冬イチオシのハイブリッドベースレイヤー!Arc'teryx / Cyclic Zip Neck

Cyclic-Zip-Neck-Peridotite.jpg

Cyclic-Zip-Neck-Peridotite.jpg Cyclic-Zip-Neck-Blue-Tanager.jpg Cyclic-Zip-Neck-Oxblood.jpg   

Arc'teryx / M's Cyclic Zip Neck / platinum,riptide,tobiko / S,M / 13,000 yen+Tax

IMG_7580.jpg IMG_7583.jpg IMG_7582.jpg IMG_7586.jpg     

冬イチオシのベースレイヤーが、このサイクリックジッップネック。非常に汗冷えの少ないベースレイヤーPhasichシリーズの生地は3種類で構成されており、最も保温性の高い順にPhasic™ SV, Phasic™ AR,Phasic™ SLとなっている。このサイクリックはPhasic SVとARのハイブリッドとなっており、厚手のPhasic™SVを正面に使用し、トレイルランニングやバイクライディング時の前からの防風性を高め、バックパックを背負った時や、熱量の高いアクティビティ時に脇の下が蒸れやすくなるので、背面から脇に中厚地のPhasic™ARを使用している。非常に汗の処理能力に優れたPhasic™の二種類の生地を組み合わせることにより、商品名のネーミング通り高い運動量のサイクリングとトレイルランニングに適応するための最高の一枚となっている。


IMG_7580.jpg IMG_7586.jpg

絶妙な高過ぎない襟と1/4ジッパーでオーバーヒートした身体の体温を調整することができる。

IMG_7578.jpg

エナジージェルや鍵、マネー&クレジットカードなど落とす心配のないジッパー付きポケットを右ヒップに搭載。

IMG_7587.jpg

サムホールもあるので、ランニング時などの袖のずり上がりや、手首やの手の甲の防寒に役立ってくれる。

IMG_7591.jpg

各パーツの組み合わせもフラットロックによる縫製なので、ハードなランニング&バイクライディングでの擦れを防止してくれる。

以前はPhase SV Compという商品名でこの二種類の生地の組み合わせはリリースされていたが、バックカントリーやスノーシューイング辺りの運動量であれば調子良かったのだが、正直、トレイルランニングなどの熱量の高いアクティビティであると、特にここ関西ではオーバーヒート気味で使うシーズンが短かった。2013年シーズンよりPhasic™シリーズの生地が全てより細い糸の変更となり、生地の嵩張りが抑えられ軽量化と共にリニューアルされた。そのおかげで全体的に生地が薄くなり、トレイルランニングなどでは非常に使えるモノとなっている。トレイルランニングやMTBはもちろんだが、街のランニングやジョギング、ウォーキング、サイクリングなどこれからの寒い冬から春にかけて、ソフトシェルジャケットと共に素肌に着る最強のベースレイヤーとしてぜひ!

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1155-9ba199b4

FC2Ad