ド肝抜く超軽量ハーネス登場! Arcteryx WARP Harness アークテリクス ワープ ハーネス

IMGP5772_サイズ変更  P3170020_サイズ変更

 

Arcteryx / WARP Strong Technology Harness Series

 

アークテリクスが自ブランドの原点であるハーネスに職人魂を注ぎ込み、また革新的なモノを作り出した。従来からある縦糸と横糸をクロスした素材から、縦糸を抜いてしまうという、これまででは考えられないWARPという製法を生み出した。一番重さがかかる腰を支えるベルト部分から、すべて縦糸が抜かれ、驚くべきことにベルトの横糸を、アーク独自にコーティングをしてしまった。これまでのクライミング・ハーネスは、フォール時の腰にかかる衝撃を分散させるためにクッションになるような素材をつけていたが、快適性を求めれば、求めるほど、価格が高くなるわりに、重量は重くなっていた。それに対して、この製法は逆を行く発想で、ちょうど、ハンモックにブラ下がるような腰全体をハーネスが覆ってくれる感覚が味わえる。まさにアーク!と誰もが唸るハーネスを生み出した。

毎年、ヨーロッパで行われる世界最大のアウトドアショーISPOでも、2007年の最優秀プロダクト賞を受賞し、世界的にほとんどハーネスのシェアをもつブラック・ダイヤモンド社、ペツル社のデザイナーからも大絶賛され、全世界で認められた革新的なハーネス。

本来、ハーネスとは、ロープとクライマーを結びつけ、命を預ける一番重要な道具にも関わらず、今や、どんどん低価格化が進み、どれも同じような機能性で、価格競争になっていた感じがあるので、今回のこのアークの仕事ぶりは、まさにグッ・ジョブ!!と言えるだろう。

 



ラインナップとしては、全部で5モデルの展開

 

S-240-Red-Beryl.jpg P3160006_サイズ変更 P3160008_サイズ変更 

・S-240 (スポーツ・クライミング向け) 244g
Red Beryl / 18,900 yen 

無駄なモノはすべて削ぎ落としたようなラインナップ中、最もミニマルなモデル。素材の軽量化、ウエスト、レッグ・ループなどにメッシュを多用し、ハードなクライミング時の動きの快適性を重要視したモデル。Mサイズでわずか244gという世界最軽量ハーネスなので、スポーツ・クライミングのハードルートのレッドポイント、オンサイト狙い、コンペに最高のパフォーマンスを発揮してくれる。また、軽量化マニアも納得の軽さなので、冒険的山行には、いつも持ち歩いていてもいいだろう。


R-320-Red-Beryl.jpg P3160011_サイズ変更 P3160012_サイズ変更

・R-320 (マルチピッチやトラッド・クライミング向けメンズ用) 322g
 Red Beryl / 23,100 yen 

S-240より、マルチやトラッド、ナチュラル・プロテクションなどのギアを取り付けられるよう、ギア・ラックを増やし、秋冬の寒いシーズンでのクライミング時に、オーバー・パンツなどを穿いても、ハーネスを穿けるように、レッグ・ループがストレッチして広がる。オールラウンドなクライミングに適応するモデル。  


 

R-280-W-Fuchsia.jpg

・R-280 ( マルチピッチやトラッド・クライミング向けウィメンズ用) 287g
Fuchsia / 23,100 yen 

R-320 のウィメンズ・モデル。


A-300a-Miro-Blue.jpg

・A-300a  (マウンテニアリング、BCスキー/スノーボード向け) 298g
Miro Blue / 24,150 yen 

レッグ・ループも自由に素早く調節できるマウンテニアリング・モデル。冬季、残雪期のバックカントリー・スキー/スノーボード時の危ない箇所での確保に最適なモデル。


 

X-350a-Blackbird.jpg

・ X-350a (アイス/ミックス・クライミング向け) 347g
Blackbird / 24,150 yen

調節可能なレッグ・ループ、快適なウエストベルト、ギア・ラックなどあり。アイススクリューを取り付けるラックが装備されている。 


 

P3170023_サイズ変更


すべてのモデルには、豪華なプレミアム・アルミBOX缶(11.3×15.7×15.7cm)付き。

・カラーは各モデルにつき、各一色ずつのラインナップ。
・ウエスト・サイズは、XS(57~67cm) S(65~75cm) M(72~86cm)。
・バックルには7075T6アルミニウム、66ナイロンウェビング、ショーラーなどのハイスペック素材を使用。


P3250035_サイズ変更 P3250031_サイズ変更


ここ最近しばらく使用しているが、とにかくこの軽さとコンパクトさはハンパない!穿いているのを忘れてしまう位の軽さと快適性で、使用してみて初めて分かる、アークの職人技術。特にフォール時、壁でのブラ下がり、ハング・ドッグ時には、ハーネスのウエスト・ベルトの腰への負担が少なく、衝撃吸収率が高く感じる。他ブランドに比べると、確かに価格は高いが、クライミングをただのレジャとしてではなく、一生のスポーツとして考えているのであれば、大事なクライミング時間がより快適になった方がいい事は確かであろう。

 

NEWS!!
アークテリクス・ジャパンの協力で、このワープ・ハーネスの試し穿きができるクライミング・イベントを来月辺りに開催予定。詳細は、近日中にこのブログにて発表しますのでお楽しみに!!

 

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/231-e6a21f57

FC2Ad