9/15より値上がりします!SMMW残り在庫分のみ価格据え置きキャンペーン! OMM / Aether Jacket & Smock

IMG_0820.jpg

Aethr-Jacket-Blue.jpg

IMG_0809.jpg IMG_0819_20150626124847569.jpg IMG_0812.jpg

IMG_8657.jpg IMG_8659.jpg IMG_8656.jpg IMG_8652.jpg

OMM / Aether Jacket / black,blue / XS,S,M / 37,000 yen+tax→2015/9/15より45,000 yen+tax

9/15より価格変更となりますが、SHMW現在庫分のみ価格据え置き37,000 yen+taxです。取り寄せ以外の在庫分のみのキャンペーン価格となります。


梅雨の時期にピッタリな完全防水超軽量レインジャケットがこのイーサーシリーズ。しかも、E-VENTという通気性に非常に優れたメンブレン使用で内側にメッシュがはってあるので、蒸れ難くベタつき感が全くなく普段着にも快適で心地良い!シンプルなデザインとカラーリングにつき、雨の日の普段後や旅行はもちろん、長距離&長時間のマウンテンランニング山行、トレイルランニングレース、ファストパッキング、スノーランニングやスノーシューイングと一年中使える頼もしいジャケット!

特筆すべきは3レイヤーハードシェルなのに、220g(Mサイズ)というとんでもない軽さ!今までにない軽量且つしなやかな最新の3レイヤーe-vent素材を採用し、高い防水性と透湿性をもっている正に次世代のミニマリストのためのハードシェル。ハードシェルとは思えない非常に柔らかい着心地で、とにかくしなやかさが心地良く街着や旅行時のシェルジャケットとしての使用もGOOD!収納もフードなどに小さく丸めて畳めば驚くほど小さくなる。

 
IMG_8741.jpg aetherevent.jpg

信頼のe-ventロゴ(笑)ジャケット内にこもった結露や対応しきれない汗などを吸い込んで肌をサラっとドライに保ってくれるメッシュが内側にはってあるのが3レイヤー。外側表面に使用されているリップストップナイロン生地の進化と相まって、今までにないハンパない軽量化とソフトシェルジャケット並みのしなやかなさになっている。



IMG_8659.jpg IMG_8662.jpg

とことん軽量化のために出来る限り縫い目を減らしながら、ハードコアな動きにも対応するためOMMお得意のワイヤー入り立体的フードデザインはそのまま継承されている。大雨や強風時、アルプスなどの標高が高い場所、関西などの蒸し暑い梅雨時期など、フードを被ったまま行動しなければならない時には視界を広く保った状態で頭の動きに追従してこのフードは動いてくれる!

暑がりな方やトレイルランニングなど熱量が高いアクティビティ時にとても便利なポイントが、メインジッパーがダブルジッパーになっている点。これでランニング中でも風を通すことが可能で、クライミングなどのハーネスを腰に装着していても、ロープワークやビレーが格段にやり易くなる。もちろん、裾にはドローコードもあるので、寒い時などにはジャケット内の暖かい空気を逃がさないようにできる。


IMG_8670.jpg IMG_8668.jpg

腕の途中で留めておける手首のペルクロテープは体温調整がしやすくなっており、正面の二つの防水ジッパーYKK®仕様の大きなポケットは、地図やグローブ、行動食の収納に非常に役立つ。


Aether-smock-Black.jpg
IMG_0806_20150626124732c72.jpg

IMG_9030.jpg IMG_9028.jpg IMG_9031.jpg IMG_9034.jpg

OMM / Aether Smock / black,blue / XS,S,M / 36,000 yen +tax→2015/09/15より、42,000 yen+tax

9/15より価格変更となりますが、SHMW現在庫分のみ価格据え置き36,000 yen+taxです。取り寄せ以外の在庫分のみのキャンペーン価格となります。

9/13現在、XSはブルーのみ在庫あり。他サイズは各色在庫あり。こちらのイーサーシリーズはユニセックスになりますので、XSは女性、細身小柄の男性がちょうどよく着れます!

上記のジャケットと基本性能は同様で、高い防水性と透湿性をもちながらメインジッパーをプルオーバーにし、ポケットをまでも減らし、各パーツなどの軽量化を図りストイックなまでの軽量化を施し驚愕の190g(Mサイズ)という今までの3レイヤーでは考えられない重量となっている。

IMG_9045.jpg IMG_9042.jpg

もちろん、軽量化のためとはいえ、OMMの素晴らしいワイヤー入りの立体フードデザインはそのままなので、ハードコアなコンディションでもバッチリ完全防水というレインウェアの性能を高次元で保っている。

IMG_9035.jpg IMG_9040.jpg IMG_9037.jpg

モックタイプながら下からもオープンするダブルジッパー仕様なので、ハードなランニングやバイクライディング時でも風の通りをよくし通気性をアップできる!ウエストもドローコード付きで、腕の部分はサムホール仕様になっている。ポケットはジャケット外側ではなく、内部ポケットが一つあり、メインジッパーからの直接アクセスがし易くなっている。

IMG_0974.jpg

ぜひとも、新しくなった新世代のe-ventをSHMW店頭で実際に着て触っていただきたいが、ホンマにハードシェルレインウェアとは思えないしなやかさと軽さをもっている。おそらく、着てしまったら最後、レインウェアの買い替えを考えることになるはず(笑)今までハードシェル+超軽量ウィンドシェルジャケットの両方を持って行ってたのが、明らかに雨が降りそうだというシチュエーション時にはこれら一枚だけの出動も多くなった。要は今までハードシェルはあくまで雨が降る時にしか着なかったのが、ソフトシェルのようなあまりの着心地の良さとe-ventの通気性の性能の良さでコレ一枚のみの出動が必ずや多くなる。レインジャケットというと、梅雨時期には普段着として着ると、蒸れて内側がベタベタして気持ち悪く着れたもんではなかったが、コレはホンマに普段にも着てしまうくらい快適!ぜひ、店頭でその軽さと着心地の良さを感じてみて!

スモックかどちらをGetするか実に迷う所であるが、トレイルランニング含め、クライミング、縦走登山、MTBなどオールラウンドな山行での使用であればジャケット。日帰りハイキング、もしかしたら雨が降るかもしれない時の旅行やハイキング、もしくはトレイルランニング山行、トレイルランニングレースの保険やレギュレーション対策で1gでも軽くしたいというミニマリストはスモック!じっくり迷ってください!



トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1163-cde25d08

FC2Ad