本日最終日!!パワーフーディをはじめ人気のHOUDINIアイテムが店頭展示で購入可能!

logo_houdini.jpg  start-houdini-jp10_6050.jpg start-houdini-jp-1_9075.jpg houdini-msc9loftjacket_1221.jpg

IMG_6150.jpg IMG_6151_20141120183716798.jpg IMG_6152.jpg IMG_6153.jpg IMG_6149_201411201837144b8.jpg

11/30(日)までHOUDINI一番人気のPower Hoodyの男女各カラー&サイズ、Outright Hoody、Polartec ALPHAを使用した蒸れないインシュレーションC9 Loft Jacket、Primaloft ONE使用の最強に温かいDunfriなど、他にもToasty Hat Heather、High Loft Magic Mitts、ド定番Power Wrist Gaiters各色のアクセサリー類など、今シーズン一押しのHOUDINIアイテムが満載!昨晩のHOUDINI NIGHTに参加できなかった方、ぜひお店で実際に着ていただき、気に入ったらそのままご購入ください!今月いっぱいまでの展示即売会ですのでぜひこの機会にお越しください!

HOUDINI NIGHT !!!

前回のフーディニナイトでは、店内が熱気ムンムンであったかい冬物なんて着る気がおきなかったという声も多く聞き(笑)リベンジも兼ねて、世界的に大人気アイテムのPower Hoodyの新色を中心に、噂のテクニカルインシュレーション素材Polartec ALPHAを採用したC9Loft Jacket、その他今期イチオシの冬物のお披露目即売会を開催します!今回は代理店の小嶋氏と共にPower Hoodyでも使用されているフリース素材で有名なPolartec(ポーラーテック)JAPANの方もお招きし、Power DRY、Polartec ALPHA、Neo Shellなどポーラーテック素材の秘密をお話しいただきます!こんな機会は滅多に無いと思います。もちろん、ウェア類は実際にみなさんに着ていただきHOUDINIのコダワリを存分に感じていただけるはず。参加費はもちろん無料で開催時間も20:30と遅いのでお気軽に仕事帰りにでもご参加ください!当日、行けるようになったという緊急参加の方も歓迎しますが、会場の都合上予約制です。ドリンクやお酒でも持ってお気軽にどうぞ!

アクティビティ時はもちろん、普段着としてもあまりの着心地の良さで虜になる人続出の北欧スウェーデンブランドHOUDINI(フーディニ)。スキー&スノーボード、クライミング、トレイルランニング、カヤックなどのアクティビティにおいて、【CORE COMFORT=最高の着心地】を念頭に、着る人のパフォーマンスアップのために、価格、素材、カッティングなどに妥協することなくハイクオリティウェアを作り出すしているのがこのフーディニ。ただ、正直、自分も実際に着るまでは、HPを見たり、展示会時に見ているだけでは全く分からなかったのがこのブランド。着てみて分かる、妥協を一切していないと思える程の天然繊維に匹敵する程の化繊とは思えない快適な着心地をもった服作りをしている。デザイナーの多くは女性で構成されているだけあって、肌に当たる素材選びから縫製、生地の触り心地は快適極まりない。もちろん、各アクティビティ時においての動きの良さやストレスの無さもハンパない。これが正にHOUDINI MAGIC!今回も土日や連休には山に行くし!ってなコアな方向けに、あえて平日の会社帰りにでも寄れるような遅い時間にイベントを開催します!


【“本日最終日!!パワーフーディをはじめ人気のHOUDINIアイテムが店頭展示で購入可能!”の続きを読む】

完成度高過ぎのファイヤースターター EXOTAC / nanoSTRIKER エクスタック ナノストライカー


exotaclogo.png

 
IMG_8525__24556_zoom.jpg IMG_8578__47722_zoom.jpg IMG_8518__29256_zoom.jpg IMG_8519__67676_zoom.jpg IMG_8523__73344_zoom.jpg

EXOTAC / nanoSTRIKER / gunmetal,orange,black / 3,000 yen+tax

洗練されたデザインと、優れた機能性で、アメリカのアウトドア、 ハンティング、サバイバル、タクティカルの分野で一気に注目を浴びているMade in the USAにコダワるEXOTAC(エクソタック)の代表選手的アイテムがコチラのファイヤースターター。さすがに固形燃料を使用しての火付けには、コレは厳しいが、ガスやアルコール燃料はバッチリと火がついてくれる。寒い冬場やマイナスの世界では持って行ったライターがなかなか着かず、ヤバい思いをした方も多いはずだが、コレは普段からアクセサリーとして持っていてもカッコええし、山行が多い人は火花を散らすヘビロテ間違い無しの名品。

nanostriker_09_LRG__92844_zoom.jpg nanostriker_08_LRG__34245_zoom.jpg

使用は上記の動画を観ていただくのが一番分かり易いが、長さ 85mm / 径 9.5mm アルミ製 14.5gのコンパクトさで、アルミニウム・ハンドルの柄が長めなので、力を入れずとも強い火花が飛び散ってくれるのが有り難い。また、火付け部分は、他ブランドではスチール製が多いが、このナノストライカーは取り替え可能なマグネシウムとフェロセリウム製を混ぜ合わせたものなので、火花が大きく飛び散り易く、火付けが非常に楽チン。


【“完成度高過ぎのファイヤースターター EXOTAC / nanoSTRIKER エクスタック ナノストライカー”の続きを読む】

タッチパネル対応の軽量完全防水ミトン登場!! Pasmic Mitt / MOUNTAIN HARD WEAR

FullSizeRender 2 logo-1.jpg

FullSizeRender_201411161315311d8.jpg IMG_6939.jpg IMG_6938.jpg IMG_6940.jpg IMG_6941.jpg

MOUNTAIN HARD WEAR / Pasmic Mitt / XL / 7,900 yen+tax

オーバーミトンとしてではなく、単体使用をメインに考えて作られたのか、サイジングはかなりタイト目。薄いインナーグローブ併用も考えると大きめのXLサイズがオススメ。サイズが気になる方は店頭でご試着ください。

僅か重量54g(ペア)の完全防水ミトン。雨の中の長時間のテストにおいて、グローブ内部が濡れる事なく使い続けられた。OutDryは完全防水ながら湿度を排出してくれるので内側のフリースの結露による不快感はなく、最後までドライなまま使用出する事が出来る。手の平部分の気になるグリップ力だが、グローブの表面素材がサラッとしていて本当にグリップしてくれるの?という感じもするが、Black Diamond / Ultra Distanceを握って登りに使用したが、滑らずしっかりグリップしてくれた。また、雨の登りの時にグローブを付けたまま太ももを押しながら登っても、バッチリ雨に濡れた肌でも滑らず使用する事が出来る。

IMG_7158.jpg IMG_7157.jpg IMG_7126.jpg
11/27に立山のバックカントリーでマイナス0℃〜10℃の気温の中で使用して来た。ライナーは使用せず単体で防水性、保温性共に問題なく使用する事が出来た!
ミトンでは画期的!?手の平部分は全ての場所がスマートフォン対応なのでグローブを外さず操作出来るのが非常にありがたい。ミトンの特徴としては、指と指の間に隙間がないので指全体が温かくなりやすい。寒がりな方にはミトンタイプがおススメ!!それでも寒い時はウールライナーなどを組み合わせると保温力がUP!!!



OutDry素材
従来の防水グローブは、水がシェル素材と防水ライナーの間にたまってすぐ重くなっていましたがOutDryは熱圧着の技術により防水透湿メンブレムを直接シェル素材に完全密着する事が出来る。


【“タッチパネル対応の軽量完全防水ミトン登場!! Pasmic Mitt / MOUNTAIN HARD WEAR”の続きを読む】

11月のお休み

IMG_8377.jpg

11月のお休みは、4(火)-5(水)、8(土)-9(日)、11(火)、18(火)、25(火)-26(水)です。

レースやイベントなどで不定休となりますがよろしくお願いします。


【“11月のお休み”の続きを読む】

寒い季節の安眠にはこの枕付きマットが最高!Klymit / Inertia O Zone イナーシャオゾン

IMG_5063.jpg IMG_5060_20141117161553b37.jpg

ph_inertia_ozone_02a.jpg ph_inertia_ozone_04a.jpg ph_inertia_ozone_05a.jpg

Klymit / Inertia O zone / blue / 12,900 yen+tax

同社イナーシャXの軽さに冬でも快適に温かく使用できるようにパワーアップさせたモデルがこのイナーシャ・オゾン。単体でも販売されているPillow Xのような4インチ(約10cm)の超快適ピローをはじめから内蔵し、ハードなコンディションにおいても、より快適な睡眠を約束してくれる!

Inertia X:258g,180cm×45.0cm×3.8cm
Inertia X O zone :346g,183cm×54.6cm×4.4cm

IMG_5058.jpg IMG_5069.jpg

比較して分かるようにピローの追加以外にも、マット自体のサイズが厚みはもちろん縦も横も全て一回り大きくサイジングして設計されているので、身体が大きな方でもマットに包まれる感じでゆったり快眠できる!


【“寒い季節の安眠にはこの枕付きマットが最高!Klymit / Inertia O Zone イナーシャオゾン”の続きを読む】

一年中重宝するミニマルなウィンドシャツ Patagonia / Houdini Pullover パタゴニア フーディニ


24155_BLK.jpg 24155_COB.jpg 24155_CPRG.jpg 24155_COB_STUFF.jpg

Patagonia / Houdini Pullover / black,cobalt blue,caper green / XS,S,M / 11,000 yen+tax

今やアウトドアLoversは誰でも知っていると言えるほど、ソフトシェルジャケット(ウィンドシェル)部門では不動の地位を確立しているパタゴニアのフーディニ・ジャケット。さらにシンプルにミニマルに極めたモデルがこのプルオーバー。個人的にもさまざまなブランドのウィンドシャツを着てきたが、何だかんだで街にもフィールドにもこのフーディニを着てしまう(笑)やはり、何と言ってもこの生地の着心地と撥水性と透湿性のバランスが絶妙でホンマに素晴らしい名作。素材や生地はジャケット同様、DWR(耐久性撥水)加工済みのリップストップ・ナイロン素材で寒い風を防ぎ、小雨程度であれば充分に水を弾く。ジャケットとの大きな違いは、やはりフード部分の削除であり、コレが無くなるだけでトレイルランナーやハイカー、バイカーにとっては稜線などで風に吹かれてバタバタするフードを気にせずアクティビティに集中できる。特に予報で雨が降らない確立であれば、キャップやバフ、ビーニーなどの被り物系のみで十分。雨や天気が悪化しそうな時はハードシェルを持って行って、どうせ重ね着するしねって感じの方はプルオーバーが好きな人が多い。

IMG_5271.jpg IMG_5268_20141114105533994.jpg IMG_5273.jpg IMG_5274_20141114105535737.jpg
IMG_5277_20141114105613b39.jpg IMG_5279.jpg IMG_5283_20141114105618fe3.jpg

フロントには5つの軽量スナップボタンがあり、大きく前面が開閉できるのでベンチレーションにグッド!少々ボタン留めが固いが一番上か二番目のスナップボタンのみを留めるだけにして、あとは下部を留めずにベンチレーション全開で走ったり歩いたりすれば、ジャケットのシングルジッパーでは不可能だが、コアの換気をして首周りだけ保温するということも可能!シルエットもジャケットより少しすっきりしたミニマリスト向けのフィット。半分のみ伸縮性を備えたかさばらない袖口、ドローコード付きの裾、ロードランニング時に便利なリフレクターロゴが左胸と首の後ろ側に入っている。


【“一年中重宝するミニマルなウィンドシャツ Patagonia / Houdini Pullover パタゴニア フーディニ”の続きを読む】

冬イチオシのハイブリッドベースレイヤー!Arc'teryx / Cyclic Zip Neck

Cyclic-Zip-Neck-Peridotite.jpg

Cyclic-Zip-Neck-Peridotite.jpg Cyclic-Zip-Neck-Blue-Tanager.jpg Cyclic-Zip-Neck-Oxblood.jpg   

Arc'teryx / M's Cyclic Zip Neck / platinum,riptide,tobiko / S,M / 13,000 yen+Tax

IMG_7580.jpg IMG_7583.jpg IMG_7582.jpg IMG_7586.jpg     

冬イチオシのベースレイヤーが、このサイクリックジッップネック。非常に汗冷えの少ないベースレイヤーPhasichシリーズの生地は3種類で構成されており、最も保温性の高い順にPhasic™ SV, Phasic™ AR,Phasic™ SLとなっている。このサイクリックはPhasic SVとARのハイブリッドとなっており、厚手のPhasic™SVを正面に使用し、トレイルランニングやバイクライディング時の前からの防風性を高め、バックパックを背負った時や、熱量の高いアクティビティ時に脇の下が蒸れやすくなるので、背面から脇に中厚地のPhasic™ARを使用している。非常に汗の処理能力に優れたPhasic™の二種類の生地を組み合わせることにより、商品名のネーミング通り高い運動量のサイクリングとトレイルランニングに適応するための最高の一枚となっている。


【“冬イチオシのハイブリッドベースレイヤー!Arc'teryx / Cyclic Zip Neck”の続きを読む】

ネックゲイター内蔵の風にも強いテクニカルベースレイヤー Arc'teryx / Konseal Hoody 3/4 Zip

Konseal-Hoody-3-4-Zip-Black.png

Konseal-Hoody-3-4-Zip-Black.png Konseal-Hoody-3-4-Zip-Iron-Anvil.png Konseal-Hoody-3-4-Zip-Kyanos.png   
IMG_8451.jpg IMG_8445.jpg IMG_8450.jpg IMG_8448.jpg 

Arc'teryx / Konseal Hoody 3/4 Zip / black,iron anvil,kyanos / S,M / 19,000 yen+tax

写真モデルは身長177cm、体重67kgでMサイズを着用しています。

SHMWでも大人気のpatagonia / Capiene4 Hoody同様、少し薄手のフリースに部類されるのでベースレイヤーとしてこれ一枚で走れ、薄手のミッドレイヤーとしても使える寒い季節にベストなウェア。CAP4 Hoodyを着ている人が多いので、別なシブいウェアが無いかと探していた方はコレをぜひ試してほしい。同社のCyclic Zip Neckよりはもう少し厚みがあるので、より寒くなった時やフードが欲しい時などに使い分けると良い。patagonia / Capiene4 Hoodyも同じフォルムをもったフーディ型なので見た目は同じようであるが、コチラはPolartec® PowerDryという更に高級で耐久性のある生地を使用し、さらにHardface® Technologyを表面に施しているので、比較すると風への耐風性がアップしている。また、ハードフェイスの最大の利点はスクランブリングなどでの岩への擦れや薮漕ぎなどにもバッチリ対応してくれピリング(糸飛び)を少なくし耐久性が向上されている点。ハードコアに山をこれ一枚で駆け廻りたいという人にはもってこい!上からシェルを着たりする時のレイヤリングでも滑りが良いので動き易いというメリットもある。

IMG_8443.jpg IMG_8430.jpg IMG_8459.jpg  

フーディタイプだが、かなり下まで下がるメインジッパーのおかげで、トレイルランニング、MTB、バックカントリースノーボード&スキーのような熱量が高く且つ気温により体温調節をしなくてはいけないアクティビティにおいては上記のようにフードを被ったり外したり、ジッパーを下ろしたりして自由に素早く調節ができる!



【“ネックゲイター内蔵の風にも強いテクニカルベースレイヤー Arc'teryx / Konseal Hoody 3/4 Zip”の続きを読む】

NZ産メリノウールを贅沢に使用したミニマリスト向け軽量ビーニー&ネックゲイター  Arc'teryx / Rho LTW Beanie & Neck Gaiter

Rho-LTW-Beanie-Dark-Moss.png
Rho-LTW-Beanie-Black.png

IMG_5178.jpg IMG_5181_20141112222536711.jpg IMG_5183.jpg IMG_5179.jpg  
IMG_5188_20141112142752f14.jpg IMG_5185_20141112142751a93.jpg IMG_5200_20141112142833c71.jpg IMG_5204_20141112142835a99.jpg

Arc'teryx / Rho LTW Beanie / dark moss,black / one size / 3,600 yen+tax

ハイクオリティなニュージーランド産メリノウール95%+スパンデックス5%のアークテリクス独自のMapp-Merinoを使用した僅か30gのシンプルなMinimalist向け軽量ビーニー。これからの肌寒い時期に活躍してくれるアークテリクスのシンプルなバードロゴがシブい定番メリノウールビーニー。ダブルレイヤーなので長年の使用でもへたりもしにくく良いフォルムを保ってくれる。寒い時期のマウンテンランニング、ハイキング、ナイトジョグ、バイクライディングなどのアクティビティから、シンプルで飽きのこないデザインやカラーだからこそ、街使いにも合う。



【“NZ産メリノウールを贅沢に使用したミニマリスト向け軽量ビーニー&ネックゲイター  Arc'teryx / Rho LTW Beanie & Neck Gaiter”の続きを読む】

22(土)親睦会のご予約お願いします!アルトラアンバサダーと六甲山を走りまくる! Mountain Running Session with ALTRA Ambassador



amb_01_top.jpg amb_LEAH_top.jpg

altralogo.jpg

親睦会が決定しました!

2014年11月22日(土)19:30- START
19:00過ぎより入場

場所:エルドミンゴグランデ メキシカン料理
Jr摂津本山徒歩2分
阪急岡本駅徒歩6分
摂津本山駅から146m

staticmap.png

西城克俊氏&リアドルティさんのトーク&スライドショーを聞き、参加者同士の親睦も深めましょう!

セッションイベント参加者はもちろん、参加者以外でも親睦会に参加されたい方はぜひお申し込みください。人数を把握したいので11/16(日)までに電話かメールやSNSでご予約を!

申し込みはSky High Mountain Worksまで
TEL:0797-34-3299
このブログ横のメールフォームからでもOKです!

あと少しセッションの方も空きありますのでぜひこの機会にご参加ください!

今回はアルトラ国内代理店でもあるLOTUSさんのご協力のもと、スペシャルなセッションを企画します!アルトラアンバサダーの西城克俊氏リア・ドルティさんをお招きし、SHMWホームでもある芦屋川ロックガーデン周辺から表六甲を中心にあまり人が入らないコース設定でセッションをしながらアンバサダー達のスペシャルな講習をしていただく予定。ハンパない戦歴をお持ちのお二人だけに、走り方の技術はもちろん色々タメになる話しが聞けるはず。特に、中・上級者向けは、これぞマウンテンランニング的なDEEP&COREなコースで皆さんに遊んでもらいます(笑)ということで、ロックガーデンや荒地山などはもちろんロッキーでテクニカルなオリジナルコースでアドベンチャーな体験を皆さんに存分に楽しんでいただきます(笑)アンバサダーお二人のテクニックはもちろん、マウンテンランニングテキな話しも沢山していただく予定なのでふるってご参加を!また、当日はアルトラシューズの男女共にLone Peak2.0などのトレイルシューズの試し履きもできますのでお楽しみに!

Mountain Running Session with ALTRA Ambassador

2014年11月22日(土)初級・中級
トレイルランニングで15-20kmほど走れる方

2014年11月23日(日)中・上級
トレイルランニング経験最低1年以上、30km以上トレイルを走れる方、幾つかのトレイルレースに参加、レース以外で個人で山へ多く走りに出かけている方、ドMなセッションや練習でも楽しくやり遂げる気持ちがある方、マウンテンランニング的なハードコアなコースでも登って走れる自信のある方、強くなりたいモチベーションが高い方

できるだけ多くの方に参加していただくために、どちらかの日程でお選びください。

スタート時に選んでいただき、アルトラM's&W's Lone Peak2.0などのトレイルシューズのセッション中の試し履きも可能!

両日共に AM8:00 Sky High Mountain Works 店前集合
       15:00頃 Sky High Mountain Works 解散

定員:両日とも20名前後 (最少催行人数各日10名)

参加費:各日1日 4,000円(セッション&講習代・保険代込)

必要装備 : ポリエステルやメリノウールなどの吸湿速乾性素材などのベースレイヤー、動き易いショーツやタイツ、ビーニー又はハット、ウィンド・ブロック・ジャケット(撥水性の高いものであればベター)、雨が降りそうな天気予報であれば完全防水透湿性素材のレインウェア、トレイルランニング向けシューズ、トレイルランニング向けパック、ハイドレーションまたはウォーター・ボトル(約1リットル位)、途中で食べれるようなおにぎりやパンなどの昼食やエナジージェルなどの携帯食、その他救急キットなど個人装備

11月後半でそこそこ寒い時期になるので、講習時や休憩時にすぐに着れるように防寒対策で小さく収納可能なウィンドシェルジャケットorハードシェルジャケットなどを必ずお持ちください!

イベント前に着替えなども可能。走る装備以外に必要ない荷物がありましたらお預かりします。イベント後は、ご希望であればお一人100円でシャワー浴びれます。

緊急時講師携帯番号:北野 090-8381-7706



【“22(土)親睦会のご予約お願いします!アルトラアンバサダーと六甲山を走りまくる! Mountain Running Session with ALTRA Ambassador”の続きを読む】

FC2Ad