山をより楽しむためにこの夏から真剣に荷物の軽量化について考えませんか!? 2016 Sky High Meeting - Light & Fast -

P8190275.jpg DSC04016.jpg DSC04038.jpg DSC04056.jpg 

 
Sky High Meeting  - Talkin' bout Light & Fast -

いよいよこの6/1にOMMレースのエントリーも始まるが、まずはここ数年一気に注目されているファストパッキングとは何なのか?簡単に言ってしまえば、縦走登山にトレイルランニングをミックスしたスタイルで、ただ言い方が横文字となりカッコよく言っているだけであって、日本人の山屋さんでも間違いなく過去にこう言うスタイルで山を駆け巡っていた方々はいたはず。自分も含め縦走登山をやっていた人が山での経験の蓄積による道具の軽量化、ギア自体の進化の恩恵を受け荷物の軽量化が可能となり、目的地までのトレイルを走るまでにもなり、さらにトレイルランニングという新しいアクティビティのランニング能力を取り入れることによって、少しずつスタイル自体が成熟していったものがファストパッキングと考える。

ウルトラライトハイキング、スピードハイキング、ファストパッキングなど様々なワードがあるが、実際のところいったいどういうものなのか?全てに共通して言えるのは「Light & Fast」という世界中でキーワードとなる言葉。今回はこの大きいテーマで荷物の軽量化をすることによってどんな恩恵が得られ、山の楽しさがどう広がっていくのかを話します。これから、シーズンとなる夏の日本アルプスでの縦走登山やオーバーナイトでのファストパッキングやスピードハイキング、そして、OMMレースにエントリーはしたいけど、どんな感じでビバーク練習をしていったらいいのか分からないという方、難しく考えずにまずは出来ることから始めましょう!ファストパッキングと言っても、ストイックなファストパッキングスタイルや、少しラグジュアリーなキャンピング自体を楽しむファストパッキングのスタイルなど、山の中で宿泊するだけでも様々なスタイルがあります。ファストパッキングとはこうである!とと一つの狭いキーワードに当てはめるのではなく、自由な個人それぞれのスタイルがあれば良いしあって当然である。山は本来、日々の非日常的な「自由」を感じるために行くものである。

IMG_7968.jpg

日帰りのハイキングをやっていたり、トレイルランニングで山を走っている人などはいずれは山で泊まってみたいと思っている方も多いはず。山で泊まるスタイルは、訪れる季節、同行するパーティなどで様々ではあると思う。彼氏彼女や夫婦で行くゆっくりペースの山行、友達同士の大勢の鍋を持ってのご飯やお酒メインの山行、途中で岩登りや沢登りを含めた道具が多くなるハードな山行、トレイルランニングを交えたファストパッキングなど、山で泊まると言っても実に多種多様なスタイルがある。

バックパックが大きいから、使うか分からなくても心配だから保険をかけてと言って、あんまり考えずに大きいパックに毎回多くのアイテムを詰めんこんで山へ行っていたら、山頂へは到着したとしても、山を進む途中の過程においては、荷物が重くて走ったりはもちろん歩くことさえも快適にできない。SHMWでは、自分自身の体力や経験をよく知り、それに基づいて、これから行こうしている目標の山や山行をきちんと考え、自分の必要最低限のアイテムを選び出し、装備をライトウェイトにすることで山の山頂を目指すピークハンティングだけにとどまらない、山の途中の過程を最大限楽しもうというスタイルを提案している。「快適さ」「軽量化」とは相反するものであるが、この度合いを決めるのがその時々の目指す山行形態と自分自身。今までの自分の山行の内容をふまえ、テント、寝袋、マットなどの幕営道具、バックパック、食、救急、歩く、走りなどについて実際の道具をお見せしながら装備の軽量化のテクニック、コツ、軽量化をすることでどんなメリットが出てくるのかをお伝えします。ウルトラライトハイキングやファストパッキング、スピードハイキングなど様々なワードがありますが、今回は全ての山行スタイルに共通する「Light & Fast」ということをテーマに、皆さんのマウンテンライフがより楽しくなるような話をしたいと思っています。ライトウェイトやウルトラライトの装備に自分自身の身体を知り進化させながら「走り」を取り入れた「ファストパッキング」や荷物の軽量化について今後きちんと考えていきたいと思っている方はぜひお越しください!


日時 : 6月10日(金)19:30- (SHMW閉店後、15分ほど前から入場可能)2-3時間ほど
    
場所 : Sky High Mountain Works 2F Meeting Room

参加費 : 1,000 yen (水やドリンクなどは各自ご持参ください)
代金は当日お支払いください

スピーカー : 北野 拓也 

定員 : 先着順15名前後(最小催行人数6名)

会場のスペースの関係上、人数があんまり入りません。今回はこれから初める方や軽量化に興味がある方に聞いていただきたいので、初めての方などを優先します!

いつもブログをチェックしていただいている方に先着順で。参加希望の方は、お早めに電話かメールで予約をお願いします。

Sky High Mountain Works
TEL : 0797-34-3299 (12:00-19:00)

 


トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1433-8c3eb6d2

FC2Ad