実測195gの軽さだけではない快適な寝心地が得られる軽量インフレータブルパッド! KLYMIT / Inertia O Zone UL Minimalist

IMG_2547.jpg IMG_2552_201606061818174fc.jpg IMG_2503_201606061818137f8.jpg IMG_2560.jpg IMG_2573.jpg

KLYMIT / Inertia O Zone UL Minimalist / black / 12,500 yen+tax

このアイテムは、BASE通販カートにてすぐにご購入できます!コチラ→

5/22現在、在庫あり。100個生産から残り在庫20個切りました!この夏に軽量化と共に快適性も狙っている方は是非お早めにどうぞ!独特なフォルムとその寝心地の良さで一躍ファンを増やしたクライミット社のここ数年のヒットモデルイナーシャオゾン。軽量でありならがも幅広でピローも付き、そのラグジュアリーな寝心地で自分も愛用していたが、どうしても自分の一番好きなオーバーナイト泊の山行スタイルであるファストパッキングやライトウェイトなハイクであると、まだまだ嵩張りや重さを感じていた。また、軽さでいうとクライミットの最軽量モデルであるInertia X-Lite(イナーシャエックスライト)があるが、どうしてもこれまた自分の愛用するダウンキルトや羽毛量が少なく薄いスリーピングバッグと併用するとなると、地面からの底冷え、そして、自分のような上半身ガタイゴツい系の人間には横幅が狭過ぎて、就寝中にどうしても肘が地面についてしまい、寒さで目が覚める事もしばしばあった。そこで、自分のファストパッキングなどのスタイルに合うライトウェイトという軽量をテーマに第一に考えながらも、ラグジュアリーさも絶妙なバランスで取り入れたモデルとしてSHMWがクライミット社に別注をかけ、ネーミングもそのまんまの200gを切った実測値僅か195gMinimalist(ミニマリスト)というBESTなインフレータブルスリーピングパッドとして完成した!

IMG_2555_20160606190220a21.jpg


IMG_2554_20160606190220781.jpg IMG_2547_20160606190218c8b.jpg IMG_2552_20160606190218193.jpg
IMG_2557.jpg IMG_2559.jpg IMG_2564_2016060619034304f.jpg IMG_2566.jpg IMG_2568_2016060619034623e.jpg

身長177cm、体重71kgの男性モデルが寝ています。

マット自体のサイズは1m×0.55m×44mmというミニマリスト向けでありながらも、非常にラグジュアリーな設定サイズにしており、ガタイゴツい系の体育会系男子でも腕まですっぽり収まる幅広サイズ。これにより、肩幅が広い男子でも腕や肘が冷たい地面に着かないので就寝中もかなり快適になる。縦も1mなので横向きであれば、これだけで十分昼寝もゆったりできてしまう(笑)もちろん、細身男子や女子であればラグジュアリー極まりないサイズではないだろうか。

IMG_2547_20160606191400e0d.jpg IMG_2526_20160606191356955.jpg IMG_2531.jpg

クライミット社独自のボディマッピングテクノロジーは人間工学に基づいて設計されており、寝がえりをうって横を向いた際においても身体全体を包み込むように設計されているが、今回のSHMW別注モデルMinimalistは、ダウンキルトや羽毛量の少ない薄いスリーピングバッグとの併用を考えて、地面からの冷気を遮るようにクライミット社の特徴でもある肉抜き穴は極力少なくして、同社の軍用モデルであるReconと同じように背中に位置するホール部分は全て塞ぐことにした。もちろん、穴は塞いでも各所に配置されたロフトポケットは存在するので、多くの空気を溜め込み、自分自身の体温により温めたエアーポケットへと変わり、軽量化と更なる保温性の両立を保ってくれている。

そして、ダウンキルトや羽毛量の少ない細身のミニマルなスリーピングバッグと併用して計量化と機能性を両立できるように、上下の両サイドのみにホールを空けてある。クライミットのパッドはもともとスリーピングバッグ内部に入れて使用してベターなパッドであるが、細身のミニマルなスリーピングバッグに入れるからこそ、横の首元とお腹の横部分はエアーポケット不要かと。且つ、SHMWブランドでもこの6月中旬入荷予定NEWリリースのSky HIgh Down Quilt 120に、就寝中でもこのパッドが動かないようにゴム紐を、これらの穴に通して寝相の悪い人でもバッチリ動かないように固定できるようになる。

IMG_2507.jpg IMG_2508.jpg IMG_2501_2016060619321482e.jpg IMG_2503_20160606193215c00.jpg

もちろん、計量化志向のファストパッキングなどでは、このイナーシャオゾンULミニマリストのみでも全然問題なしで就寝できるはずだが、中にはもっと寒がりな方や彼女や奥様にはもう少しラグジュアリーに寝かせてあげたいという方は足元部分にバックパックそのものやEvenew / EXPマットUL山と道 / Minimalist Padの併用で低温化でも快適に就寝できるようになる。

IMG_2574_20160606193633f9c.jpg IMG_2577_201606061936341f1.jpg IMG_2573_2016060619363285a.jpg

このビックリする程小さいパッケージサイズは、実際に店頭で持っていただくと更にビビること間違いなし(笑)収納袋にもMinimalistというネームもプリントされ、weightも170gと書いてあるが、実はコチラはミスプリ(泣)でして、実測値は195gとなります(笑)それでも、このラグジュアリーさとコンパクトさで驚異の重量ではないかと!

IMG_2579.jpg IMG_2580.jpg

スリーピングバッグに入れて就寝する場合はなかなかパンクはし難いが、収納袋には同素材の補修用生地とリペア用ボンドも付属しているので安心!

IMG_2583.jpg

この小ささとコンパクトさがハンパない!このミニマリストで必ずやあなたの山行が豊かになるはず!今回別注をかけて、実際多くテストをしてみたが、これだけ軽量コンパクトでラグジュアリーなパッドはまず無かったのではないだろうか!?ファストパッキングやULハイキングなどえ計量化を図りながらも必要最低限の快適さやラグジュアリーさを取り入れ、少しでも就寝時に安眠したいなど考える方、外付の嵩張るロールマットは持って行きたくないという方には是非コレを使用していただきたい!実際に気になる方は、SHMW店内にて寝っ転がることもできるので是非ご来店を!ちなみにコレは完全限定数量生産となっているので、この夏に使用を考える方は実験の期間も含めてお早めにどうぞ(笑)

このアイテムは、BASE通販カートにてすぐにご購入できます!コチラ→



トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1436-e58b3093

FC2Ad