長距離トレイルランナー&ウルトラライト・ハイカーにオススメのハードロック Up Dateヴァージョン入荷! Montrail / HardRock 09 & HardRock MID 09 GTX

banner_wherto.jpg 

 

P2140017_サイズ変更 P2140015_サイズ変更 P2140019_サイズ変更     

 

Montrail / M's HardRock 09 / cool grey-cyber yellow / 16,590 yen 
Montrail / W's HardRock 09 / stainless-rhododendron / 16,590 yen

 

ストリークやワイルドウッドなどのランナー向け軽量シューズでは、プロテクションが物足りないトレイルランナーや、近郊のハイキングに完璧に対応してくれるのがローカットのハードロック。足幅もモントレイルの名作コンチネンタル・ディバイドやワイルドウッドのような広めの設計なので、幅でキツイ思いをすることもない。カラーリングもCOOLなサイバーぽいグレー・ボディに、イエローのアクセントでスピード感を感じ取れる。確実なフィットを生み出すヒールパネルに、岩や切り株、根っこなどにぶつけても痛くないように、トゥガードも搭載されている。

 

 

P2140009_サイズ変更 P2140013_サイズ変更 P2140014_サイズ変更  

 

Montrail / M's HardRock MID 09 GTX / cool grey-tiger / 19,740 yen

 

 

P2140004_サイズ変更 P2140008_サイズ変更

 


Montrail / W's HardRock MID 09 GTX / stainless-chica / 19,740 yen

 

走りはやらないけど、とにかく軽いミッドカット・シューズが欲しいというハイカー、ウルトラライト・ハイカー。40-50ℓ前後のパックを背負っての日本アルプスなど、特に森林限界を超えたガレ場の多い岩歩きには、足首回りを完璧にサポートしてくれるミッドカットモデルがオススメ!もちろん、ゴアテックス・メンブレンも搭載されているので天候が目まぐるしく変化する数日間を要する縦走には最適。おそらく業界最軽量だと思われるゴアテックス搭載ミッドカット・シューズなので、ウルトラライト・ハイカー・マニアの間では、話題のシューズになると思われる。もちろん、ミッドカットと思えない驚愕の軽さなので、レザーシューズとは比較にならない足回りの速さが味わえるので、六甲山近郊などのスピード&ハードコアハイキングにバッチリ!体力のない女性や中高年の方も、重いパックを背負わないハイキングであれば、積雪期以外の国内の山ですべて対応できるはず。この軽さとフィット感は、一度店頭で履いてみることをオススメする。

 

実測重量 : 
M's HardRock MID 09 GTX / US9.0 / 436g(片足のみ)
M's HardRock 09  / US9.0 / 360g(片足のみ) 

 


banner_AE.jpg

Montrail(モントレイル)と言えば、ハードロックと呼ばれるほどモントレイルの代名詞ともなっている超人気シューズではあるが、この2009年は大幅な改良が加えられより軽量化をキーワードにリニューアルされた。シューズ軽量化の鍵は、ほぼボディ素材とソールをどうするかに決まるが、このハードロック09モデルも、独自のミッドソールと、ねじれ剛性を確保するTPUシャンクの改良により、かなりいい感じの高いねじれ剛性とサポート性能も両立させてかつ軽量化が図られている。ハードロック08モデルと重量を比較すると、両方で42g(実測)の軽量化。一年前の業界向けの展示会時に、このプロトタイプのサンプルを履いてみたのだが、正直、あまりにも軽すぎ、かつシャンクが軟らか過ぎたので、これはヤリ過ぎでしょ!これはハードロックではないなー。と思っていたのだが、どうやらそういう意見も多かったのか、実際の本チャン商品は、シャンク&ミッドソールが大幅に改良され、ちょうど良い堅さとプロテクションを持ったソールになって完成した。コンチネンタルディバイドGTXやハードロックMID GTXなどは、わずか半年でドロップしてしまったが、本社側でもこのモデルを定番とし2010年までもずっと売っていくようだ。

 

 

コメント


コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://skyhighmw.blog112.fc2.com/tb.php/508-efc24eaf

FC2Ad