ほぼ完成! Sky High Bag 550 スカイハイ・バッグ550 

PB070021_サイズ変更 PB070022_サイズ変更 PB070020_サイズ変更

 

お持ちいただいている方には大変ご迷惑をおかけしていますが、冬仕様のスリーピング・バッグがやっと完成に近づきました!内側のポケットの部分やネック・ウォーマーの部分のアイデアは早かったのですが、ジッパーの部分でかなり時間がかかってしまいました。写真を拡大して見ていただくとすぐに分かると思いますが、ジッパーは通常モノではなく、なんと止水ジッパーになりました!ウレタン・コーティングされた止水ジッパーは、リリース当時は固く、開閉もスムーズとは決して言い難いモノではなかったので、寝袋には厳しいかとも思っていたのですが、最近のアークテリクスなんかの止水ジッパーの軟らかさやスムースには目を見張るものがあり、思い切って採用してみた所、大正解!寝袋の中に入ってジッパーの開閉をしても、なん通常のもんと変りません!収納時に止水だと、もたつきもあるかな?とも思っていたけど、全然問題なし!もちろん、下部から足が出せるようなダブル・ジッパー方式だし、センター・ジッパー構造なので就寝時の温度調節が超容易。カラーリングはボディは渋めのオールブラックで、内側はレッド。アクセントは止水ジッパーのレッド!かなりのカッコ良さできあがったのではないでしょうか。

 

 


PB070016_サイズ変更 PB070018_サイズ変更

 

もちろん、ボディ素材は超撥水性能を持つNANOを使用しているので、今回の止水ジッパーの採用により、より最強の撥水性(防水性!?)が得られたのではないかと思う。これで、間違いなくゴアのシュラフカバーもおさらばだし、これ単体でのノーテント泊も可能になるのではなかろうか?もちろん、テントの結露なんて全然問題にならんすね。マジでこれはヤバイでしょ!

 

 PB070022_サイズ変更 PB070017_サイズ変更

 

他にもいくつかの便利な機能が付いている。冬用シュラフに重要なネック・ウォーマーだが、取り外しができるようになっているので、軽量化重視の方は、家に置いておくといい。また、軽量化のためにボトム部分はダウンを少なめにしてシングル・キルト構造、上半分はボックス・キルト構造になっている。要は冬場は下に敷くマットが重要で、寝袋の下部は体重で羽毛がほぼ潰れてしまうので、あまり羽毛を入れても意味がないのである。その分、上半分にたくさん良い羽毛を入れた方がベターなのだ。

 

他にも、取り外したダウンのネック・ウォーマーや、自分のフリースなどのウェアを収納して枕にさせるピローケースを頭部内側に装備。また、冬季はテント内にバッテリー類やコンタクトレンズを置いておくとすぐに凍ってしまうが、そうならないように寝袋内側の左胸にバッテリー入れポケットを装備。時計など入れても良い。

 

おそらく、世界初となるであろう止水ジッパー採用スリーピング・バッグ。他メーカーにない機能もテンコ盛りで、いよいよ予約分の数から今月20日あたりにリリースできそう。NANGAではすべて手作業でじっくり作られていて、多くは量産できないので、時間はかかってしまうが、それだけ最高なモノができるってもん。価格や細かいスペックがFIXされたら近日中にまたブログにて発表させてもらいますので、もうしばらくお待ちください。まずは、速報までということで・・・

 

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/434-4e44cff2

FC2Ad