アウトドア商品買い付けの旅(シアトル編)

IMGP3858.jpg


ショップOPEN前に、この3月中旬から一ヶ月間行ってきた、アメリカ買い付けの旅を、各街々で分けてご紹介。


シアトルと言えば、一般の方は、イチローやスターバックスを思い浮かべるかもしれませんが、山と海に囲まれた街で、アウトドアズマンにとっては聖地と呼べるところ。多くのアウトドア・ブランドもここから生まれている。


まずは・・


シアトルで一番バカデカいアウトドショップ REI。 敷地内に大きな滝やら、MTBの試乗用コース、売店、カフェがあり、日本では考えられないようなスケールの店。アウトドアというライフスタイルが、確立しているからこそ成り立つのであろう。

IMGP3862.jpg


REIの斜め前に位置する、古くからメイド・インUSAにこだわり続ける
Feather friends。 高品質な寝袋、ダウン製品をこの場所で作っている。しかも、リテールストアは世界でも、ここにしかないので、ここでしか買えないアイテム、カラーなどがいっぱい。ここのダウン製品を着だしたら、他のが着れないなほど暖かく、クオリティーの高さに驚く。うちの店でも一押しのブランド!


IMGP3864.jpg


小さな店であったが、オーナーのこだわりが沸々と感じ取れるコアな玄人受けプロ・ショップ。現在、主流のウルトラライトのアイテムでセレクトされた品揃えは、個人的にもかなり好き系な店であった。


IMGP3856.jpg


フィッシャーマンズ・ワーフ沿いにある、スターバックス1号店。 観光客で、絶えず賑わっていた。ここでしか手に入らない、茶色の旧ロゴマグが、いい感じ。


IMGP3878.jpg      20070714212725.jpg


Patagonia シアトル店、落ち着いた感じの店内は、小ぎれいで、品揃えとディスプレーは、日本の店とあまり変わらない。壁にワーゲンバスの一部分が埋まってた。


IMGP3880.jpg      IMGP3881.jpg


ダウンタウンの少しはずれに位置するシアトル・ソンブレで有名な
Outdoor Researchゲイター、グローブ、ハット、ビビーサックなどで有名だが、ここ何年かはクオリティーの高いウェアも作り出し、コアな人達に支持されている。ここは自社ビルで、1Fがリテールストア、それより上の階は、オフィスと工場になっている。本社ということで、入り口には Backpacker Magazine などで、数々の賞を受賞した製品の紹介があったりと風格がある。ストアも、すべての製品が販売されていて、カラーやサイズも多いブランドなので、時間をかけて、ゆっくりと品定めができる。ここも、ウェア・小物と、うちの店の一押しブランド。


IMGP3867.jpg 20070714222915.jpg


クライミンジムもということで、Stone Garden というジムへ。ボルダーは、ホールド入れ替え中で閉鎖状態。リードのコーナーはというと、チャリダーらしき奴がトップロープで登ってたけど・・・ クライミングの時位、着替りゃいいのにねー・・・カッコええーなー


 

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/22-d3cc44f1

FC2Ad