ボルダリングからスクランブリング、マルチピッチなど軽量化したいクライミングにオススメのULチョークバッグ Metolius / Ultralight Chalk Bag メトリウス

IMG_1148.jpg IMG_9774.jpg black_20170321171613c10.jpg yellow.jpg teal.jpg

metolius_logo.jpg

Metolius / Ultralight Chalk Bag / black,yellow,teal / 3,200 yen+tax

3/21現在、三色共に全て在庫あり。2017のNEWカラーが登場!すでにメーカー在庫もほぼ無しですのでお早目に!業界でもこれだけチョークアップし易く、軽くてコンパクトになるチョークバッグはない!

数あるチョークバッグの中から、ここ最近でここまで軽量化に特化して、さらに見た目とは裏腹に耐久性もあり様々なクライミングスタイルに使えるチョークバッグは無いかと。インドアクライミングジムはもちろん、外岩、ランニング含めたスクランブリング、マルチピッチクライミング、日本アルプスでの高所スクランブリングと、もう、かれこれどんだけ使用しているか分からないが、正直、これだけ耐久性があるとは思っていなかった(笑)ここまで使っても穴や破れがない!流石、USAオレゴン州ポートランド近くの岩場Smith Rockに拠を構える老舗クライミングブランドMetoliusのチョークバッグだけある。かれこれ、自分も20年位前に買ったロープバッグがこのメトリウスのモノで未だに現役(笑)昔からこのメトリウスというメーカーはUSAテキ気質でシンプルで扱い易くタフさをウリにしていたが、時代の流れにも敏感に実はこんなウルトラライト系アイテムも作り出している。

IMG_0860.jpg IMG_0861.jpg IMG_0864.jpg

重量僅か54g!チョークバッグではありえない軽さ(笑)アウトドア業界では今や定番となっているシリコン系薄型素材のリップストップシルナイロン地の使用により、カラビナ1枚程度の軽さしかないチョークバッグ。昔はこのチョークバッグはクライマーのための必需品で代名詞的なアイテムだったが、今や小物入れ的なファッションアイテムとして、アパレルブランドさえも作り出しているが、使用してみるとクライマーなら分かるはずだが、コードロック開閉のスムーズさやチョークアップのし易さと、やはり硬派なクライミングメーカーが作り出すモノは違う!また、メトリウスの考えるウルトラライトというコンセプトもよく商品に現れていて、ファッションアイテムのチョークバッグとは異なり、内側の重量が嵩んでしまうチョークパウダーを保持するボア的素材使いもバルクを抑え軽量化を図っている。そして、コードロック&コード、ウエストのバックルベルト、ブラシホルダーなど全てのパーツにおいて軽量パーツで完璧に構成されている。これにより、軽量化重視のスクランブリングやトリップ時には写真で分かるようにつまむように小さくコンパクトに収納可能でなんとクライミングシューズの片足内部に入ってしまうほどになる。

装着時は完全に付けていることを忘れてしまうくらいである。実際、自分たちもスクランブリングにランニングを組み合わせたマウンテンランニングにおいて、このチョークバッグをブラ下げたまんま走り、下山して「お前まだついているよ!」と声をかけられ始めて気づくというほど(笑)


IMG_4318_20161003184150dd8.jpg IMG_4316.jpg IMG_4363.jpg

こんだけコンパクトになるということは、OMM / ULtra8くらいの8㍑サイズのパックであっても、ウォーターボトル&行動食、クライミングシューズ片足の内部にチョークバッグを入れ込んで、ボルダリング用スターターマットなど入れてもパッキングが容易。

IMG_1152_201610031913355d2.jpg

小川山烏帽子岩左稜線マルチピッチ全ピッチロープレススクランブリングにて

もちろん、経験あるクライマーはお察しの通りチムニー、オフィズズなど身体全体を使ったクラッククライミングなどは耐久性重視のMoon Climbing / S7 Retro Chalk Bagなどのシリンダー型オールドスクールチョークバッグを使ってくださいね(笑)軽量化重視のスクランブリング、マルチピッチクライミング、高難度ルートのオンサイトトライ&レッドポイント、そして、軽くコンパクトになるので通勤、通学帰りのボルダリングジム通いにもピッタリ!最近はかなりマウンテンランナーもまずはボルダリングジムからということで、クライミングを始める人も多くなって来て嬉しいことです。スクランブリングは結局のところ、ほぼクライミング技術で決まります。これに岩に慣れ、岩を見るチカラ、トレイルランニングシューズとクライミングシューズの履き分ける自分自身での境界線と死なないために身につけなくてはいけないことが沢山あります。もちろん、インドアボルダリングジムのように、ホールドやスタンスには目印となるテープなんて一切貼ってないですからね(笑)自分自身で自分の道を切り開いて行くそれだけです...そして、自分は手に汗をかくのがハンパないので、このチョークバッグはクライミングシューズと共に無くてはならない最強の相棒なんです。


トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1458-cc504254

FC2Ad