お湯を注いで15分で食べれる携帯おにぎり! 尾西のおにぎり / 鮭、わかめ、五目ごはん

IMG_2643.jpg

尾西のおにぎり / 鮭、わかめ、五目ごはん / 200 yen+Tax

img_onigiri_wakame.jpg img_onigiri_sake.jpg img_onigiri_gomoku.jpg

山では昼間はジェルやお菓子が中心で味気ないモノで済ませていた方も多いはず。コンパクトで持ち運びも楽でサクッと食べられ、腹持ちも良い!おにぎりの塩っ気が山では最高にウマい尾西のおにぎり!!味は3種類あり鮭、わかめ、五目ごはんと食べやすい味を選ぶ事が出来る。

作り方は非常に簡単で、ジップロック付きの尾西のおにぎりの袋に50~64ccのお湯を注水線まで注ぐ。ごはんと具材が混ざるように混ぜ合わせる。お湯なら15分、水は60分で出来てしまう!時間が経ったら切り口を順番どうりで切っていくとホンマに三角おにぎりが完成!縦走やファストパッキング時の朝の忙しい時間にお湯を入れロックをするだけで昼の行動食が出来上がってしまう。ロックがしっかり閉まってないとせっかくのお湯や水が漏れてしまうので確認は忘れずに!

IMG_2646.jpg

Fast Packingやハイキング、ロングレース、海外トリップ、非常食として活躍してくれる。保存期間は18ヶ月も保存できるので災害時の保存食としても使える。3点カット方式採用(実用新案申請中)というアイデアで、手を汚さずに作って食べることが出来るののだが、これがまた画期的で非常に衛生的!

個人的には、最初おにぎり一個に200円か!?ちょっと高いかなと思ったが、よく考えたら山小屋などでおにぎり弁当などを頼んだら余裕でおにぎり二個+たくあんで500円くらになるし、お湯で作れば1-2時間後にはあったかい美味しいおにぎりが食べれると思うと満足できるはず!普段のハイキングやから縦走、ファストパッキング、ジェルだけでは元気が出ない日本食好きなトレイルランナーの普段の一日セッションやロングレースなどはこれから必ずやマストアイテムとなるはず!ぜひ次のTripでお試しあれ!



エネルギー:147kcal たんぱく質:3.3g 脂 質:0.5g 炭水化物:32.3g ナトリウム:188mg 食塩相当量:0.48g

わかめ
エネルギー:145kcal たんぱく質:2.6g 脂 質:0.5g 炭水化物:32.6g ナトリウム:339mg 食塩相当量:0.86g

五目
エネルギー:168kcal たんぱく質:3.2g 脂 質:1.7g 炭水化物:35.1g ナトリウム:367mg 食塩相当量:0.93g

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1354-85b5ef64

FC2Ad