この冬はフリースに代わる動いても蒸れ難い革新的インサレーションがオススメ! Patagonia / Nano-Air Hoody & Jacket



まずはパタゴニアがどれだけ気合いを入れて作ったかと分かる日本語字幕入り動画を見ていただくのが一番分かりやすい!個人的にも昨年からずっと着続けその良さを広めるために、かなりの人たちにお店や山や海で口頭で宣伝しまくっているナノエア・フーディ&ジャケット。各メデイアにはこぞって登場しているので、改めて詳細をここで書く必要はないと思うが、基本コンセプトはPolartec社がリリースしたPolartec ALPHA同様、簡単に言ってしまえば「動けるインサレーション」である。今までのこの手のインサレーションは、ダウンであろうが、PRIMALOFTの化繊中綿であろうが、基本コンセプトは休憩時に「暖」を取るために着用するものであって、あくまでアクティビティ時に着用、休憩時に着て寒くて面倒だからと言ってそのまま着続けると、オーバーヒートしてベースレイヤーが汗でびしょ濡れというのは当たり前であった。要はその都度、自分で温度調整をするのに、ウェアリングの着脱回数が非常に多くそれが山の世界では当たり前のことであった。

それがこのナノエアーという「動けるインサレーション」という新しい製品と共に、その概念を打ち出してきたことに意義があり素晴らしいポイントであろう。個人的にもここ1年様々なシチュエーションで使用したが、実に使えるモノであることが分かった。Polartec ALPHA同様、これからさらにテストされ、もっともっと進化していくだろうと予想する。今この時点での製品のみであると、ぶっちゃけ全てのアクティビティ時にベストな機能性を発揮するものではない。メーカー側では、「いったん腕を通したら、トレイルヘッドから頂上、そして戻ってくるまで脱ぐ必要がありません」とは謳い文句があるが、それは個人差もあり、熱量の比較的低い冬のハイキングやバックカントリー、そしてストップ&ゴーのアルパインマルチピッチクライミングにはベストであるが、常に動き続けるマウンテンランニングにおいては、中綿の量をもっと減らさないと、まだまだオーバーヒートしてしまう感じではある。

IMG_9295.jpg IMG_9288.jpg IMG_9292.jpg IMG_9291_20151208172214dd4.jpg

ただ、マウンテンランニングがメインアクティビティと捉えている方でも、個人的にこの1年間使用し続けて十分購入するに値するアイテムであることを感じたので、SHMWではこの秋冬もかなりPUSHしたい。体感的に5℃からマイナスでの気温下においてのマウンテンランニング、ハイキング、冬のスノーシューイング、ロープクライミングからボルダリング、MTBなどランニング以外のほぼ全てのアクティビティに使える。特に街での生活が多い現代人には、冬こそ室内から外へ、そして室内へと移動するたびに感じる建物内の暖房による暑さ。そのたびにベースレイヤーとして着用しているTシャツやロンTがすぐに汗で濡れ、汗冷えして寒くなり、面倒だがウェアを脱いだり着たりと着脱回数が多くなり、街で忙しく生きる人こそ億劫に感じていたはず。ベースレイヤー1枚の上にこのナノエアーを着用するだけで、まず、重くて嵩張るゴツいフリースは必要無くなる。そして、熱量の高い方や普段から歩きや動きが多い方は確実に今までのダウンや化繊インサレーションとは違う衣服内のドライな快適さを感じるはず。結果、着出したらスタートからアクティビティ時、そしてあまりの快適さにより、キャンプの就寝時から毎日の普段着までも必ずや着てしまうはず。



84260_ABRG.jpg

84260_ABRG_OPEN.jpg 84260_ABRG_OM1.jpg 84260_ABRG_OM2.jpg 84260_NVYB.jpg

Patagonia / M's Nano-Air Hoody / arbor green,navy blue / XS,S / 35,000 yen+tax

軽量でありながら丈夫でDWR(耐久性撥水)加工済みのリップストップ・ナイロンを使用したシェルと平織りの裏地は見た目はただの化繊中綿ジャケットだが、着用して初めてわかる生地のメカニカルストレッチと呼ばれる織り方によりビックリするほど気持ち良く自分の動きにストレスなく追従してストレッチしてくれる。さらに驚くべき部分が表面の生地だけではなく、汗で濡れてもロフトを失わずに保温性を維持するpatagonia独自のフルレンジ・インサレーションの中綿、今までの化繊中綿は考えられなかったが、この中綿が無制限にストレッチして動いてくれるのである。東レとpatagoniaが開発したこの新素材はとても柔らかい独特な素材で格別な伸縮性と通気性を提供してくれる。表面生地はこのうえなくソフトで滑らかな肌触りをしており、ある程度の雨は全然弾いてしまうし、その極上の気持ち良さは、外でも室内でも着れるまるで日本の古き良き時代からの服である「半纏」(はんてん)そのもの。

IMG_9304_201512081725183dd.jpg IMG_9306.jpg IMG_9300_20151208172515957.jpg IMG_9302_20151208172516644.jpg

身長177cm、体重70kg、胸囲91cmの男性がSサイズを着用しています

「動けるインサレーション」という同じコンセプトであるPOLARTEC ALPHAとどう違うのですか?という質問をよくされるが、このナノエアーの決定的な違いは、やはり普段着にもいつも着てしまう程この上ない極上の着心地の良さ、全ての動きにストレスなく対応してしまう無制限のストレッチというポイントになるだろう。写真のようにクライミング時のハードな全ての動きにもバッチリ対応してくれるのでアルパインクライマーやアイスクライマーにも絶大なる人気がある。そして、POLARTEC ALPHA同様に暖をとる時の保温着になるのに、アクティビティ時に動いても通気性を提供をしてくれ蒸れ難い。結果、ベースレイヤーも汗で濡れずにいつもドライ感があり、おかげでウェアの着脱回数が減るという何とも今までは考えられないフリ−ス殺しの魔法のウェアなのである。

IMG_9299_20151208172513872.jpg

フーディのフード部分ももちろん伸縮性があるので、フードを被りながらのスノーボードの激しいカービングもクライミングでのハードムーブにも十分対応してくれる。個人的にも昨シーズンはベースレイヤーの上にこのナノエアー、ハードシェルジャケットを着用してバックカントリーからゲレンデスノーボードをずっとしていたが、ライディング時はもちろん、暖房が効いたレストハウスの中までと一日中着っぱなしなので、実に楽チンでとにかく蒸れ難くベースレイヤーが汗で濡れない。

IMG_9296.jpg

バックパックやハーネス着用時でも手を入れたり、ギアを入れたりと使い易いハンドポケットが左右に付いている。

シェル:メカニカル・ストレッチ織りの1.3オンス・20デニール・リップストップ・ナイロン100%。DWR(耐久性撥水)加工済み。
裏地:メカニカル・ストレッチ平織りの2オンス・50デニール・ナイロン100%。DWR加工済み。
インサレーション:ポリエステル100%の60グラム・フルレンジ・ストレッチ・インサレーション
385 g (13.6 oz)
ベトナム製




84265_FRR.jpg

84265_FRR_OM1.jpg 84265_FRR_OPEN.jpg 84265_FRR_OM2.jpg 84265_BLK.jpg

Patagonia / W's Nano-Air Hoody / french red, black / XS,S / 35,000 yen+tax

もちろん、女子モデルもあり!比較的気温が高い関西にはぴったりなアウターで、運動が好きな暑がりな女子にもバッチリ!



84250_NVUW.jpg 84250_NVUW_OM1.jpg 84250_NVUW_OPEN.jpg 84250_NVUW_OM2.jpg
IMG_9316.jpg IMG_9318.jpg IMG_9320.jpg

身長177cm、体重70kg、胸囲91cmの男性がSサイズを着用しています

Patagonia / M's Nano-Air Jacket / navy blue,french red / XS,S / 29,000 yen+tax

冬だけでなく1年中オールラウンドに使用したい方、ハイキングや縦走、マウンテンランニングなど少しでも重量を軽くしたいミニマルな方は、フードを無くし、胸のポケットを1ヶ所のみにして総重量を30gほど削り、収納もよりコンパクトになるジャケットがオススメ!左右のハンドウォーマーポケットはもちろん付いているので普段使いにも便利!

シェル:メカニカル・ストレッチ織りの1.3オンス・20デニール・リップストップ・ナイロン100%。DWR(耐久性撥水)加工済み。
裏地:メカニカル・ストレッチ平織りの2オンス・50デニール・ナイロン100%。DWR加工済み。
インサレーション:ポリエステル100%の60グラム・フルレンジ・ストレッチ・インサレーション
354 g (12.5 oz)
ベトナム製

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1398-2c356747

FC2Ad