天然素材で作られたスローフーズの山の行動食 ZEN NUTRITION / 山よりだんご

img12.jpg

ZEN NUTRITION / 山よりだんご / 350 yen+tax

発売開始から大人気の天然素材を使って作られている山よりだんご(塩餅)!食べたことがない人はぜひトライしていただきたいシンプルで腹持ちの良い誰でも食べれる美味しいだんご!天然アミノ酸で一躍有名になったZEN NUTRITIONがプロデュースしているだけに、全て天然素材を使って手作りしているスローフーズ仕様な山の行動食。 塩は伝統海塩「海の精」を使用。さらにライチからポリフェノールを抽出し、カラダに吸収しやすい低分子化したオリゴノールを加えている。 一袋に一口大のブロック型のお餅だんごが沢山入っており、全て食べることによって277kcal (90g)摂取可能。エナジージェル一袋で大体約100-120kcalほどのカロリーだが、この山よりだんごはお餅のようによく噛んで食べ、歩いたり走ったりと人間が進み続けるためのガソリンとなる炭水化物が3,200kcalも摂取できるのでGood!一日の山行につき1-2個持って行くだけでも、エナジージェルの味気ない行動食だけよりも「食べる」ための楽しみができて良い!

伝統海塩「海の精」:美しい自然に囲まれた太平洋に浮かぶ小さな島、椿の花咲く御神火の島として知られる伊豆大島で、海水から直接生産される貴重な国産塩です。日本特有の伝統的手法を継承しつつ、30年以上にわたって装置や稼動方法を改良し続け、安心安全に細心の注意を払い惜しみなくて手間をかけて生産しています。


伝統海塩について:

カラダにとって大切な塩。正しい塩の知識を学ぶことで健康な体が作られます。「伝統海塩」の中には、とても多くのミネラルが発見されています。人間の体液である血液や羊水の持つ ミネラルの構成比率が海水の持つミネラルの比率とほとんど同じということが分かっています。 私たちが、生きていく上で欠かせない食用の塩とは、地球生命の母なる海のエキスであり、実は私たちの 血液と古代海水をむすぶ”へその緒”だったのです。 しかし、ある辞書によれば、塩とは「塩化ナトリウム(NaCl)」の俗称である」とのこと。でも、これは大きな誤解なんです。

昭和 46 年(1971年)、法律によって日本で伝統的に行われてきた塩田式の自然な製塩法が廃止され、 全面的にイオン交換膜式という化学工業的な製塩法に切り替えられました。その塩は塩化ナトリウム濃度 がとても高い超高純度な塩となり、その当時は「工場の塩」とも呼ばれていました。

「健康のために減塩を」と言うことがいまや常識となっています。特に、塩は高血圧症の原因とされ、まるで毒物でもあるかのような扱いを受けています。でも、これはとんでもない間違い! 医師や学者の方々が仰る「健康のために減塩」というのは「塩とは塩化ナトリウムである」と言う前提に 立っているのです。 確かに、塩には沢山の塩化ナトリウムが入っています。けれども、塩化ナトリウム純度が低い昔ながらの 「伝統海塩」には、ナトリウムだけでなく、カルシウムやマグネシウム、カリウムなどのミネラルも同時 に含まれています。

健康な「伝統海塩」は、血液やリンゲル液のミネラルバランスに近いのです。 ナトリウムは塩にだけでなく、化学調味料(グルタミン酸ナトリウムやイノシン酸ナトリウムなど)をはじめとした多くの食品添加物にも含まれています。肉や魚などの動物性食品にも多く含まれています。 逆に植物性食品には、ナトリウムと対になって働き、いっしょに排泄されるカリウムが多く含まれていま す。つまり、仮にナトリウムが高血圧症に関わっているとしても、短絡的に減塩するのではなく、塩の品質と食生活全体で考えることがとても重要なのです。 ナトリウムは決して人体に害があるものではありません。それどころかもっとも必要で安全なミネラルです。

大切なのは、実は他のミネラルとのバランスです。 特に、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウムのバランスが重要です。 塩の害を言うのなら、塩化ナトリウムの単独過剰摂取こそ問題にすべきことなのです。

「天然の恵みをスポーツのために」 それが私たちの挑戦です
「天然へのこだわり」

私の体験を下に、当社では限りなく天然で「食」に近い原料を研究し、私の大好きなスポーツのためのサプリメントに導入しました。カラダに安心であるだけではなく、とても効果があることを体感し、それが今では多くのプロアスリートに受け入れられています。是非お試しいただき、この機会に「食」についても考えていただけたら幸いです。

大きな宣伝広告に頼ることなく、お金は最大限に良い原料に費やす。この方法で世に広めることは簡単ではありませんが、大切であり価値あるものと信じ、努力して参ります。

株式会社 ZEN NUTRITION
代表取締役  田村 誠

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1275-19a0c20e

FC2Ad