寒い季節の安眠にはこの枕付きマットが最高!Klymit / Inertia O Zone イナーシャオゾン

IMG_5063.jpg IMG_5060_20141117161553b37.jpg

ph_inertia_ozone_02a.jpg ph_inertia_ozone_04a.jpg ph_inertia_ozone_05a.jpg

Klymit / Inertia O zone / blue / 12,900 yen+tax

同社イナーシャXの軽さに冬でも快適に温かく使用できるようにパワーアップさせたモデルがこのイナーシャ・オゾン。単体でも販売されているPillow Xのような4インチ(約10cm)の超快適ピローをはじめから内蔵し、ハードなコンディションにおいても、より快適な睡眠を約束してくれる!

Inertia X:258g,180cm×45.0cm×3.8cm
Inertia X O zone :346g,183cm×54.6cm×4.4cm

IMG_5058.jpg IMG_5069.jpg

比較して分かるようにピローの追加以外にも、マット自体のサイズが厚みはもちろん縦も横も全て一回り大きくサイジングして設計されているので、身体が大きな方でもマットに包まれる感じでゆったり快眠できる!


IMG_5068.jpg IMG_5065.jpg

Klymitマット一番の特徴でもあり、最大のメリットがこのスリーピングバッグ自体にマットを入れて使用する方法。マットの上に寝袋でそのまま寝転がっての使用でも良いが、ぜひ、この寝袋INの使用方法を試していただきたい!通常であれば、自分の体重の重みでボトム部分の寝袋のロフトが潰れてしまうが、軽量化と保温をよりブーストするために、各所に配置された空間の穴ぼこ(ロフト・ポケット)が効率良く軽量化とシュラフのロフト潰れを少なくし、保温効果をより倍増してくれる!これで、寒い冬でも軽量化と温かさをバランスよく得ることができる!

寒いシーズンのテント泊縦走、きちんと睡眠をとりたいファストパッキングやロングハイク、小屋泊まりなど、同社Inertia Xよりもう少しラグジュアリーなマットが欲しい方、寝る時はいつも枕が欲しいという方、車中泊やオートキャンプなど、ウルトラライトほど軽くなくても、そこそこの軽量化で快適性を重視したいという山行などには非常にオススメ!個人的にも超軽量化のファストパッキング以外は最近は全てコレを使用して安眠させてもらっています(笑)Klymitの数あるモデルの中でも全世界で大人気ヒットアイテムのようで、常に品薄ですので思いついた時に手に入れておきましょう!

サイズ: 183 cm x 54.6 cm x 4.4 cm
パックサイズ: 8.9 cm x 15.2 cm
重量: 346g(スタッフサック別)
付属品: スタッフサック、修理キット
カラー: ブルー


トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1271-6b497c9e

FC2Ad