普段着からランニング、クライミングまで使える定番ベースレイヤー Patagonia / Capilene® 3 Midweight Crew

IMG_8119.jpg IMG_8112.jpg IMG_8116.jpg IMG_8114.jpg
IMG_8130.jpg IMG_8124.jpg IMG_8129.jpg IMG_8127.jpg
IMG_8139.jpg IMG_8133.jpg IMG_8137.jpg IMG_8135.jpg

Patagonia Men's Capilene® 3 Midweight Crew - Asia Fit
Hardy Stripe: Classic Navy / S,M,L,XL / 6,195 yen
Hardy Stripe: Graphite Navy / S,M,L,XL / 6,195 yen
Hardy Stripe: Nickel / S,M,L,XL / 6,195 yen

女子のボーダー柄もSHMW取り扱いあるので、ぜひ店頭でチェックを!

パタゴニアのド定番ベースレイヤーでもあるキャプリーンシリーズの3・ミッドウェイト・クルーが日本人向けのアジア・フィットになってリニューアル!ハイキング、トレイルランニングはもちろん、MTBや花崗岩の岩場でのボルダーやスクランブリングなど耐久性が必要なアクティビティでもすぐにピリングせずに大活躍してくれる。もちろん、バックカントリーからニセコのスキー場までパウダーを滑ったり、あるいは街着でも最適な化繊ロングスリーブ。自分もクライミングばかりしていた頃には、秋冬春にかけての寒い季節ではヘビーローテーションで街着からインドアクライミングジム、ハイキングと一番着ていたお気に入りのベースレイヤー。そういう訳で、パタゴニアの化繊ベースレイヤー製品の中では、最も多用途に使えるのがキャプリーン3・ミッドウェイトであって、伸縮性、速乾性、耐久性、保温性と非常にバランスが取れているモデル。この秋冬シーズンは、以前、自分がお気に入りで着ていたボーダー柄が復刻ということで、普段の街着にもピッタリ!化繊とは思えないほど素肌に快適に着れるので毎日でも着たくなるはず。

IMG_8121.jpg

内側は冬でも温かい起毛仕上げになっており、裏返して縫い込んだ襟、パックなどの干渉を防ぐために肩の位置をずらし、ランニング時の腕振りやクライミングの腕上げ時に動かし易いように脇の下はパネル構造になっている。また、パタゴニアのキャプリンシリーズで定評のあるポリジン永続的防臭加工を施しているので、汗のイヤな臭いも減少させてくれる。もちろん、洗濯機でガンガン洗濯可能!乾燥機は低温がベスト。まだ着たことがない人は、普段の日常でも着れるタフなアウトドアベースレイヤーとして、この機会にぜひキャプリンをトライしてみて!



IMG_8123.jpg

パタゴニアでは長らくの間USAサイズを本国同様採用していたが、今シーズンよりUSAサイズではなくなり、胸とウエスト、裾が細身で全体的に短めの丈と袖を採用したアジアンフィットとなったのででサイズ選びは要注意!

写真モデルは、身長177cm、体重67kgの男子で、このCapiene3はLサイズを着ています。かなりタイト仕様になったので今までより1-2サイズは大きめをお求めください。

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1157-f5e3d346

FC2Ad