タッチパネル対応の軽量完全防水ミトン登場!! Pasmic Mitt / MOUNTAIN HARD WEAR

FullSizeRender 2 logo-1.jpg

FullSizeRender_201411161315311d8.jpg IMG_6939.jpg IMG_6938.jpg IMG_6940.jpg IMG_6941.jpg

MOUNTAIN HARD WEAR / Pasmic Mitt / XL / 7,900 yen+tax

オーバーミトンとしてではなく、単体使用をメインに考えて作られたのか、サイジングはかなりタイト目。薄いインナーグローブ併用も考えると大きめのXLサイズがオススメ。サイズが気になる方は店頭でご試着ください。

僅か重量54g(ペア)の完全防水ミトン。雨の中の長時間のテストにおいて、グローブ内部が濡れる事なく使い続けられた。OutDryは完全防水ながら湿度を排出してくれるので内側のフリースの結露による不快感はなく、最後までドライなまま使用出する事が出来る。手の平部分の気になるグリップ力だが、グローブの表面素材がサラッとしていて本当にグリップしてくれるの?という感じもするが、Black Diamond / Ultra Distanceを握って登りに使用したが、滑らずしっかりグリップしてくれた。また、雨の登りの時にグローブを付けたまま太ももを押しながら登っても、バッチリ雨に濡れた肌でも滑らず使用する事が出来る。

IMG_7158.jpg IMG_7157.jpg IMG_7126.jpg
11/27に立山のバックカントリーでマイナス0℃〜10℃の気温の中で使用して来た。ライナーは使用せず単体で防水性、保温性共に問題なく使用する事が出来た!
ミトンでは画期的!?手の平部分は全ての場所がスマートフォン対応なのでグローブを外さず操作出来るのが非常にありがたい。ミトンの特徴としては、指と指の間に隙間がないので指全体が温かくなりやすい。寒がりな方にはミトンタイプがおススメ!!それでも寒い時はウールライナーなどを組み合わせると保温力がUP!!!



OutDry素材
従来の防水グローブは、水がシェル素材と防水ライナーの間にたまってすぐ重くなっていましたがOutDryは熱圧着の技術により防水透湿メンブレムを直接シェル素材に完全密着する事が出来る。


outdry-spec_20141116131801c11.jpg

トレイルランニグはもちろん、冬のスノーハイキングやスノーシューイング、スノーボード、春先のバックカントリー、梅雨時期とオールシーズン使い続けられるグローブ。天候が微妙な日はウールやフリースのグローブで迷うと思うが、そんな時は軽量で完全防水ミトン Pasmic Mitt を持って行けば間違いない!!これからの寒い冬シーズン、手の指が冷え易い末端冷え性の方には、今シーズン一番のオススメグローブ!グローブの重ね着も面倒でミニマル装備で手を寒さから守りたいというものぐさな方はコレがベスト!Terranova / Tuff Bagと異なり、このPasmic Mittはライナーがついているのでインナー要らずでコレ単体で汗をかいてもベトつき感がなく快適に使用できる。


トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1254-35bfb6d8

FC2Ad