ハイキング+楽しそうなセクションのみラン&あったかいコーヒー付きのユルーいセッション平日開催! Hike & Run Session ハイク&ラン セッション

P6270008_サイズ変更 PA020009_サイズ変更 PA100040_サイズ変更  P6230068_サイズ変更
 
  

Sky High Mountain Works Hike & Run Session 

3月はショップ勤務の方や不動産関係の方のリクエストで水曜日の平日に設定しましたので、トレイルランに興味がある方々はぜひこの機会にどうぞ!

日頃、近くの低山ハイキングやトレッキングなどの山歩き、縦走をしている方、何か面白くて新しいスポーツを探している方など、ハイキングの延長として気軽に始められるトレイルランニングを始めませんか?六甲山を中心に、あまりメジャーではない他ハイカーが少ないオリジナル・コースで楽しくハイキングしながら、気持ち良さそうなポイントのみを走ったりとします。

このハイク&ランのセッションはSky Highのトレイルランイベントの中では最もゆったりしたペースで進むイベントで、普通に歩きのハイキングをされている方を対象としています。トレイルランニングには興味があったけど、体力の問題やランニングという言葉がどうも気にかかり、なかなか入り込めなかった人にぜひオススメしたい内容です。今後、トレイルランニングにずっぽりハマらなくても、ウルトラライトハイキング、スピードハイキング、ライトウェイトハイキングというキーワードに興味がある方には、ぜひ体験していただきたい。もちろん、男性だけでなくても女性でも問題なし!トレイルランニング、スピードハイキングの遊び方やコツ、ロードランニングとは違った山での走り方のコツ、効率の良い疲れない登り方、楽しい下り方の技術、ウェアリング・道具の使い方、ルールやマナーなどの話しを混ぜながら、ゆっくりしたペースで進みます。

トレイルランニングというと、登りも下りもすべて山道をノンストップで走り抜けるハードなイメージがありますが、実際はレースや自分を追い込むハードな練習は別として、登りはほとんど歩いたりして、長距離を走りきるため、楽しい平地や下りの走りのために体力などを温存しておきます。まず最初は、ハイキングにプラスして、自分で走りたいと感じる平地や下りを走るだけで十分楽しめます。シンドイと感じれば歩けばいいですし、面白そうな箇所は楽しく走り抜ける。自分の感性や本能で山を感じるだけ。Sky Highでは、このようにハイキングにトレイルランニング、岩登り、沢登りをプラスし、山登り+アルファーの「山遊び」という今の視点からみたミックス・スタイルのハイキングを提案しています。ファッションだけのアウトドアから一歩先へ、山の自然の楽しさ・厳しさを肌で感じましょう!
 

3月9日(水)

 8:00 Sky High Mountain Works 店前集合
                             12:00過ぎ頃 Sky High Mountain Works 解散

 参加費 2,500円(税金、日帰り障害保険、コーヒーお菓子代込)お釣りはありませんのでジャストでお願いします!

 


【“ハイキング+楽しそうなセクションのみラン&あったかいコーヒー付きのユルーいセッション平日開催! Hike & Run Session ハイク&ラン セッション”の続きを読む】

一度試したら癖になる!?女の子のための超軽量テクニカルドライレイヤー Finetrack / Floodrush Active Skin ファイントラック フラッドラッシュアクティブスキン

FUW0505.jpgFUW0505_sub_2.jpg  
 Finetrack / Floodrush Active Skin / Fit Bra / MS / S,M,L / 4,305 yen

FUW0506.jpgFUW0506_sub_1.jpg
Finetrack / Floodrush Active Skin / Bra Tank Top / MS / S,M,L / 4,200 yen

FUW0504.jpg  
 Finetrack / Floodrush Active Skin / Shorts / MS / S,M,L / 2,730 yen

女の子は男性と比べ体温を高める筋肉量が少なく、生理などでも体温が低くなるようで、冷え性の方も多いが、なぜか、アウターウェアなどは外見のカラーやフォルムなどを重要視するのに、一番大事なインナーウェアをあまりコダわらない方が多いように感じる。女の子の場合、雨や汗で濡れたときに寒くならないためには、男では着用しない(笑)肌に一番近いブラやショーツに何を着るかで山の快適さが格段に変わるはず。どの服よりも身に着けている時間が一番長く、素肌に最も近い下着だからこそ体温調節と体力消耗に影響が大きい為、このようなドライレイヤーで速攻で汗を乾かすことが大切。オーナー妻も愛用のこのドライレイヤーぜひお試しを!

カラーやフォルム、機能で言っても、フラッドラッシュアクティブスキンのフィットブラ&ショーツがオススメ!フィットブラやブラタンクトップはブラカップ付きで、水着のように着用でき、バストトップシルエットも気にならず、十分なサポート性をもっている。ショーツは36gの超軽量コンパクト仕様なので、泊りがけの山行や着替えの下着に最適。重くて肩が凝ったり、汗で寒くなる下着はグッバイしてまいましょ!  


【“一度試したら癖になる!?女の子のための超軽量テクニカルドライレイヤー Finetrack / Floodrush Active Skin ファイントラック フラッドラッシュアクティブスキン”の続きを読む】

2/17(木)- 18(金) - 19(土)はお休みです

IMG_3945.jpg    

 

2月のお休みは、1(火)- 2(水)・8(火)・17(木)- 18(金) - 19(土)・22(火)です。 

17-18-19日は連休です。20日(日)12:00より通常営業になります。 

春のレースに向けて走力アップを目指そう! Sky High Mountain Works Long Trail Session セッション参加者募集!

PB150017.jpg PB150047.jpg PB150055.jpg PB150065.jpg

  

Sky High Mountain Works Long Trail Sessio

ただ今、キャンセル待ちとなります

トレイルランニングをはじめているがどこを走っていいか分からない方、いつも同じコースばかりでマンネリ化している方、もっとトレイルランニングにハマリたい方を対象に、六甲山のメジャーではない(という事はハイカーが少ないって事です)おもろいトレイルをみんなで楽しんでしまおう!ってなノリのイベントです。マニアックなオリジナル・コースを、時にはハードにみんなでペースを合わせて楽しく走ります。   
 

これから春に向けて多くのトレイルランレースが開催されます。参加予定の方々も多くいると思いますが、今回は午前中だけのセッションをもう少しハードにしたLong Trail Session(笑)阪急王子公園からスタートして、青谷道経由で摩耶山へ。しばし展望を楽しみ休憩をし、徳川道から北&南ドントリッジ、高雄山、鍋蓋山を登り、最後はアップダウンの続く長い尾根のダウンヒルと最高に楽しいシングルトラックでゴール。20キロほどの厳しくも楽しいコース。みんなでペースを合わせながら、急登以外はスローペースででもなるべくジョグをして進みます。快適なシングルトラックや林道ラン、マニアックなおもろいトレイルで神戸に降りて行きます。いつもの午前中セッションよりは長丁場になりますので、休憩入れても6-7時間位は絶えず動ける体力のある方が対象になります。最後は温泉に入って汗を流して終了の予定です。

 
開催日 : 227日(日) 


集合時間 :  8:00 阪急王子公園駅 西口改札前集合 
 
解散時間 : 15:00 -16:00頃 
湊山温泉、三宮駅 解散

参加費   3,000  円 (保険料、コース・ガイド代含む)


【“春のレースに向けて走力アップを目指そう! Sky High Mountain Works Long Trail Session セッション参加者募集!”の続きを読む】

一年中使えるアークのハイブリッドインサレーション Arc'teryx / Atom MX JKT アークテリクス アトムMXジャケット

DSC00329.jpg DSC00332.jpg DSC00334.jpg DSC00336.jpg

Arc'teryx / Atom MX JKT / milo blue,lichen / M / 31,500 yen

廃番決定(泣)店頭、メーカー在庫ともMのみとなります。最後のチャンスです。

Atom-MX-Jacket-Miro-Blue.gif Atom-MX-Jacket-Lichen.gif

昨年から大人気のAtom LT Hoodyだが、実はその人気で影を潜めながらも、コアユーザーに絶大なる人気のモデルがこのAtom MX JKT。アトムシリーズお馴染みのアーク独自化繊素材コアロフトを使用しているのは同じであるが、その構造が実にユニークで、軽量にとことんコダワリ、ハイキングからバックカントリースキー&スノーボーディングに非常に使える便利なインサレーションとなっている。フリースなどのミッドレイヤーと比べると圧倒的な軽さとコンパクトさで、嵩張るフリースを持って行くより、非常にコンパクトになるこのようなインサレーションを持って行った方が遥かに軽量化につながり、小さいバックパックで行動できる。特に、寒い時期のトレイルランニングの最初のウォーミングアップ時には超便利。バックカントリーのハイクアップや行動中には、汗をかいたりしても、ダウンとは異なり水分にはめっぽう強い化繊なので、ミッドレイヤーとして絶えず着用することができる。

DSC00338.jpg DSC00340.jpg DSC00341.jpg

街などではアウター使用が多いが、気温が低くなるアウトドア使用時となると、このAtomシリーズは中間着として非常に役に立つアイテムとなる。腰部分から上にかけて脇の下の側面に高い吸湿発散性や運動性、耐摩耗性、耐風性を持ったPolartec Power Stretch with HardfaceをAtom LT JKT & Hoodyと同様に、このMX JKTも使用しているが、このMXはさらに中間着の機能性をアップさせるために前腕部分にまで使用おり、着用時でも恐ろしいほどの機動性が得られ、中でこもった汗や湿気を速く外に放出してくれる。


【“一年中使えるアークのハイブリッドインサレーション Arc'teryx / Atom MX JKT アークテリクス アトムMXジャケット”の続きを読む】

着替えのインナーに最適な超軽量コンパクトで嵩張らないボクサーショーツ Finetrack / Floodrush Skin Mesh Boxer Shorts & Active skin Boxer Shorts

laytop_bg01.jpg  

日本国内ではコアなアウトドア・ユーザー層にはほぼ広まってきたファイントラックではあるが、アイテム選びが難しいという意見を多く聞くので、超オススメのボクサーショーツをもとに、同社の主力アイテムである撥水性ドライレイヤーの選び方についてご説明!

FUM0404.jpg 

Finetrack / Floodrush Skin Mesh / Boxer Shorts / black / S,M,L,XL / 3,360 yen

真冬以外、発汗量が多いランニング&バイク、ハイキング向けの36g(Mサイズ)の軽量ボクサーショーツ。ハンパない軽さとコンパクトさなので軽量化を重要視する縦走やトレイルランニング時の着替えに持って行くと便利!

こちらは主に陸上のアクティビティ向けのドライレイヤーで、これ単体では人前には恥ずかしくて出られないほど(笑)の薄いメッシュ状の構造で身体にソフトにフィットしてスムースに汗抜けするのが特徴。生地自体に厚みを持たせて保温性を持たせるのではなく、かいた汗による濡れを感じさせない効果を持った世界でも唯一の新発想のベースレイヤー。関西の真夏の低山着用時にはオススメしないが、それ以外では暑過ぎず、それでいて肌をドライに保ってくれるので汗冷えにより寒くならず、非常に幅広くオールシーズンに様々なアクティビティに着用できる。春夏秋のハイキングやトレイルランニング、クライミング、バイクなど、より多くの汗をかくときに最適。UL系の軽さ重視の山行時の着替えなどにもバツグン! 


FUM0504.jpg   

 Finetrack / Floodrush Active Skin / Boxer Shorts / GS / S,M,L,XL / 3,465 yen

真冬や寒い時期のハイキング、ランニング&バイク、スキー&スノーボードなどの保温性を重要視する時の37g(Mサイズ)の軽量ボクサーショーツ。寒い時期でも汗をかくような営業仕事、倉庫作業、建物と外の出入りが激しく、温度差により汗をかくような普段の仕事、旅行にも大活躍してくれる。もちろん、ハンパない軽さとコンパクトさなので軽量化を重要視する縦走やトレイルランニング時の着替えに持って行くと最高!

こちらは夏の沢登り、カヌー&カヤックなどのウォータースポーツにも適応する水陸両用のドライレイヤーで、身体にピッタリフィットで適度な心地良いストレッチが特徴。スキンメッシュより若干厚みがある網目の細かい生地で、カラーや柄もストライプなので、こちらは人前に出ても可愛らしく着こなせる(笑)生地自体がある程度保温性を持っており、寒い冬場や標高が高いところなどで薄着で、もう少し保温性が欲しいというような状況下に最適。また、Tシャツやロングスリーブなどはハンパない軽量コンパクトさなので、もしもの時の着替えや保温着としてパックに入れておくと便利。もし、ベースレイヤーが汗で濡れていても、その濡れたベースレイヤーの下にドライなアクティブスキンの着替えを着てしまえば、寒さも吹き飛ぶし、その後の行動中で濡れていたベースレイヤーも乾いてしまう。冬場のハイキング、汗もあまりかかない寒さでのLSDやジョギング、トレイルランニング、ストップ&ゴーのバックカントリースキー&スノーボーディング、クライミング、バイクなどに最適。

寒い季節もメリノウールであれば五本指ソックスが快適! Injinji / Outdoor Quarter &Crew インジンジ アウトドア クオーター&クルー

画像 185 画像 186

Injinji / Outdoor Series

Sky Highでは大定番のテクニカル5本指ソックスinijinji(インジンジ)。独自のAIS technologyで設計され、Injinjiが専売権を持つハイクオリティなオーストラリア産メリノウール「Nuwool」を使用したOutdoor Series。メリノウールの特徴である肌にチクチクせず、優れた吸湿力や抗菌・消臭機能、温度調節を兼ね備えている。ランナーに人気のインジンジのPerformance Seriesは化繊のクールマックスを使用しているので、どちらかというと暑い季節や短時間のトレイル&ロードランニングに適しており、こちらのメリノウール仕様は寒い季節などに、一日ずっと履き続ける日帰りのハイキング、数日間の縦走、オフロードでの長時間のトレイルランニングなどに適している。指が独立した5本指なので、非常に足裏感覚があり、力が入れやすく無雪期のトレイルランニングにかなりオススメ!もちろん、スピードハイキングやハードなランニングでも通常のソックスと比べたら5本指ソックスの蒸れ感や快適さは雲泥の差。まだ、試したことがない方はぜひどうぞ!ローカットシューズ向けのクオーター、ミッド&ハイカット向けのクルーの2種類あり。


【“寒い季節もメリノウールであれば五本指ソックスが快適! Injinji / Outdoor Quarter &Crew インジンジ アウトドア クオーター&クルー”の続きを読む】

FC2Ad