FC2ブログ

SHMW一番人気のトレイルシューズ在庫が少なくなってきました!岩場や沢の多いマウンテンランニング、ハイク、スクランブリング、ボルダリング&クライミング時のアプローチにBESTな170gの超軽量シューズ Arc'teryx / Norvan SL2

IMG_1634.jpg IMG_1638_20210503154532aaa.jpg
IMG_0668.jpg IMG_9788_20210413131401079.jpg  IMG_0637_20210413131357ecc.jpgIMG_0857.jpg
 

IMG_8724_20210413132434208.jpgIMG_0862.jpg

IMG_1626.jpg IMG_1625_20210503154728f9c.jpg
IMG_1618_20210503154725d95.jpg IMG_1615_202105031547228e0.jpg IMG_1622_2021050315472754a.jpg IMG_1616_20210503154724d65.jpg



Arc'teryx / Norvan SL2 M's / black-light tatsu,remix-glade / 25.0-28.5cm / 19,800 yen

5/3現在、black-tatsu / 27.0cm×2、27.5×2、28.0×2、remix-glade / 25.0cm×1、25.5×1、26.0×1、26.5×2、27.0×1、27.5×1、28.0×1、以上在庫あります!メーカー在庫も完売となっておりますので、これからの季節、岩や沢の良いシーズンで履きたい方はお早めにどうぞ!

このシューズがどんだけスゴいか!?このシューズを履いて、芦屋ロックガーデン界隈の岩場らを登っているレポはコチラ→

芦屋ロックガーデン公式オフィシャルトレイルシューズ(笑)とも呼ぶべき、トレイル、岩場、沢と全てのセクションにおいて抜群のグリップ力、開放的な履き心地の良さととてつもない軽さの非常に完成度の高いノーバンがバージョン2.0となってアップデートされてNEWリリース!アップデート箇所は下記に詳しく書いているが、簡単に言ってしまうと、スペックなどの機能性に変更なく、あくまで履き心地の良さを追求しており、前作よりソックス無しでも、シューズ内にて靴擦れができ難く、新品時から各パーツや素材が柔らかく、シューズへの足入れがし易く快適に履けるようになっている。ハイキングはもちろんトレイルランニング、岩場や沢登り含めたマウンテンランニング、マルチピッチクライミングやボルダリングのアプローチシューズにとマジで最高のシューズです!


IMG_0941_20210413134140dd8.jpg

IMG_0942_20210413134141e77.jpg IMG_0943_2021041313414348d.jpg

Arc'teryx / Norvan SL2 W's / black-black,sunrise-pipe dream / 23.0-26.0cm / 18,700 yen

5/3現在、sunrise-pipe dream / 25.0cm×1、26.0cm×1のみ残り在庫あり!


IMG_8715 2

IMG_0642.jpg IMG_0641_20210413151353025.jpg IMG_0643_202104131513567a9.jpg IMG_0644.jpg

一番の大きな変更点は、シューズ足入れ部分の素材やパーツの変更と、高さの見直しかと!前作は少し高さがあったので、人によっては履き込んで伸びるまで、素材の生地で当たり感があったり、靴擦れのようになっていた方がいたかもですが、低くして、カッティングも変更し、裸足で履いてもズレないように生地をより最初から柔らかくしてある。同じく、クライミングシューズを履く時に、このノーバンをハーネスにぶら下げる時のギミックであるカラビナホールも、これまた前作では、位置関係により人によっては皮膚に当たり感があったりしていたかもだが、今回のアップデートによりホールの位置からカッティングまできちんと変更されているので、裸足で履く人にはかなりの朗報かと!そして、気になる重さが前作では片足185gであったものが、このバージョン2.0で170gと驚異の軽さに!

IMG_8716 2

シューズの剛性や安定感を出すためのシューズのメイン生地のメッシュアッパーへのTPUコーティングだが、これも自分も含め幅広足の足型の方には大喜びな小指側の固定というか、少し圧迫感があった部分が無くなっている!靴紐を通すループも変更となり、シューホールになっており、アプローチシューズということで、より、細かい紐締めでの微調整が可能なように!?シューホールの数を倍程に増やしている。ここまでやるか!?的なシューホールの数なので、そこまでシビアな調整が不要であれば、一個飛ばしでシューレースを取り付けても全然OKかと。



これまでリリースされてきたアークテリクスのシューズはアプローチシューズ、トレイルシューズ含め、どちらかというとマウンテニアリング向けで重厚でしっかりとしたモデルが多かったが、このノーバンSL2はアークテリクス、いや、数あるトレイルランニングシューズメーカーの毎年多くリリースされる最軽量モデルの中でもトップクラスの軽さであり、SHMW的に見ると「軽量シューズ」ということだけで履かずに通り過ぎたら勿体無さ過ぎる程に素晴らしいシューズかと!

IMG_9365_202104131540392ed.jpg IMG_9364.jpg IMG_9366_20210413154041701.jpg IMG_9371.jpg IMG_9367.jpg  

先ずは、軽さの追求だけではなく、アークテリクスらしく、アッパーやインナーに使われる素材使いが素晴らしい。さすが、職人気質デザイナー集団アークテリクスが作り上げたものだけあって、毎年リリースされる軽量トレイルランニングシューズと比較すると、内側のステッチから細かいところまでシューズ自体の丁寧な作り込みが完成度が高過ぎる!スペック的にはTPUメッシュ素材とだけしか公表されていないが、素足で履いての風を感じる程の高い通気性に、ドボンでも全くもって水を吸わない素材自体の疎水性、それでいて、ハードな岩場でのアプローチやスクランブリングでの直接このシューズでのフットジャム時の花崗岩での細かい粒子でも傷がつきにくい耐摩耗性はマジでハンパない!通常のランニングシューズであると、軽量に特化すると耐久性が大幅に落ちるものであるが、そこがマウンテンでの使用を重視するアークテリクスだけに、素材にコダワリをもっている。

IMG_9495.jpgIMG_9493.jpgIMG_9489.jpg

IMG_0640_20210413154932eaa.jpgIMG_0637_20210413154930b20.jpgIMG_0646.jpgIMG_0647.jpg

2019年シーズンからこの2021シーズンまでと、おそらく自信をもって日本で一番履きまくっていると言えると思うが(笑)ロードとトレイル、クライミング、ボルダリング時のアプローチと様々なシチュエーションで履いていたが、びっくりする程にソールが減らない、減りにくい!もちろん、ランニングフォームによるものが大いにあるが、それでも岩場で履きまくっていると流石にこの手のソールは減り易い。さすがVibram社MEGA GRIPLITE BASE!というか、メガグリップでも、他社と比較しても、明らかにスティッキーさのゴムの粘りがあり、さらにソールの耐久性の持ちが非常に良いように感じる。また、ボディの透けるほどに通気性が良いメッシュアッパーの耐久性がとんでもなく強い!芦屋ロックガーデンの地獄谷などの沢や、スクランブリングやそこそこのボルダーもコレで登っており、時にはフットジャムも(笑)それくらいにかなりテクニカルでタフなセクションで履いているにも関わらず、穴はおろか破れも一切なし!さすがアークテリクスの耐久性!また、タンやヒールカップ、足首まわりの生地やクッショニング素材などが最初の3−4回は少し硬めで、肌に少し当たる感があったが、履けば履くほどに非常に柔らかくなり、裸足の足の皮膚にピッタリとフィットして自分の足のようになる。今回のバージョン2.0はそこが最初から柔らかく足に馴染んでフィットする!この春から秋にかけて裸足にミニマルに快適に履けるこのNorvan SLをぜひ!

IMG_1628_2021050315410895a.jpg IMG_1633_20210503154109374.jpg
IMG_1611_202105031541066b8.jpg IMG_1610.jpg
IMG_0008_20191009184017c10.jpgIMG_7316_20190715184222944.jpg





IMG_7346.jpg IMG_9886.jpg IMG_9885_20190716161630371.jpg

IMG_0643_20210413155142ec9.jpg IMG_0644_20210413155143276.jpg

動画でも分かるように、ドボンや沢登りでも水があっという間にシューズ内から排出され、疎水性のアッパーだけにとんでもなく早くシューズが乾いてしまう。ハイクして走って、所々でドボンなんて低山里山のような芦屋ロックガーデン界隈の遊びスタイルには正にもってこいのシューズ。

ソックス無しでも履けるように、インソール一体型で踵や甲の骨が当たる部分にはきちんと薄手のクッショニングのライナーが仕込まれているので、裸足でも非常に快適!もちろん、踵付近の骨格や踵の大きさなどは個人差があるので、全員が大丈夫とは言い難いが、それでもこの2年でSHMWカスタマー何十人にも購入してもらい、都度聞いているが、最初の数回は大汗をかいた時やドボン後にシューズが濡れた状態で飛ばして走ったなんて時は靴ズレを起こしたようだが、その後、何回か履いていたら素材が伸びてきて、気にならなくなったと多く聞く。今回のバージョン2.0のアップデートにてこれが改善!自分ももうあまりのお気に入りでかなりの日数を履いているが、最初、硬かったTPUメッシュなどは完全に伸びて柔らかくなり、裸足で履いてから、ある程度汗をかいた方がインナーと皮膚が絶妙に張り付き、足との一体感が生まれるようになった。マウンテンランニング時はもちろん、マルチピッチクライミング時に、裸足でクライミングシューズを履いている方は、この裸足で履ける、しかも劇的な軽さとコンパクトさで、ソックスの脱着の煩わしさもなく、非常に快適なクライミングができる。

IMG_7446.jpg IMG_7451.jpg IMG_8715 2 IMG_0642_20210413155428ef9.jpg IMG_0651_202104131554291ed.jpg  

クライマーにとっての使えるギミックはこの業界初!カラビナホールが最初から開いており、これだけ軽量なシューズだけに、ハーネスにビナでぶら下げておいても全く気にならない!もちろん、バックパックにぶら下げるのも容易!これはかなり画期的なギミックで、マルチピッチクライミングにはマジで便利です!!!

IMG_0646_2021041315592032e.jpg IMG_0647_202104131559222a3.jpg IMG_0656_20210413155924817.jpg IMG_0658_2021041315592509e.jpg IMG_0801_202104131559286cb.jpg

IMG_9836_201907161847212d8.jpg IMG_9843_20190716184718580.jpg IMG_9844_20190716184719aa2.jpg IMG_9841_20190716184724c1e.jpg

肝心なソールだが、皆さんもうご存知の信頼のVibram MEGA GRIP LITE BASE!しかも、同じMEGA GRIPか!?と思えるほどに、さらに粘り感があり、よりスティッキー。芦屋ロックガーデンのような花崗岩スクランブリングはもちろんバチ効きだが、それ以上に地獄谷などの沢での濡れた岩場や苔の上でも滑り難いのにはビックリするはず。海岸沿いの潮で濡れたリーフ伝いにも滑り難い!それでいて、信じられないほどのソールの減り難さ!!!この写真のオレンジのNorvan SLは個人的に1年半程の距離を走ったり岩場で履いていたモノだが、今まででは考えられない程にソールが減っておらず。。。これだけ登れて、スティッキーなのに何故に!?このMEGA GRIPまでもアークテリクス社だけの独自のソール!?そこまでは不明だが、それだけマジでスゴイです。個人的にはスパイクが、ラグの長さがあと2-3mmほどでも伸びてくれたらさらに良さそう、どうなんだろうと思うが、それでも履き続けていると、シューズ内で非常に足指が使いやすく、足指で踏み込めるので、ナチュラルランニング実践者は乾いたトレイルはもちろん、マッディな湿地であっても意外に、全然滑らないのを感じるはず。岩でも多々これで登ることも考えると、ラグはこの長さでもOKなのかと。でも、ラグが高いのも履いてみたい。そんな感じです(笑)
 
C7FA1305-9BDB-4515-9582-713A129A8EFD_20210413160239de0.jpg IMG_9363.jpg 7CE97499-0350-47B0-B318-F9AEDEE8239D_20210413160238c33.jpg

SHMWカスタマーの中では気になる方が多いシューズの落差ドロップは3mm。そして、店頭でも履く前に多い声が、コレって足型は細いですよね?見た目で判断してはダメです!特に今回のバージョン2.0のブラックは黒だけにスリムにスッキリ見えるし、見た目のカッコ良さを重んじるアークテリクスだけに、きっとボテッとしたフォルムで作ってはデザイン的に許されない(笑)100%店頭や試し履きで履いた方々が、「コレ広いですね!」「アルトラしか履けないと思ってたんですが、全然コレ広いですね」。騙されたと思って、店頭で是非とも足入れだけでもしてみてください!足幅広い方でもマジで大丈夫です。しかも、今回のバージョン2.0は更に小指側のTPUの硬い部分が無くなって、更に当たり感は皆無!また、コレだけ軽くてライナーも内側に張ってあるシューズだけに裸足やソックスも五本指や足袋型、薄手ソックスがオススメです。サイズ感は、SHMWではお馴染みのアルトラやイノベイトなどのノーマルシューズ同様に、同じサイズ選びで大丈夫。むしろ、人によっては足裏感覚を求める方はハーフサイズダウンで選んでいる人もいます。先ずは可能なら試し履きをどうぞ!

IMG_9372_20210413161203798.jpg  

長文になったたが、最後に他の軽量シューズモデルと比較して、何が一番違うのか!?これは店頭で履いたり、試し履きしてもらわないと感じにくいところでもあるが、一番重要なところ。メガグリップのアウトソールとミッドソールの中に隠れた硬めの反発力のあるプレート。通常、170gというここまで軽量化されたシューズはアルトラ、イノベイト含め、走ったり歩いたりした時の着地時には体重が片足に沈んだままになり、それにより地面の衝撃をどう身体で分散させるかという感覚を磨く発想のシューズであり、それはアルトラであったりイノベイトのタロンシリーズでも同様でナチュラルランニングの練習として捉えていた。だが、このノーバンSLはSALOMON S-LAB SENSEと同じような発想の構造で、薄手で軽いシューズであるのだが、いかに岩場や砂利道、林道、凸凹した硬いトレイルにおいても、地面から足裏への突き上げを減少させて、しかも、着地後からの地面の反発をいかに推進力に生かすか、まさしくサロモンSラボセンスキリアンモデル的発想である。この少しソールが硬めで地面からの反発をもらえてスピードが出て、足がグイグイ前に進む、この感覚がアルトラやイノベイトなどの他ブランドの軽量ナチュラルランニングシューズと大きく異なるところかと。この位の重量の他のロード&トレイル向けトレイルハイブリッドシューズモデルよりも硬めに感じるくらいである。

 IMG_0658_20210413161342699.jpg IMG_0656_20210413161205677.jpg

そして、前記した「ある程度の硬さ」があるおかげでフニャフニャしたただの軽量シューズとは異なり、シューズ自体のコシがあり、全体的なしっかりとした硬さがあるので、クライミングシューズのように岩の端に立ち込むエッジングが非常にし易い。かつ、乱人時には地面からの反発を受けて推進力に変えてくれる。この全体的なカチッとした靴作りが軽量化に寄り過ぎないアークテリクスらしさかと。また、だからといって、ソールの厚みも厚過ぎずで、硬すぎる訳では全然無いので、シューズ内で足指が自由に使えて、足裏感覚も非常にあるのでスメアリング的要素のセクションも非常に体重を乗り込み易い。要は、コレが本当に今までありそうでなかった、アプローチシューズとトレイルランニングシューズの融合なのかと。カラビナでバックパックやハーネスにぶら下げたり、折りたたみ可能なので持ち運びも楽チン。新しモノ好きが多いトレイルランナーの購買が多いが、個人的にはぜひこんな画期的で革新的なシューズなので、山屋さんや冒険好きなクライマーに履いて試して欲しい!ホンマに真の山好きなマウンテンランナーに履いていただき、ヤバい山行をどんどんやって欲しい。切に願います!もちろん、通常のトレイルランニングには、このソールの硬さと反発さのおかげで、薄くて軽いのにも関わらず、足裏の疲労も少なく、且つ反発のおかげで速く多くピッチが回せスピードも上げれる。そんなマウンテンランナーにも夢のシューズなんです(笑)もちろん、走らなくたって、岩好き、探検好きの軽量化志向のハイカーにもピッタリかと!

IMG_1640_20210503160627905.jpg

そんなんで、SHMW界隈では街履きだけはマジで禁止ですよ(笑)コレ履いてピカピカやったらマジでダサいなぁ。使い込んだ山道具を街でもさり気なく使う、それがアウトドアギアを使うって真のカッコ良さです!山の遊びやスタイルが広がって、より、山が楽しくなりました!見た目のスタイリッシュさカッコ良さがアークテリクスではない、これが「機能美」ですよね!そんなことを言ってくれる方にぜひとも履いてもらいたい、そんなヤバくて革新的なシューズです!ぜひ、お近くのSHMWへどうぞ(笑)



トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/1643-d441270b