大きいサイズが入荷しました! ALTRA / Samson & Deliah アルトラ サムソン&デライラ 

ph_sam_m01.jpg ph_sam_m02.jpg ph_sam_m03.jpg ph_del_04.jpg

ALTRA / M's The Samson / gray-orange / US8.0-11.0 / 12,600 yen

ph_del_01.jpg ph_del_02.jpg ph_sam_m03.jpg ph_del_04.jpg

ALTRA / W'S The Deliah / gray-purple / US6.0-9.0 / 12,600 yen

価格改定で新価格になり、メンズ、ウィメンズ共再入荷しました!

アルトラのレースアップモデルの中で最もミニマルで足裏が薄く裸足に近い感じで使えるシューズ。VFF(Vibram Five Fingers)、New Balance/Minimusなど、最近では多くのベアフットランニングシューズがリリースされているが、New Balance/MT&MR00などよりもさらに足裏を感じることができるのがこのサムソン(男性用)&デライア(女性用)で、トレイル上の小石を踏む感覚も繊細に感じ取れる。メーカーでは、ランニング、ロードレーシング、キャンプ、アプローチ、フィットネス、ウォータースポーツに使用できるとあるが、普段履きから近所の散歩や買い物、里山ハイキングなどオールラウンドに活躍してくれる。ソールはトレイルランニングシューズ特有の凹凸のあるソールパターンにはなっていないが、裸足で歩いたり走ったりして慣れてくると、きちんと足指に体重移動ができ、指が自由自在に使えるようになるので、山のトレイルなど滑り易い箇所でも体重移動によるブレーキングやスピードコントロールが可能となり、こういうソールパターンでも山でも滑らなくなってくる。このシューズで山で滑らなくなってきたら、良いフォームになってきていると言える。

foot-shape.jpg

ソールが薄いだけでなく、他ブランドと比べて前足部分がかなり幅広く作られているので、日本人特有の幅広・甲高の足の人にはかなり喜んでいただけるはず。また、自分がそうであるが、半年、1年、2年とミニマルランニングシューズで歩いたり走ったりしていると、アーチが進化していき、くっついてた足の指がどんどん広がっていき、指が独立して使えるようになり、完全に足の縦と横のサイズが大きくなっていく。そうなってくると、特に日本人なんかは足幅が細いシューズはかなりキツく感じてフィットが厳しくなってくる。そういう点を考えると、このサムソン&デライラは、プリミティブなミニマルランニングやウォーキングに興味がある人にはビギナーであれ、経験者であれ、かなりオススメのモデル。履き心地的にはVFFの薄さにかなり近い感じだが、VFFだと見た目がかなり奇抜過ぎて普段履きがしにくい、足指の長さがうまく合わずどうしても靴擦れがおきるという方、とにかく足幅が広い楽チンでいて足にフィットするシューズが欲しいという方にはピッタリ!また、普段履きでドイツの健康サンダルビルケンシュトックが好きな人も、足型が似ているので、よりスポーティな運動にビルケンと同じ感覚で履きたいという人にはかなりオススメ!


DSC02305.jpg DSC02313.jpg 

アッパーはクイックドライメッシュ仕様で風通しも非常に良く蒸れにくい。テスト済みだがボチャボチャと水の中に入っても水抜けもたいへん良好。アルトラのミニマリストシューズに採用されているシームレスの「ステッチ」方法で、踵から足先まで違和感の無いスムーズでシューズとの一体感のある絶妙な履き心地を実現している。軽さと裸足感覚を上げるためにトゥガードもほぼ無いに等しい。

DSC02307.jpg DSC02319.jpg DSC02317.jpg

レーザー加工されたソールは様々な状況でも高いグリップ力を発揮してくれるが、通常のトレイルランニングシューズとは異なり、凹凸のあるスパイク状の突起物は一切付いておらず、滑り易い泥状のトレイルなどでではきちんと足指まで体重移動をしないとブレーキングはできないので、きちんとこのシューズで練習ができるはず。驚くべきは、デッキシューズのようにソールに体重を入れていくと、コンパウンドに入った細かい切れ込みが真価を発揮して、水濡れの路面でも確実にグリップしてくれる。きちんと体重さえ入れられれば沢でも使用可能。

IMG_8814.jpg IMG_8806.jpg

もちろん、乾いた花崗岩などはお手の物で、きちんと指で岩に立つ感覚などが分かる。最も裸足に近い感覚でフラットソールのクライミングシューズと同様にスラブの立ちこみなどが出来る。

DSC02364.jpg DSC02365.jpg DSC02366.jpg DSC02370.jpg

A-バウンドというリサイクル可能な環境に優しい高反発性のコンパウンドのハイクオリティなインソールが付属している。このコンパウンドは足低部分に張り付き、地面の感覚をダイレクトに伝えつつ、なおかつ固い地面でも身体への衝撃を最小限にしてくれる。このコンパウンドは一般的なシューズのフォームとは異なり、圧縮率が10%程度(一般的な物は70%~90%)なので、使い続けて、履き込んでも潰れてしまう事はない。

DSC02310.jpg DSC02354.jpg

Aパウンドのインソール使いも非常に心地良いが、慣れて来たらインソールを抜き去って使用するのもオススメ!オレンジインソールを取り外すと、シューズ内部にはBare SOLE(ベアソール)のオレンジ文字!New Balance/Mt10同様、ソックスなしで素足で履いてもとても履き心地の良い素材をインナーに使用しており、個人差もあるかもしれないが、長時間のランニングやウォーキングでも靴擦れ知らず。3.4mmベア・ソールは足低の感覚を最大限に高めてくれ、アスファルトでもトレイルでも、写真のように小石がボコボコしている林道でも足裏ビンビンに裸足の感覚で足裏を刺激しまくってくれる。また、このサムソンには一般のシューズのような固いヒールカップが無く、柔らかく包みこむように踵部分にフィットしてくれるので、ランニング時でも全くずれるストレスがない。ヒールカップは不要な物を一切削ぎ落としたデザインで最高のフィット感を実現してくれている。

575229_281737855247967_1633432140_n.jpg

普段履きからミニマルなシューズを履いて良いフォームを維持したい、アーチや足指を本来の人間らしいものに戻したい、素足は勇気がでないけど、疲労抜きランでミニマルランニングや裸足ランニングを実践したい、足指が広がり過ぎてノーマルのシューズが合わなくなってきたミニマルランニング中・上級者の方々、地球の大地、土、岩、木々、泥、水などをダイレクトに足裏を通して感じたい方など、ベアフットテッドも彼のシアトルの「Born to run」というナチュラルランニングショップでオススメしている。


トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1021-a81af6e5

FC2Ad