一年中重宝するミニマルなウィンドシャツ Patagonia / Houdini Pullover パタゴニア フーディニ


24155_BLK.jpg 24155_COB.jpg 24155_CPRG.jpg 24155_COB_STUFF.jpg

Patagonia / Houdini Pullover / black,cobalt blue,caper green / XS,S,M / 11,000 yen+tax

今やアウトドアLoversは誰でも知っていると言えるほど、ソフトシェルジャケット(ウィンドシェル)部門では不動の地位を確立しているパタゴニアのフーディニ・ジャケット。さらにシンプルにミニマルに極めたモデルがこのプルオーバー。個人的にもさまざまなブランドのウィンドシャツを着てきたが、何だかんだで街にもフィールドにもこのフーディニを着てしまう(笑)やはり、何と言ってもこの生地の着心地と撥水性と透湿性のバランスが絶妙でホンマに素晴らしい名作。素材や生地はジャケット同様、DWR(耐久性撥水)加工済みのリップストップ・ナイロン素材で寒い風を防ぎ、小雨程度であれば充分に水を弾く。ジャケットとの大きな違いは、やはりフード部分の削除であり、コレが無くなるだけでトレイルランナーやハイカー、バイカーにとっては稜線などで風に吹かれてバタバタするフードを気にせずアクティビティに集中できる。特に予報で雨が降らない確立であれば、キャップやバフ、ビーニーなどの被り物系のみで十分。雨や天気が悪化しそうな時はハードシェルを持って行って、どうせ重ね着するしねって感じの方はプルオーバーが好きな人が多い。

IMG_5271.jpg IMG_5268_20141114105533994.jpg IMG_5273.jpg IMG_5274_20141114105535737.jpg
IMG_5277_20141114105613b39.jpg IMG_5279.jpg IMG_5283_20141114105618fe3.jpg

フロントには5つの軽量スナップボタンがあり、大きく前面が開閉できるのでベンチレーションにグッド!少々ボタン留めが固いが一番上か二番目のスナップボタンのみを留めるだけにして、あとは下部を留めずにベンチレーション全開で走ったり歩いたりすれば、ジャケットのシングルジッパーでは不可能だが、コアの換気をして首周りだけ保温するということも可能!シルエットもジャケットより少しすっきりしたミニマリスト向けのフィット。半分のみ伸縮性を備えたかさばらない袖口、ドローコード付きの裾、ロードランニング時に便利なリフレクターロゴが左胸と首の後ろ側に入っている。


24155_COB_STUFF.jpg IMG_5284_2014111410561959e.jpg

もちろん、本体はカラビナ用ループ付きのジッパー式チェストポケットにパッカブルに収納可能!

普段の街使いから散歩、ハイキング、トレイルランニング、バイクなど全てのシーンに活躍してくれるフーディニ。フードが無いだけで更に軽量化が計れ、これからの秋冬はウィンドジャケットとしてアウターだけでなく、中間着のウィンドシャツとして上からハードシェルやダウンを着るのがオススメ!もちろん、夏でも街の公共機関による冷房対策に非常に重宝する。ブルーやグリーンのカラーは90'年代にリリースされていたようなオールドスクールなシブいカラーなので購入も迷ってしまう。パタゴニアは毎シーズン事にカラーはブラック以外は変えてしまうのでカラーで気になったらその時に買わないと廃番になってしまうのでお気をつけを!何で今まで出て無かったの?って今更感もあるが(笑)今リリースしたということは、これが元祖パタゴニアが作るウィンドシャツだよ!と自信を込めた製品であることに間違いはない。

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1268-fe262604

FC2Ad