これまでにないフィット感の超軽量次世代ヒップパックが登場! Salomon / Advanced Skin S-LAB Belt

salomon_slab-belt1.jpg

Salomon / Advanced Skin S-LAB Belt / racing red / one size / 7,245 yen
with Soft Flask 8oz(237ml)×1

海外のサロモン選手の中で非常に高い評価を得ているS-LABシリーズのヒップパックがついに一般に向けて発売!タフなレース時に必要最小限の荷物を携帯するための最もコンパクトなミニマルなヒップパックで、左右両方でベルトを引っ張って腰に完璧にフィットさせる正に次世代のヒップパック。フロント&バックに多くのメッシュポケットを備えており、特筆すべきはその究極のフィット感で、ハードなトレイルランニング時の上下左右の全ての動きの揺れを最小限に抑えてくれる。

DSC04263.jpg DSC04264.jpg

腰への装着は左右両方に取り付けられたバックルで写真のようにカチッとハメて留めることができる。

DSC04355.jpg DSC04356.jpg DSC04359.jpg DSC04362.jpg DSC04367.jpg

しかし、コレがまたバックルがキツくて留めるのが面倒(笑)なんで、超オススメの装着方法は写真のようにパンツを穿くかのようにして腰まで持って来て、左右のベルトを引っ張る方法が素早く確実に装着できるので、ぜひこれでTRYしてみてね(笑)


DSC04249.jpg DSC04251.jpg

メーカー側はコチラをフロントと言っているが、何を入れるかで若干の使用感は変わるかもしれないが、自分のテストでは、前後どちらを前にしても全く使用可能であり、お好みでどちらを前にしてもいいような気がする。メーカーはコチラをフロントハイドレーションと言っているので、まずはコチラ側から説明!

左右大きな二つのメッシュポケットには最大で148ml×2本、237ml×2本を収納可能!もちろん、ソフトフラスクがランニング時にブッ飛ばないように左右に飛び防止のゴムが付いている。

DSC04255.jpg DSC04257.jpg DSC04259.jpg

真ん中の二本のゴムを利用して、Patagonia / Houdini Jacketを装着したり、片側にフラスク、もう片方にHoudini JacketやMountain Hard Ware / Ghost Whipser Anorakなどのソフトシェルジャケット、もしもの時のエマージェンシージャケットやブランケットなどをバッチリ収納できる。

DSC04254.jpg

お馴染みシンプルハイドレーションもこんな型でバッチリ収まる(笑)

DSC04271.jpg DSC04273.jpg

i-phone4&4S&5などのスマートフォンやデジカメもストレッチするメッシュポケットだけあって、ケースを取り付けた状態でもご覧のように入れられる。

DSC04269.jpg

コチラ側は4つのメッシュポケットが搭載されているので、エナジージェルやベスパ、ZENなどのサプリメント、鍵やお金、デジカメなど様々なアイテムが入れられる。

DSC04277.jpg DSC04360.jpg DSC04359.jpg

コチラの4メッシュポケット側を前にして、i-phoneなどを入れる場合は足上げで少し動きを妨げられるので、写真のように斜めに入れてあげると問題無く快適にランニング可能。

DSC04370.jpg

メッシュポケット以外の身体に当たる部分のメッシュは某◯ATHANの背面スペーサーメッシュのような超速乾性の空気が通る3Dメッシュを使用しているので、大汗をかいても驚くべき速さで乾いてくれる。

DSC04367.jpg

重量130gの超軽量ヒップパック。とにかく、一度装着して走ってみていただけると納得できる素晴らしい装着感。病み付きになる事必死(笑)ソフトフラスクが入ってどんなに飛び跳ねても、付けていることを忘れてしまうほど超快適!ぜひお試しを!!!どちら側を前にもって来るかは、何を入れるかで異なるかもしれないが、お好みで装着していただきたい!Sense Hydro S-Lab Set と併用して走れば、多くの水がパックなどのハイドレーションを使用しなくとも持ち運べれるので、これからは様々なウォータースタイルが選べるようになるだろう。237mlのソフトフラスクが一本最初から付属しているので、足りない分は後から買い足し可能。

FC2Ad