FC2ブログ

芦屋ロックガーデンに最適な背負ってハイク&ランしてのミニマルなボルダリングマット Flashed / Tanto

IMG_2395.jpg IMG_2960.jpg
tanto-5.jpg tanto-6.jpg
tanto-1.jpg tanto-2.jpg
Tanto-Blue-Orange.jpg

IMG_6765_2018030915252794e.jpg

KDP-3843.jpg KDP-3840.jpg KDP-3809.jpg KDP-3805.jpg KDP-3852.jpg KDP-3851.jpg KDP-3807.jpg  

Flashed / Tanto / black-silver,blue-coal,dark teal-burnt orange,ligjht teal-lime,red-earl grey / 12,750 yen+tax

11/10現在、長い間売り切れていましたが、待望の入荷!シブい新色black-silver,blue-coalが少量再入荷しましたが、次回入荷はまだ未定なので、待っていた方はお早めにどうぞ!継続カラーdark teal-burnt orangeも在庫あり。

シューズやチョークバッグ、ブラシはもちろんウォーターボトルから食料と何でも詰め込んで、歩いて走って(チェストストラップ追加オススメ)、所々でボルダリングができる機動力抜群なミニマルバックパック型小型ボルダリングマット。メインのボルダリングマットのサブマットやスタートマットとして使用したり、ノーマットスタイルに近い感じで登るのはもちろん、低いボルダーやトラバース課題にも便利。また、縦走時やファストパッキング時にパックにくくりつけて持ち運べば、良さげなボルダーを探してボルダリングしての縦走プラスアルファの登山の楽しみ方も広がる。もちろん、ボルダリングマットとして使えるということは、レスト時のお昼寝マットやスリーピングマットとしてもラグジュアリーに使える。また、マット自体のウレタンマットはジッパーですぐに出し入れ可能なので、コスパ高い銀ロールマットなどを自分でカッティングして、マットのクッション度をお好みでもバージョンアップ可能!

IMG_2512_201803091532220c3.jpg IMG_2827_20180309153225163.jpg IMG_2513.jpg IMG_2746.jpg

tanto-4.jpg tanto-3.jpg

マット正面にも大きなジッパーポケットがあるので、落としたくないテーピングや小物類も色々収納OK!

薄いナチュラルランニングシューズを履いて身体に負担のかからない良いランニングフォームを身に付けることと同じで、薄いマットだからボルダリングには危ないではなく、薄くてフォールをカバーする面積が少ないからこそ、自分の力量やスキルにあったボルダリングで身をもって勉強して、魅力的なボルダーや良い課題やラインに巡り合うからこそ、更に大きなボルダリングマットを追加して登りに行きたくなるはず。ボルダーの下地が落ち葉フカフカであったり、そんなに高くないボルダーであれば、まずはこんなミニマルなマットで自身で身体に負担がかからない落ち方を学ぶべき。マットが無いからエライでもないし、慣れていき、ボルダーの岩の高さやルーフなどの形状、課題に合わせてマットを自身で考えて過剰になり過ぎずに追加する。それが外岩のボルダリングの楽しみ方ではないかと。



IMG_6765_20180309154027b76.jpg KDP-3807_2018030915402921b.jpg

ボルダリングマット使用時サイズ:80x62x3cm
バックパック時サイズ:62x40cm
重量:1.0 kg

ボルダーの石ころが色々な離れた場所に転がっているような芦屋ロックガーデンエリアには、正にピッタリなマット!ヤル気満々の方はぜひGETを!最初の一個でも、二個目のスタートマットとしても非常にオススメ!



トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1538-081448d2