今夜開催!内容の詳細をチェックしていただき、まだ空きありますのでぜひ参加を!六甲山シンポジウム2017「僕達の山、六甲山について語ろう」

17097224_1430766980301067_4997260156048689196_o_2017030615105794f.jpg

SYMPOSIUM ON MT.ROKKO
六甲山シンポジウム2017 「僕達の山、六甲山について語ろう」

まだ空きありますので、是非夕方くらいまでにお申し込みください!コチラ→AnyPayにて申し込みよろしくお願いします!このサイトの決済にて、予約申し込み完了とさせていただきますのでお早目にお願いします!

六甲山をベースとして遊んでいるSky High Mountain Works,SPARK Scone & Bicycle,白馬堂の3つのお店のオーナーをスピーカーとして今の六甲山、これからの六甲山について語り合う場を作りました。平日のイベントとなりますが夜開催ですので、日頃から芦屋ロックガーデン、六甲山を歩いたり走ったり、クライミング、MTBライドしたりとしている方は是非とも参加していただき、今の六甲山のトレイルの維持の仕方などを知り、自分たちでより良い六甲山にしていきましょう!当日はまず六甲山の地図作製に携わっている白馬堂浅野氏に六甲山のことについて様々な視点から話していただき、その後は芦屋ロックガーデンエリアをSHMW北野、神戸再度山周辺エリアをSPARK富田氏と今の山の現状をお話しして、みんなでディスカッションという流れで進行します。今は六甲山のメインのトレイルを歩いたり、走ったりしている方がさらに日頃歩いている六甲山の登山道や休憩場所のことをもっと知りたい、また、これからバリエーションルートや地図&コンパス片手に藪漕ぎしたいという方、これから歩きや走りの他にもっとMTB、ボルダリングやクライミングなど六甲山の楽しみ方を増やしたいという方は是非お越しください!


山のお話 浅野の地図からみえる六甲山
六甲山全貌
 画像 江戸時代
    六甲山

土地の区分 管理
 ・保護地区
  画像 保護地区
 ・所有者
  画像 土地所有状況
 ・眺望
  画像 山の景観

グレーゾーン
 ・勝手な整備
  例 万物層への道
 ・新たな展望スポット
  例 七兵衛山(前山西地区)
 ・イベント
 
課題
 ・トレイル整備 通報プレートなど
 ・ゴミ回収
 ・赤スプレー
 ・勝手なやぶこき、新コース
 
安全
 ・レスキュー ファーストエイド
 ・レンジャー コースの監視

やってみたいこと
 ・道の整備
 ・レスキュー
 ・赤ペンキ消しなど具体的な事もあれば


僕たちの山 六甲山
いろんなことを楽しませてくれる山「六甲山」
その山は国立公園であったり、ぼくらの裏山だったりと
いろいろな表情も持っています。
僕自身は地図の踏査と言う、ある意味変わった視点で
六甲山に携わっていて、それは仕事でもあり暮らしでもあったりします。
実際に歩いているトレイルについていろいろ発見があります。
例えば、ハイキングコースはだれが管理して、誰が整備しているの?とか
ゴミ箱って何であるのなどなど
地図に携わって丸10年がたち
僕に見えてきた六甲山のこと、これからのこと
山に恩恵を返せるか、森を守れるか…
いろんな入山者を受け入れてくれる六甲山のことを学び
10年先、100年先の六甲山のことを考え
いつも楽しませてもらっているフィールドについて一緒に考えませんか?

メインスピーカー:浅野 晴良(白馬堂)

Meeting 内容
1,3店舗のオーナーを中心としたクロストーク
2,MCC(Mountain Culture Club)の今後の活動について
3,参加者とのディスカッション

日時:2017年03月29日 19時30分
受付時間:19時00分
開催場所:神戸学生青年センター 最寄駅 阪急六甲駅歩いて5分位 
申し込み期限 :2017年03月29日

参加料:施設使用料一人300円
(当日開場にてお支払いください。)

皆様の参加お待ちしております!というか、SHMWのお客様、六甲山、芦屋ロックガーデン好きは来なくてはいけません(笑)


15400388_1337365966307836_5877794204032527519_n.jpg

SHMWをはじめ芦屋ロックガーデンをホームにしたローカルメンバーを中心として、2017年より密かにスタートしたクラブ。「六甲山」を今以上に楽しみたい人の為のワークショップを随時開催しています。山でのマナーや必要な装備などの知識、技術を段階を踏んでステップアップしていける現代の解釈での山岳会テキ講習などを行ないます。主に、FACEBOOKにてイベント告知などの情報を発信していますので、ぜひチェックしてください!

今回のSYMPOSIUM ON MT.ROKKO 六甲山シンポジウム2017「僕達の山、六甲山について語ろう」の参加については、コチラ→AnyPayにて申し込みよろしくお願いします!このサイトの決済にて、予約申し込み完了とさせていただきますのでお早目にお願いします!


トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1480-0422e000

FC2Ad