人気のミニマリストパッド再入荷! 山と道+Sky High Mountain Works / Minimalist Pad 53g

SDIM5217.jpg
53g.jpg

DSC01461.jpg DSC01469.jpg DSC01460.jpg DSC01463.jpg

山と道+Sky High Mountain Works / Minimalist Pad 53g / 3,200 yen+tax

しばらく売り切れていました大人気の最軽量マット山と道+Sky High Mountain Worksコラボレーションによる世界最軽量53gのミニマリストパッド再入荷!ファストパッキング、縦走、小屋泊、雪山のブースターとしてお持ちいただくと便利です。ぜひお試しを!

厚さ7mmのクローズドセルマット素材の両面を1mmずつ溶かし固めるシボ加工を施した、53gという正に世界最軽量の耐久性のあるミニマリストの為の新しいコンセプトのU.L.Pad 。本製品は、100 x 50 x 0.5cmというサイズで、身長や体格、好みや軽量化に合わせて自由にカッティングが可能。自分の耐寒能力を知って人体実験をしながら自己責任のもと各自で更なる軽量化を目指してね(笑)長い距離を走り、山の中で眠る、「ファストパッキングでも使える、よりコンパクトなマットが欲しい。」という自分のリクエストから山と道ミニマリスト・パッドの製作はスタート。何度か試作品を送っていただき、テストを繰り返し、最終的に出来たのがこの山と道ミニマリスト・パッド。パッド自体の厚さ、シボ加工ありやなし、サイズなど色々と考えて出来上がったのがこの製品。サイズが最後まで迷ったが、あんまりミニマルにやり過ぎてもマズいので、最終的には自分で好みのサイズにカッティングできるように大きめにした。

DSC01439.jpg DSC01443.jpg DSC01444.jpg DSC01457.jpg

あくまで、山の中での快適なキャンプではなく、山をスピーディに距離を進み、流れ行く素晴らしい景色を疾走感を感じながら途中の過程を自分の身体をフルに駆使して楽しむ。この山行スタイルこそが、トレイルランニング+縦走の「ファストパッキング」。このスタイルには、軽量化とコンパクトさを重要視すると、この上写真でのギリギリのサイズの80×45㎝がベストかと個人的には思う。このサイズだと驚愕の44gというとんでもない重量になる。自分の体型だと、正直、これ以上は削ぎ落とすことができないとこまでカッティングした(笑)あとは両端を丸くカットする位。本製品は大きめサイズなので、好きなように自分でカットしてカスタマイズ可能。軽量コンパクトさを重要視する方であればそのままの単体使用で、いずれにせよ、どの位の気温で、どの位の寝袋や服装で寝れるのかを各人で人体実験をする必要がある。この体験が面白いし、これが積み重なることによって経験となる。要は頭で考え過ぎるより、家でもベランダでも低山でも寝てみて、自分の身体が現在どのようなコンディションなのかを知るべし!

80×45㎝までカッティングするとご覧の通り20-25㍑パックの背面内部にも入れられてしまうほどコンパクトになる。



DSC01454.jpg DSC01450.jpg DSC01451.jpg DSC01452.jpg

Sky High Mountain Works一番人気のデイパックInov8/Race Elite 20&25でもパック内部に入れたり、半分にしてクルクル巻いたら、このようにボトムの外付けも可能。これで、パックの中一杯に荷物が入っても、軽くても嵩張るパッドが容易に持ち運びが可能。

IMG_3328.jpg

雑誌PEAKS別冊の「みんなの山道具」にて、テスト品のミニマリスト・パッド。

自分自身を知り、それに合わせて、別のエアーマットを併用したり、全然寒さに耐えられない方はメインをエアーマットにして、このミニマリストパッドをサブやブースターとして使用していただくのが良い。ファストパッカー、トレイルランナー向けに考えて作っていただいたマットであるが、通常のハイカーやULハイカーにも、今までのマットにプラスしてブースターとして使ったり、デイハイク時のラグジュアリーな休憩用マットとして、多くの人が使えるアイテムである。間違いなく、Sky High Mountain Worksユーザー全ての方に満足いただけるアイテムである。ぜひ、その軽さ、コンパクトさ、快適さをお試しあれ!

ハイカーに適した使用方法を書いてある商品紹介もぜひcheck it!→山と道HP


トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1000-c8946374

FC2Ad