11月のお休み

IMG_0637.jpg 


11月のお休みは、2(火)-3(祝)・9(火)-10(水)・16(火)-17(水)・24(水)-25(木)・30(火)です。 

23(祝)は通常営業しますので、火曜日休みの方はぜひ遊びに来てください!
 
新作のダウンなどの秋冬ウェアから、バックカントリー雪モノも沢山入荷してきてます。




保温性をキープしながら吸汗速乾性能バツグンな身体をドライに保つベースレイヤー Craft / Pro Zero Extreme Short Sleeve クラフト プロゼロ エクストリーム ショートスリーブ

craft_top1.gif
画像 105
 画像 095 画像 103 画像 099

Craft / Pro Zero Extreme Short Sleeve / black / S,M,L / 5,040 yen

日本ではコアなカヤッカー、バイカー、XCスキーヤーに人気のスウェーデンのコア・スペシャリスト向けブランドCRAFT(クラフト)。その中でも、人間工学上からデザインされたカッティングで、保温性をキープしながら吸汗速乾性能を高めた人気のベースレイヤーPro Zero Extreamシリーズ。薄くて非常に軽量なのに、吸汗性と速乾性にハンパなく優れた素材で、激しい発汗による嫌な汗の臭いもカットし、シームレスがハードなアクティビティ時にストレスを解消してくれる。また、クラフト社独自のソフトタッチで非常に伸縮性に富んだ素材なので、アクティビティ以外にも仕事時の汗冷えを防ぐ普段使いのインナーにもグッド!〇タゴニア、〇ークテリクスなどのベースレイヤーとは異なり、写真のように身体のラインに合わせた非常にフィット感の高いフォルムなので、アクティビティのムーブメント(動き)を重要視するのであれば、コチラのクラフト社がベスト!ただ、どうしても薄い素材で保温性を上げようとうするとニット構造になるので、藪漕ぎ山行などのハードなトレイルランには引っ掛けるとピリングになるのでご用心!このTシャツの他にも、クルーネックロングスリーブなどもあり、取り寄せも可能なので、興味ある方はぜひお問い合わせください。

画像 109 画像 093 画像 081 画像 089

オススメのスタイルは、お好きなブランドのアームウォーマー併用で、非常に温度調節が楽になり、動きがよりスムースになる。


【“保温性をキープしながら吸汗速乾性能バツグンな身体をドライに保つベースレイヤー Craft / Pro Zero Extreme Short Sleeve クラフト プロゼロ エクストリーム ショートスリーブ”の続きを読む】

絶妙な保温力をもった寒い季節の万能ランニング・タイツ Patagonia / Coolweater Tights パタゴニア クールウェザータイツ

画像 001 画像 011 画像 013 画像 015

Patagonia / Coolweather Tights / black / S,M / 13,650 yen

寒い季節のエンデュランス・アクティビティにはかかせないパタゴニアのド定番タイツ。ここ数年大流行のコンプレッション・タイツも魅力的だが、ピチッとしたタイトなフィッティングではなく、適度なルーズさのあるフィット感で、ジャージとタイツの中間といったようなタイツ。今どきなかなかこういうシルエットのタイツを探しても見つからないはず。見た目では分からないが、通常のタイツとは異なり、寒い風や雪や小雨を適度にシャットアウトし、藪などの引っ掛けによるかぎ裂きを防ぐ滑らかなナイロンの表面にこの商品の特徴がある。ヒップ部分にもジッパー付きポケットがあるのでエナジージェルなんかを入れるのに良い。


画像 005

そして、表面で風を防ぎ、内側は非常にソフトで吸湿発散性の高い起毛ポリエステルなので、大汗をかいてもいつでもドライな肌触りが味わえる。やはり、寒い冬は「ドライ」がキーワードなのである。ウエストバンドは紐のドローコードで調節が容易にできるので、ランニング途中に美味しいものを食べてしまっても大丈夫!


【“絶妙な保温力をもった寒い季節の万能ランニング・タイツ Patagonia / Coolweater Tights パタゴニア クールウェザータイツ”の続きを読む】

Trail Session遠方お泊まりトリップ瀬戸内海の島で開催! Sky High Mountain Works Fun Trail Session ファン・セッション参加者募集!

SANY0033.jpg SANY0041.jpg SANY0089.jpg SANY0103.jpg SANY0155.jpg SANY0183.jpg SANY0199.jpg SANY0192.jpg SANY0187.jpg SANY0114.jpg

  

Sky High Mountain Works Fun Trail Session  


今回はTrail Session初の お泊まりトリップ!すでに
Sky High Life(オーナーBLOG)でご紹介していますが、非常にのんびりできる懐かしさや日本らしさが感じ取れる瀬戸内海の白石島というところへ走りに行きます。電車か車で大阪から2時間弱で笠岡という所まで行き、そこからはフェリーで20分ほど乗れば目指す白石島。フェリーなんかに乗る時はかなり旅気分が味わえます。

2日間走る予定で、両日共1日12-15キロほどの距離で4時間程度のセッション。標高差は瀬戸内海の島なので、そんなに高くないですが、ある程度はアップダウンもありますので、その点はご了承ください(笑)北部は竹林、苔むした緑の絨毯のようなトレイル、時折急に視界に飛び込んでくる砂浜や、昔話に出てきそうな日本らしい町や風景を見ながらのラン。そして、南部は解放感バツグンの瀬戸内海を見下ろしながら岩稜帯の尾根を気持ちよく走れます。南部と北部でこれだけ様相が変わると、一回のセッションでかなり楽しめます。そして、そこそこアップダウンや縦横無尽に走るシングルトラックのおかげで、二日目に予定している反対向きコース(アレンジあり)もかなり面白いです。平地や下りはひたすら快適なシングルトラックをダウンヒルして、最後はきれいな砂浜が続く瀬戸内海でゴール!


もち、この日のためにじっくり偵察してきたので、コース設定はすべてSky Highオリジナル・コースであります。ロックガーデンのように岩登りがある訳ではないので、全くのトレイルランニング未経験者以外であれば、問題なしです。トレイルランを始めてどこを走っていいか分からない方や、面白いトレイル・トリップがしたい方など、ペースは基本各自のぺースで走れますので楽しむ気持ちがある人であれば問題なしですよ!
 

12月4日(土)-5日(日) 

宿泊の都合上、締め切りを今月の11月22日(月)までの予約とさせていただきます。(最低遂行人員6名) 


集合時間・場所 : 笠岡港三洋汽船のりば(無料駐車場有&JR笠岡駅より徒歩5分) 
            10:30集合(全員集合後10:50のフェリーにて白石島へ向かいます)



講師らは当日朝早く車で出発予定ですが、他に車出せる人がいればみんなで相乗りをして笠岡まで行きましょう(交通機関での事故などは保険適応外になりますのでご了承ください。あくまでも、トレイルランニング時間中のみの保険になります)。もちろん、電車で行く人は笠岡港で集合でOKです。詳細は予約時にお聞きください。


解散時間・場所 : 笠岡港三洋汽船のりば(無料駐車場有&JR笠岡駅より徒歩5分)
            15:00-16:00頃 解散


宿泊は白石島お多福旅館さん。あたたかいおもてなしでハンパなく美味しい海の幸がいっぱい食べれます!こちらで今回は12月ということで、忘年会も兼ねてゆっくり飲んで食べましょう。もちろん宿なので浴衣やタオルなどのアメニティーも用意されています。同等クラスの他民宿に変更の可能性もあり。


参加条件 : Sky Highのビギナーセッションに参加経験あり、もしくはそれ同等の体力がある方。体力的には、2日間、連続で各日ランも含めて4時間ほどは行動できる方が対象です。

 


【“Trail Session遠方お泊まりトリップ瀬戸内海の島で開催! Sky High Mountain Works Fun Trail Session ファン・セッション参加者募集!”の続きを読む】

これでハードな山行時にも持っていけるでしょ!超軽量コンパクトなエアーピロー Big Agnes / Clearview Air Pillow ビッグアグネス クリアービューエアーピロー

画像 119 画像 137 画像 124 画像 127

Big Agnes / Clearview Air Pillow / clear / 2,205 yen

見た目とは裏腹に、非常に耐久性のある超軽量ポリウレタンシェルを使用したエアーピロー。マテリアルもすべて〇タゴニアでお馴染みのウェルデッドシーム(熱融着技術)により継ぎ目がなく畳んだ状態もすっきりしてコンパクト。バルブも非常に耐久性があるプラスチックバルブを使用。100%とはまず言えないので、心配な方はパッチなどのリペアキットも持って行った方がいいかもしれないが、かなりフィールド上でも安心して使える耐久性である。空気の入れ方により、自分好みの枕の高さが自由自在で、少なめに入れて半分に重ねて使用しても調子良し。バラクラーバ着用時であれば気にならないが、暖かいシーズンなどはピローにMSRのパックタオルや着替えなどを巻きつけて寝れば快適に安眠できるはず。フィールドでフリースやウェア類で枕をいざ作ろうと思っても、なかなかいい感じの高さにするのは難しいもの。85gそこらで安眠が約束されるのであれば、重くないんではないだろうか。

画像 131 画像 136

空気をきちんと抜いてきれいに折りたたんであげれば、ご覧の通りの超コンパクトさ!メッシュスタッフバッグ付き。

画像 017 画像 018

使用サイズ : 30×41×5cm
収納サイズ : 3×18cm
重量 : 85g


山行や旅行に便利な軽量ワレット NEMO / Ditto Wallet ニーモ ディットー・ワレット

画像 261 画像 257 画像 252 画像 253 画像 254 画像 255 画像 258 画像 259 画像 260

NEMO / Ditto Wallet / assorted color / 2,520 yen

山行時に直前になって持ち運びに面倒になるものが財布。街使いであればシブいレザーものなんていいもんであるが、山に持って行くとなると無意味に重いし、かなり嵩張ってしまう。そんな時に、この平均約25g前後(素材によって異なる)の超軽量ワレットが活躍してくれる。持っているだけで楽しくなってしまうポップでカラフルなフォルムに、小銭用のジッパーポーチ、紙幣用スリーブが2つ、クレジットカードポケット、ライセンスなどが見れるクリアーウインドウなどの多機能ぶり。おまけにベルクロ付きのフィンはワレットが開くのを防いだり、中に入れた大事なカード類が不意に抜け落ちるのを防いでくれる。山行時や旅行にはもちろんだが、普段使いにもバッチリ使える便利なヤツです。

このディットー・シリーズは製造時の検査で品質が基準に満たなかった製品やテストサンプル、自社だけでなく協力メーカーカーにも寄付を募って収集した不要素材を再びフィールドで活躍できる製品にリメイクした製品になっている。その製品の特性上、素材やデザイン、カラーは時期や製造ロットによって異なるため、気に入ったカラーはその時に手に入れないと二度と手に入らなくなる可能性も高し。

重量 : 約25g前後(素材によって5gほど前後します)
サイズ : 約10.8cm×8.9cm



ハイキング+楽しそうなセクションだけランのユルーいセッション Hike & Run Session ハイク&ラン セッション

PB180085.jpg PB180064.jpg PB150012.jpg
 
  

Sky High Mountain Works Hike & Run Session 


日頃、近くの低山ハイキングやトレッキングなどの山歩き、縦走をしている方、何か面白くて新しいスポーツを探している方など、ハイキングの延長として気軽に始められるトレイルランニングを始めませんか?六甲山を中心に、あまりメジャーではない他ハイカーが少ないオリジナル・コースで楽しくハイキングしながら、気持ち良さそうなポイントのみを走ったりとします。

このハイク&ランのセッションはSky Highのトレイルランイベントの中では最もゆったりしたペースで進むイベントで、普通に歩きのハイキングをされている方を対象としています。トレイルランニングには興味があったけど、体力の問題やランニングという言葉がどうも気にかかり、なかなか入り込めなかった人にぜひオススメしたい内容です。今後、トレイルランニングにずっぽりハマらなくても、ウルトラライトハイキング、スピードハイキング、ライトウェイトハイキングというキーワードに興味がある方には、ぜひ体験していただきたい。もちろん、男性だけでなくても女性でも問題なし!トレイルランニング、スピードハイキングの遊び方やコツ、ロードランニングとは違った山での走り方のコツ、効率の良い疲れない登り方、楽しい下り方の技術、ウェアリング・道具の使い方、ルールやマナーなどの話しを混ぜながら、ゆっくりしたペースで進みます。

 

トレイルランニングというと、登りも下りもすべて山道をノンストップで走り抜けるハードなイメージがありますが、実際はレースや自分を追い込むハードな練習は別として、登りはほとんど歩いたりして、長距離を走りきるため、楽しい平地や下りの走りのために体力などを温存しておきます。まず最初は、ハイキングにプラスして、自分で走りたいと感じる平地や下りを走るだけで十分楽しめます。シンドイと感じれば歩けばいいですし、面白そうな箇所は楽しく走り抜ける。自分の感性や本能で山を感じるだけ。Sky Highでは、このようにハイキングにトレイルランニング、岩登り、沢登りをプラスし、山登り+アルファーの「山遊び」という今の視点からみたミックス・スタイルのハイキングを提案しています。ファッションだけのアウトドアから一歩先へ、山の自然の楽しさ・厳しさを肌で感じましょう!
 

11月28日(日)

 8:00 Sky High Mountain Works 店前集合
                             11:30 頃 Sky High Mountain Works 解散


 参加費 2,000円(税金、日帰り障害保険込)

 


【“ハイキング+楽しそうなセクションだけランのユルーいセッション Hike & Run Session ハイク&ラン セッション”の続きを読む】

有馬三山の紅葉を見ながら登りハイキングで鍛えるファンセッション開催! Sky High Mountain Works Fun Trail Session スカイハイマウンテンワークス・ファン・トレイルセッション

p7110073.jpg p7110080.jpg p7110083.jpg p7110087.jpg
  

Sky High Mountain Works Fun Trail Session 

Trail Session For Beginnerなどのビギナー向けイベントに参加いただいた方や、自分で何回かはトレイルを走っている方などの比較的スローペースのファン・セッションになります。いつものセッションやLong trail Sessionではペースが速そうとか体力的に辛そうと感じていた人はぜひこのセッションにご参加ください!


トレイルランニングをはじめているがどこを走っていいか分からない方、いつも同じコースばかりでマンネリ化している方、もっとトレイルランニングにハマリたい方を対象に、六甲山のメジャーではない(という事はハイカーが少ないって事です)おもろいトレイルをみんなで楽しんでしまおう!ってなノリのイベントです。どちらかというと、シリアスなタイムを気にするランニングというより、山の起伏を遊び尽くすアドベンチャーレース的なコースになりますので、その点はご了承ください。マニアックなオリジナル・コースを、時にはハードに、メローにみんなでペースを合わせて楽しく走ります。

裏六甲の紅葉を期待しながら、六甲一手強い(笑)と噂される有馬三山を有馬温泉から登って縦走し、帰りは気持良い下りを走って、また有馬温泉に戻ってくる約半日位のセッションです。登りでは基本ハイキングをして、平地や下りを走ります。帰りは紅葉谷を予定していますが、できるだけ紅葉がきれいで下って気持ち良いコース設定をしますのでご期待ください!数回かでもトレイルランを経験されている方、日頃ハイキングなどでも山へ行かれていて、山でのランニングの練習をしたいという方にピッタリ。

 

11月14日(日)
 

9:00 阪急バス有馬温泉停留所&案内所前集合 
下記時刻の阪急バスで約40分(大人760円)
阪神芦屋駅8:00発、JR芦屋駅8:05発、阪急芦屋駅8:08発 

13:00-14:00 頃 阪急バス有馬温泉停留所&案内所前解散 


参加費 2,000円 (保険料、コース・ガイド代含む) 


【“有馬三山の紅葉を見ながら登りハイキングで鍛えるファンセッション開催! Sky High Mountain Works Fun Trail Session スカイハイマウンテンワークス・ファン・トレイルセッション”の続きを読む】

出店者さまからの出品アイテム情報です!Mt.Rokko Outdoor Session 2010F/W 六甲山アウトドア・セッション 2010フォール&ウィンター

P8210692.jpg Mt.Rokko Outdoor Session 2010F/W

青空の下での秋のフリーマーケット・イベントSky High Flea Market。詳細はコチラ→ 

前回の春夏シーズンは約15ブースほどで、1,000人位の来場者数がありました。今回の秋冬シーズンは30ブースほどの約倍の出展数になりますので、かなり期待大ですよ!お宝GETは午前中が勝負です!みんなで盛り上げましょう!!

Sky High Mountain Works、白馬堂、Big Mountain、にゃみにゃみの4店はお店のオリジナル・アイテム、オススメ最新アイテム、特価品などと共に、店主らのユーズドアイテムも沢山出品しますので、こちらもご期待ください!ちなみに、Sky Highはデイナデザインなどの歴代レアものパックから、この秋冬に使えるウェア類、トレイルランニングシューズなども格安で沢山出品します。

飲食ブースもタコライス、タコス、スープのガッツリ系から、スコーン、ワッフルなどのスイーツ、コダワリのコーヒー&ティー、ビールまでバッチリ揃えてお待ちしていますので、このブログ見ている人は絶対来てよー。

天気は良さそうですが、明日あたりより冬型の気圧配置になるようなので、来場される方は防寒対策をバッチリしてきてくださいね。下界の街に比べると標高が上がるだけで、ここは5℃ほど下がりますし、風が出ていればさらに体感温度は下がります。長く居ようと思っている人ほどダウンなどの冬用ウェアを持ってきた方がベターです。もちろん、会場で買う気マンマンの方はそれでもいいですけどね(笑)

会場でお待ちしています!

会場周辺は、このイベントに参加される方以外にも、ハイキングや観光で来られている一般の方々もいらっしゃいますので、絶対に迷惑にならないようにお願いします!特に、ケーブル駅周辺のバス・ロータリーなどの無断駐車は絶対にご遠慮ください。会場内での事故、怪我なども、山と同じく自己責任になりますので、お気をつけください。

【“出店者さまからの出品アイテム情報です!Mt.Rokko Outdoor Session 2010F/W 六甲山アウトドア・セッション 2010フォール&ウィンター”の続きを読む】

FC2Ad