普段使いにもオススメな履き易さ抜群のリカバリーモック! SALOMON / RX Snow Moc サロモン

l11865000_fts.jpg

DSC00730.jpg DSC00732.jpg DSC00735.jpg DSC00734.jpg

SALOMON / RX Snow Moc / US7.0-11.0 / black / 9,975 yen

ミニマリストのランナーやハイカーは、暖かい時期は走ったり歩いたり以外はサンダルのような楽なリラックスシューズを履く事が多いと思うが、寒くなってくるとなかなか楽チンかつイージーで適度な保温力をもったシューズがないもの。そんな時は、サンダルでも人気のリカバリーシリーズのサロモンのこのモックタイプが便利で超快適!見た目はきちんとしたシューズだが、サンダルのようなつっかけ感覚で履け、しかもハードなランニング後のリカバリーも可能にしてくれる。

DSC00s737.jpg DSC00s739.jpg DSC00741.jpg DSC00743.jpg

ネーミング通り、アッパーは多少の雨や雪でも弾いてくれる撥水加工されたソフトシェルなので、これがまたトレイルランニングやハイキング、はたまたスキー&スノーボード時のつっかけに非常に便利。素材も柔らかくワイズも広く、足全体を包み込んでくれるので、当たり感が無く長時間履いていても全くストレスがない。これこそがRELAXシューズと言った感じ。また、甲と踵に指で引っ張るフックがついており、着脱も容易で履きやすさバッチリ!

DSC00s757.jpg

もちろん、ただのサロモンアイテムではなく、世界でも限られたプロショップのみの展開であるKilian Jornetが開発に携わっているサロモントップアスリート専用ギアの「S-LAB」シリーズのアイテムであるので、ご覧のようにきちんとカッコええロゴも入っている。

DSC00s756.jpg DSC00s754.jpg

シューズのライニングは起毛素材を使用しており、内部にインサレーションなどを入れていないおかげで、街使いなどでもオーバーヒートになりにくい。ウィンター仕様のシューズは雪国住まいの方なら良いのだが、関西位の街使いであれば、少しでも気温が暖かくなるとよく足が蒸れがちになるので、ソックスで温度調節をした方が様々なシチュエーションでも使用できて使える。様々な意見があると思うが、個人的にはこの位の保温性の方がオールラウンドに使えてベター。さらにインソールはレザー仕様なので、長く履けば履くほど足に馴染んで来てより心地良くなってくる。

DSC00s750.jpg DSC00s751.jpg

3層構造のソールはヒール部から土踏まずを通って親指部分までが軟らかくなっており、歩行時に最初に着地する小指から人差し指にかけての前部分は硬めとなっている。そのおかげで、ゆっくりとしたスピードの歩行時において、最初の踵からの着地で適度にシューズが沈み込んでショックを吸収してくれ、小指着地から最終的に親指や人差し指などの一番長い指の先端まで自然にシューズが沈み込み、体重移動がとてもし易くなっている。前足部分全体を柔らかくしてしまうのではなく、こういう型できちんと部分的にソールの硬さの強弱をつけていることが、きちんとした歩行をヘルプしてくれ、足の余計な部位の筋肉を使わずにリカバリーを促進してくれている。ここまでの完成度だと、ナチュラルランニングなどを勉強して、きちんとした重心移動での走りをされている方はなんとコレでランニングも可能なほど(笑)さすが、一流メーカーSALOMON!

街の普段使いから、トレイルランニング時の行き帰り、スキー&スノーボードの行き帰りの運転時でも実に楽に履けて快適。履いているだけで心地良く、疲労した足をリカバリーしてくれる。少々の雨や雪でもソフトシェルアッパーが全然弾いてくれるし、面倒くさがりな自分は、正直この寒くなった時期はほとんどコレしか履いてないです(笑)

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1074-16994523

FC2Ad