FC2ブログ

11/16(土)予定通り開催します! Bouldering Session in 芦屋ロックガーデン

Rock it!フライヤー

IMG_4574.jpg IMG_4572_20191113181106e6f.jpg IMG_4570.jpg IMG_4564.jpg IMG_4560.jpg 

11/16(土)予定通り開催しますので、集合時間にお集まりください!

Hiking + Bouldering Session in Ashiya Rock Garden 芦屋ロックガーデン

遂にこの11月よりRock it Climbing 始動!先ずはクライミングの基本中の基本であるクライミング動作(ムーブ)を学ぶ一人でも可能なBESTなスタイルがこのボルダリング!このスタイルからスタートです。先日、発表したSHMWの提案するGranite Mountaineering Clubは、これから様々なスキルを身につけた自立したクライマー同士のモチベーションアップのための大人の部というか会というかクラブを目指しているので、ちゃんとした始動はまだまだこれからです。こんなクラブをみんなで楽しくハードに運営出来るように、皆さんのクライミングスキルアップをお手伝いするために、今回のRock it Climbingを始めます!毎回、テーマを決めてスポット的に講習会をしますので、ご自分の足りない、興味のあるパートを参加してください。もちろん、自分で知ってても、ロープワーク、ビレー、レスキューなどのクライミング技術は日々進化していきますので、新名ガイドの最新の技術を身に付けたい方も復習がてらにどうぞ!先ずは、山が好きな方、山を好きになりたい方で、外のボルダリングに興味のある方はぜひご参加ください!

*今回のセッションエリアは、以前の講習でも訪れている場所なので、前回に参加されている方は参加費をお安くします。ビギナー向け説明は省き、オモロい最新課題をお教えしますので一緒に登りましょう!

*これから、このSHMWお店ブログの告知の他にも、別で
Rock it Climbing SchoolブログをArc'teryx JAPANのマナブが立ち上げました!こちらもこれからスクールの内容アップデートやクライミングについての記事を彼の個性で書いていく予定です(笑)ぜひチェックしてください!

SHMWがベースとしている芦屋ロックガーデンは正にネーミング通り「岩」の宝庫。昔から先人たちはロープクライミングやボルダリングの良いトレーニングの場として利用していた聖地のようなエリア。この古くて新しい芦屋ロックガーデンをただの流行りで訳も分かっていない人たちで一杯になって欲しくない。ロックガーデンと共に自身の山での経験値を上げながら、永続的な良いカルチャーを時間をかけてゆっくり定着させたいと思っています。これまではLight&Fastの視点から新しい遊び上手なハイカーやトレイルランナーを増やしたいと思い、お店での接客やイベントなどをしてきましたが、ここ芦屋ロックガーデンにベースを置くSHMWだからこそ、先人たちの岩との良いマウンテンスタイルを継承してリスペクトしながらも、新しく現代らしい「岩」と遊ぶ良いカルチャーを広げるべく、これからハイキングやマウンテンランニングにプラスして、「クライミング」をよりフォーカスして定着させたいと思います。より皆さんに自己責任の意識を持っていただき、人任せではなく自分自身の登山スタイルを持ってもらうための啓蒙活動を行います。

今回は最初ということで、みんなに目標とヤル気を出してもらうために、岩登りの原点でもあるボルダリング完全ビギナー向けイベントです。ハイキングまたはスクランブリングを混ぜながら移動して、芦屋ロックガーデンに点在するClassicボルダーや開拓している新しいボルダーを実際にクライミングシューズを履いて外岩ボルダーを登ります。芦屋ロックガーデンにはクライミング専用のシューズを履かなくても登れるような難易度の低いボルダーや岩壁も多々ありますが、今後、各自でスクランブリングをやったり登山に生かすクライミングを覚えるためには絶対にクライミングシューズを履かなければ、山レベルの向上はありません。自分自身でどの位の難易度の壁からはクライミングシューズを履かなければならないという感覚を養わなければ全然ダメ。むしろ、その感覚や技術が中途半端過ぎては危険過ぎて簡単にスクランブリングはして欲しくない。まずは、今回はマットが薄くても無くても落ちても比較的大丈夫な低いボルダーにて遊びながら、クライミング技術、登山やハイキング、マウンテンランニングに有効なテクニック、ルールやマナー、これからのクライミングとの関わり方やトレーニングなども話せればと思っています。

IMG_2949_20191113181118d9f.jpg IMG_2951_201911131811156d3.jpg  

岩登りの楽しさを知ってもらうのと、ハイカーさんには同時にマウンテンランニングの機動力の高さや軽快さも知っていただきたいので、少しばかり楽しく走ったりしてボルダー間を移動します。さまざまなセクションの移動方法や危険性、基本的なボルダリングやクライミングギアのシステムも説明できればと。ハイカーやマウンテンランナーにとって、クライミングの技術やテクニック、道具をプラスすることによって、山の遊び方がどう広がっていくのか?それに伴う危険性などをお伝えします。

11/30(土)ー12/1(日)の二日間と、次回はロープやカラビナなどのクライミングギアを自分で使いこなし、より安全に高い岩壁をロープで楽しむためのロープクライミングコースも開催します!ステップアップしながらDEEPな岩との世界にどっぷり浸かっていきましょう!

ハイキング、トレイルランニング、登山、インドアボルダリングジムなどの力量というよりも、これから「外岩をやりたい」という気持ち、覚えたいというモチベーションが重要です。

特に、今後ロープワークやギアも使用もするとなると、事故がないようにきちんとこちらも伝えたいので、外岩のクライミングのヤル気がある方の参加者を募集します!

参加資格は各ボルダーまでの長いアプローチでもハイク&ランで楽しく移動できる方。ゆっくりボチボチのスピードで移動します。高いトコでの恐怖心が無く、自分自身でルートを考えてハイキングやマウンテンランニングの遊びを行っている方、たまにインドアクライミングジムでも登っている方、外岩ボルダリングしてみたいなとモチベーションが高い方に限らせていただきます。以前にクライミング系講習会に参加した方でも、月日が経過して忘れてしまっている方も復習がてらの参加も全然OKデス!

日時:
11月13日(水)8:00ー13:00頃まで
11月16日(土)8:00ー13:00頃まで

定員 : 先着順10名前後(最小催行人数4名)
*平日は人数に達しなかった場合は次回開催になります

平日と週末の日程で設定しますので、ご都合の良い日程をお選びいただき、ぜひこの機会にご参加ください!ハイカーやマウンテンランナーに知っていただきたいボルダリング、スクランブリング、クライミングのテクニック、ルール&マナー、ギアの使い方、遊び方などを説明をしながら芦屋ロックガーデン+荒地山周辺のSHMWオリジナルコースにてボルダリングセッションを行います。

集合:8:00 Sky High Mountain Works 店前集合
                             13:00 頃 Sky High Mountain Works 解散

 
参加費:3,000円(税込)、前回参加者は1,000円(税込)
*このセッションはイベント中の傷害保険は含みません。必要な方はご自分でご加入を!
*参加費は講習当日にお支払いください。



持ち物:
クライミングシューズ、チョークバッグ、小さめのボルダリングマットを既に持っている方はぜひ持って来てください!
アプローチの移動で汗をかいたりして汗冷えしないようにポリエステルやメリノウールなどの吸湿速乾性素材などのベースレイヤー、動き易いクライミングパンツやショーツやタイツ、ビーニーやキャップ、ウィンドシェルジャケット(ボルダリング時は登ったり待ったりしたりとその日によって寒い時もあるので小さく携帯できるようなジャケットは必携)、トレイルランニング向けシューズ(ソールのグリップ力が良いメーカーがベター)、最低10L以上20L以下位のトレイルランニングパック(3-5㍑の小さいベストパックは不可)、ウォーター・ボトルやソフトフラスク(最低でも500ml位)、お腹が空いた時のスナックや携帯食、その他の個人装備

各ボルダーの移動間は楽しく快適に移動できるように、重過ぎないようなパッキングを心がけてください。装備について不安な方はお店でお聞きください。

IMG_8489_20170301174007dd3.jpg

今回のイベントは、インドアでしか体験したことがない方や、トレイルランニングシューズと比べて実際のクライミングシューズはどう違うのかを知ってもらうために、クライミングシューズチョークバッグは必携です。持っていない場合やご購入を考えている方はSHMWのお店にでもご来店いただければじっくりご説明させていただきます!

IMG_6765_20170302124535437.jpg IMG_6766_201703021245379a3.jpg

Flashed / Tanto / dark teal-burnt orange,ligjht teal-lime,red-earl grey / 12,750 yen+tax

シューズやチョークバッグはもちろんウォーターボトルから食料と何でも詰め込んで、歩いて走って(要ストラップ追加)、所々でボルダリング可能なバックパック型小型ボルダリングマット。メインボルダリングマットのサブマットやスタートマットとして使用したり、ノーマットスタイルに近い感じで登ったり、低いボルダーやトラバース課題に便利。また、縦走時やファストパッキング時にパックにくくりつけて持ち運べば、良さげなボルダーを探してボルダリングしての縦走プラスアルファの登山の楽しみ方も広がる。もちろん、ボルダリングマットとして使えるということは、レスト時のお昼寝マットやスリーピングマットとしてもラグジュアリーに使える。また、マット自体のウレタンマットはジッパーですぐに出し入れ可能なので、コスパ高い銀ロールマットなどを自分でカッティングして、マットのクッション度をお好みでもアップ可能!

ボルダリングマット使用時サイズ:80x62x3cm
バックパック時サイズ:62x40cm
重量:1.0 kg

芦屋ロックガーデンに正にピッタリなマットでして、SHMWで絶賛発売中です!イベント当日はスタッフが背負っていきますが、ヤル気満々の方はぜひGETを!

IMG_9513.jpg

着替えなど、走る装備以外に必要ない荷物がありましたら、帰ってくるまでお店でお預かりしますので、申し込み時に、その旨お伝えください。イベント後は、ご希望であればお一人100円でシャワー浴びれます。

いつもブログをチェックしていただいている方に先着順で。参加希望の方は、お早めにSHMWへ電話かメールで予約をお願いします。メールでの予約の場合は必ず携帯番号など連絡先もお教えください。

Sky High Mountain Works
TEL : 0797-34-3299 (12:00-19:00)
当日講師携帯番号:090-8381-7706

 

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1476-678c1b55