アークテリクスが、またやってくれました!驚異の撥水性と保温性を伏せ持つ化繊中面ジャケット Dually Belay Parka & Solo Jacket

birdword.jpg Solo-Jacket-Picasso-Red.jpg  Dually-Belay-Parka-Picasso-Red.jpg

 

常に、業界一革新的な機能を持った、頑丈な製品を作り出すアークテリクスが、この秋冬シーズン驚異の撥水性を持つ化繊中面新素材を開発した。これがまた、とんでもない撥水性を持った繊維で、中面の繊維一本一本をpatagoniaでもお馴染みのDWR(Durable Water Repellent)加工で施したという凝り具合。水に濡れても繊維自体の排水が早く、ロフトを全くと言っていいほど失わないというもので、業界でも画期的である。またもや、アークテリクス独自開発によるもので、ThemaTekと名付けたその中面新素材は、今までのPrimaLoftと同じくとても軽量で、しかもダウン並みの保温性、コンパクトさを持つだけに、これからは、この技術が主流になりそうな予感。

SOLO JACKET 完売しました。
DUALLY BELAY PARKA / PICASSO RED / S のみ在庫あります。

 


まずは、今までの主流となっている、他ブランドでも多く使用される PrimaLoft の撥水性をご覧あれ!





普通に水を吸ってしまうが、これでも天然のダウンに比べたら吸水性は低く、水を絞ると素早く乾いてしまう。この化学繊維が現在業界でも主流の Prima Loft (プリマロフト)。
         

               


そして、今回本邦初公開の ThermaTek の場合はというと、




どうです?全くと言っていいほど水を吸収しません!水を絞るという作業が全くいらないし、繊維を振るだけで、水滴がすべて落ちてしまう。ヤバイっしょ!Therma Tek のその究極の撥水性の凄さ分かってもらえました?恐るべしアークテリクス!これって、表面のナイロン素材も強力なDWRがかかっているし、ジッパーも止水ジッパー仕様なので、大げさに言ってしまえば、完全防水人工ダウンとも呼べるかもしれない・・・

 

 

 Dually-Belay-Parka-Cinder.jpgDually-Belay-Parka-Picasso-Red.jpg Arcteryx / Dually Belay Parka / Picasso Red,Cinder  77,700 yen

 

この Thema Tek を使用した究極のジャケット。Duallyシリーズは保温性が高いダブルレイヤー仕様で、スキー・スノーボード・ジャケット、アルパイン・ジャケットの上からも着れるような、大き目のサイジング。Patagonia社のDAS PARKAと同種で、ライミング時のビレーパーカのようなカテゴリーに属されるジャケット。もちろん、持ち運びができるよう専用スタッフ・サックが付いているので、ものすごく小さくなってしまう。大きめにザックリと着たい方や、アウターとして保温性の高いジャケットが欲しい方にオススメ。街中でも、通勤・通学時に自転車やバイクに乗ってる人は、きっとこの撥水性は有り難いに違いない。特に、バイクなんかで長時間ライディングする場合、普通の歩きや自転車と違い、雨が降った場合は、水に関しても対水圧っていう話しになるから、ダウンの場合は特に気を使わなければならないが、こいつだったら鬼に金棒ってところ。悪天候でも全く気にせずバイク通勤、通学できる。まさに一生モンのウェア登場だ!

本体重量674グラム(Mサイズ)

 

 

Solo-Jacket-Picasso-Red.jpg Arcteryx / Solo Jacket / Picasso Red  51,450 yen

 

 Soloシリーズは、業界でもここ数年主流になっているインナー・ダウン系のカテゴリーに入るもので、雪山や寒い気温ではミッドレイヤー、キャンプや街中ではパーフェクトなアウター・ダウン・ジャケットになる。Duallyシリーズとは異なり、内側のポケットによりジャケット自体をしまえるので、驚くほど小さくなってしまう。 一年中オールラウンドに使用したいなら、こちろの方が用途は広いかもしれない。

本体重量409グラム(Mサイズ)。



コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/158-02c15c31

FC2Ad