マウンテンランナーやハイカーさんに是非とも聞いていただきたい岩登りのススメ 2017 Sky High Meeting - Talkin' Climbing -

IMG_9582.jpg IMG_9117_2017030116573400f.jpg IMG_2761_20170301165732b73.jpg IMG_1266.jpg IMG_6724.jpg

Sky High Meeting  - Talkin' Climbing -

今夜開催です!おかげさまで満員御礼となりまして、キャンセル待ちとなります。参加者の方はこの際お気軽にクライミングについての素朴な疑問でも何でもぶつけてください。皆んなでクライミングいついて考えるミーティングにしていきたいと思います。よろしくお願いします!

いよいよ三月です!まだまだ寒い日も多いですが、太陽が顔を出すとランニングやクライミングではすでに暑過ぎるほどに暖かくなる日も場所によってはあります。これから暑い夏までが絶好のアウトドアシーズン!みなさん「山」にむかいましょう!現在、SHMWのお客さま、このブログを見ていただいている方々は様々なアクティビティをやっているかと思います。その中でも特に「山」にフォーカスして遊んでいる方にぜひあらためて自身に取り入れて欲しいのが「クライミング」いわゆる「岩登り」!低山・里山から歩いたり、走ったりと初めたハイカー、トレイルランナーさんは、山へ通うほど感じると思いますが、山を楽しもうと思ったら「岩」は避けては通れません。岩セクションが出てくるだけで、避けていたり、自信が無かったら、山全体を楽しむことができないし、安全面でもかなり不安感でいっぱい。何より、目指す山頂に到達しても、様々な登山道や尾根、沢と幾通りも山頂へ到達できる経路は沢山存在し計画ができるはずが、知っている登山道でしかたどり着けないとすると、山全体を遊んでいるクライマーや沢登りの山屋さん、オリエンテーリング、MTBバイカー、バックカントリースキーヤーやスノーボーダーに比べるとかなり山全体を遊ぶという点において損している気分にはならないですか?!少なくとも、自分はそう感じて普通の登山から始めて、早い時期からクライミングを試行錯誤してやり始めて今のスタイルに至ります。

IMG_4949.jpg

昨今はスポーツジムのようにボルダリングジムが多くここ日本でも次々オープンしていますが、そもそもクライミングとはどういうことなのか!?どんなことをやっているの?落ちたら死ぬの?素朴な質問に答えます(笑)トレイルランニングの延長上で、クライミングシューズを履かずに簡単な岩セクションをスピーディに駆け巡るスクランブリングから、山の中に転がっている石ころを登るクライミングの最もPUREなスタイルと呼べるボルダリング、ロープを使用して高い岩場を登るロープクライミングとクライミング(岩登り)といっても実に様々なスタイルがあります。まずはクライミングの歴史やスタイル、楽しみ方や安全性などを今回の机上講習にて理解していただき、これから自分自身はどういうスタイルのクライミングをやっていけば、自身の現在ハマっている登山やハイキング、トレイルランニングをより楽しく有意義なものに変えていけるかが分かるはず。いや、きっと今回のMee「岩登り」をあなたの楽しいスタイルに変えてみせます(笑)


日時 : 3月10日(金)19:30- (SHMW閉店後、15分ほど前から入場可能)2時間程

多くのリクエストあれば三月中にもう一回開催予定
    
場所 : Sky High Mountain Works 2F Meeting Room

参加費 : 500 yen (水やドリンクなどは各自ご持参ください)
代金は当日お支払いください

スピーカー : 北野 拓也 

定員 : 先着順12名前後(最小催行人数5名)
*人数に達しなかった場合は次回開催になります

会場のスペースの関係上、人数があんまり入りません。今はハイカー、マウンテンランナーであってもこれから「岩登り」に物凄く興味がある方に聞いていただきたいので、「岩登り」ビギナーさんの方(笑)優先します!

いつもブログをチェックしていただいている方に先着順で。参加希望の方は、お早めに電話かメールで予約をお願いします。メールでの予約の場合は必ず携帯番号など連絡先もお教えください。

Sky High Mountain Works
TEL : 0797-34-3299 (12:00-19:00)

IMG_6226_20170301170947b41.jpg

ハイカーや登山者、トレイルランナーにとって、クライミングの技術やテクニック、道具をプラスすることによって、山の遊び方がどう広がっていくのか?それに伴う危険性、これから学ぶべきことなどをお伝えします。この机上講習以降は今後やる気のある方向けに、ボルダリング、ロープやカラビナなどのクライミングギアを自分で使いこなし、安全に岩や山を楽しむためのアドバンスドコースを予定していますので、ステップアップしながらDEEPな「山」の世界にどっぷり浸かっていきましょう!


クライミング(岩登り)は危険が伴います。トレイルランニング同様、ビギナーは難しそうという先入観がかなりあるかもしれませんが、山が人生の中で重要って思える方はぜひやるべきです。これからやりたいという気持ちや覚えたいというモチベーションが重要です。特に、今後ロープワークやクライミングギアも使用して、クライミング、沢登り、雪山登山もするとなると、事故がないようにきちんとこちらも伝えたいので、ヤル気がある方の参加者でお願いします!


トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1474-299aa692

FC2Ad