これからの時期に大活躍するパタゴニアのウール・シリーズ


36580_242.jpg 36580_932.jpg


Patagonia / Wool 2 T-Shirt / Afterglow,Heritage Blue


これからの少し肌寒いシーズンに大活躍してくれるパタゴニアの素肌に着るウール・シリーズ。アウトドア・スポーツとかをされない一般の方からしてみると、ウールを素肌に着るの?絶対チクチクするでしょ!って思うかもしれないが、これがまた、全くチクチクしないんです。素材の話しをしなければ、ウールとは気づかないほどに、肌触りはやわらかく、すこぶる気持ち良い。


普段の街使いでは、もう最近は長袖を着れるシーズンになってきたけど、トレイルラン、クライミング、ハイキングなどの山遊びは、まだまだ半袖の方が動き易さを考えるとベターでもある。運動量が少ない時は、半袖の上からウィンド・ジャケットや薄いフリース、ダウン・セーターでも着ればいいので、一枚目に着るベースレイヤーは別に冬だからと言って、長袖にコダワル必要性はない。むしろ、トレラン、ボルダリングなどでは、半袖の方が動きの自由さがあるのでオススメ。


 


では、なんでウールなん?と言いますと、綿・コットンは汗を掻くとタオルのようにすぐに吸い取るのはいいが、問題は乾かないこと。しかも冬場は外側にたくさんの防寒着を着るので、通気性が、夏場に比べると悪くなるので、余計に汗を掻くと乾きにくい。乾かない汗の水分が、次第に体温を奪っていき、寒くなるという訳。よくありがちなのが、スキー・スノーボードの高性能ウェアを着るのはいいが、インナーはショボイTシャツ、コットン・スウェットシャツで滑るパターン。滑ってる時はまだ体を動かしてるから感じないかもしれないが、リフトに乗ったり、休んだりして体を休ませると、自分の汗のせいで寒くなるという状態。どんなに高くていいモン買ったって、インナーが綿だったら台無し!雪山の世界だったら、アホか!死にに行くんかボケ!と言ったところ。


そんなところで、まず山への遊びは綿・コットンはご法度!特に冬場や寒い時期は余計に考えなければいけないポイントである。そこで、最近ではアパレル・メーカーでも発売しているポリエステルなどを使った吸湿速乾性モノのインナーなどでもいいが、これからのシーズンは、少し高価ではあるが、ナチュラルで機能性が高いウールがかなりオススメ!


ウールの一番の良さは、化学繊維のポリエステルと比べると、自然の産物なのに、周りの湿気や汗を吸収することにより、微温ながら熱を発してくれること。だから、昔から広く世界中でよく山などで使用されていた。しかも、着替えなどできない山での使用においても、何日着ても匂いの元となるバクテリアが発生しにくく、服が臭くなりにくいのである。しかし、下着として使うのには、あまりにもチクチクするし、夏などに着るのには暑過ぎて、次第にポリプロピレン、そして、現在主流のポリエステルに移り変わっていった。


それが、またここ10年位で、チクチク感が少ないニュージーランド産のメリノウールという新しい品種の出現により、またウールが盛り上がってきたのである。


36580_DT8.jpg top3_product_wool.jpg


実はこのメリノ・ウールを使用した製品やブランドは、今や沢山ある。では、なぜここで、パタゴニアのウール・シリーズが良いのか?


一言で言うと、非塩素処理 !


沢山書きたいのは山々なんだけど、下記のパタゴニアHPを読んでいただくのが一番だと思ったんで、下記のアドレスをクリックして熟読して欲しいです。
http://www.patagonia.com/web/jp/patagonia.go?assetid=13867


確かに、ポリエステルの化繊と違って、大量生産できるものではないので、高価であはあるけど、山でも街着でもオールマイティーに使えるこんなベストな服はない!しかも、何日着ても、臭くなりくにいのであれば、洗濯回数も減るし、節水にもなる。おまけに生地の厚みが選べるので、薄いモノであれば、夏でも快適に使えるので一年中着れるという訳。このウールの防臭効果と、暖かさは一度体験してみる価値ありありですよ!


 36590_244.jpg
もちろん女性用もありますし、これからの寒い季節に最適な厚手のヴァージョンも多数あり。


 

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/116-73d4de01

FC2Ad