手持ちのヒップパックの容量を拡張できる便利なポケット Terranova / Zip Pocket テラノバ ジップポケット

DSC01537.jpg DSC01540.jpg DSC01533.jpg DSC01536.jpg

Terranova / Zip Pocket / 3,675 yen

テラノバのパックに関わらず、他ブランドでも、手持ちのヒップパックやバックパックのウエストベルトやショルダーベルトに装着可能な2個一組の便利なポケット。片方15gの超軽量仕様で止水ジッパーを使用しているので小雨や汗くらいの濡れなら問題なし。フロント部分にポケットがない愛用ヒップパックなどに、コレを取り付ければ、すぐにケータイやデジカメ、エナジージェルなどが取り出せるようになるので非常に便利。

DSC01529.jpg DSC01531.jpg

取り付けはスリーブにウエストベルトやショルダーベルトに通して、あとはループなどにベルクロで固定。ハードな動きを要するトレイルランニングなどは、テラノバ以外のメーカーのパックなどは、個人で細引きなどで補強した方がベター。



【“手持ちのヒップパックの容量を拡張できる便利なポケット Terranova / Zip Pocket テラノバ ジップポケット”の続きを読む】

今週末の日曜日に開催! 山と道 Exhibition Tour 2012 Summer

山と道 
山と道 Exhibition Tour 2012 Summer

下記の日程にて山と道の展示会を開催致します。山と道 Exhibition Tour 2012 Summerでは、新商品の小型バックパックMINI、マイナーチェンジを行ったU.L.FlamePack ONEを展示する他、山と道商品の販売を行います。

43187231_th.jpg 43191670_th.jpg

当日はその場で購入できるレアなカラーのサコッシュやマットも持って来られるそうです!気になる人は早めにお越しいただき、山と道さんのアイテム最新情報や旅のお話で盛り上がってください。特に、日本の小柄な女性の身体にフィットしたバックパックというのはなかなか輸入モノだと無いだけに、この快適な背負い心地の山と道さんのバックパックは色目もカラフルで可愛らしいですし、非常にオススメ!

*大変おまたせしました展示会の開催にあわせてバックパックの受注も開始致します。今回からお手数ではございますがご注文はオンラインショップを通じて行わせていただきます。予約などは必要ございませんので、ご興味あるお客様ぜひお越しください。

MINI_商品写真2

2012年5月12日(土) 12:00~20:00 
Hiker's Depot
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀4-15-33 日生三鷹マンション2F
*14日(月)、16日(水)、17日(木)の三日間製品のみの展示を行います。

2012年5月19日(土) 12:00~19:00 
GROOVISIONS
東京都世田谷区下馬 5-34-7 GRV co.,Ltd.

2012年5月27日(日) 12:00~19:00 
Sky High Mountain Works
〒659-0083 兵庫県芦屋市西山町11-6 2F
スカイハイマウンテンワークス・ショウルーム(お店の隣)


2012年6月02日(土)12:00~20:00 
moderate
〒510-0884 三重県四日市市泊町2219 タイズビル 2F-3F

待望の新商品の小型バックパックMINI ONEを引っさげて、あの山と道さんがまたSky High Mountain Worksで展示会を開催します。ご興味ある方は今から予定に入れてくださいね!スカイハイマウンテンワークスの営業時間と同時間で2Fショールームにて開催します。もちろん、Minimalist Padなどの販売もありますのでぜひ狙っていた人はこの機会にどうぞ!


5月17(木)-21(月)お休みです & 5月のお休み

IMG_5459.jpg

5月のお休みは、8(火)-9(水)、17(木)-21(月)、29(火)です。

22(火)は、Luna Sandals Exhibition of Barefoot Tedのイベントと共にお店は17:00-21:00の時間で変則営業します。会社帰りにでもぜひお越しください!

main_text.png

17(木)-21(月)の期間は、富士山の周りを100マイル(約160キロ)一周するトレイルランニングレースUTMF&STYへ参加するためお休みです。

17(木)-21(月)の期間は、電話、FAX、メールの対応もできません。

この過酷なレースの模様がNHKで特集番組として放送決定!自分も含めSHMWへご来店されているお客様も数多く出走されるので、ぜひご覧ください。

UTMF156キロ、48時間のレースに完全密着するドキュメント番組
「激走!富士山一周 ~ウルトラトレイル・マウントフジ~」(仮)がNHK-BS1で放送予定。

6月15日(金) 第1部 夜11:00~11:50
         第2部 深夜0:00~0:50



テント泊初めての方向けのユルいライトウェイトハイキング Lightweight Hiking Trip 

IMGP4361.jpg IMGP4372.jpg IMGP4306.jpg IMGP4373.jpg

 

Sky High Mountain Works Lightweight Hiking Trip


この日程の一週前にSky High Meeting-Lightweight Hiking-と題して座学をしますが、その実地編ということで、新緑の山へ泊まりがけのハイキングトリップをします。これまでにSky Highでテントか寝袋のどちらかをご購入いただいた方、この日までに購入を予定している方向けの感謝企画となります。対象は、普段からハイキングをしていて、テント泊の装備を持っている方、またはこの日までに購入予定の方。軽い装備でハイキングしましょう。場所は奈良県に位置する台高山脈の明神平となります。気持ちの良い沢沿いのトレイルを登り、途中、明神滝を見て、明神平まで頑張れば天然の美味しい水場でリフレッシュ。ゆっくり休憩入れて歩いても3時間もあれば到着となり、そこでお楽しみのテント泊をします。みんなでじっくりテントを張ってから、後は自由行動です。周辺の散策やトレイルランニングシューズを持って来て走ってもいいですし、写真を撮るも良し、美味しい湧き水で優雅にコーヒーやお茶でアフタヌーンティーもオススメです。夜は星空を見ながら、みんなで美味しい夕食を食べて、翌日は午前中に周辺をハイク&ラン体験をしてから、午後には下山予定です。ハイキング後は川沿いの気持ち良い温泉が待っています!

 

山が一番きれいに新緑の色づく季節です。みんなで楽しくのんびりと歩きましょう!自分の力で自分の衣食住をすべて背負い山を自由に駆け巡ることほど面白いものはありません。これだけ、テントやバックパック、寝袋の軽量化が進んでいる時代です。ちょっしたコツさえ掴めば、もう混雑した山小屋に泊まる必要はありません。ぜひ、この機会にテント山行実践してみて!やってみると、全然難しいことではありませんよ。 

中止となりました。

日程 : 6月9日(土)-10日(日)


参加条件 : Sky High Mountain Worksでテントまたは、寝袋を購入した方
       普段からハイキングをしている方

コース : 一日目 芦屋川→大又駐車場-明神平
       二日目→明神平-桧塚奥峰ハイキング-大又-やはた温泉-芦屋川 


ガイド : 北野 拓也


料金 : 3,000 yen 

(税込、ガイド料、二日間のハイキング時のみの日帰り傷害保険料込み)

 


【“テント泊初めての方向けのユルいライトウェイトハイキング Lightweight Hiking Trip ”の続きを読む】

テント泊や荷物の軽量化に興味がある方へ 2012 Sky High Meeting - Lightweight Hiking - スカイハイミーティング ー ライトウェイトハイキング ー 

P8190275.jpg DSC04016.jpg DSC04038.jpg DSC04056.jpg 

 
Sky High Meeting  - Lightweight Hiking - ライトウェイトハイキング -

ただいまキャンセル待ちとなります。

昨年秋に開催して好評だったファストパッキングミーティングですが、今回はもう少しソフトなライトウェイトハイキングに焦点を当て、荷物を軽量化してより遠くへ進む山行の過程を楽しむライトウェイトハイキングについてのミーティングを開催します。この夏、山で寝てみたいと思っている方や、荷物の軽量化に興味がある方はぜひご参加ください!

日帰りのハイキングをやっていたり、トレイルランニングで山を走っている人などはいずれは山で泊まってみたいと思っている方も多いはず。山で泊まるスタイルは、訪れる季節、同行するパーティなどで様々ではあると思う。彼氏彼女や夫婦で行くゆっくりペースの山行、友達同士の大勢の鍋を持ってのご飯やお酒メインの山行、途中で岩登りや沢登りを含めた道具が多くなるハードな山行、トレイルランニングを交えたファストパッキングなど、山で泊まると言っても実に多種多様なスタイルがある。

バックパックが大きいから、使うか分からなくても心配だから、保険をかけてと言って、あんまり考えずに大きいパックに多くのアイテムを詰めんこんで山へ行っていたら、山頂へは到着したとしても、山を進む途中の過程においては、荷物が重くて快適に歩いたりすることはできない。Sky Highでは、自分自身の体力や経験をよく知り、それに基づいて、自分の必要最低限のアイテムを選び出し、装備をライトウェイトにすることで山の山頂を目指すピークハンティングだけにとどまらない、山の途中の過程を楽しもうというスタイルを提案している。「快適さ」「軽量化」とは相反するものであるが、この度合いを決めるのがその時々の目指す山行形態と自分自身。今までの自分の山行の内容をふまえ、テント、寝袋、マットなどの幕営道具、バックパック、食、救急、歩くなど実際の道具をお見せしながら装備の軽量化のテクニック、コツ、軽量化をすることでどんなメリットが出てくるのかをお伝えします。ウルトラライトハイキングという言葉もありますが、ウルトラライトとなるとストイックさも増し快適さは失われていくので、まずは今回はライトウェイトをキーワードにお話しします。これから泊まりの山行をやってみたい方などはぜひお越しください。


日時 : 6月2日(土)20:00- (15分ほど前から入場可能)2-3時間ほど
    
場所 : Sky High Mountain Works 2F Show Room(お店隣りの部屋にて) 

参加費 : 1,000 yen (水やドリンクなどは各自ご持参ください)

スピーカー : 北野 拓也  


いつもブログをチェックしていただいている方に、先着順で15人前後完全予約制でやります。参加希望の方は、お早めに電話で予約をお願いします。

TEL : 0797-34-3299

 

最高級メリノウール仕様の親指の機能を発揮させる足袋ソックス Superfeet / SF V-Socks スーパーフィート SF-Vソックス

DSC01972.jpg DSC01976.jpg DSC01980.jpg

Superfeet / SF V-Socks / oatmeal / S,M,L / 2,940 yen

S:22.0-24.0㎝、M:24.5-26.5㎝、L:27.0-28.5㎝

twitterで先行つぶやきしていた長距離向けのオススメ足袋ソックスがついに入荷!

SHMWでもオススメしているUSAのインソールメーカーSuperfeet(スーパーフィート)だから作れる親指の機能を最大限に引き出す足部バイオメカニクスから生まれた足袋ソックス。足の第一列(第一中足骨から親指に至骨格)は独立した可動域をもち、足の機能発揮に重要な役割を担っている。多くの荷重のかかるトレイルランニングやハイキングやトレッキング、下りなどで親指の踏ん張りが大切なフットパフォーマンス向上のために開発されたのがこの足袋型ソックス。

素材には厳選したニュージーランド産の最高級ファインメリノウールを使用。長極細ウール糸をさらに紡いでいることで、肌に優しくチクチクするイッチー感が全くなく、糸自体が弾力性に富んでいる。もちろん、ウール本来の天然素材の保温性や適度な吸湿性、長時間使用での嫌な臭いを減少させる抗菌機能が素晴らしい!

IMG_8663.jpg IMG_8661.jpg IMG_8665.jpg IMG_8664.jpg

【“最高級メリノウール仕様の親指の機能を発揮させる足袋ソックス Superfeet / SF V-Socks スーパーフィート SF-Vソックス”の続きを読む】

90gの軽量コンパクトなピロー登場! Klymit / Cush クライミット クッシュ 

DSC01240.jpg DSC01243.jpg DSC01246.jpg DSC01247.jpg 

Klymit / Cush / 2,730 yen

クライミット社から折り畳む事により高さの調整が可能なピローが登場!僅か90gの手の平サイズでコンパクトに。イヤーポケットがある事により、横を向いて寝た時に違和感なく快適な安眠ができる。

重量:90g
サイズ:73×20㎝
素材:トップ50D4方向ストレッチポリエステル、ボトム75Dポリエステル

DSC01250.jpg

バルブに1-2回息を吹き込むだけで必要な厚みを得る事ができる。


【“90gの軽量コンパクトなピロー登場! Klymit / Cush クライミット クッシュ ”の続きを読む】

UTMF&STYの携帯トイレにどうぞ! 高吸水性樹脂(吸水性ポリマー)

DSC01939.jpg

高吸水性樹脂(吸水性ポリマー)10g×2 二回分 / 100 yen

たった1gで水300ml以上を吸水する高吸水性樹脂。人体に無害なアクリル酸重合物ナトリウム塩を主成分とする非常に高い吸水能力を持つ素材。大人用の紙おむつの吸水部、芳香剤の担体などに使用されており、簡易トイレの吸水剤として広く知られている。自重の約500倍の水を吸い込んで球状に膨らむ。

小便や大便に直接かけると吸水作用が瞬時に始まり、1分ほどで凝固状態になる。その後は犬の糞を拾う要領でビニールで掴み取り、最後は厳重にジップロックなどに仕舞い込んでバックパックで持ち運べばOK!

取り扱いの注意点
直射日光、水漏れ、湿気に注意!人体には無害だが、目に入った場合は直ちに洗顔。飲み込んだ場合は速やかに多量の水や牛乳で吐くこと。

廃棄は「可燃ゴミ」として廃棄できるので楽チン。

DSC01943.jpg

UTMF&STYの携帯トイレのレギュレーションとしては、この吸水性ポリマーニ回分の他に、凝固した便を拾うビニール、バックパックで漏れないようにするジップロックやコンビニ袋かなんかをセットで持てば完璧!重量も20数gと、市販の携帯トイレセットより、かなり軽量化できるし何より嵩張らないはず。

限定25セットのみの販売につきお早めに!


これからの日差しの強い季節に活躍するアークらしいハットが登場! Arc'teryx / Sinsolo Hat アークテリクス シンソロハット

DSC01070.jpg DSC01066.jpg DSC01068.jpg DSC01065.jpg
sinsolo1059.jpg DSC01061.jpg DSC01055.jpg DSC01057.jpg    
 
Sinsolo-Hat-Calico.gif Sinsolo-Hat-Light-Carbide.gif Sinsolo-Hat-Tarmac.gif

Arc'teryx / Sinsolo Hat / calico,light carbide,tarmac / S-M,L-XL
4,830 yen

とにかく他ブランドのハットを寄せ付けない34gという軽さが素晴らしい!視界を妨げない適度な長さのつばが長時間でのアクティビティ時の強い日差しを防いでくれる。キャップとは異なり、この手のハットは首もとの日焼けも防ぐので長時間ハイキングでの熱中症対策にもなる。ハットの周囲を覆うつばのブリムがいかにもアークテリクスらしく美しい作りで、ラミネート技術により表側lからは縫い目が見えないようにクリーンなフォルムとなっている。お馴染みのリフレクティブ仕様のバードロゴも主張し過ぎずシンプルでグッド!つばのブリムはクルクル巻いたりしてパックしてもシワがつきにくく形状復帰に優れており、非常にコンパクトになり山や旅行に便利。素材はNylon/Spandex blendなので、軽いのに耐久性に優れ、おまけにこれまたアークお得意のDWR撥水加工が施されているので、多少の雨ではビクともせず低山や里山ハイキングなんかではある程度までレインハットとしても使える。

DSC01072.jpg

内側には汗を吸い込んで垂らさないようにエラスチックヘッドバンドがきちんと仕込まれている。


【“これからの日差しの強い季節に活躍するアークらしいハットが登場! Arc'teryx / Sinsolo Hat アークテリクス シンソロハット”の続きを読む】

FC2Ad