スノーボードを愛し、パウダー・フリークならば決して見過ごすことはできないフィルム let it ride - The Craig Kelly Story - レット・イット・ライド クレイグ・ケリー・ストーリー

web_poster.jpg Let It Ride - The Craig Kelly Story -  3,990 yen



数々のフィルム・フェスティバルでも多くの賞を受賞し、絶賛を浴びたスノーボード・ドキュメンタリー・ムービー『Let it Ride』がついにDVDリリース。スノーボードを昔からやっている方々なら誰もが知ってる、スノーボードの先駆者であるクレイグ・ケリーのライフ・ストーリー。スノーボードをする人はもちろんだが、ウィンタースポーツを全くしない人でも、絶対に楽しめる。というか、この彼のレジェンドを知る必要がある!特に、バック・カントリー好きや、これから山でのパウダーを滑ってみたいという方には、ぜひ見ていただきたい。彼の美しく、無駄のないスタイリッシュでスムースな滑りを見たら、飛んだり、跳ねたり、回ったりだけがスノーボードではない事を再認識させてくれる。ただ、クレイグのように、パウダーをワン・ターンするだけで、人を魅了させられるライディングができるのは、現在も昔もそう出ては来ないであろう。日本では、スノーボードというと、スノボーと略され、多くの人にはレジャーやお洒落なウィンター・スポーツとして、スキーの次に来た流行に捉えられているが、このフィルムを見たら、スノーボードというものが、どれだけ熱く、ソウルフルなアクティビティー、いや、クライミングと同じく人生を賭けるライフスタイルだという事を知るはず。

 

 


2003年に雪崩事故によって、山と共にあった人生を閉じた伝説的スノーボーダー、ク レイグ・ケリー。死してなおその名が輝くのは、7度のワールド・チャンピオンという記録によるものだけではない。きらびやかなX−Game、巨額の契約金、いまや「産業」 ともなったスノーボードというスポーツの中で、クレイグ・ケリーが残した精神、魂と山 とスノーボーディングの関係が際立つ理由を、彼の人生を親しい視点から振り返ることで 物語る本格ドキュメンタリー・フィルム。

サウンドトラック : METALLICA、JOHNNY CASH、PEARLJAM、THE DOORS、SWOLLEN MEMBERRS、EDGAR WINTERS、APOCALYPTICA FREELAND、EVIL NINE、HYPNOGAJA ZION I、and CELLDWELLER

製作 : Locomotion

出演 : Craig Kelly , Jake Burton, Tom Sims, Tarje Haakonsen, Jason Ford, Keith "Duck Boy" Wallace, Tex Devenport, Dan Donnaly

ナレーション:JAMES HETFIELD(メタリカ)

ストーリー・テラー:Kevin Kinnear and Jon Foster

サウンド・トラックにはその手のが好きな方は泣いて喜ぶシブ系ロック・アーティストが勢ぞろい。メタリカ、ジョニー・キャッシュ、パール・ジャム、ドアーズ、エドガー・ウィンターなど大物揃いのサウンドで、美しい映像、当時の懐かしくも貴重な映像が堪能できる。

クレイグ・ケリーのスムースなパウダー・ライディング・シーンは言うまでもなく、多くフィーチュアされているが、その他にも生前のクレイグの貴重なインタビューや、懐かしのマイク・ランケット、あの伝説のビデオ「ROAD KILL」のデーブ・シオーネなども出てくる。

DVDでは、もはや当たり前になってきているが、この作品も貴重なクレイグの映像が堪能できるボーナス映像も多く入っている。

しかも、ナレーションにメタル・ミュージックの重鎮『METALLICA』のヴォーカルである、ジェイムズ・ヘットフィールドが参加し、あの渋く重みのある声でクレイグの事をメランコリーに語ってくれる。ド渋!!

まさに一家に一枚のDVD。隠れクレイグ・ファンが多いのか、昨今のバック・カントリー・ブームの影響なのか、かなりの勢いでメーカーでも売れているようなので、お早めに!

いくつかのトレーラーなどで、彼のスムースなライディングを堪能できる。









コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/180-7262466f

FC2Ad