今シーズンは細部がアップデートされた蒸れずに動ける次世代インサレーション HOUDINI / C9 Loft Jacket

1651_14d414158c-msc9loftjacket_summitblue_f-big.jpgIMG_8319.jpg
IMG_8316.jpg IMG_8310.jpg IMG_8314.jpg IMG_8313.jpg

身長177cm、体重70kgの男性モデルがMサイズを着用。下にベースレイヤー1枚のみの着用か薄いミッドレイヤーを着てが、機能的に使える理想なので、ミッドレイヤーの厚手フリースを着用するようなサイズ感でセレクトするのがベスト!

HOUDINI / C9 Loft Jacket / Summit Blue / S,M,L / 32,000 yen+tax

昨年最も注目されてた動けるインサレーションPolartec ALPHAを使用しているだけあって、すでに使用したユーザーから高い評価を得ているモデル。昨年は早い時期からメーカーも完売となった人気モデルのため、寒くなってからではSOLD OUTの可能性高し!今シーズン試したいというコアユーザーの方は、同じような切り口である動けるインサレーションPatagonia / Nano Air Jacket&HoodyもSHMWにて着用して比較できるので、お早めにぜひご来店を!昨年は襟口が狭く窮屈感がありサイズを悩んだ方もいると思うが、今回はすぐにアップデートされ襟口が広くなり窮屈さは全く問題なく改善されているのでご安心を!

今までインサレーションというと、ダウンあり化繊があり、そして、使用方法としてはあくまで休憩中やビバーク、クライミング時のビレーなど、各アクティビティの停滞時に「暖」を取るための使用方法であったが、このたびフリースで有名なPolartc社がこの使用方法を覆す素晴らしい素材を開発した。簡単に言ってしまえば、コレ1枚で停滞時や休憩時の保温は当然の事ながら、脱がずにアクティビティ中も汗でベースレイヤーを濡らさずに行動ができるという夢のような素材なのである。今までのダウンや化繊インシュレーションであると、着ながらハイキング、バックカントリーのラッセルハイクアップ、マウンテンランニングなどをしていたら、熱がこもってしまい汗だくになってしまうので、いちいち脱いだり、ベースレイヤーの上に薄いソフトシェルジャケットを着たりと、バックパックを下ろしたり、ウェアの着脱が面倒であったが、このPolartec ALPHAという素材は「熱」が抜けるのでレイヤリングの着脱回数を著しく減らす事が可能!正に、ハードコアな動きの多いコアユーザーには実に革新的でもってこいの素材なのである!

alpha.jpg polartec_alpha_puffy-600x531.jpg

Alphaとは本来、USA特殊部隊のコードネーム。特殊部隊用に元々開発した素材がアウトドアの過酷な環境にも使えるということで、徐々にいろいろなアウトドアブランドで使われるようになってきた。有名なPrimaLoftなどの従来の化繊と比較すると1.5倍以上の速乾性、そして運動時の抜けの良さとなる通気性が約2倍以上高いという素晴らしい素材。イラストで分かるように、両面が起毛したような化繊のシートを通気性の高い生地で挟み込んでいる構造になっており、このため通気性が著しく高く、汗抜けが良く、ハードなアクティビティ時にも非常に蒸れにくくなっている。



IMG_7034.jpg IMG_7045.jpg IMG_7040.jpg IMG_7036.jpg IMG_7038.jpg
IMG_7050.jpg IMG_7052.jpg IMG_7054.jpg IMG_7059.jpg IMG_7049.jpg

写真男性モデルが着用しているグリーンのカラーは昨シーズンカラーとなりますので廃番になっております

すでに幾つかのメーカーより、このALPHAを使用したウェアはリリースされているが、使用すればするほどこのHOUDINIのC9 Loft Jacktは、ALPHAという素材の良さを引き出す作り込みや、表面に使用される生地のコダワリを感じられる。特に、生地は一種類ではなく、汗のかきかたやアクティビティ時の擦れによる耐摩耗性を考慮し、二種類の異なった生地を使用している。写真でいうと、濃い緑部分であるが、バックパックを背負っていると一番汗をかく背中から脇の下にかけて、そして、前面のお腹周り部分を通気性とストレッチ性に優れ、且つHOUDINIらしい柔らかくて着心地が良い「Diffusion Stretch」という生地を使用。そして、バックパックのショルダーストラップ、岩や木々の摩耗から生地を守るように耐久性が高く、且つ撥水性の高い「C9 Ripstop」を使用している。また、通常コノ手の耐久性を出すための生地は硬くハードになってしまうが、コレがHOUDINI MAGICで実に柔らかくついつい街でも普段でも着てしまうほど心地良い。この二種類の生地の使い方と、ALPHAの動けるインシュレーションという快適な暑過ぎず寒過ぎずという特性をうまくミックスさせ、実にHOUDINIらしいALPHAを最大限に生かした作りになっている。

IMG_7046.jpg IMG_2425_20141204172530df4.jpg IMG_8318.jpg

またアクティビティ時に非常に使えるポイントが、OMM社でも採用しているこのダブルジッパー仕様。いくらPolartec ALPHAといえど、マウンテンランニングのように熱量の高いアクティビティや寒暖の差が激しい日本であるとオーバーヒートしてしまうので、この上からも下からもジッパーで開閉できるシステムは実に助かるし、これだけで面倒な着脱回数も更に減らせるというもの。これは各メーカーさんもぜひとも色々なアイテムに採用してもらいたいもの。

IMG_2409_20141204172528763.jpg IMG_2548_201412041725315f8.jpg IMG_2421.jpg

もちろん個人差があるのだが、自分が今まで様々な環境下でテストした感じでいうと、各アクティビティの熱量に応じて、各社ベースレイヤーの厚みや保温力があるはずだが、まず、ベースレイヤーで各自シチュエーションに応じてセレクトし、あとはこのPolaretec ALPHA仕様のC9 Loft Jacketをベースレイヤーの上からそのまま着て、気温が5度以下やマイナスの世界くらいであればそのまま快適に汗をかかずにランニングできる!熱量の低いハイクであると10度以下であればオーバーヒートせずに快適にハイキング可能。そして、雨や雪などの天候悪化、もしくは寒さを感じる気温の低下であればハードシェルを上から着込むことによってパーフェクトなレイヤリングの完成となる。

全ての天候下において、レストやビレー時などはしっかり「暖」を提供してくれ、各アクティビティの行動時において、ベースレイヤーの汗冷えを気にせず面倒な脱着回数を極端に減らせる。そんな夢のようなウェアがこのC9 Loft Jacketである。カラーやデザインもシンプルなので、ハードな山行時だけではなく、普段の街着はもちろん、蒸れ難いので通勤&通学のバイクライディング時などにももってこい!もちろん、全て化繊素材なのでジッパーを閉めて洗濯ネットに入れれば中性洗剤で洗濯機で丸洗いOK!何度洗っても生地や素材が痛む心配も無く、汗をかきまくって汚れても心配不要!ぜひともハードコアに動き回っている人や暑がりな人に感じて欲しいALPHA!かなり在庫は少なくなって来ているが、これからの冬シーズンのBCスキー&スノーボード、スノーシューイングやスノーランニング、雪山ラッセル祭り登山などにぜひお試しあれ!



トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1278-f78ad561

FC2Ad