png

集合 8:00 岡山県和気鵜飼谷温泉駐車場 場所などはHP→でご確認ください
解散 15:00-16:00頃

電車で来る方は近くの駅まで迎えに行く事も可能ですので、その際は時間などをお知らせください。

セッション終了後は、そのまま温泉に入れますので入浴されたい方はお風呂セットをぜひお持ちください!

参加費:3,000円(税金、日帰り傷害保険込)
*参加費は講習当日にお支払いください。

持ち物:ポリエステルやメリノウールなどの吸湿速乾性素材などのベースレイヤー、動き易いショーツやタイツ、ビーニーやキャップ、ウィンドシェルジャケット、当日気温が低いのが予想される場合は小さく携帯できるような温かいダウンや化繊インサレーション、トレイルランニング向けシューズ(ソールのグリップ力が良いInov8などのメーカーがベター)、トレイルランニングパック(3-5㍑の小さいベストパック不可)、ウォーター・ボトル(最低でも500ml位)、ランチや携帯食、その他の個人装備、岩も登りますが、そこそこ走りセクションもありますので、岩の移動間は楽しく走れるように重過ぎないようなパッキングを心がけてください。装備について不安な方はお店でお聞きください。



【“Mountain Running & Scrambling Session in Wake Alps 和気アルプス”の続きを読む】

キャンセル待ちです! Mountain Running Session in 芦屋ロックガーデン

1.jpg 2.jpg 5.jpg 6.jpg 7.jpg 

Mountain Running Session in Ashiya Rock Garden 芦屋ロックガーデン

トレイルランニングにプラスした一歩先を行くマウンテンランニングやスクランブリングを始めましょう!フリークライミングのように専用のシューズを履かなくても登れるような難易度の低い岩壁を登ったり、マウンテンランニングをしながら自由な感覚で山を駆け巡ります。今回はスクランブリングの楽しさを知っていただくために、危険度の高いセクションはスタッフがロープで確保したりしながら進みます。さまざまなセクションの走り方や危険性、基本的なクライミングギアの説明やシステム、今回は懸垂下降も経験していただきます!トレイルランナーにとって、クライミングの技術やテクニック、道具をプラスすることによって、山の遊び方がどう広がっていくのか?それに伴う危険性などをお伝えします。このコース以降はやる気のある方向けに、ロープやカラビナなどのクライミングギアを自分で使いこなし、よりハードに安全に山を楽しむためのアドバンスドコースも予定していますので、ステップアップしながらDEEPなマウンテンランニングの世界にどっぷり浸かっていきましょう!

このスクランブリングは危険が伴うスタイルの遊びなので、トレイルランニングの力量というよりも、これからやりたいという気持ちや覚えたいというモチベーションが重要です。特に、今後ロープワークやギアも使用もするとなると、事故がないようにきちんとこちらも伝えたいので、ヤル気がある方の参加者のみでお願いします!

ただいまキャンセル待ちになります

参加資格はトレイルランニングのスピードは求めませんが、高いトコでの恐怖心が無く、レースの参加だけでなく自分自身でルートを考えていつもトレイルランニングの遊びを行っている中級者以上の方、マウンテンランニングへのモチベーションが高い方に限らせていただきます。前回、春のスクランブリング講習会に参加した方で、月日が経過して忘れてしまっている方も復習がてらの参加もOKデス!

2014年12月7日(日)8:00-15:00頃 

トレイルランナーに知っていただきたいスクランブリング、クライミングのテクニック、ギア、ロープなどの説明をしながら芦屋ロックガーデン+荒地山周辺のSHMWオリジナルコースにてスクランブリング含めマウンテンランニング講習会+セッションを行います。

集合 8:00 Sky High Mountain Works 店前集合
                             15:00 頃 Sky High Mountain Works 解散

 
参加費:5,000円(税金、日帰り障害保険込)
*参加費は講習当日にお支払いください。

【“キャンセル待ちです! Mountain Running Session in 芦屋ロックガーデン”の続きを読む】

FC2Ad