ファストパッキングやLWハイキングに最適な32㍑ベストパック! ULTIMATE DIRECTION / FASTPACK 30

IMG_0319.jpg UD-logo-stacked-300x300_201409211548391bb.jpg



ULTIMATE DIRECTION / FASTPACK 30 / S-M , M-L / 21,000 yen+tax

FASTPACK20では少し容量が足りないと思っていた方や、これからの寒い時期にはインサレーションやスリーピングシステムなどの防寒着が増えるようになるので、もう少し容量をアップしたパックが欲しかった方は非常にオススメのモデル。SHMWでは、OMM / Classic 32と比較するパックとなるが、Classic 32はどうしてもフロントポケットがオプションで後付けであったり、前部分にポケットが無く、モノが収納できないので、歩いたり走ったりする時のパックの着脱回数を減らしたい方にはこちらがオススメ!

IMG_0318.jpg FullSizeRender_201503151419379c4.jpg IMG_0400.jpg

20Lをベースに全体容量がUP!30Lは右ポケットの仕様が若干変わり、下ポケットがかなり大きくなりSF350がすっぽり入るサイズとなった。

IMG_0322.jpgIMG_0403_20150315141938829.jpg IMG_0404_20150315141939b45.jpg

容量UPに伴いチェストパッド、背面パッドが分厚くなり、肩、背中の重さを分散してくれるようになっている。20&30と二つの容量のリリースにより、ファストパッキングの経験が浅い方や、食料などが多くなる連泊や少しラグジュアリーな山行時にもセレクト可能となった!

写真 7 写真 5 10329802_829259957088630_6123689020030822806_o.jpg

30L前後のザックでショルダーベルトに大容量のボトルホルダーがあるパックはまだどのブランドもリリースしていないので、フロントポケットをよく使用する方はこのULTIMATE DIRECTION / FASTPACK 30で解決できる!


写真 3 写真 6 写真 9

開閉はロールトップになっており、中央部には大型のパワーメッシュポケット、サイドポケットがあり、レインウェア、ストックなど様々なものが入れる事が出来る。

写真 10 写真 1 写真 8

数日を要するファストパッキングはもちろん、通勤ランや日帰りのハイキングをする方に特にもオススメ!ショルダーベルト部分のボトルホルダーの容量が大きく、大容量のウォーターボトルや補給食を入れられるので、いちいちザックを下ろす必要がなくなる。下ろすのが面倒で、水分や補給食をとるタイミング遅れた方も多いはず。そんな煩わしさからも解放される!!

またウェストベルトがないため、階段や急な登り時、ウェストベルトが引っかかる事なく足上げが非常に楽!!ボトルホルダーにボトルなど重たい水分を持ってくる事が出来るので前に重心を持って来やすくなり、ランニング時の前後バランスが非常に取りやすくなっている。

写真 20 JaredMorning.jpg JaredBowl.jpg Rim.jpg

ボトルホルダーやベスト型の機能を一度味わってしまうとその快適さに戻れなくなるかも(笑)快適さや安全性を考えると保険としての荷物が増え、容量が増えてしまうが、一度軽量化する事のメリットも考えて頂きたい。荷物が減る事で体力の消耗はもちろん、汗をかく量も変わってくるはず!何よりも、身軽に動ける事が山遊びをより楽しくしてくれる。ファーストパッキングをやりたいトレイルランナー、日帰りのハイキングをされているハイカーに最適なサイズでもあり、より軽く、より遠くへ行く為、荷物を見直すきっかけになるパックである。


身長177cm、体重67kgの男性がS/Mサイズ、身長180cm 、体重75kgの男性がM/Lサイズを使用。
上半身の筋肉が立派な方や、大柄な方でない限り S/MサイズがGood!

適応胴囲 S/M : 60〜102cm. M/L : 81〜116cm

このシルバーウイークはコレで近くの山や少し足をのばして泊まりのライトウェイトハイキングやファストパッキングの人体実験なんてどうですか!?


トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1337-4cb1491e

FC2Ad