いよいよ今週末開催!福井・滋賀・北陸地方のマウンテンランナーはぜひ! Mountain Running Japan Caravan

IMG_9328.jpg IMG_9331.jpg IMG_9329.jpg IMG_9332.jpg   

MRJ(Mountain Running Japan) Caravan in Fukui

SHMW(Sky High Mountain Works)タク、MFA(Mountain First Aid)ノブが日本のマウンテンランニングのローカルらと情報交換をし合いセッションやイベントをしながら日本の素晴らしい山々、食、温泉、ローカルカルチャーをDIGし、ファッションや流行ではない日本らしいこれからのアウトドアとのライフスタイルを提案する巡業の旅を始めます(笑)記念すべき第一回目は、福井県小浜市在住Patagonia Trailrunning Team&OMC(OBAMA MOUNTAIN CLUB)中辻悠貴(ナカツジ ユウキ)氏と共に福井県で開催となります!福井県のマウンテンランナーはもちろん、近県や北陸地方の方はぜひお越しいただき、情報交換や交流をみんなで楽しみましょう!まだまだ内容や企画は模索中でもあるので、リクエストやご意見あればぜひお気軽にSNSでもSHMWへ電話でもください!

IMGP1220.jpg

中辻 悠貴(ナカツジ ユウキ)
福井県小浜市出身26歳
毎日、トレイルランニングやカヤック、サーフィンなどのODスポーツを楽しんでいる。7年前に地元8キロのトレイルレースに参加しトレイルランニングの楽しさを知りランニングを始める。20歳のときに100キロウルトラマラソンに挑戦。現在は高島トレイルを中心にトレーニングや普及活動を実施している。

IMG_9334.jpg IMG_9335.jpg

日時:2014年6月28日(土)午後より

場所:八ヶ峰家族旅行村キャンプ場
アクセス:コチラをクリック→

イベント参加費:500 yen

福井県の最南端にあるブナやナラの原生林が広く分布している場所で、キャンプ場から2時間の登山で八ヶ峰を周回でき、ブナ林の快適な極上シングルトラックが超お手軽に堪能できる!もちろん、美味しい湧き水もありの自然いっぱいの場所なのでアツいトークをしましょう!梅雨の時期でありますが、屋根があるBBQ場もあり、山も短時間のトレイルランニングであれば濡れたブナ林を走るのも楽しいもんです。

スケジュール:
午後14:00位より希望あれば八ヶ峰までのラウンドコースをみんなで会話しながらセッションして新緑のブナを堪能予定。昼からで八ヶ峰ハイクやランをしないご家族でも釣りなどもできます。詳細はキャンプ場HPチェック!夜はホタル観賞できるかも!

17:00あたりより「Change Your Mountain Life」と題して、先日訪れた屋久島マウンテンランニングの写真やこれまでの山行写真を織り交ぜ、地方都市に住んでいるからこそできるアウトドアとのライフスタイルの素晴らしさをトークします。その後、Q&A、トークセッションなどファッションだけではない、1時間でも時間があれば山に行きたいという真の山好きのためのミーティングをMELLOWな時間の中でアツくセッション!

基本キャンプ場HPの料金価格で入浴やBBQの場所代や薪代、雑費はサービスしてくれるそうです!肉や野菜は持ち込もうと考えています。中辻氏がヤバい若狭牛用意いしてくる予定(笑)BBQ肉代として+2000円徴収。飲み物は現地販売予定。

イベント代+キャンプ場代(例 バンガロー4人7800円寝具付き、古民家1人2900円寝具付き、テントサイト2300円)+BBQ&一応入浴料3000円(ドリンク別)な感じです。


IMG_7344.jpg



・Mountain First Aid

SHMW+Nobuの提案するマウンテンランナーのためのファーストエイド講習会を今回の小浜でも開催します!

1、マウンテンファーストエイドの目標
 一般市民の方が山の中で起こった事故や怪我に対して出来ることできないこと
 その判断するための基準や知識についての話

2、他人を助ける前に自分を危険にさらさない方法とは?
  二次災害や感染についての話

3、トレイル上で起こりやすい怪我、事故とは?
  それにどう対処すべきか?
  ※トレイルの中で起こりやすい5つの創傷を実際の事例をもとに
  創傷の処置方法、圧迫止血方法、骨折時の固定方法などを説明します。

4、本当に使えるファーストエイドキットとは?
  現在市販されている一般医療機材の中から軽さと使い勝手などを考慮した使えるファーストエイドキットを紹介。
  使用方法などを説明し、各アクティビティに合わせたファーストエイドキットの提案と紹介。

5、ローカルとして山とその地域に貢献していくための提案。

IMG_8249.jpg

講師:Nobu 高木 義宣
兵庫県神戸市在住 看護師歴15年。市内の病院の手術室に勤務。スノーボードをメインスポーツとするも4年前よりトレイルランニングの魅力にはまり芦屋川に移住し走り始める。以後UTMF(2012)、UTMB(2013)を完走。アウトドアスポーツと医療のつながりを強くしたいとの目標にトレイルランニングの機動力を生かしたファーストエイド講習を絡めたイベントを今後開催していく予定。

看護師である自分がアウトドアスポーツに貢献するために自分の出来ることとして、機動力のあるトレイルランナーに焦点を当てたファーストエイド講習会を開催したいと思います。

日時:2014年6月29日(日)16:00- START 質疑応答含め2時間以内

「この講習会は資格者を増やすことが目的ではありません。
同じ山で遊びその場所を愛する仲間を増やすことが一番の目的です。」


P8190275.jpg
DSC04016.jpg DSC04038.jpg DSC04056.jpg 

・Talkin' about Lightweight Hiking or Fastpacking

これからオーバーナイトの山行を予定している方は多いかと思います。ストイックなファストパッキングスタイル、ULハイキングなど山の中で宿泊すると言っても様々なスタイルがありますが、まずはライトウェイトハイキングにスポットを当て、ファストパッキングなど荷物を軽量化してより遠くへ進む山行の過程を楽しむコツや楽しみ方についてお話しします。この夏から山で寝てみたいと思っている方や、荷物の軽量化に興味がある方はぜひご参加ください!

日帰りのハイキングをやっていたり、トレイルランニングで山を走っている人などはいずれは山で泊まってみたいと思っている方も多いはず。山で泊まるスタイルは、訪れる季節、同行するパーティなどで様々ではあると思う。彼氏彼女や夫婦で行くゆっくりペースの山行、友達同士の大勢の鍋を持ってのご飯やお酒メインの山行、途中で岩登りや沢登りを含めた道具が多くなるハードな山行、トレイルランニングを交えたファストパッキングなど、山で泊まると言っても実に多種多様なスタイルがある。

バックパックが大きいから、使うか分からなくても心配だから保険をかけてと言って、あんまり考えずに大きいパックに多くのアイテムを詰めんこんで山へ行っていたら、山頂へは到着したとしても、山を進む途中の過程においては、荷物が重くて快適に歩いたりすることはできない。SHMWでは、自分自身の体力や経験をよく知り、それに基づいて、自分の必要最低限のアイテムを選び出し、装備をライトウェイトにすることで山の山頂を目指すピークハンティングだけにとどまらない、山の途中の過程を楽しもうというスタイルを提案している。「快適さ」「軽量化」とは相反するものであるが、この度合いを決めるのがその時々の目指す山行形態と自分自身。今までの自分の山行の内容をふまえ、テント、寝袋、マットなどの幕営道具、バックパック、食、救急、歩くなど実際の道具をお見せしながら装備の軽量化のテクニック、コツ、軽量化をすることでどんなメリットが出てくるのかをお伝えします。

スピーカー:北野 拓也(Sky High Mountain Works代表)

日時:2014年6月29日(日)18:00ーSTART 約1-2時間ほど

IMG_9337.jpg IMG_9338.jpg IMG_9339.jpg IMG_9340.jpg

場所:福井県小浜市グリーンカフェ
   Green Cafe Facebook

参加費:2,000 yen(二つの講習代、三角巾、Green Cafe1ドリンク代含)

その他、商品はまだ未定ですが、SHMWの移動販売もするので、商品リクエストなどあれば気軽に連絡ください!

予約:Sky High Mountain Works
TEL 0797-34-3299



トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1219-e8621f2a

FC2Ad