全カラー再入荷!スピーディー且つ確実に空気が抜け、最小限にコンパクトに圧縮できるNICEなスタッフバッグ ORTLIEB / ドライバッグ PS10 バルブ付

567b8baa8f2d7.jpg    IMG_4753.jpg

ORTLIEB / ドライバッグ PS10 バルブ付 / orange,dark gray,light green
サイズ(高x円周x奥行cm)
7L(27x55x17.5)58g / 3,300 yen+tax
12L(32x67.5x21.5)74g / 3,600 yen+tax
22L(42x83.2x26.5)108g / 4,000 yen+tax

一番人気のorange,dark gray,light green全ての7L再入荷しました!12Lもorange,dark grayと入荷しています。雪山登山、バックカントリーにバッチリです!これからの春に向けてのファストパッキングや旅行に最高に便利ですのでぜひお試しください!

数ある完全防水スタッフバッグの中で新たにレコメンドしたいのが、このドイツORTLIEB(オルトリーブ)のウルトラライトウェイトドライバッグ。表面は70デニールナイロン生地を採用し、滑りが良くスムースなのでパッキング時も出し入れが非常にし易い。バッグ内側には耐久性と防水性の高いPUコーティングを施し、これだけ耐久性の高い生地を採用しているにも関わらず7㍑で58gという軽量仕様が素晴らしい。 そして、コレを選んだ最大の理由はまずは動画をぜひ見ていただきたい!




580476147858b_20161117162632b9a.jpg

IMG_4742.jpg IMG_4745.jpg IMG_4746.jpg IMG_4748.jpg IMG_4749_20161117162724c58.jpg IMG_4751_20161117162737573.jpg IMG_4752.jpg

何が素晴らしいって、このスタッフバッグには素早く力も要らずに空気を抜いて圧縮可能なバルブが付いていること。バルブを引くとOPENで、押すとCLOSEというシンプルな構造。今回OMMレースにて実地でテストしたかったバルブ部分の耐久性だが、このバルブ部分に不可を与えてもちょっとやそっとではぶっ壊れずバルブから空気が抜けないことが分かった。特に空気の戻りがないので、ウルトラライトな装備でスタッフバッグの中身を圧縮して小さくコンパクトにしたいという方には確実に気に入ってもらえるはず。力のない女子でも容易にスピーディに中の空気を実にスムーズに排出してくれる。また、ストラップを閉めてクロージャーを閉じた状態でも、空気弁のバルブを開けて可能な限り圧縮しまくれば、羽毛布団の空気を抜いてペシャンコにしたような状態になってしまうので、嵩張る寝袋やダウンジャケットのようなインシュレーションをびっくりするほどコンパクトにできる!もちろん、これで完全防水であるし、空気の戻りがないので、内部の残った空気で内側が結露することもない!

567b8bac82e9b_201611171643542e7.jpg

567b8bae2cbbe_20161117164355401.jpg

ボディ自体の耐久性はウルトラライトなスタッフバッグと比較すると抜群の強度をもっており、さらにボトムにはループも付いているので、軽量化志向のライトウェイトハイキングやファストパッキング以外のカヤックや川や海のウォーターアクティビティでも不安感なく使用できる。

IMG_4754_20161117162740302.jpg

SHMWでもセレクトしているGranite gear / eVent SIL DrysackEXPED / Fold Dry Bag ULなどの他ブランドの超軽量スタッフバッグは重量自体はモデルによっては半分くらいになるので、グラムカウンターとしては前記のブランドを選んだ方が良いかもしれないが、やはり、このORTLIBの最大のメリットはスピーディ且つ力が要らず、最後の最後まで空気が抜けきれ、空気戻りがない点であるので、ファストパッキング時なんかであると、就寝時にしか使用しないような嵩張る寝袋やエアーマット、ダウンジャケットなどのインシュレーションウェアなどのスリーピングシステムを入れて使用するのがGOOD!行動中でも何回かは出し入れがあるギア類を前記のGranite GearやEXPEDなどでやはり結局は「使い分け」するのがBESTかと。


トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1463-2cf6708f