春夏物SALE、OMM / CLASSIC40先行予約、OMMパック試し背負い会

IMG_8097.jpg IMG_8096.jpg

IMG_8110.jpgIMG_8109_2017080712324489a.jpg


OMM / Classic 40 / black-orange / 18,000 yen+tax

8/18(金)発売予定!(海外からの便のため、2-3日前後する可能性もあり)

8/9(水)15:00-21:00 営業時間を変更して、春夏物ウェア&シューズSALEとOMMパック背負い会を開催させていただきます!もちろん、定番のCLASSIC25&32の他に、新作CLASSIC40、そして皆さんが気になっている革新的な背負い心地が体験できる前回のOMMレースでも背負っていた人の評価がダントツ高かったPhantom25CLなどを実際のファストパッキング重量で思う存分背負うことが可能!時間帯によっては、OMM代理店NOMADICSのスタッフもバッチリ説明してくれます!もちろん、パック以外にもOMMのテクニカルウェアについても何でもお聞きください。Sky High Meetingは今回は延期とさせていただき、この日は21:00までお店をオープンしますので、SALEをお楽しみいただき、また気兼ねなく、軽量化についてやファストパッキングについても色々と質問受付けますので、夏休みの山行をより楽しくするためにぜひSHMWへご来店ください!

ちょうど良いこの夏休みタイミングでGOOD NEWS!昨年からSHMWがリクエストをかけて、OMMの代理店であるNOMADICSさんと共に、OMM本国UKとやりとりして完成したClassic40㍑がついに登場!Classic32をベースに、背面長や内部のDUOマットは同じで、ダルマ状に容量アップをしても、きちんと上半身にパックが乗っかり走れる!サイドのメッシュポケットもクライミングギアやロープ、その他のハードなエキップメントを入れても、破けないようにメッシュではなく耐久性のある生地を採用。25,32の仲間として、以前はVillainという大きめな容量のパックが存在したが、すでに廃番モデルとなってしまっており、自分でもファストパッキング+αの山行で、ご飯やお酒を入れたゆったりした縦走ハイク、クライミングの登攀用具を入れた走れる快適なパックが無くなってしまって困っていたので、まさかこんなに早くUK本国が本腰を入れて作ってくれるとは思いもせず(笑)SHMW店頭にてサンプル展示をして、先行予約を受け付けています!

P8190275.jpg IMG_9561_20170807095858cd7.jpg IMG_5832_2017080709585319a.jpg DSC04056.jpg 

 
Sky High Meeting  - Talkin' bout Light & Fast -

先日の緊急告知につき、人が集まらなかったので、今回は中止とさせていただき、また次回開催とさせていただきます!日程決まれば、こちらのブログにて告知させていただきます。

SHMWでもずっとお店のテーマとしている「軽量化」について話します!ここ数年で一気に注目されているファストパッキングとは何なのか?簡単に言ってしまえば、縦走登山にトレイルランニングをミックスしたスタイルで、ただ言い方が横文字となりカッコよく言っているだけであって、日本人の山屋さんでも間違いなく過去にこう言うスタイルで山を駆け巡っていた方々はいたはず。自分も含め縦走登山をやっていた人が山での経験の蓄積による道具の軽量化、ギア自体の進化の恩恵を受け荷物の軽量化が可能となり、目的地までのトレイルを走るまでにもなり、さらにトレイルランニングという新しいアクティビティのランニング能力を取り入れることによって、少しずつスタイル自体が成熟していったものをファストパッキングと考える。

ウルトラライトハイキング、スピードハイキング、ファストパッキングなど様々なワードがあるが、実際のところいったいどういうものなのか?全てに共通して言えるのは「Light & Fast」という世界中でキーワードとなる言葉。今回はこの大きいテーマで荷物の軽量化をすることによってどんな恩恵が得られ、山の楽しさがどう広がっていくのかを話します。これから、シーズンとなる夏の日本アルプスでの縦走登山やオーバーナイトでのファストパッキングやスピードハイキング、そして、OMMレースにエントリーはしたけど、どんな感じでビバーク練習をしていったらいいのか分からないという方、難しく考えずにまずは出来ることから始めよう!ファストパッキングと言っても、ストイックなファストパッキングスタイルや、少しラグジュアリーなキャンピング自体を楽しむファストパッキングのスタイルなど、山の中で宿泊するだけでも様々なスタイルがある。ファストパッキングとはこうである!と一つの狭いキーワードに当てはめるのではなく、自由な個人それぞれのスタイルがあれば良いし、あって当然である。山は本来、日々の非日常的な「自由」を感じるために行くものである。

IMG_7968.jpg

日帰りのハイキングをやっていたり、トレイルランニングで山を走っている人などはいずれは山で泊まってみたいと思っている方も多いはず。山で泊まるスタイルは、訪れる季節、同行するパーティなどで様々ではあると思う。彼氏彼女や夫婦で行くゆっくりペースの山行、友達同士の大勢の鍋を持ってのご飯やお酒メインの山行、途中で岩登りや沢登りを含めた道具が多くなるハードな山行、トレイルランニングを交えたファストパッキングなど、山で泊まると言っても実に多種多様なスタイルがある。


バックパックが大きいから、使うか分からなくても心配だから保険をかけてと言って、あんまり考えずに大きいパックに毎回多くのアイテムを詰めんこんで山へ行っていたら、山頂へは到着したとしても、山を進む途中の過程においては、荷物が重くて走ったりはもちろん歩くことさえも快適にできない。SHMWでは、自分自身の体力や経験をよく知り、それに基づいて、これから行こうしている目標の山やルートをきちんと考え、自分の必要最低限のアイテムを選び出し、装備をライトウェイトにすることで山の山頂を目指すピークハンティングだけにとどまらない、山の途中の過程を最大限楽しもうというスタイルを提案している。「快適さ」「軽量化」とは相反するものであるが、この度合いを決めるのがその時々の目指す山行形態と自分自身。今までの自分の山行の内容をふまえ、テント、寝袋、マットなどの幕営道具、バックパック、食、救急、歩く、走りなどについて実際の道具をお見せしながら装備の軽量化のテクニック、コツ、軽量化をすることでどんなメリットが出てくるのかをお伝えします。ウルトラライトハイキングやファストパッキング、スピードハイキングなど様々なワードがありますが、今回は全ての山行スタイルに共通する「Light & Fast」ということをテーマに、皆さんのマウンテンライフがより楽しくなるような話をしたいと思っています。ライトウェイトやウルトラライトの装備に自分自身の身体を知り進化させながら「走り」を取り入れた「ファストパッキング」や荷物の軽量化について今後きちんと考えていきたいと思っている方はぜひお越しください!


日時 : 8月9日(水)20:10- (この日は20:00にSHMW閉店となるので、その後に開催)90分前後ほど
    
場所 : Sky High Mountain Works 店内

参加費 : 500 yen (水やドリンクなどは各自ご持参ください)
代金は当日お支払いください

スピーカー : 北野 拓也 

定員 : 先着順10名前後(最小催行人数5名)

会場のスペースの関係上、人数があんまり入りません。これから初める方や軽量化に興味がある方に聞いていただきたいので、こういう話を聞いたことがない初めての方を優先します!

いつもブログをチェックしていただいている方に先着順で。参加希望の方は、お早めに電話かメールで予約をお願いします。

Sky High Mountain Works
TEL : 0797-34-3299 (12:00-19:00)

 


トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1507-3b72531c

FC2Ad