寒い冬こそ真価を発揮する汗冷えし難い定番ベースレイヤー! Arc'teryx / Phase AR Zip Neck LS

Phase-AR-Zip-Neck-LS-Legion-Blue.jpg Phase-AR-Zip-Neck-LS-Rohdei.jpg  

IMG_5088.jpg IMG_5082.jpg IMG_5080_2016112519451739b.jpg IMG_5086_2016112519452231f.jpg IMG_5084.jpg
IMG_5074.jpg IMG_5068_201611251945512aa.jpg IMG_5078.jpg IMG_5072.jpg IMG_5071.jpg

身長178cm、体重69kg、胸囲91cmの男性でMサイズを着用

Arc'teryx / Phase AR Zip Neck LS / legion blue,rhodel / S,M / 12,000 yen+tax

12/19現在、legion blue / Sは完売。他のサイズ、カラーは在庫あり。毎年SHMWでは常に秋冬から春先にかけて大PUSHしている個人的にも一番好きで常に着ているベースレイヤー。汗冷えを抑えてくれれ、正にマウンテンランニングやスピードハイキングやファストパッカーのための正装(笑)見た目では言われないと全く気づかないとは思うが、今年からPhaseシリーズで汗冷え制御や汗の拡散を素早くしてくれるキーとなっていたポリプロピレンの糸から半永久的に続く撥水加工のポリエステル繊維を開発して変更となっており、より嫌なニオイや汗冷えを抑えてくれ大きなアップデートとなっている。毎年、寒くなってからだと、お好みのサイズやカラーが店頭&メーカー共に在庫が無くなっているので、今年は狙っている方はお早めにどうぞ!明るくきれいなrhodelというグリーン系か、シブいブルーグレー系でキメるか実に迷う(笑)


「PHASE」シリーズ全面リニューアル!これまではポリプロピレンを使用していたが、よりドライで快適な着心地を目指し、Arc'teryxと日本の誇る繊維メーカーTEIJIN(テイジン)と全く新しいポリエステル100%の生地“Phasic™”を共同開発!

pr_651_3.jpg

“Phasic™”は、生地内側の汗を表面へ吸い上げる役目の糸と、疎水性の全く吸水性がない糸の二種類のポリエステルで構成されており、この二つの繊維を組み合わせることで汗や湿度などの水分の拡散を高め、アクティビティ中や休憩時であっても汗冷えを少なくさせ、常にドライな快適な着心地を提供してくれる。また、ポリプロピレンからポリエステル100%への変更により、より製品のカラー自体の発色が良くなり、消臭効果、肌触りを向上させている。

materials-teijin-phasic-logo-mini.jpg

寒いシーズンにおいては日本でも完全に定番化したアークテリクスの汗冷えの少ないPhasicベースレイヤー。数種類あるPhasicモデルの中で、秋冬時において一番オールラウンダーに使えるモデルがこのPhase AR。ボディ全体にPhasic™ AR生地を使用し、脇下部分にPhasic™ SL 素材を配しハイブリッド マッピングを採用。脇下部分にはガゼットを入れてあるので、岩場での手を上げる動作においても全く支障がない。糸の織り方によるメカニカルストレッチとフラットロック糸の縫製により、身体にぴったりフィットし、着る人の見た目もスッキリさせてくれる。同時に、ハードなランニングにおいても素早く汗を吸い取り、湿気を逃がして効率的な換気を行ってくれる。寒暖の差が激しい秋冬でも実に優れた温度調節機能を提供してくれるのがこのPhase AR(AllRound)なのである。


pr_651_4.jpg  PHASE SL

PHASE SL:最も運動量が多いアクティビティに最適なシリーズ。PHASEコレクション中、最速の乾燥時間且つ最低限度の保温性を持ちます。100% POLYESTER DELTA YARNSと100% POLYESTER DWR TREATED CARAT YARNSを組み合わせた1層の生地を採用しています。

pr_651_5_201611251928309a2.jpg PHASE AR

PHASE AR:肌寒い環境下でのストップ&ゴーを繰り返すアクティビティに最適。適度な保温性と高い吸水速乾性が特徴。2層構造:内側は100% POLYESTER DELTA YARNSと100% POLYESTER DWR TREATED CARAT YARNSを交互に使用する事で肌面をドライな状態にキープ。表側はPHASE SLと同じ構造にする事でより乾燥時間を早めます。

今期の大きなアップデートとして疎水性のポリプロピレンを止めて、半永久的に持続する超撥水加工されたポリエステルを使用しているポイントが目立たない裏の話だが実に個人的にも嬉しいNEWS!もちろん、このPhase ARだけではなく、SHMWのメインベースレイヤーとして大PUSHしているPhase SLも同様の変更となる。このPhaseの生地の仕組みとしては、メインの吸湿発散ポリエステル糸でまずは汗を肌から吸い上げ、次に横糸で使用している水分を全く保水しない超撥水加工を施したポリエステルにより、汗の水分をみるみるうちに「点」から横移動で「面」へと拡散させ、体温を奪ってしまう自分の汗を広げることによって生地は濡れているのに肌は汗冷えにより冷え難くさせるという素晴らしい仕組み。また汗が分散することで生地の乾燥も早くなりドライな状態と快適さを保ってくれるので、内側にドライレイヤーを着ずとも、これ一枚のベースレイヤー単体で、高所での行動や気温差が激しい夜間や朝一に行動するレースにおいて、汗冷えを感じ難い一番使えるベースレイヤーとなっている。個人的にもずっと使用していて、ポリプロピレンが長期的な使用を考えるとポリエステルと比較するとどうしても嫌なニオイがしてしまうので、今回の変更は嬉しい限り。また、今回このポリエステル生地自体にDAO(Durable Anti-Odor)加工という耐久性抗菌処理も施しているので気になるニオイに対してもかなり期待できる。

クルーネックタイプもリリースされているが、個人的にはこのジップネックが熱量の高いマウンテンランニングには断然オススメ!深くまで下がるジッパーにより、スクランブリングなどを含む温度調節が難しいマウンテンランニングにおいて、素早い通気性を得られるので、汗かきのランナーやクライマーには大助かり!標高の高いエリアや低い場所などで絶えず移動する場合、温度調節が非常に困難であるが、ハイネック時には首もとを風から防御し、ジップネックにより優れた通気性を実現している!生地自体もPhase SLよりもPhase ARの方が表面の耐久性は強いので、芦屋ロックガーデンを含む関西に多いギザギザで鋭利な花崗岩においてもそこそこ気にせず遊べるはず。



IMG_5092.jpg

Phsic生地のスゴさはyou tubeで観ていただくと分かるはずだが、汗などの水分を急速に吸水するポリエステル生地と、水分を全く保水しない疎水性のポリプロピレン糸の配合により、汗の水分をみるみるうちに拡散させ、生地は濡れているのに肌は汗冷えにより冷え難くさせるという素晴らしい仕組み。これからの寒い季節や気温差が激しい夜間や朝一も行動するレースにおいて一番汗冷えし難いベースレイヤーと言われ、国内外で高い評価を得ている。

深くまで下げれるジップネックのおかげで、通常のハードなトレイルランニングはもちろん、岩場などのスクランブリングクライミング、ハイキングはもちろん、マウンテンランニングにおいては、もはやユニフォームか!と言えるほどベストなベースレイヤー。これだけ使える一枚で着れるベースレイヤーは何処を探してもない(笑)個人的にもSHMWテキにも秋冬から春にかけて、数あるベースレイヤーの中で一番使えるアイテム。夜間走行や朝一番で動く場合は特にオススメ!また、Mサイズで180gという長袖ベースレイヤーの中ではかなり軽量の部類に入るので夜間のための着替えにも便利!毎年、寒くなるにつれてどんどん在庫も残り少なくなっていくので、お好きなカラーやサイズが選べる早い時期にお買い求めを!

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1272-193b6868

FC2Ad