若干名空きあり!易しめナビゲーションで芦屋ロックガーデンの知られざる秘境を楽しもう! Mountain Session vol.1 at Ashiya Rock Garden

IMG_6105_20170612095454da9.jpg IMG_6147_20170612095454103.jpg IMG_6104_20170612095453902.jpg IMG_6151_201706120954569d3.jpg IMG_6141.jpg  

Mountain Session vol.1 - 兵庫県芦屋ロックガーデン-

6/23現在、ショート、ロング両コース共に若干名空きあり!
また、ロングコースのみセッション終了のCLOSEタイムを、13:00から14:00に変更させていただきます!
もし、どうしても都合が悪い場合の方は、アーリースタートも可能ですので、こちらにご連絡ください。

昨今はOMM、オリエンテーリング、ロゲイニングなど地図読みナビゲーションイベントが多くありますが、SHMWテキには正直ナビゲーションだけをメインにフォーカスし過ぎて、頭で考え過ぎたばっかりに、経験値を基に本能的に感覚的に動けなくなるようにはなりたくありません。基本ナビゲーションはもちろん自分自身で考えてやっていただきますが、それに特化して難しくし過ぎると、感覚的に「山」を楽しむという部分ではマイナスになるかと。SHMW流のシングルトラック爆走セクション、激登り&激下り、スクランブリングやクライミングなどの岩登り、湧き水探しや沢、ドボンなど山の様々な面を皆さんに味わっていただき、自然を通して自分の弱い部分を知ってもらい、次の目標に備えて自分自身を磨くということをしてもらいたい。地図読みが苦手、嫌いといってやろうとしないのいはダメ、山を楽しむためには勉強は必要!トレイルを歩いたり走ったりするだけであればまずは「正(整)置」で十分。横着せずに、初めての場所だからこそこまめに正置して地図を見る癖をつける。それだけでも、トレイルを進む位であれば十分。地図は迷ったら見るのでは遅い。迷う前に見続けることが重要。昨今のトレイルランブームにより、自分がどこのトレイルを走っているかも分からない、登山口までにも行けないではなく、山を楽しみたいなら、自分自身で考えてできるだけ人に頼らない、標識やマーキングに頼らない。これが自立した登山者であり、良きマウンテンランナー。SHMWでは人口を増やしたくないではなく、こんな自立したヤル気のある山を本気で遊ぶ方々を増やしたいだけです。こんな考えでこのようなイベントを定期開催しようと思っていますので、どうぞコンセプトに共感していただければぜひご参加ください!

【日程】6月24日(土)

【場所】兵庫県芦屋ロックガーデン、荒地山、住吉周辺オリジナルコース

【内容】OMMストレート形式により、指定したポイントを順番に回りスタートからゴールまでの所要時間を計測

ロング(20-25km前後)ルートセッター:TAKU
ショート(15-20km前後) ルートセッター NOBU

*今回は初回ということもありますし、ナビゲーションについてはショートもロングも難しくしておりません。ただ、正置はもちろん地図&コンパスの使い方は必須です。あくまで楽しいトレイルをメインに進んでもらいながら、途中のポイントを探しにトレイルから外れて普段は人も入らない場所に地図とコンパスを使って目指してもらいます。そんなんで、あくまでショートとロングの違いは走力や機動力の違いになりますので、そこそこいつも走っている人はロングでお願いします(笑)

*ポイントのフラッグには記号や数字などが記載されているので、その記号などを地図のメモランに記入してもらい、ゴールにて通過の確認をさせていただきます。
    
【参加費】お一人 3,000円(ショートもロング、1人も2人での参加も同価格)
参加は1人もしくは2人(バディー)での参加となります。現地でのバディー探しも可能です!
2人で参加の場合も1人づつの参加費がかかります

【定員】各クラス20名前後(エントリー順で埋まり次第締め切りで、キャンセル待ちはありません)

【申し込み】通販BASEカートにて申し込みはコチラ→
SHMW店頭、FACEBOOKのMountain Culture Clubにても申し込み可能です!

【スケジュール】

24日(土):8:30 芦屋ロックガーデン地獄谷入口広場集合
スタート&ゴール地点がこの場所になります!
・場所が分からない方は事前にご自分で調査とお調べください。
・全員集合後に8:45位からルール説明後にセッション開始!
・終了後の貴重品以外の着替えなどの簡単な荷物はコンパクトにまとめていただければスタート&ゴール地点にてお預かりします。
    
13:00 両クラス共にセッション終了
14:00 ロングコースのみ14:00とします!
迷って帰って来られない方も当然出てくるとは思いますが、一旦、この時間にて閉めさせていただき、準備出来次第、記録発表や表彰式を行います。

【ルール】超重要になりますので必読お願いします!

・途中エイドなどは一切ありませんので、水や食べ物などは自分自身で考えて持ってください。
・ファーストエイドキット、コンパス含めた必携品なども、「人に頼らない」を原則に各自でご判断ください
・セッションイベント中は写真を撮る以外は、GPSやスマートフォンのナビアプリなどの使用は一切禁止です。使用した時点でゲームとして失格対象です。もちろん、緊急時はご使用ください。
・セッションイベント中は「ヤバい」などの会話はOKですが(笑)他人や他チームとのナビゲーションに関する、教えたり教えられたりの情報交換の会話は一切禁止です。どちらもゲームとしては失格対象です。
・OMMのストレートに準じた内容で、当日渡すマップに記載されたポイントを順番に進んでゴールへと進みます。
・途中でリタイアもしくは離脱する場合はな必ず当日の連絡先の携帯にご連絡ください。当日発表します。


【“若干名空きあり!易しめナビゲーションで芦屋ロックガーデンの知られざる秘境を楽しもう! Mountain Session vol.1 at Ashiya Rock Garden”の続きを読む】

6月のお休み

IMG_2492_20170604200520b74.jpg

お休みの期間中は、電話、メールやBASEでの通販対応はできません。お休み明けに対応させていただきます。

6月のお休みは、5(月)-6(火)、9(金)、13(火)-14(水)、19(月)-20(火)、28(水)-29(木)です。

ご迷惑をおかけしますが、6-7月は展示会シーズンが始まり、かなり不定休となります。


シューズや着替え入れに便利な超軽量巾着型袋 Teton Bros. / UL Utility Bag

IMG_6174_20170616094047d55.jpg

Teton Bros. / UL Utility Bag / cool gray / 1,000 yen+tax

超限定数量生産ですが、Teton Bros.でこんなんも作ってます。シューズケースは色々なメーカーから出ているが、軽量でカッコええいつも使いたいもんが、探しても意外にあまりないもの。僅か10g足らずの撥水加工済みリップストップナイロンを使用したユーティリティーバッグで、山や川、海、旅行とどこでも重宝するはず。

IMG_6212.jpg IMG_6213_20170616094052d03.jpg

30cm位の大きなシューズでもバッチリ収納できる少し大きめサイズ!


【“シューズや着替え入れに便利な超軽量巾着型袋 Teton Bros. / UL Utility Bag ”の続きを読む】

当日そのまま飛び入り参加OK!ウォーキング、ハイキング、トレイルランニング、ファストパッキングと様々なユーザーに体験していただきたい超軽量ポール GUIDETTI Ultralight Pole グイデッティ

9d1bdc_4466a0eddedb493ebf640b086e3b893f~mv2

 IMG_5832_20170303235341ef7.jpg 

各セッション共にまだ空きありますので、当日そのまま集合場所まで来ていただければOKです!今の所、各回ともに少人数なのでバッチリメーカーさんからポールテクニックなどをゆっくり教えてもらえますよ!ロングトレイルランニング、ファストパッキング向け講習、体験会といっても、今回のイベントはスピーディに長くでは全くありません。テクニカルなトレイルに行く訳でもなく、目的や目標が同じ意識の方が集まった方が講習のし易さと参加者同士が仲良くなりやすいので、クラスを分けただけですので、お時間の都合の良い時間帯にぜひご参加ください。もう、しばらくはやりませんのでこの機会にぜひ実際に使用してポールの良さを体験してください。

とにかくポールを今まで使用したことが無い方や、買ってはみたもののまともに使用したことがない方は、ぜひ騙されたと思って参加していただきたい(笑)必ずや「ポールをナメてました」という言葉が出てくるほどの目から鱗テキな体験になるはず。自分も最初はやっぱり、ミニマルでしょ!男は何も要らんって感じだったのだが、このポールに出会ってマジで変わりました(笑)こんなにリズミカルにスパスパとポールが地面にキマリ、後ろにプッシュして上半身で体を推していくことがが実に気持ち良い!下半身の疲労を抑え、より今まで以上に長く、速く行動できたら素晴らしいはず。また、女子もポールを使うのが苦手な方が多いので、ぜひこの機会にポールの使い方や自分に身長にはどのサイズのポールが一番良いのかを知る絶好の機会。メインはポール体験会なので、テクニカルな難しいトレイルや岩場などにも行きませんのでご心配なく。皆さん誘って時間作ってきてください!この、夏はライトウェイトスタイルでロングトレイルを進みたいという方は是非!


GUIDETTI Ultralight Pole 体験会

GUIDETTI(フランス読みでグイデッティ)まだまだ日本ではなかなかお目にかかれないポールメーカーだが、これが使ってみたらあまりの軽さと使い勝手の良さでハマる方続出!今までのポールの常識を覆すほどの名品。見た目が細くてすぐに壊れてしまいそうなイメージだが、カーボンのしなりを利用して、足の疲労を抑え、さらに上半身の力を利用して効率良く平地から登りも下り、まるで二駆動から四駆動になったかのようにサクサク移動できるポール。今回はこの春ついにGUIDETTIの定番PLUMEの僅か1本100gの携帯性便利な二つ折り日本別注モデルが登場したので、是非ともみなさんのトレイルライフを劇的に変えて欲しいということで、梅雨前に今回のイベントを企画!

まずはポール自体をどうして使用するのか?以前に他メーカーのポールを買ったががうまく使えず家にしまってある方など、ダブルポールの正しい使い方を講習しながら、普段の散歩からハイキング、長距離トレイルランニングレース、ファストパッキングなどいかに自分の山行に武器として使うかをメーカーさんのご協力の元、体験してもらいます!また、初めてのポール購入時はどの長さが一番自分に合っているの分かりにくいので、今回のイベントでは様々な長さのポールを実際に山の中で試すことができ、購入前に自分の身長やスタイルだとどの長さが良いのかが実感でき分かりやすいはず。ペースはスローペースでのんびりゆっくり話しを交えながら進みますので大丈夫!新緑の芦屋ロックガーデンを楽しみながら、ポールを使いこなしましょう!ぜひ、この機会にご参加を!

そろそろロングトレイルやレース、長旅に出かけたくなる季節になってきました!ロングトレイルや荷物が重くなるファストパッキングでは、ポールが重要な武器になるはずだが、買ってはみたもののどうも使いこなせていない、これから手に入れて疲労を軽減してより長い距離を効率良く歩いたり走ってみたいと考えている方は多いはず。そんなあなたにグッドNEWS!SHMWでも既にロングや長時間のファストパッキングでテスト実証済み、個人的にかなりお気に入りのGUIDETTIのコアなポールメーカー代理店の方々をお招きし、ポールの効率の良い使い方をクリニックしていただき、みんなで実際にトレイルを進んでみようという機会を設けました!もちろん、気に入ったら日本でもまだまだ取り扱いや入荷本数も少ないレアなGUIDETTIのポールを身長や体格に合ったサイズのモノが直接購入可能!この機会に是非とも参加してください!特にここ関西、日本でもこのGUIDETTIポールが実際に、しかも山でサイズを選びながらも、バシバシ使いまくれるのはなかなか無いはず!ぜひ、この機会をお見逃しなく!

9d1bdc_0662d3cd14cd4d61a5a2e9eeb1d38e48~mv2_d_1698_3457_s_2 9d1bdc_ae055d45eb1946d796af242c65c5e7c4~mv2_d_2392_3351_s_2 9d1bdc_f04ca1bae7ed4c699ce78dec68b21b7f~mv2  IMG_5915.jpg

GUIDETTI / PLUME 2BRINS JAPAN SPECIAL / 105/110/115cm / 18,000 yen+tax

この2017年春リリースされたばかりの定番PLUMEの二つ折りバージョンがついにSHMWにも入荷!一本85gという羽のような軽さのPLUMEは今までは一本ソリッドカーボン仕様だったが、これはこれでその山行においてバッチリポールを駆使して進むぞという時には携帯できなくても問題なしであったが、なんだかんだで、飛行機や電車やバスなどの公共交通機関を使っての移動となると、長過ぎて頭悩ませる部分でもあった。今回の二つ折りversionにてついに解消!このミニマルversionこそ待っていたモデル!ぜひ、この機会にGUIDETTIの凄さや楽しさを感じてみて!

2004年に設立されたGUIDETTI(グイデッティ)。ハイキング、トレイルランニング、ノルディックウォーキングなどのポールを専門に開発を行っているフランスブランド。設計から開発、生産のほとんどをフランス本国で行い、ハイキング、トレッキングポールのシェアはフランス国内No.1の実績を誇る。日本ではSHMWでもオススメしている継ぎ目なしのソリッドカーボン一本で驚異的な85gというハンパない軽さのPlume(羽)が有名になってきたが、定番plume新作なぜ一本の折り畳めなくとも、コレを山に持っていく価値があるのかをお伝えして、実際に皆さんに体験していただきたい。心地良いカーボンのしなりと反発力で下半身の疲労を軽減して身体がどんどん前に進める感覚をぜひ味わってみて!

IMG_5735_20170306101912036.jpg

2017年6月3日(土)
Session①9:00-11:00 ウォーキング、ノルディックウォーキング、ハイカー向け
Session②14:00-16:00 ロングトレイルランニング、ファストパッキング向け

2017年6月4日(日)
Session③9:00-11:00 ロングトレイルランニング、ファストパッキング向け
Session④14:00-16:00 ウォーキング、ノルディックウォーキング、ハイカー向け


芦屋界隈のお散歩ハイキング、ノルディックウォーキング、ロングハイキングをより楽に効率よく進むか、疲労を軽減したい方向けのセッションは、比較的平坦でアップダウンの差が少ないトレイルにて、ポールを後ろへ押して平地でも足の負担を軽減させて効率良く進めるノルディックスタイルを伝授。また、ロングトレイルランニングやファストパッキングでポールを効率よく使いたい方向けのセッションは平地はもちろん、スピードを出したりして登ったり下ったりを実際に山のフィールドで体験しながら、20リットル以上のパックをそれぞれのお好みで背負って来ていただき、歩いたり走ったりして、ポールを使用しがなら走りやすい平地、登り、下り、岩場など、どんなセクションであるとポールが効率良く使用できるか、時には折り畳んだ方が良いか、そのまま持って走った方が良いかなどメーカーさんやSHMW北野のクリニックを交えて実際にファストパッキング時のポールワークを感じてもらいます

城山2 城山1
IMG_5281_201606291936395a5.jpg IMG_5280_20160629193637ec9.jpg   

3(土)、4(日)両日共に:阪急芦屋川駅より徒歩15分位の城山(鷹尾山)登山口入口
各セッションスタートの10-15分前くらいまでには集合お願いします! 

解散場所も同じ場所になります。

集合場所にてスタッフがセッションで不要な参加者の荷物などはお預かりしますので、自身の行動食&飲み水、着替えなどお好きなモノを持って来てください。

セッション参加費:1,000 yen(税、日帰り障害保険料、クリニック、コース・ガイド代含む)

今回のイベント参加希望の方は、SHMWBASEサイトでのクレジットカード決済にてエントリーしてください。また、備考欄に下記必要事項もコピペしてエントリーしていただけると助かります!エントリーは各セッション定員10名前後を先着順にて受付させていただきます。なお、参加費に関しては大雨による自然災害での中止以外、ご自身での不参加での返金はできませんのでご了承下さい。

BASE ENTRY サイトはコチラ→

*クレジットカード決済が不可能であったり、店頭での申し込みが良いという方は直接お店にお越しください!

備考欄:
ウォーキング、ハイキング、ランニング、ファストパッキングなど好きな山行スタイル:
主な日帰り山行経験やファストパッキング経験:
今回のポールイベントで知りたいことや要望などあれば:



【“当日そのまま飛び入り参加OK!ウォーキング、ハイキング、トレイルランニング、ファストパッキングと様々なユーザーに体験していただきたい超軽量ポール GUIDETTI Ultralight Pole グイデッティ”の続きを読む】

軽量コンパクトなコスパに優れたスリーピングマット全サイズ再入荷! EVERNEW / EXPマットUL

EXPマットUL99a

EXPマットUL99b

EVERNEW / EXPマットUL99(99×49×0.9cm) / 90g / 2,500 yen+tax
EVERNEW / EXPマットUL120(120×49×0.9cm) / 106g / 3,500 yen+tax
EVERNEW / EXPマットUL180(180×49×厚さ0.9cm) / 145g / 3,800 yen+tax

6/3現在、全てのサイズ在庫あります!120が廃番となりましたので、店頭残り在庫のみで終了となります。価格も手頃でこれからの縦走登山やキャンプ、カッティングしてライトウェイトハイキングやファストパッキングに使ったりと初めてのマットにオススメ!

スリーピングシステムにおいて寝袋と共に、安眠するための最も重要なアイテムがこのマットたち。マットは大きく分けて空気を膨らませて入れるエアー型と独立気泡のフォームを使用したクローズドセルの二種類がある。これはサーマレストなどに代表される山岳縦走時のテント泊の定番とも言えるクローズドセルの最軽量クラスのパッド。SHMWでもPUSHしている山と道U.L.Pad15sとほぼ厚みや長さなどが同じサイズであり、R値の暖かさ、耐久性、軽量化を両メーカー共に高次元で実現している。また、非吸水性の独立気泡素材なので、雨や雪の濡れた地面に敷いても全く水分が浸透する事はない!デメリットとしては、尖ったモノに対しての傷はつきやすいので、マットそのものの強度よりも暖かさや快適さ軽さを追求する方にぜひ使用していただきたい。U.L.Pad15sと比較するとこちらのEXPマットの方が、より粘りがあり表面がスティッキーなので、シュラフやウェア類が滑りにくく、寝相が悪い人でもマットから落ち難い。気持ち、傷も付き難いような気がする(笑)あとは価格の面でコストパフォーマンスが優れている点。山と道U.L.Pad15s(100×50×1cm)が75gに対して、EXPマットUL99が90gとなる。ウルトラライトで軽量化を取るか、快適性とコストパフォーマンスを取るかはあなた次第(笑)

IMG_4751.jpg IMG_4749.jpg

写真は自分用のversionだが、縦横とカッティングを施し、25㍑パック内にも収納できるようにしてある。


【“軽量コンパクトなコスパに優れたスリーピングマット全サイズ再入荷! EVERNEW / EXPマットUL”の続きを読む】

低山、里山からアルプス縦走まで水筒として一番素早く使える超軽量浄水フラスク登場! KATDYN / Be Free

IMG_0086.jpg

KATADYN / Be Free / 6,000 yen+tax

6/2現在、在庫あり
BASE通販カートはコチラ→


浄水器を作るスイスの老舗ブランドから、今までのモノと比較するととんでもなく軽く簡単に素早く浄水でき、重量僅か65gという軽さ!しかもこれだけでフラスクの水筒になってしまうという画期的なNEWモデルが登場!長年、浄水器の専門メーカーとして、世界中で最も多く販売されているだけあって、浄水能力は保証付きなので、必ずやこれからの水を多く必要とする夏シーズンは必携マストアイテム!

IMG_0097.jpg IMG_0102.jpg

キャップ部分が浄水器となっているので、そのままいつものフラスク同様にただ口で吸うか、他のコップに水を移し替えてもOKの超簡単浄水器。六甲山でも、見た目澄んでいるような水でも、例えば沢の上部に小屋や商業施設があったり、ゴルフ場があるだけで除草剤が流れ込んでいるかもしれないので、どこも清浄という保証はない。このカタダインのBeFreeは川や池の水をその場で速攻で安全な飲み水に変えるコンパクトな携帯用浄水器。水に含まれる微生物を99.9%、バクテリアを99.9999%除去する性能を持っているので、とんでもない未確認バクテリアでもいない限り大丈夫のはず(笑)


【“低山、里山からアルプス縦走まで水筒として一番素早く使える超軽量浄水フラスク登場! KATDYN / Be Free”の続きを読む】

ハイキングからクライミング、アタックザックと使用できるダイニーマ生地採用の超軽量ミニマルパック Black Diamond / BLITZ 20 & 28

IMG_2297_201704171441310b8.jpg

681194_Blitz20_WHIT_front_web.jpg  681194_Blitz20_WHIT_back_web.jpg

IMG_0036_201704171429319fd.jpg IMG_0034_201704171429293ad.jpg IMG_0030.jpg IMG_0032.jpg

Black Diamond / BLITZ 20 / 398g→364g(背面パッド取り外し時) / 9,000 yen+tax

681195_Blitz28_WHIT_front_web.jpg  681195_Blitz28_WHIT_rear_web.jpg

IMG_0048.jpg IMG_0046.jpg IMG_0052.jpg IMG_0054_20170417143830997.jpg

Black Diamond / BLITZ 28 / 444g→410g(背面パッド取り外し時) / 11,000 yen+tax

通販BASEカートはコチラ→

6/2現在、20㍑残り3、28㍑はラスト1個です

グレーがかかったホワイトのようなカラーが新鮮な超軽量かつ耐久性抜群なダイニーマ素材のダイネックス生地を採用したシンプルかつミニマルな何にでも使えるパック。何より耐久性と軽量化を両立させたダイニーマ生地を惜しみなく使用して作られたパックにも関わらず買い易い価格設定が非常に嬉しい。一気室のシンプルな構造ながら、ワンアクションでパックの開閉が可能なのが見事であり、さらに小物類を入れられる止水ジッパーポケット搭載のトップポケットもあるのが、山での実際の使用も含め、普段の街でも使い易い。


【“ハイキングからクライミング、アタックザックと使用できるダイニーマ生地採用の超軽量ミニマルパック Black Diamond / BLITZ 20 & 28”の続きを読む】

全サイズ再入荷!山や海、川、街に大活躍してくれる登れるサンダル Evolv / Slack Sandal イボルブ

IMG_5386.jpg IMG_5368.jpg IMG_5370.jpg slack sandal

Evolv / Slack Sandal / black-green only / US7.0(25.0cm)-11.0(29.0cm) / 3,500 yen+tax

1cm刻みでハーフサイズ設定なし

6/1現在、29.0cmまで大きいサイズまで在庫あり!

これからの季節にヘビロテ間違いなしの定番サンダル登場!しかも、足元の楽チンさと快適さはもちろんだが、クライミングシューズメーカーイボルブさんが作るサンダルなんで、そこらのものとは訳が違う!鼻緒付きのサンダルにクライミングシューズに使われる耐久性の高いTrax SASラバーを貼り付けてしまい、正に登れるサンダルに!しかも、ペラいビーサンとは異なり、本体やソール自体にある程度の剛性があるので、クライミングやボルダリングの山や川での岩場はもちろん、海のリーフや濡れた岩にも滑り難い!クライマーならずともサーファーにもぜひオススメしたい!

IMG_5376.jpg IMG_5374.jpg IMG_5373.jpg

もちろん、本体自体もペラいビーサンではなく、鼻緒部分に耐久性の高いウェビングストラップを用い、足裏が乗る部分には柔らかくて沈み過ぎない絶妙なEVAフットベッドを搭載しており、クライミングのビレー時やボルダリングの課題の移動時や海のポイント移動時にもかなり快適!ほぼゼロドロップでルナサンダルなどと比較すると、土踏まず部分を気持ち少し上げてあり、長時間でも疲れ難いようになっている。


【“全サイズ再入荷!山や海、川、街に大活躍してくれる登れるサンダル Evolv / Slack Sandal イボルブ”の続きを読む】

FC2Ad