LIGHT & FAST好きにはたまらない クライミング・アプローチ & バック・パッキング シューズ MONTRAIL モントレイル CTC MID XCR

logo_montrail.jpg  GM1018_246.jpg

 
軽量で、しかも山できちんとした足のプロテクションを持つトレイルランニング・シューズ。安定感と耐久性に優れるハイキング・トレッキングシューズ。この2つのカテゴリーを結びつけたのが、このアメリカはシアトルのブランドMontrail(モントレイル)社のCTC MID XCR。 


Montrail(モントレイル)とは、80年代からアウトドアをやられている方々には馴染みがあると思うが、コアなハイカーやクライマーに支持された通称ワンスポと呼ばれるOne Sport(ワン・スポーツ)が以前の名称で、90年代後半に現在のモントレイルになった。


そして、それ以降、より高度なフィッティングと革新的な技術をもつコアブランドのイメージを構築し、軽く、早く走るためのトレイルランニング・シューズが瞬く間に評判となった。


その後、トレイルランニングを核にしながらも、アドベンチャーレースからバックパッキング、クライミングになどに対応した、街履きではなく、あくまでも現場のアウトドアで使える、ハイパフォーマンス・シューズを作り続けている。


 


GM1018_246.jpg gm1018.jpg  Montrail / CTC MID XCR 18,690yen


足首周りのより確かなサポートのためにミッドカットを採用していて、見た目重そうなイメージがあるが、これがそこいらのトレッキング・シューズとは訳が違う異次元の軽さを提供してくれる。


一応、クライミング・アプローチ・シューズというカテゴリーの靴ではあるが、足入れがし易く、足を包み込むような快適さがあるので、長時間の歩きでも疲れない。日帰りハイキングから、数日間のバックパッキングまで幅広く使える。しかも、これからの寒い季節に重宝する透湿性に優れた防水透湿性素材ゴアテックスXCRをライニングしているので、雨の日の長靴代わりや、これからの冬シーズン雪の多いスキー場の行き来などに使える完全防水仕様。


革靴と違って、とても軽いので、国内・海外問わず普通の旅行でも使いたくなるほど。また、特筆すべきは抜群のスティッキーな粘着力の高いソール(今だに、ビブラム・ソールが一番なんて言ってられませんよ!)。ドライな岩場や急斜面、またウェットな濡れた路面でも抜群のグリップ力を発揮してくれる。固過ぎない適度なソール・プロテクションで足のねじれなども防いでくれる。アルプスの縦走から六甲山などの岩場の多い低山まで、様々な山行で活躍すること間違いなし。まずは、店頭で一回騙されたと思って、履いてみてくださいな!

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/128-417b57a7

FC2Ad