カーボショッツ VS パワージェル

20070716232438.jpg VS 20070716232519.jpg

ハンガー・ノックになる前に、コイツらさえ食え(飲め?)ば、パワーアップ間違いなし!!
暑い夏のトレッキングや、絶えず走り続けているトレイルランには、ボソボソとした食感のカロリーメイトなんて、食ってられません。では、トレイルランの携帯食には、何が一番いい?


まず、どこでも売ってるウイダー・イン・ゼリーは? 数時間の行程だと、1-2個だけですむので、これでも全然問題なし。しかし、半日から丸一日の行程になると、話は別。かさばるし、重いし、しかも、ゴミがデカイ! 
では・・・


パワー・バーは? こいつは、かなりいいですが、大きさと、結構固めなんで、食べるのに疲れます。特に、寒い冬場なんて、カチカチになり、食えたもんではありません。夏場は、食って、途中で残しておくっていうのも、ベトつくのでイマイチ。


パワー・ジェルは? これが一番、みんな使ってる人が多いんじゃないかな。私も一番出番が多いのがこれ。なんと言っても、この手のジェルの中で、一番味が濃厚でウマイ!
中身の成分としては、すばやく分解され、すぐにエネルギーになる糖質と、ゆっくり分解され、エネルギーになるデキストリンの2種類。


で、本題のカーボショッツ。これの成分は100% マルトデキストリンってなもので構成されている。では、これは何?


まずは、糖質についだが、糖質は本来、単糖類と、多糖類に分けられ、それぞれ消化吸収される時間が違う。


単糖類(チョコレート、スポーツドリンク、フルーツ、コーラなど)は消化吸収が早く、すぐに体のエネルギーになってくれる。マッド・マックスのニトロ(分かるかなー?)みたいなもの。
吸収時は血糖値が上昇し、パワーアップ。しかし、それは一時的なもので、すぐに血糖値が下がり、頭の冴え具合や、身体機能がどんどん悪くなってしまう。


多糖類(おにぎり、麺類、バナナなど)は、反面、血糖値の上下は安定してるが、如何せん、エネルギー化に時間がかかる。


そこで、マルトデキストリン の出番になる。 
これは、コーンスターチ(炭水化物)を酵素加水分解した糖質で、しかも、先ほどの多糖質でありながら、数分で消化吸収ができる。よって、チョコのような単等類とは違い、血糖値が下がって、身体のパフォーマンスが落ちない。


ややこしくなったかもしれないが、結論からいうと、パワージェルは、デキストリンと、果糖などの糖質の混ざりモノ。
その反面、カーボショッツピュア100%のハイクオリティーなデキストリンのみで構成されているわけ。
しかも、この100%ってのは、このカーボだけしかなく、合成着色料、化学調味料、甘薯等人口添加物は一切含まれていない。


確かに、味に関しては、パワージェルのように、果糖類が入っている方がウマイので、選ぶのに迷うが、数時間の行程では、1-2個しか食べないので、これならピュア100%のカーボがいいかもしれない。だって、どうせ食べるなら、パフォーマンスが向上する方がいいよね。
丸一日の行程に関しては、絶えず、味が薄めのカーボばかりだと、飽きてくるので、カーボをメインにして、何個かパワージェルを、合間に摂取していくと、ベターだと思う。


ここ数年で、一気にメジャー化したアミノ酸だが、これは本来、炭水化物がないと上手く、体内に吸収されないので、行動中に100%炭水化物のカーボを摂ることで、アミノ酸パワーも倍増するはず。


また、トレイルラン、トレッキングだけでなく、バックカントリーのボードやスキーの時にも大活躍!何てったって、高所でも、寒冷地でも、最悪、ヌガー状になるだけで、凍らない


そんな感じで、Sky HIgh Mountain Works では、このカーボショッツをガンガンとpush! PUSH!  もちろん、パワー・ジェルも、美味しいし、シビアな違いを感じるほど、糖類が沢山入ってるわけではないので、こちらも販売する予定。実際、私もどっちを食べるか、毎回、迷いますし。要は、道具と一緒で、使い分けです。
ニュー・テイストのパワージェル梅味も、クエン酸が入っているので、疲労回復にもとてもいいし・・・何よりも、味がうまい!
迷うわなー。


ちなみに、カーボショッツ、原産国がニュージーランドから、オーストラリアになったそう。フレーバーとしては、レモンライム、コーラ、ワイルドベリー、バナナの4種類の他に、この8月からバニラ(キャラメル)が発売される。


カーボショッツ                      パワージェル
 ¥252                           ¥262
 45g、117キロカロリー                 41g、116キロカロリー
                                    (梅味のみ120キロカロリー)


 

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/25-b3cf054d

FC2Ad