Sサイズ若干数残り在庫あり!山から街でも重宝する何処でも着れる快適軽量ソフトシェル Teton Bros. / Wind River Hoody

IMG_2951_20161031184055f0a.jpg
tetonbroslogo.jpg

IMG_2877_201610311905178ce.jpg IMG_2875_20161031190514a34.jpg IMG_2878_20161031190515e5c.jpg IMG_2883_20161031190515a7d.jpg IMG_2885_20161031190517406.jpg
IMG_4091.jpg IMG_4085.jpg IMG_4090.jpg IMG_4088.jpg IMG_4103.jpg

身長177cm、体重69kg、胸囲91cmの男性がLサイズを着用。上段のアウトドアでの写真はcoffee、下段写真はdark green。通常での使用はMサイズを着用。トイレイルランニングなど3-5リットル以下のベスト型パックの上からも羽織る時はワンサイズ上のLサイズを選んでいます。 日本人男性はSサイズからMサイズ、体格の大きい方がLサイズとなります。使用アクティビティやシチュエーションで各人サイズ選びは変わってきます。

IMG_4115_20161031191401d4b.jpg IMG_4110_201610311913578bf.jpg IMG_4113.jpg IMG_4111_20161031191359e64.jpg IMG_4125.jpg  

身長163cmの女性でcoffeeのXSサイズを着用。身長160cm前後位から、それ以下の背丈であれば、女性でXSサイズが着れます!

通販BASEカートはコチラ→

Teton Bros. / Wind River Hoody / XS,S,M,L
coffee-desert piping(SHMW Limited Edition)
deep green-light gray piping(SHMW Limited Edtion) / 16,000 yen+tax

2/8現在 、女性にぴったりなcoffee / XSサイズがラスト1枚のみ在庫あり。coffee,dark green共にSサイズが若干数在庫あり。このカラーやプリント、仕様は完全にSHMW versionとなりますので、日本全国でもちろんSHMWでしか販売しておりません。今回限りのカラーで生地となりますので次回再生産はありませんので、この手のシブいカラーが好きな方はお早めに!


SHMWとTeton Bros.が2015年より始めたプロジェクト-Mountain Running Elevation Series- Wind River Hoody のアップデートversionがついに入荷!今回はSHMW Limited Editionとして完全別注生産となりまして、光の当たり方に寄っては濃いカーキグリーンっぽくも見えるシブいコーヒーの生豆となるcoffee、SHMWテキ男女どちらにも人気なdark greenの2カラー展開。どちらもフード部分のパイピングには目立つカラーのパイピングをシンプルに配し、後ろのポケットにはTeton Bros.ロゴを配し、今回は腕部分にSHMWのリフレクタープリントによるダブルネームが入りました!今回のアップデートは基本大きな変更点は無いですが、袖丈、着丈をそれぞれ3cmほど長くしています。あとはロゴの配置の変更くらいになります。どちらのカラーもかなり迷うと思いますが、完全限定生産なのでビビッときたら速攻でお願いします!

IMG_6021.jpg 

昨年リリースされたウィメンズモデルは全てのサイズ完売してまして、今回より女性のためにユニセックスサイズとして、XSを新たに綺麗なシルエットで作っていただきました!XSはかなり少量ロットの限定数量生産アイテムなので完全早いもの勝ちですので、シブいカラー好き女子はお早めに!



pertex-microlight.jpg pertex-microlight2.jpg   

Fabric: Pertex Microlight
Weight: 107g(Size M)

何と言ってもメインボディで使用されている生地の気持ち良さがハンパない!ここ最近では性能の良さで寝袋やインサレーションで使用されることが多いPERTEX社の MICROLIGHTを使用。30デニールクラスの高強力ナイロン糸を高密度で織って作られており、防風性、撥水性と並んで十分な強度と耐摩耗性を保ちつつ軽量化を達成した素材。耐久性と軽さの両立は難しいが、このマイクロライトはその点で非常にバランスの取れた生地と言える。また、以前までの40デニールクラスの生地と比較すると25%以上も軽量化が図れ、透かして見える高密度リップストップ織りにより熱放出を減少してくれる。マウンテンランニングに対応する素晴らしい通気性、そして、十分な強度と岩場などでの耐摩耗性を保ちつつ、見た目では重くなりそうな感じであるが、100gちょいという軽さ!何より、普段着としても着たくなってしまうほどの肌のあたり具合や素材のここ良さを感じていただきたい。

IMG_4107.jpg IMG_4106.jpg IMG_6670.jpg

このウィンドリバー生地の一番の特徴としては、生地の軽さや薄さでは考えられない抜群のストレッチ性能!ランニング時の腕振りや岩場などでのクライミングセクションでの腕を伸ばした時の肩周りのつっぱり感の無さやノーストレスを体感してしまうと他のジャケットが着れなくなってしまうはず!NEWリリースのパンツにおいても足上げのし易さはハンパなく、クライミングセクションにおいてのハイステップもお手の物である。また、トレイルランニング向けのソフトシェルジャケットに必要不可欠な通気性がこの上なく良い!汗をかいた時や湿度が多い日はウィンドシャルは内側が蒸れてしまいがちで不快に感じる事が多いと思うが 、Pertex Microlightの素材はジャケット内側の蒸れ感が非常に少ない。また、目に見えない生地表面の細かい凹凸のおかげでノースリーブやTシャツ、ランパンで肌が生地に直に当たっても、汗で体に張り付く不快感を最大限に軽減してくれ、長時間ドライに着続けられる。写真でも分かるように撥水性も強く、小雨程度なら全然問題なく弾いてくれる。他社のウィンドシェルと比べると、ストレッチ性能の良さと生地が非常にソフトで触り心地が良いのでランニング時のシャカシャカ音は全くなく着心地もしなやかなので、マウンテンランニング、クライミング、春のバックカントリーでのハイクアップはもちろん、ロードランニングや軽いジョグや散歩、街着としてもついつい着てしまうはず。カラーもPOPでレーシーな明るいものではなく、山などでも自然に着やすいブラックやネービーとシブいカラーなので、ジャケット、パンツと共に必ずやみなさんのライフスタイルにマッチするはず!

IMG_4103_20161031192932073.jpg IMG_4101_20161031192931dcd.jpg IMG_4125_20161031192935e5b.jpg

SHMW Limited Editionではボディのシブいカラーに対して、パイピングカラーが少し目立つキーカラーとしているが、このゴムパイピングがオールドスタイル感を醸し出し、且つバンジーコードやコードストッパー無しでもフードが頭や顔に確実にフィットし、小雨時や風が強い日にかぶっていてもバタつかない。

IMG_2894.jpg IMG_4093.jpg IMG_4097_20161031193118754.jpg IMG_4117_201610311931205e3.jpg  

今回のアップデートでは、腕丈を3cmほど少し長めにして手が長い人にも対応!もちろん、サムホールも付いており少々の風が強い日や手が悴むような寒さでも、手の甲まできちんと防風対策できるのでグローブを持っていないシチュエーションでも非常に重宝する。腕の部分に今回はSHMWのロゴをサラッと入れてみたので、ぜひコレで皆さんSHMWの宣伝よろしくお願いします!(笑)

IMG_2889.jpg IMG_4121.jpg  

この手のソフトシェルジャケットには珍しいと思うが、パックのようにランニング中にモノが取り出せるようにバックポケットが付いている!今回はここにはTeton Bros.のリフレクティブロゴ入り!ポケットの出し入れを横からにして、少し小ぶりのポケットサイズになった。ジェルやサプリメントなどの補給食、LOKSAKに入れた大事な地図を入れておくのに丁度良いサイズのポケットで、ベスト型のザックであればバックポケットはザックに干渉せず使える。

IMG_2889_2016103119342775c.jpg IMG_2914.jpg  ➡︎ IMG_2915.jpg

もちろん、バックポケットにパッカブルに収納可能だが、このウィンドリバーフーディのパッカブルサイズは収納のストレスを考えて敢えて特別に小さくしておらず少し大きめサイズ。ファストパッキング時や日帰りゆっくりハイキング時のお昼寝や休憩時の枕として使用できるようになっている。お好みで服を足し、高さを上げたりすると実に調子良い枕になる。パッカブルポケットにTeton Bro.ロゴ入り!もちろん、少し大きめのパッカブルポケットなので、くるくる丸めたりゴムででも留めたらさらに小さくコンパクトになる。

もはや、この手のソフトシェルジャケットはトレイルランニング、テクニカルなマウンテンランニングにおいて必要不可欠なアイテムとして認知されたが、全部同じシャカシャカジャケットで、大して変わらないでしょと思っては大間違い!様々なブランンドが気合いを入れて作り出しているが、まず何の生地を使って作られているのか、自分はどのようなスタイルのトレイルランニングやハイキングで使用するのか?通気性、撥水性はどのくらいなのか?それに応じた重量やコンパクトさはどの位まで小さくなるのか?など自分の山行目的のスタイルで使い分けることが重要!ミニマルな山行スタイルのマウンテンランニングだけにベースレイヤーと共にこのソフトシェルジャケットがそれだけ時には生死を分ける重要なギアとなり、コレがあるとないとでは低体温症になるならないとそれ位ヤバく、もはやスピードを追求するマウンテンランニングにおいては、ハードシェルの完全防水ジャケットなんかよりも確実に性能の良いこの手のソフトシェルジャケットが使う頻度は圧倒的に多いし正装とも言えるのではないだろうか。

個人的には、1,000m以内のロードトレーニングや短時間半日以内で終了するレース、慣れた低山や里山、短時間のピストン山行、天気のくずれなどを予想する場合はOMM / Sonic Smockなどの50g前後の超軽量コンパクトになるランパンのポケットにも容易に収納できてしまうアイテムをセレクト。そして、秋冬から春先シーズン、長距離レースやテクニカルな山々、新規開拓の山々、朝晩の肌寒い時間帯での使用を想定する場合はこのウィンドリバーフーディなどの100g前後の少し頼もしいソフトシェルジャケットを持って行く。天候を想定して、もちろん場合によっては
OMM / Aether Jcket & HoodyTeton Bros. / Tsurugi Lite &Jacketなどの完全防水ジャケットを必ず併用する。参考にしていただければ嬉しいが、とにかくこのウィンドリバーフーディは初めてGETするソフトシェルジャケットとしては非常にオススメ!ハイキングはやっているけど、これからトレイルランニングを混じえて走っていきたい、ファストパッキングをやっていきたい方にはBESTな一着!カラーも今回のシブい2色であれば、山はもちろん街でもいつでも何処でもオールシーズン使い回せる。普段使いにサッと着れるので使用頻度が高く、1着は是非とも持っておきたいアイテム!あまりの着心地の良さで2枚買いの方もすでに多くいますよ(笑)


トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1330-406a8c33