人気のオールシーズン指切りグローブが再入荷! Salomon / XT Wings Glove WP

DSC05174.jpg DSC05170.jpg DSC05157.jpg DSC05159.jpg  

Salomon / XT Wings Glove WP /XS, S,M / 4,000 yen+tax

トレイルランニング、クライミング含めハードなマウンテンランニング、アップダウンの多いマウンテン要素が濃いレースに最適なグローブが再入荷!手が小さい女子向けのXSサイズも入荷!木を握るようなハードなアップダウンでも木のとげ気にせず走れ、雨後のぬかるみでも手の平をついても大丈夫!ポールを使用する時でも、滑り止めになってよくポールがグリップしてくれるようになる!指を被せるシェル素材の見直しで、より撥水性能がアップされ、親指までも被せられるようになっている。

DSC05158.jpg

手の甲側の半分はランニング時でも蒸れないようにオープンメッシュとなっており、横側には汗や鼻水拭き用のパイル地が広い面積に渡ってついているのでかなり便利。一番重要な手の平側には、転倒時でも手をついても大丈夫なように下部にパッドが付き、全体を滑り止めのグリップ力が大変良いシンセティックレザーが付いている。指も動かし易いように立体裁断されているので、切れ目の部分は通気性が良く、ポールが非常にグリップし易い。コレでポールを持ってしまうともう素手は考えられないほど快適。見た目はイカついフォルムなんで、夏の暑い日なんてと思うかもしれないが、メッシュが多く使用されており、乾きも速いのでずっと装着していても全く気にならない。木や岩を掴んだ時や転倒時などの手の皮の保護になるし、何より安心感が違うので、寒い日以外にもオールラウンドに使用できる。また、昨シーズンのモノより、手の平の指の付け根にプリントしてある黄色の↑部分を引っ張れば簡単に着脱できるようになり、細かいポイントがよりトレイルランニングを考えてアップデートされている。


【“人気のオールシーズン指切りグローブが再入荷! Salomon / XT Wings Glove WP”の続きを読む】

再入荷!安心して山の谷水が飲める軽量携帯浄水ボトル Seychelle / Survival Plus セイシェル サバイバルプラス


img.jpg 
IMG_5283.jpg IMG_5284.jpg IMG_5292.jpg IMG_5297.jpg

Seychelle / Survival Plus Water Filtration / 7,000 yen+Tax

これまでにも多くの携帯用浄水器は各メーカーから作られてきたが、これほど手軽に使えて軽くてコンパクト、かつコストパフォーマンスに優れた携帯浄水ボトルは他には見当たらない!アメリカの浄水濾過のパイオニアメーカーであるセイシェルはココナツ活性炭ベースのフィルターで、これが細胞や化学物質を除去してくれる。また、この新しいモデルについては、なんと、東日本大震災の原発事故から気になる放射性セシウムも99%除去してくれる。アメリカレスキュー部隊はもちろん、イギリス軍海軍、国際赤十字などで採用され世界中で信頼されている。

point_img4.jpg

使い方は超簡単!いつも使用しているウォーターボトルやバイクボトル同様、蓋を開けて、ボトルに水を入れて、ボトルを押し出して出て来たクリーンな水を飲むだけのイージーさ。また、従来モデルには無かった嬉しい機能として、バイトバルブ脇に空気を抜く弁が付いたので、浄水後の空気抜き時間が短縮され、よりクイックに水が飲めるようになった。粘土質の茶色の水も濾過できるほどの高性能ではあるが、あまりに汚い水だとフィルターが目詰まりする恐れがあるが、水道水や雨水であれば約380㍑分も濾過ができる!1日1㍑毎日濾過しても余裕で1年以上は保つ計算になるので、いつもの山行以外にも、地震などの災害時用にいつも持ち運びたくなるほどのボトル。

【“再入荷!安心して山の谷水が飲める軽量携帯浄水ボトル Seychelle / Survival Plus セイシェル サバイバルプラス”の続きを読む】

まだ空きあります!USAトリップ Sky High Meeting -Talkin' about Scrambling of USA-

IMG_1309.jpg IMG_1322.jpg IMG_1456.jpg IMG_1489_2014081514205460b.jpg IMG_1491_20140815142056873.jpg IMG_1556.jpg IMG_1618_201408151421307d9.jpg IMG_1737.jpg IMG_1831.jpg IMG_1975_20140815142134b3e.jpg IMG_1986_201408151422257d8.jpg IMG_2026_20140815142227df1.jpg IMG_2032_20140815142228b08.jpg IMG_2153.jpg IMG_2176_201408151422311ba.jpg IMG_2240.jpg IMG_2297.jpg IMG_2450_201408151423058c0.jpg IMG_2491.jpg IMG_2496_201408151423094cc.jpg IMG_2607_20140815142335839.jpg

Sky High Meeting
- Talkin' about Scrambling of USA and Ouray100 mile race-

緊急開催!毎度、緊急で申し訳ございません(笑)今回はここ数年日本で手探りながら活動してきたScrambling(スクランブリング:攀じ登る)のカルチャーを探るべくUSAコロラド州Boulder、ユタ州Wasatchの岩山エリアを登りまくってきました。旅の前半はBoulder在住のJoe Grantと共にBoulderのクライマーの聖地でもあるFlatiron周辺、4,000m級のLongs Peakに行き、日本では考えられないスケールのデカいスクランブリングを実践。後半はOurayというHardrock100で有名なエリアで初開催されたOuray100mileレースの参戦、ユタ州ワサッチ山脈Olympusでのスクランブリングと充実のUSAマウンテンランニングトリップでした。どんなテクニックや道具を要するのか、クライミングとの異なる点など、日本に居ては分からないことが、今回のトリップで体験でき、カルチャーやコミュニティを知れたことはこれからのプロショップの方向性、自分自身のアウトドアライフスタイルの目指すべき方向が考えれたことはお金にはかえれない素晴らしい経験となった。スクランブリングはトレイルランニングをしていても、すぐにできたり、やれるスタイルの遊びではなく、むしろクライミングの登攀技術が一番重要視されるので、誰にもお勧めできるものではない。落ちたら完全に死を意味するのでマウンテンランナーが目指すネクストレベルのスタイルとも言える。きちんとした本チャンでの岩場クライミング技術習得をした上でのスタイルであり、時間がかかるのもそれはしょうがないし、それが楽しいものでもあるし、やりがいがあるってもの。生の情報を多くの写真と共に皆さんにシェアし、まだ未体験のマウンテンランナーの将来的な目指すスタイルになってでももらえたら嬉しく思います。スクランブリング、100mileレースとDEEPな部分に突っ込んでお話しします。好きな方はぜひお越しください!今回のトリップで訪れた場所が沢山出て来るフィルム「In the High Country」を30分ほど観てから、スライドショーを開始しますので、スライドショーから参加する方はその旨を申し込み時にお伝えください。

日時:2014年8月22日(金)20:00-  「In The High Country」上映
             20:30- スライドショー開始

場所:Sky High Show Room 2F

参加費:500 yen

定員:12名(先着順で、それ以上はちょいと座り心地は悪くなりますが、立ち見でよろしければ)

スピーカー:北野 拓也 

予約申し込み:Sky High Mountain Works
                         TEL 0797-34-3299

スライド&トークショーSTART前には ↓ コレを上映会します!




8月のお休み

IMG_0206.jpg

8月のお休みは、4(月)-5(火)、11(月)、18(月)-19(火)-20(水)です。


ファストパッキングに興味がある方はぜひ! Sky High Meeting - Fastpacking or Bivouc Style -

P8170079.jpg P8180135.jpg P8180248.jpg P8190379.jpg 

IMGP3362.jpg IMGP3426.jpg IMGP3433.jpg IMGP3475.jpg  

 

Sky High Meeting  - Fastpacking or Bivouc style - ファストパッキング or ビバークスタイル -

夏休みの連休、9-10月にかけて多くの連休がありますが、オーバーナイトの山行を予定している方は多いかと思います。11月に開催される宿泊を含めたOMMレースなどエントリーはしてみたものの、どういう風にビバーク練習をしていったらいいのか分からないという方など。ストイックなファストパッキングスタイルや、少しラグジュアリーなキャンピング自体を楽しむスタイルなど、山の中で宿泊すると言っても様々なスタイルがあります。荷物を軽量化してより遠くへ進む山行の過程を楽しむコツや楽しみ方についてお話しします。この夏から秋、山で寝てみたいと思っている方や、荷物の軽量化に興味がある方はぜひご参加ください!


山好きなハイカーやランナーらいずれはやってみたい方も多いと思うが、できるだけ少ないミニマムな装備で軽量テントなどで快適さも取り入れ、ハイキング+ランニングというペースで長い距離を駆け抜けるファストパッキングという山行スタイル。また、ほぼエマージェンシー的なツェルトやビビーのみを持ち、あくまでもランニングという走る行為を重点にし、途中は仮眠のビバークスタイルで長距離を走り抜ける。どちらも似ているスタイルであるが、「快適な宿泊」「簡易的仮眠」と道具や装備は微妙に相反するスタイル。これから、このような宿泊を混じえたスタイルであくまでも個人で、山頂を目指すだけではなく、自分で決めた山のポイント毎に移動して「過程」の楽しさに重点に置きたいと思っている方。時には歩いたり走ったりと山を長時間、長距離進みたい方向けのミーティングを行います。今までの自分の山行の内容をふまえ、幕営道具、食、救急、歩く&走るなど実際の道具をお見せしながら装備のお話やテクニック、コツをお伝えしたいと思います。これからライトウェイトな泊まりの山行をやってみたい方や、経験者で質問がある方などはぜひお越しください。


日時 : 8月23日(土)20:00-  2時間半ほど
    
場所 : Sky High Mountain Works 2F Show Room

参加費 : 1,000 yen (水やドリンクなどは各自ご持参ください)

スピーカー : 北野 拓也  

会場のスペースの関係上、人数があんまり入りません。今回はこれから初める方や軽量化に興味がある方に聞いていただきたいので、今までのミーティングに参加されている方以外で宜しくお願いします!

いつもブログをチェックしていただいている方に、先着順で15名前後完全予約制でやります。参加希望の方は、お早めに電話で予約をお願いします。

Sky High Mountain Works
TEL : 0797-34-3299



これぞ究極の最新型次世代ハンドハイドレーションシステム! Salomon / Sense Hydro S-LAB Set

salomon_sense_hydro_s_lab_glove.jpg

Salomon / Sense Hydro S-LAB Set / S,M,L / 4,900yen+Tax 30%OFF→ 3430yen+Tax
グローブ左右ペア販売+237mlソフトフラスク付属
9/15現在在庫 Sサイズ×3個
M、Lサイズは完売

サイズの目安ですが、通常の男性ですとほぼ大体がMサイズ、Sサイズは女性や小さい手の方、手が大きい方や厚みがある方はLサイズとなります。

今までにないこれまた画期的なハイドレーションの解決策で、サロモンが開発した革新的なハンドボトルに変わるウォーターキャリングシステム。写真の通りソフトフラスクを手の平でホールドする独自のシステム。これまで長年に渡り、ハンドボトルシステムが広く知られていたが、このソフトフラスクを使うことによって、ランニング中のボトルの水分の重さによる身体のバランス低下を防いでくれる。また、ゴムで絶えずフラスクを固定し押さえてくれるので、手の握力によりフラスクを持たなくても良く、その分の疲労軽減もしてくれる。

DSC04278.jpg DSC04280.jpg DSC04283.jpg DSC04285.jpg

グローブの白い部分は汗拭き用のタオル生地になっており、ソフトフラスクと手の平の間には、フィット感と速乾性を重視したオープンメッシュ素材を使用。赤いゴムベルトがソフトフラスクを固定するためのバンドとなっている。

【“これぞ究極の最新型次世代ハンドハイドレーションシステム! Salomon / Sense Hydro S-LAB Set”の続きを読む】

再入荷!人気のブラックダイヤモンド・シェルターのファーストライト、ハイライトどちらを選ぶ? Black Diamond Shelter / Firstlight & Hilight ブラック・ダイヤモンド・シェルター ファーストライト & ハイライト

BD80030L2.jpg
画像 097 画像 093 画像 100 画像 112 steve 2

 

Black Diamond / Firstlight / 43,000 yen + Tax


パタゴニア・アルパイン・アンバサダーのスティーブ・ハウス愛用モデルのファーストライト。様々なブランドのテントがある中、二人用で4シーズンも使える軽量・コンパクトを徹底的に追求した2人用シェルターの中では最もバランスの取れたモデルと言える。フォルムもシンプルな作りの分、設営もポール2本を受けに差し込んでから、クロスして内側から立ち上げるだけのシンプルさで非常にイージー。雨天時もまずは、テント本体を地面に広げてから潜り込んで、ポールを立ち上げるだけなので濡れずにすむ。ボディーは極めて通気性に優れ、且つ超撥水性も併せ持つNANOシールドファブリックを使用。フロアーはシリコン・コーテッド・ナイロン・リップストップを使用しているので、軽量化と共に高い防水性を確保している。後記のハイライトと比べ、高さが5cmほど高いので、身長の高い方や女性の着替えなどには快適でオススメ!この居住空間は国産テントでは絶対ありえない広さ。ハイライトは半メッシュ構造であるが、こちらのメイン・ドアはフル・メッシュで、後方にもベンチレーションの窓があるので通気性も高く、夏の使用時も快適。本体とポールを合わせた重量はわずか1.28kg。軽量化最優先かつ、快適居住空間が欲しい山行にバッチリ!

 

■就寝人数: 2人
■総重量: 1.50kg(テント+ポール=1.28kg)
■サイズ: 奥行き=208cm、幅=123cm、高さ=107cm
■フロア面積: 2.5平米
■収納サイズ: 15×23cm
■素 材: キャノピー=エピック、フロア=30Dシルナイロン


別売りでベスティブル(前室)16,000yen+Taxも販売しています。


【“再入荷!人気のブラックダイヤモンド・シェルターのファーストライト、ハイライトどちらを選ぶ? Black Diamond Shelter / Firstlight & Hilight ブラック・ダイヤモンド・シェルター ファーストライト & ハイライト”の続きを読む】

FC2Ad