SHMW+ALTRA presents マウンテンランナーのためのストレッチ、コンディショニング&リカバリー講座

amb_03_top.jpg rogo_01_201506252257018e8.jpg

Stretch,Conditioning and Recovery for Mountain Running
by Yukari Fukuda


今回もアルトラ国内代理店でもあるLOTUSさんご協力のもと、非常にためになる講座とスペシャルなトレイルセッションを開催します!アルトラアンバサダーでもあり、自身でトレーニング&コンディショニングトレーナーとして活躍されている福田由香理さんをお招きし、SHMW的なハイキングやマウンテンランニングに有効なストレッチ、コンディショニング、リカバリーのSpecial Clinicを開催します!

2015年7月11日(土)
13:30 STARTの部、17:00 STARTの部 (それぞれ約90-120分以内)
どちらかの回をお選びください。


各回共に Sky High Mountain Works 店横ショールームにて

定員:両日とも12名前後 (最少催行人数各日5名)

参加費:各回毎 2,000円(講習代)

必要装備 : 講座中は実際にストレッチしたりしますので動き易い恰好でご参加ください

長時間、長距離のハイキングやファストパッキング、毎週の連続したトレイルランニングやクライミングなどを取り入れたハードなマウンテンランニング、ロードランニングレース、トレーニングとしてのマラソンなどをしている方にSHMWでは故障しない身体つくりとして普段からALTRAなどのシューズを履いてナチュラルランニングの考え方をオススメしている。ただ、荷物を軽くしたライトウェイトハイキング、ファストパッキング、ミニマルマウンテンランニングであろうと、自分自身の足をメインで遊ぶアクティビティーはアミノ酸などのサプリだけのリカバリーのみでは限界があるはず。すなわち、車や自転車同様、人間の身体もメンテナンスやコンディショニング、リカバリーは必要不可欠!

トレイルランニングをやられている方々は日頃レースなどで競技スポーツとしてとらえ、身体のパワーアップやメンテナンスには意識が高い人が多いが、実は昔の自分も含め、自分自身で山をやられている方は根性論でこの部分の意識が非常に低いと感じる。これでは怪我も多くなり、パフォーマンスという部分でもレベルの高い楽しい旅や山行ができる訳がないはずで、歳をとっても可能な生涯スポーツとして長く継続できない。酷使して凝り固まった筋肉、そして、関節までにも傷みをもったまま放っておき、そのまま次の山行へ続けて行くと、筋肉の動きが悪くなり、当然のように故障となる。歩いたり、走ったり、その後のコンディショニングやリカバリーが充分でなければ次の楽しいはずのレースや山行が最悪のことになるかもしれない。そんなことにならないためにも、トレイルランニングの競技者はもちろん、日常的に山を楽しんでいる方やこれから大胆なファストパッキングなどの山行を計画しているあなにも絶対タメになるのが今回の講座。ビビっと来た方は定員があるのでお早めのお申し込みをどうぞ!


【“SHMW+ALTRA presents マウンテンランナーのためのストレッチ、コンディショニング&リカバリー講座”の続きを読む】

6月のお休み

IMG_9655.jpg

6月のお休みは、22(月)-23(火)、29(月)-30(火)です。

展示会等で不定休となります。

完売しました!WORKROWN×SHMW / WORKCAP "MULTI CAMO"ALL MESH MOUNTAIN RUNNING VERSION

IMG_0142_20150618232516688.jpg IMG_0143.jpg IMG_0145.jpg
IMG_0136.jpg IMG_0129_20150618214544e89.jpg IMG_0130_20150618214544acf.jpg IMG_0134.jpg IMG_0132.jpg

WORKROWN×SHMW / WORKCAP "MULTI CAMO"ALL MESH MOUNTAIN RUNNING VERSION / 4,500 yen+tax

WORKROWN渾身の一枚がついに完成!SNSにてすでにチラ見せはしていましたが、細部まで完璧な仕上がりになっております。発売日時と販売方法が決定しました!なお、ツバの部分は迷彩につき、カラーや柄に個体差があるので気になる方は店頭でご購入ください!各実店鋪へご来店の方々を優先して多く販売し、遠方の方のために三分の二の数量を今回BASE通販のみで対応させていただきます。両店鋪の店頭販売&オンラインにて、ニ店鋪合計限定50個のみ販売します!なお、このカモ柄versionはデッドストックのカモ生地を使用しているため、今回限りの生産にて終了となり次回再生産はありません。価格は4,500 yen+taxとなります。

Sorry,SOLD OUT

6/20(土)お昼PM12:00 ニ店鋪&オンライン販売START!
Sky High Mountain Works店頭販売、SHMW BASE通販
WORKORWN店頭販売、WORKROWN通販はコチラ→

*各店頭での予約や商品の取置きは今回はできません
*店頭、通販共に商品のお買い上げは一人一個とさせていただきます


IMG_0160.jpg IMG_0153.jpg IMG_0157.jpg IMG_0155.jpg

WORKROWN×SHMW / WORKCAP "MULTI CAMO"ALL MESH MOUNTAIN RUNNING VERSION / 4,500 yen+tax

WORKROWNオリジナルキャップにSHMWが別注をかけた、普段使いはもちろん大汗をかくようなランニングからハードなマウンテンランニングまでいつでも何処でも被れるUSAスタイルのトラッカーハット。まず、他ではない本体全てのパネルをオールメッシュ仕様にしているおかげで、風の通り抜けが良く、頭のオーバーヒートを防いでくれる。また、以前リリースされていたversionより風の抵抗を減らす為、さらに大胆にツバをveryショート!そして、WORKROWNコダワリのツバ部分は、ナイロンやポリエステル素材ではなく、敢えてエイジングを楽しんで頂く為にコットン素材を使用し、ガンガン使いまくって男の汗で味だしを楽しんでもらうというコダワリよう(笑)

IMG_0167_2015061822221733f.jpg IMG_0169.jpg IMG_0172.jpg

そして、今回のSHMW別注仕様が、この写真でもお分かりの通り、今までのトラッカーハットではあり得なかった、丸められる程の柔らかい素材のツバを採用している点で、しかも、これだけ柔らかくソフトなのに型くずれし難くシブいフォームを保ってくれるので、ポケットにも入れ易く収納も便利!


【“完売しました!WORKROWN×SHMW / WORKCAP "MULTI CAMO"ALL MESH MOUNTAIN RUNNING VERSION”の続きを読む】

若干名空きあり!これからボディサーフィンをやってみたい方のために -BodySurfing' Night-

IMG_4997.jpg
0200_n.jpg

- BodySurfin' Night- presented by Sky High Ocean Works

日時:6月20日(土)20:00-22:00

場所:Sky High Mountain Works2F店内

参加費:500 yen

スピーカー:北野拓也、モト

定員:10名前後(予約受付順で受付終了)
(初めて参加の方を優先させて頂きます)

暑い日が多くなりそろそろ海へに行きたくなる時期になってきた方も多いはず!
この4月より山も海も同じ自然を楽しむということで、SHMWの新しいカテゴリー『Sky High Ocean Works』を立ち上げます!BodySurfin'というシンプルかつ奥の深いアクティビティについての楽しみをお伝えします! サーフィンのような大きなボードは必要無く、足ひれのフィンと滑走のスピード感を上げより波に乗り易くするための片手のみに取り付けるハンドプレーンという軽量コンパクトな道具のみで波を乗るミニマルスタイル。シンプルな道具のみ身体一つで波に乗るので、トレイルランニング同様非常に奥が深く、身体探求が好きな人は間違いなくハマっていくはず。これから始めたいという方、BodySurfin'に興味がある方のためにBodySurfing' Nightを開催!

今回、種子島などのSurf Tripのスライドショーを交えながら、旅のポイント、オススメのBodySurfin 可能なビーチなど紹介します!

始めて見たいけど海での共通マナーや波の知識が分からない方のために基本的なマナーやルールの話しをしながら、最重要ギアであるフィン(足ひれ)やGarage Hand Planesの特徴、その他の注目ギアの話しを混じえながらBodySurfin' の魅力をお伝えします!


BodySurfing Night終了後は時間がある人のみで、Come Hell Or High Waterコチラ↓を大画面スクリーンで観ましょう!


【“若干名空きあり!これからボディサーフィンをやってみたい方のために -BodySurfing' Night-”の続きを読む】

トレイルランにはこんなミニマルコンパスが軽くてシンプルで良い! SILVA / Mini Compass シルバ

DSC03421.jpg DSC03425.jpg DSC03426.jpg  

SILVA / Mini Compass / 1,800 yen+tax

長い間売り切れていたレアなSILVAのミニマリストコンパスが再入荷!お早めにどうぞ!

コアユーザーに人気のコンパスやヘッドランプで有名なSILVA(シルバ)ではこんな無駄を削ぎ落としたミニマルでシンプルコンパクトなミニコンパスがリリースされている。近くの低山・里山ハイキング、トレイルランニングなど、地図上の実線のトレイルを進むのがメインだったり、必要最低限の装備だけでトレーニングに走りに行きたいという方などは、僅か11gのこのミニマリスト向けミニコンパスがオススメ!時計やケータイに付いているコンパスもあるが、取り出したりボタン押しなどで、何気に北を表示するのに時間がかかるもの。昔からあるこういうシンプルで原始的なコンパスが「北はどっち?」となった時、実は一番速かったりする。耐久性も抜群で、まず壊れることもそうそうない。普段からキーホルダーとして持ち歩いてもGOOD!

DSC03427.jpg  

まずコンパスを水平にして北の方角を見つけ出し、そこから地図の真上(正しくは磁北線)と合わせるだけで「整置」完了!十分、こんな小さなコンパスでも各ポイント毎の現在地確認などの整置ができる。もちろん、きちんとコンパス上部には、センチのメジャーも書いてあるので、地図上での距離も割り出すことができる。



【“トレイルランにはこんなミニマルコンパスが軽くてシンプルで良い! SILVA / Mini Compass シルバ”の続きを読む】

アークのハイブリッドショーツがMサイズ残り在庫のみお買い得プライス! Arc'terxy / Gamma SL Hybrid Short

S13-Gamma-SL-Hybrid-Short-Riptide.jpg 

DSC04995.jpg DSC04990.jpg DSC04993.jpg DSC04991.jpg

Arc'terxy / Gamma SL Hybrid Short / riptide,blue onyx / S,M / 14,600 yen+tax
30%OFF 10,220 yen+tax

身長177cm、体重69kgの男性がMサイズを着用。

現在のアークテリクスの定番モデルだが、すでに廃番となってしまった今までのArc'teryxらしからぬriptideというPOPなカラーがMサイズのみ残り在庫あり!しかもお買い得プライス!トップスをシックなカラーで合わせれば街でも山でもカッコよく穿きこなせるショーツで、Teton Bros.×SHMW共同開発のScrambling Shortのヒントをもらった元祖的なショーツが実はこのハイブリッドSLショーツ!何よりも、実際のアウトドアの現場で使えば、足上げのし易さや穿きやすさ、欲しい箇所にきちんと耐久性がある生地がハイブリッドで搭載されている機能性で満足できるショーツ。サイズが合う方はぜひどうぞ!

通販ご希望の方はコチラ→

ボディ素材をPalisade PantのTerraTex™(94% nylon, 6% spandex)を使用し、摩耗が激しいお尻と膝部分にはGamma AR PantのFortius™ 1.0(84% nylon, 16% spandex)を使用した、正にええとこ取りのハイブリッドパンツにショーツが登場! 街穿きから低山ハイキング、そして、アルプスなどのハードな縦走、ボルダリングからアルパインクライミング、MTBまで全てのアウトドアアクティビティで使用できるオールラウンダーパンツ。アークテリクスらしい幅広過ぎないトリムフィットで、膝下から腿裏、そしてお尻部分まで贅沢に使用されたGamma AR Pantで信頼のあるFortius1.0素材がハードなアクティビティ時の岩や薮漕ぎなどの摩擦から守ってくれる。ただ、頑強さだけでなく、ストレッチ性にも優れているので、足上げなどの動き易さも抜群!

DSC04997.jpg DSC05000.jpg DSC05001.jpg

ウエストの調節は錆びにくいステンレススチールのフックタイプのベルトになっており、ハーネス着用時やバックパックのウエストベルトを締める時などに、身体への当たりを抑えるために、シンプル化してパーツ自体の軽量化と嵩張りを抑えている。ジッパー付きハンドポケットも両手に搭載されており、ボルダリングやクライミング時のチョークバッグを引っ掛けられるウェビングベルトループも付いており、インドアジムや外岩でも着替えもいらずにコレ一枚でOK!

もちろん、アークテリクスお得意の超撥水加工なので、少々の雨など全く問題なし!これからの季節のハイキング、下りや平地だけのハイク&ラン、ボルダリング、ロープクライミング、街穿きなどどこでも活躍間違い無し!



まだ空きあり!SHMW+とい鍼灸整骨院 presents Natural Running Session ナチュラルランニング

IMG_7282.jpg IMG_7278.jpg IMG_7287.jpg IMG_7306.jpg  

Natural Running Session for Beginner
-ナチュラルランニングセッション・フォー・ビギナー-

沢山のご要望にお応えして今月も開催します!前回参加できなかった人や新しい方にぜひ参加いただきたいので、初めて参加の方優先とさせていただきます。!スピードを速くしたりや、距離を長く走る訳ではないので、ナチュラルランニングに興味がある方、自分で実践しているがうまく走れているのか分からない方などぜひこの機会にご参加を!効率の良い走り方を知り、日頃から意識することによって怪我もしにくくなり、生涯スポーツとしてのランニングが歳を重ねていっても可能となります。もちろん、そういう身体に負担のかかりにくいフォームを意識して走るからこそ、長距離も走れるようになるし、気持ち良い走りが可能になるので、自然とスピードも上がってくる訳です。前回のイベントブログ記事はコチラ→

アルトラ、イノベイト、ルナサンダルなどのミニマルランニングシューズを当店お買い上げの方対象に、Sky High Mountain Worksといつも自分らがランニング傷害や怪我やコンディショニングでお世話になっているとい鍼灸整骨院のコラボレーションで、ナチュラルランニング・セッションを行います。日頃、ドロップ差の少ない薄底ソールのランニングシューズで、トレイルランニング、ハイキング、街のジョギングなどをしている方。ベアフットランニングシューズを持っており、ナチュラルランニングやベアフットランニングに興味がある方向けにビギナーから中級者を対象として、芦屋川河川敷や芦屋臨港線などを利用して、とい鍼灸整骨院さんやベアフットランニング経験者のワンポイントアドバイスを交えゆっくりしたペースでみんなで走ります。

芦屋川をスタートして、川沿いをジョグでウォーミングアップして走り、所々でワンポイントアドバイスを交えながら進みます。とても走り易い芦屋臨港線や芦屋浜でのシューズを脱いでの裸足ランニングもやります!一人だとなかなかトライしにくかったホンマの裸足ランニングをオススメの臨港線のアスファルトで走りましょう!いずれは、裸足やベアフットランニングシューズで、ペースを速くして疲労しにくく、長距離が走れるような効率の良いランニングフォームを目指しましょう!ランニングという行為が、今までの学校教育で行われてきた「やらされる(走らせられる)マラソン」というものから、楽しいから、気持ち良いから、汗をかくことが心地良いというものに変わるはずです。

開催日時:2015年6月21日(日)AM8:00集合(3-4時間ほど)

集合&解散場所:Sky High Mountain Worksビル1Fフロアー

着替え&荷物預かり:Sky High Mountain Worksビル2Fショールーム
終了後、ご希望であれば100円でシャワー浴びれます。

参加費:2,000 yen (日帰り傷害保険、税込)

持ち物:ベアフットランニングシューズ、ランニングの服装、simplehydrationやヒップバッグなどの給水
今回は山に入る訳ではないので、トレイルの格好や持ち物でなくて大丈夫です。梅雨の時期なので、寒がりな方はレインジャケットや撥水ソフトシェルジャケットなど、風邪をひかないように自己責任で自分自身のウェアは考えて着てください。

梅雨の時期ですので、多少の雨であれば開催します。大雨予報であれば前日18:00以降に判断して、このブログにて開催の有無をお伝えしますのでチェックをお願いします!

定員:15-20名ほど

DSC00440.jpg  MR.TOI

とい鍼灸整骨院の詳細はコチラ→

予約お問い合わせ先:
SKy High Mountain Works
TEL 0797-34-3299


若干名空きあり!沢登り&水ドボン含む蒸し暑い梅雨にピッタリな濡れまくりセッション! Fun Trail Session




懐かしい動画ですが、ご覧ください(笑)

IMG_9893.jpg IMG_9899_20150605162958644.jpg IMG_9655_2015060516300000b.jpg IMG_9925.jpg

Sky High Mountain Works Fun Trail Session 

過去SHMWセッションに参加していただいた方やいつも自分で山に行っているというトレイル経験者向けのファン・セッションになります。
ついに蒸し暑い梅雨到来ですが、汗が吹き出るこの季節は六甲などの低山ならではのスタイルとして、谷ルートなどの沢登りなどをわざと水に濡れて走るのがGood!今回は芦屋川から地獄谷の滝で濡れまくってから、走れる森林管理道シングルトラックを走って、マニアなコースを経由したりしてドボン川遊びをしてリフレッシュ。シークレットコースでグルっと廻って、途中、湧き水ポイントを寄りながらまた芦屋川に戻る半日コースです。トレイルが初めての方はTrail Session For BeginnerやNatural HRun Sessionへの参加をオススメします。


トレイルランニングをはじめているがどこを走っていいか分からない方、いつも同じコースばかりでマンネリ化している方、もっとトレイルランニングにハマリたい方を対象に、六甲山のメジャーではない(という事はハイカーが少ないって事です)おもろいトレイルをみんなで楽しんでしまおう!ってなイベントです。どちらかというと、シリアスなタイムを気にするランニングというより、山の起伏を遊び尽くすアドベンチャーレース的なコースになりますので、その点はご了承ください。マニアックなオリジナル・コースを、時にはハードに、メローにみんなでペースを合わせて楽しく走ります。まだまだ暑い日が続きますので、この際、アドベンチャラスに沢を登って、快適なシングルトラックを走ってみんなでいい汗かきましょう!

日時:6月14日(日)AM8:00 Sky High Mountain Works 店前集合 
                                  13:00前位に解散 


参加費 2,000円 (保険料、コース・ガイド代含む) 




【“若干名空きあり!沢登り&水ドボン含む蒸し暑い梅雨にピッタリな濡れまくりセッション! Fun Trail Session ”の続きを読む】

最新在庫更新!薄くてもクッション性が良いゼロシューズサンダル  XERO SHOES / Amuri Cloud


IMG_9689.jpg
amuricloud-lemon.jpg xershoesside.jpg

mocha.jpg charcoal.jpg lemon.jpg AmuriCloud.jpg
xero-logo.jpg

XERO SHOES / Amuri Cloud / mocha,chacoal,lemon,aquarius / US5.0-11.0 / 6,800 yen+tax
サイズは1cm刻み展開でハーフサイズはありません

6/8現在、US8.0、US9.0はlemonカラーのみ若干数在庫あります。店頭&メーカー在庫共にこれらのサイズの他カラーは完売です。

USAコロラド州BOULDERブランドのゼロシューズがついに日本入荷!一見、ユニークで斬新なデザインではあるが、非常にシンプルな構造で実に足にフィットしてくれ、普段のロードランニング、ジョギングからトレイルランニング、ハイキング、クライミング、ヨガ、そして、非常に速乾性も高いのでビーチウォークからラン、SUPとウォーターアクティビティーにも最適!しかし、一番適しているのは、あまりのナチュラルな履き心地と他ブランドの薄いベアフットサンダルでは体験できないフットベッドの快適さから素足での街などの普段履きにぜひ履いていただきたい!普段だからこそ、人間自身に一番負荷のかからない歩き方や走り方、要は身体に負担のかからない移動の仕方を身体で考えて動く練習の機会となるはず。これを履いたからといって、アクティビティーのパワーアップや痛い箇所が治る訳ではなく、薄いが故に、自分自身の身体で地面の硬さや柔らかさを感じて、身体に衝撃のかからない移動の仕方を覚えるのである。身体を鍛えるのではなく、身体の使い方の感覚を常に敏感にさせること。これが故障せずに生涯スポーツとして、ランニングやウォーキング、ハイキングなどをずっと続けることでもある。

IMG_9674.jpg IMG_9682.jpg IMG_9680.jpg IMG_9678.jpg
IMG_9671.jpg IMG_9663.jpg IMG_9667.jpg IMG_9665.jpg

片足で122g(US8.0)と通常のビーサンよりも軽く、ビーサンのように前の鼻緒だけでなく、踵にも痛くない快適なヒールストラップがあるので履いていて非常に安定感あり。また、同じようなヒールストラップ付きのスポーツサンダルにありがちな重くて、堅く、嵩張って収納できないというデメリットは全くなし!しかも、5,000mile保証という制度も設けている程の耐久性もあるのに、6,800円という非常にコストパフォーマンスの素晴らしいアイテムである。



【“最新在庫更新!薄くてもクッション性が良いゼロシューズサンダル  XERO SHOES / Amuri Cloud”の続きを読む】

旅先の海で便利で使えるコンパクト防水ウォーターキャリー Sea to Summit / Folding 20L Bucket

写真 36

写真 35 FullSizeRender 2 IMG_0450.jpg

Folding 20L Bucket / Sea to Summit / 4,000yen+tax
BodySurfing Recommend Item

これからの暑い時期のウォータースポーツ、年間等してギアバックとして重宝する防水ウォーターキャリー!!

ボディーサーフィンの濡れたハンドプレーンやウェットスーツなど1人分を入れておくのに十分なサイズ。サーフィン、ボディサーフィン、カヤック、ラフティングなどのウォーターアクティビティでは非常に使い勝手が良く出来ており、濡れたウェットスーツを入れる事が可能!他にトレイルランニングやハイキングなどのトリップの際に出たドロドロの汚れ物を入れおくにも最適!

ザックの中に忍ばせても邪魔にならないサイズなので、旅先での濡れ物、汚れ物を入れるバケツを探していた方は、SHMWオススメのJack's Plastic Weldingよりコンパクトなので、旅の荷物を軽量化したい方に是非オススメしたいアイテム!


【“旅先の海で便利で使えるコンパクト防水ウォーターキャリー Sea to Summit / Folding 20L Bucket ”の続きを読む】

紫外線対策に有効なアークテリクスらしいカッコ良いフォルムのテクニカルキャップ! Arc'teryx / Motus Hat

_10409162.jpg

IMG_3964.jpg IMG_3967.jpg IMG_3970_201506071711305e8.jpg IMG_3969.jpg

Arc'teryx / Motus Hat / iron anvil / one size / 4,500 yen+tax

SHMWでも大定番のベースレイヤーPhasic™ SL 繊維を使用したアークテリクスらしい非常にフォルムの良いハットというかキャップが新登場!重量僅か30gという軽さで、Phase SL素材の特性である多次元ポリエステル糸と全く水を保たないポリプロピレンの組み合わせのおかげで、朝晩の山での冷え込みや標高による汗冷えを減少させてくれ、しかも、透湿性や通気性に優れており、汗の水分が素早く蒸発してくれるので、夏でも涼しく快適さを保ってくれる。UPF25という紫外線防止効果にも優れているので、アルプスなどの高所でのマウンテンランニングやファストパッキング、稜線を走るようなトレイルランニングレースにも非常に良い!

IMG_3964.jpg IMG_3975.jpg IMG_3978.jpg

軽量のツバは日よけになり、ボディ全体のPhase SL生地は柔らかく非常に心地良く快適。


【“紫外線対策に有効なアークテリクスらしいカッコ良いフォルムのテクニカルキャップ! Arc'teryx / Motus Hat ”の続きを読む】

ファストパッキングとロングレースに最適な革新的背負い心地のパックがSALEプライスに! RaidLight / Ultralight Olmo 20L



000rm020u131-01-1.jpg  

RaidLight / Ultralight Olmo 20L / 540g / ボトル×2付き / 19,000 yen +Tax
→カラー変更のため在庫限り 30%OFF 13,300 yen

トレイルランニングに特化したアイテムだけを作り出すコアなフランスのブランドRaidLight(レイドライト)。その中でも、UTMBをはじめ多くのウルトラトレイルランニングレースのチャンピオンである1948年生まれのイタリアンアスリートMalco Olmoと共に、トレイルランニングに最適なパックとは何か?を考えて、数年にわたりOlmo(オルモ)signature モデルとしてリリースされてきたRaidLigjhtを最も代表するプロダクツが、このUltralight Olmoシリーズのパック。

Malco Olmo(マルコ・オルモ)彼の何がスゴいかというと、つい先日開催されたUTMB(ウルトラトレイル•ド•モンブラン)に、2006、2007年をそれぞれ58、59歳でトップで制覇したということ。あの過酷なレースをこの年齢で制するという事は信じられないほど素晴らしい結果であり、我々にモチベーションを与えてくれる存在である。

ここ数年のベスト型パックの台頭により、フロントにボトルを取り付けるスタイルは今でさえ定番になりつつあるが、その元祖的存在がRaidLightのパックである。多くの人が雑誌や映像などのメディアなどで、このスタイルは多く目にしていたはずだが、実際に日本や北米でこのスタイルでレースや山を走っている人は極端に少なかった。自分もこのパックを背負うまで、なぜ、このウォーターロディングスタイルをオルモがずっと昔から提案し続けているのか理解していなかったが、使用して初めてこのシステムの素晴らしさが分かった。


【“ファストパッキングとロングレースに最適な革新的背負い心地のパックがSALEプライスに! RaidLight / Ultralight Olmo 20L”の続きを読む】

FC2Ad