ファストパッキングに最適なミニマリストエアマット再入荷!Klymit / Inertia X-Lite

banana.png x-lite.png 

Klymit / Inertia X-Lite / 11,500 yen+tax

「Lighter and compactor」をコンセプトに長い時間を費やして開発された常識を覆す新しいエアー方式のスリーピングパッド。見た目の斬新さでホンマに暖かく快適なの?と面食らうとは思うが、荷重がかかる頭、肩、お尻をしっかり支えるようデザインされ、軽量化のために多くの肉抜きをしてエアポケットを作ることによって、スリーピングバッグの羽毛や化繊本来の性能を最大限に引き出すことに成功している。

DSC01263.jpg DSC01266.jpg DSC01269.jpg

全身用のInertia/X-Flame発売から、個人的にこの半身用モデルを待ち焦がれていたのだが、正直、ここまで軽量コンパクトになるとは思っていなかった。エア量も少ないので、息をバルブより直接3-4回吹き込むだけで、瞬時に必要な厚みを得る事ができるので、Fast&Lightなファストパッキングにピッタリ。究極の軽さでいうと、山と道Minimalist Padには負けてしまうが、コンパクトさでいうとバナナよりも小さくなるこの収納時はダントツ!寒さを感じる時やパンクを気にするような土地で寝る場合、自分は山と道Minimalist Padを併用をしているが、この組み合わせがかなり調子良い。


DSC01272.jpg DSC01274.jpg DSC01276.jpg DSC01279.jpg

重量:173g(エアーポンプ込み224g)
サイズ:104㎝(縦)×45.7㎝(横)×3.8㎜(厚さ)
収納サイズ:15×4㎝
素材:トップ30Dリップストップナイロン、ボトム75Dポリエステル
エアーポンプ、スタッフサック、リペアキット付属

パンクの心配がないような地面であれば、直接パッドを敷いて寝ても、ご覧の通り見た目よりかなり快適。細長い船のような中に身体が収まって寝ているような感じなので、肉抜きされたエアポケットの穴に身体がうまく収まりパッドから落ちににくい。

DSC01322.jpg DSC01320.jpg DSC01317.jpg DSC01318.jpg

スリーピングバッグがある場合のオススメの寝方としては、パッド本体をそのまま寝袋の内部に入れてしまい、そのまま寝る方法。寝袋のボトム側はもともと就寝時には体重によって羽毛や化繊のロフトが潰れてしまい、保温性が失われてしまう。この逆転の発想が実に素晴らしいが、この計算された肉抜きエアポケットが今まで潰れて使われていなかったロフトを使えるようにしてくれるのである。おまけに、寝相が悪い人も寝袋の中にパッドが入っているので、パッドから滑り落ちる心配もないし、直接地面へパッドを敷いていないので、パンクも少なくなる。

究極を求めるミニマリストにぜひ使っていただきたいSky High Mountain Worksイチオシのエアマット。専用リペアキットも付属しているので、もしもの時も安心。山と道Minimalist Padと共にこの夏の山行にぜひどうぞ!

12306-1.jpg 12306-1-3.jpg

Klymit / Inertia X-Flame / 13,000 yen+tax

258g(エアーポンプ込み300g)の全身用ももちろんあり!半身用では寒さへの不安がある方や寒がりな女性などはこの全身用がオススメ!SHMW / Sky High Bag 300の羽毛スリーピングバッグ、、OMM / Mountain Raid 1.0 & 1.6の化繊スリーピングバッグにもバッチリハマります!

重量:258g(エアーポンプ込み300g)
サイズ:183㎝(縦)×46㎝(横)×4㎜(厚さ)
収納サイズ:19×10㎝
素材:トップ30Dリップストップナイロン、ボトム75Dポリエステル
エアーポンプ、スタッフサック、リペアキット付属

ozone.jpg 
ozone02.jpg ozone03.jpg

Klymit / Inertia O-zone / blue / 14,500 yen+tax

こちらはいつも枕がないと安眠できないという方や、通常よりしっかり睡眠をとって疲労を取ってから翌日の山行に備えたい、ガタイが良いので少し幅の広めなマットで寝たいという方にはこのNEWモデルがオススメ!イナーシャXの軽量さとスタティックVの快適さを合わせ持つ「イナーシャ・オゾン」。約10cm程の枕を内蔵しているので、より快適の安眠できる!また、他モデル同様、各所に配置されたロフト・ポケットは軽量化のためだけでなく、シュラフのロフトの潰れを少なくし保温効果を生み出してくれる。前記したモデルらよりも、幅も一回り大きくなるので身体が大きい方やゆったりした睡眠をとりたい方、少し重くなってもラグジュアリーなファストパッキングがしたい方はこのオゾンです!

サイズ: 183 cm x 54.6 cm x 4.4 cm
パックサイズ: 8.9 cm x 15.2 cm
重量: 346g(スタッフサック別)
付属品: スタッフサック、修理キット
カラー: ブルー

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1011-b12e57d6

FC2Ad